「ビジネス本」とは?

関連ニュース

ダメな経営者ほど、同じ業界の「成功例」ばかり聞きたがる理由 - 08月18日(金)21:30 

次こそは、次こそはと思いながら、成功事例がたくさん載ったビジネス本を買い漁っているようでは、この先ろくなことにならないようです。今回の無料メルマガ『ビジネス真実践』では著者で戦略コンサルタントの中久保浩平さんが、「成功事例から学べることは意外と少ない」と前置きした上で、あまり注目されない失敗事例から何を学ぶべきかについて持論を展開しています。 失敗から学ぶ理由 売り上げが伸び悩んでいるという会社やお店の経営者からのご相談を受けると、決まって「弊社と同じ業界での成功事例を教えてください」というような経営者が一人や二人必ずいます。「なぜ知りたいんですか?」って尋ねると、「ヒントになるからです」と応えてくれます。 他社の成功事例を知ることで、「どうすれば上手く行くのか?」「なぜあの会社は成功しているのか?」、そのヒント、秘訣をうかがい知ることができるので、上手くいっていない会社にとってはまさに教科書、教材に思えるようです。 失敗事例満載の私の書籍とは違い、成功事例満載のビジネス本が売れるのもうなずけます。参考までに私の本です。 ●『ビジネス真実践』国際語学社 ですが、成功事例が正しい教科書、教材であってもそこには既に出来あがった答えがあるため、それ以上の思考や発想力を養うことはできません。よって、他社以上の成功を収めることができません。「こうやればいいんだな」と、そこでゴールを決め込んで...more
カテゴリー:

【芸人】カラテカの高月収にハイヒール・モモコが悲鳴「東京、すご~ !! もうやってられへん!おかしいやん!私らフルに働いてるで!」 - 08月05日(土)17:21  mnewsplus

お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也が5日、読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」に出演。 高月収に先輩の女性お笑いコンビ「ハイヒール」モモコが「もうやってられへん!」と声を荒げた。 豊富な人脈で知られ、イベントプロモーション会社を立ち上げ、ビジネス本を出版するなど、芸人ではない副業が絶好調の入江。 この日は、“芸人が月収(年収)を告白するのはアリかナシか”と最近のバラエティー番組でのギャラ告白ブームについてトークした。 その中で、FUJIWARAの藤本敏史が「(入江は)...
»続きを読む
カテゴリー:

エリートと美意識 - 08月12日(土)12:00 

これまで経営というのは、分析、論理、理性に重心が置かれてきたが、これからのビジネスにおいて必要なものは美意識、それを敷衍すると直感と感性である。そうした斬新な提案をしているのが山口周による『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?~経営における「アート」と「サイエンス」』(光文社新書)です。 画期的なビジネス本 確かにこれまでのビジネス書は、どのように仕事をこなしていくかといった論理や、どのように仕事に挑むのかといった理性、さらには経営の常套である分析に重心が置かれてきました。これまでのセオリー通りにできる場所ならば、それでも安泰でしょう。しかし、複雑化、不安定化するビジネスシーンにおいては、より柔軟な対応力が求められることはいうまでもありません。 世界の標準 例えば世界のグローバルスタンダードに対応した企業は幹部をアートスクールに送り込んでいるケースが紹介されています。それは趣味や知識自慢としての美意識を鍛えるだけのものではありません。ビジネスにおいて哲学や、美術などのアートの感性が求められているのです。これはデザインなどの規格的なものともまた別の世界です。いわば、答えのない問いに立ち向かうために、アートが求められているといえるでしょう。元記事をビーカイブで確認!■関連記事これでバッチシ好印象! 就活でお礼メールの書き方の基本ブラック上司とこれでオサラバ!? ビジネスマン...more
カテゴリー:

「ビジネス本」の画像

もっと見る

「ビジネス本」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる