「ビジネスクラス」とは?

関連ニュース

エバー航空、旭川〜台北/桃園線の運航再開 1月27日から3月14日まで - 01月18日(木)18:14 

エバー航空は、1月27日から3月14日まで、旭川〜台北/桃園線の運航を再開する。 旭川を午後4時40分に出発し、台北/桃園に午後8時35分に到着するBR135便と、台北/桃園を午前10時20分に出発し、旭川に午後3時5分に到着するBR136便。水・土曜の週2便を、ビジネスクラス8席、エコノミークラス176席の計184席を配置したエアバスA321型機で運航する。 エバー航空では、旭川〜台北/桃園線を夏と冬の繁忙期の一部期間のみ運航している。 ■ダイヤ BR135 旭川(16:40)〜台北/桃園(20:35)/水・土(1月27日〜3月14日) BR136 台北/桃園(10:20)〜旭川(15:05)/水・土(1月27日〜3月14日) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ANA、東京/羽田〜バンコク線を増便 6月1日から - 01月18日(木)18:09 

全日本空輸(ANA)は、東京/羽田〜バンコク線を6月1日より増便する。 増便となるのは、東京/羽田を午前0時55分に出発し、バンコクに午前5時25分に到着するNH877便と、バンコクを午後1時55分に出発し、東京/羽田に午後10時15分に到着するNH878便。機材はビジネスクラス42席、エコノミークラス198席の計240席を配置した、ボーイング787-8型機を使用する。これにより、東京とバンコクの間を1日5便体制で結ぶことになる。 航空券の販売は、1月23日より開始する。期間限定で特別運賃の発売も予定しており、後日ANAのウェブサイトで案内する。 ■ダイヤ NH877 東京/羽田(00:55)〜バンコク(05:25) NH878 バンコク(13:55)〜東京/羽田(22:15) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

出発2日前購入でも往復5万円以下! 香港航空で香港に行ってきた【搭乗レポート】 - 01月18日(木)14:05 

急遽、香港に行くことになった。決まったのが金曜の夜で、出発は3日後の月曜。さらに同日の便では所用の都合で帰国できず、翌火曜の便で東京に戻ると、当初予約していた、東京/羽田発札幌/千歳行きに乗れないということがわかり、泣く泣く香港〜札幌/千歳線を手配する必要が出てきた。 エイチ・アイ・エス系の航空券予約サイト「Surprice!」で調べてみると、最安は乗継便のエバー航空。これでは月曜の夕方までに香港で済ます必要がある所用には間に合わない。次に安かったのがいずれも直行便の香港航空。LCCという手もあったが、香港から札幌への直行便なはく、大阪/関西や東京/成田でのLCC同士の乗り継ぎは少々リスキーなところもある。結局出発2日前の土曜に、正規割引航空券で総額約4.8万円(クーポン3,000円分使用後)と直前にしては脅威の安さであったことから、他に選択肢はなく香港航空をチョイスした。購入するタイミングによるが、エコノミークラスは香港へ2万円台、ビジネスクラスは東南アジアへ6万円台で購入することもできる。 香港航空は、札幌/千歳・東京/成田・大阪/関西・岡山・米子・宮崎・鹿児島・沖縄/那覇の日本の8都市に就航している。2017年にはロサンゼルスとバンクーバーに就航し、2018年にはサンフランシスコとニューヨークへ就航するなど、長距離線にも力を入れ始めた。2011年の利用者数は1...more
カテゴリー:

タイ国際航空、エアバスA350型機を日本線に投入 きょう東京/成田に到着 - 01月17日(水)11:35 

タイ国際航空は、1月16日よりエアバスA350-900型機を東京/成田〜バンコク線に投入する。その後、東京/羽田、大阪/関西にも投入する。 初便となるのは、1月16日の午後11時55分にバンコクを出発し、東京/成田に翌日の午前7時35分に到着するTG642便と、折り返しとなる、1月17日の午前11時45分に東京/成田を出発し、バンコクに午後5時5分に到着するTG643便。また、2月16日からは東京/羽田・大阪/関西〜バンコク線の1往復2便にも投入する。 タイ国際航空では2016年8月31日にエアバスA350-900型機の初号機を受領し、現在は7機を保有。今後5機を受領する計画。現在はメルボルン、ローマ、ミラノ、ブリュッセルとバンコクを結ぶ路線に投入している。「1-2-1」配列でフルフラットとなるスタッカードタイプのビジネスクラス「ロイヤルシルククラス」を32席、「3-3-3」配列でシート幅約46センチ、リクライニング角120度のエコノミークラスを289席の計321席を配置している。モニターはロイヤルシルククラスは16インチ、エコノミークラスは11インチとなり、有料のWi-Fiサービスも提供する。 ■投入便 TG643 東京/成田(11:45)〜バンコク(17:05)/1月17日〜 TG642 バンコク(23:55)〜東京/成田(07:35+1)/1月16日〜 TG...more
カテゴリー:

近鉄の新型「名阪特急」がカッコイイ! でも、「小田急新型ロマンスカーに似ている...」? - 01月16日(火)11:00 

2018年1月11日、近畿日本鉄道は、大阪と名古屋を結ぶ「名阪特急」の新型車両の投入を発表した。車両外観のカラーリングは「透明感のある深い赤」。先進的でスピード感あふれる形状が特徴だ。飛行機のビジネスクラスなどで使われる「バックシェル」を全座席に設置、後部座席に気兼ねなくリクライニングできる。増え続ける訪日外国人客(インバウンド)への対応も、大きなポイントだ。無料インターネット接続サービスのWi-Fi(ワイファイ)を提供し、全席にコンセントも付ける。大型荷物を収容できるロッカー等の荷物置き場を設置される。投入時期は2020年3月から。東京五輪開催に備え、順次投入される予定だ。ツイッターには、この新型車両に関するさまざまな声が寄せられている。「ロボットに変身しそう」ツイッターに届いているのは、こんな反応だ。 名阪特急の新型車両楽しみやなWi-Fi繋がるのは嬉しいただ、デザインはどこぞの名鉄か小田急みたいな感じやわ。近鉄名阪特急に新型車両 全席にバックシェル装備、先頭車は前面展望も 2020年春導入(乗りものニュース) https://t.co/oIlmL6y5KD- 文 (@gjSyjG7AQ3ZYizK) 2018年1月11日 2020年に近鉄特急新型車両導入とはマジかwwデザインが斬新すぎる。JR東日本のe235系は電子レンジとか言われているけど、この車両はデビューしたら炊飯器と...more
カテゴリー:

エバー航空、旭川〜台北/桃園線の運航再開 1月27日から3月14日まで - 01月18日(木)18:14 

エバー航空は、1月27日から3月14日まで、旭川〜台北/桃園線の運航を再開する。 旭川を午後4時40分に出発し、台北/桃園に午後8時35分に到着するBR135便と、台北/桃園を午前10時20分に出発し、旭川に午後3時5分に到着するBR136便。水・土曜の週2便を、ビジネスクラス8席、エコノミークラス176席の計184席を配置したエアバスA321型機で運航する。 エバー航空では、旭川〜台北/桃園線を夏と冬の繁忙期の一部期間のみ運航している。 ■ダイヤ BR135 旭川(16:40)〜台北/桃園(20:35)/水・土(1月27日〜3月14日) BR136 台北/桃園(10:20)〜旭川(15:05)/水・土(1月27日〜3月14日) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ANA、東京/羽田〜バンコク線を増便 6月1日から - 01月18日(木)18:09 

全日本空輸(ANA)は、東京/羽田〜バンコク線を6月1日より増便する。 増便となるのは、東京/羽田を午前0時55分に出発し、バンコクに午前5時25分に到着するNH877便と、バンコクを午後1時55分に出発し、東京/羽田に午後10時15分に到着するNH878便。機材はビジネスクラス42席、エコノミークラス198席の計240席を配置した、ボーイング787-8型機を使用する。これにより、東京とバンコクの間を1日5便体制で結ぶことになる。 航空券の販売は、1月23日より開始する。期間限定で特別運賃の発売も予定しており、後日ANAのウェブサイトで案内する。 ■ダイヤ NH877 東京/羽田(00:55)〜バンコク(05:25) NH878 バンコク(13:55)〜東京/羽田(22:15) ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

出発2日前購入でも往復5万円以下! 香港航空で香港に行ってきた【搭乗レポート】 - 01月18日(木)14:05 

急遽、香港に行くことになった。決まったのが金曜の夜で、出発は3日後の月曜。さらに同日の便では所用の都合で帰国できず、翌火曜の便で東京に戻ると、当初予約していた、東京/羽田発札幌/千歳行きに乗れないということがわかり、泣く泣く香港〜札幌/千歳線を手配する必要が出てきた。 エイチ・アイ・エス系の航空券予約サイト「Surprice!」で調べてみると、最安は乗継便のエバー航空。これでは月曜の夕方までに香港で済ます必要がある所用には間に合わない。次に安かったのがいずれも直行便の香港航空。LCCという手もあったが、香港から札幌への直行便なはく、大阪/関西や東京/成田でのLCC同士の乗り継ぎは少々リスキーなところもある。結局出発2日前の土曜に、正規割引航空券で総額約4.8万円(クーポン3,000円分使用後)と直前にしては脅威の安さであったことから、他に選択肢はなく香港航空をチョイスした。購入するタイミングによるが、エコノミークラスは香港へ2万円台、ビジネスクラスは東南アジアへ6万円台で購入することもできる。 香港航空は、札幌/千歳・東京/成田・大阪/関西・岡山・米子・宮崎・鹿児島・沖縄/那覇の日本の8都市に就航している。2017年にはロサンゼルスとバンクーバーに就航し、2018年にはサンフランシスコとニューヨークへ就航するなど、長距離線にも力を入れ始めた。2011年の利用者数は180万人だっ...more
カテゴリー:

タイ国際航空、エアバスA350型機を日本線に投入 きょう東京/成田に到着 - 01月17日(水)11:35 

タイ国際航空は、1月16日よりエアバスA350-900型機を東京/成田〜バンコク線に投入する。その後、東京/羽田、大阪/関西にも投入する。 初便となるのは、1月16日の午後11時55分にバンコクを出発し、東京/成田に翌日の午前7時35分に到着するTG642便と、折り返しとなる、1月17日の午前11時45分に東京/成田を出発し、バンコクに午後5時5分に到着するTG643便。また、2月16日からは東京/羽田・大阪/関西〜バンコク線の1往復2便にも投入する。 タイ国際航空では2016年8月31日にエアバスA350-900型機の初号機を受領し、現在は7機を保有。今後5機を受領する計画。現在はメルボルン、ローマ、ミラノ、ブリュッセルとバンコクを結ぶ路線に投入している。「1-2-1」配列でフルフラットとなるスタッカードタイプのビジネスクラス「ロイヤルシルククラス」を32席、「3-3-3」配列でシート幅約46センチ、リクライニング角120度のエコノミークラスを289席の計321席を配置している。モニターはロイヤルシルククラスは16インチ、エコノミークラスは11インチとなり、有料のWi-Fiサービスも提供する。 ■投入便 TG643 東京/成田(11:45)〜バンコク(17:05)/1月17日〜 TG642 バンコク(23:55)〜東京/成田(07:35+1)/1月16日〜 TG643 東京/成田...more
カテゴリー:

アリタリア-イタリア航空、ヨーロッパ行き全クラスが18%割引のクーポンコード配布中 あす1月16日まで - 01月15日(月)17:35 

アリタリア-イタリア航空は東京/成田発ヨーロッパ行きが18%割引となるクーポンコードを、あす1月16日まで配布している。 ヨーロッパ行きの全てのクラスが対象。クーポンコードは「FAB18JP」で、同社日本語版ウェブサイトでの予約時に入力が必要。「ビジネスクラス冬割特別運賃」「エコノミークラス19都市限定運賃」などの割引運賃もさらに18%割引となる。 大人1人での予約のみが対象で、2人以上の予約については1人ごとに予約・決済することで割引が可能。クーポンコードの利用回数に制限はない。対象搭乗期間は1月23日から3月31日日本着まで。 ■関連記事 アリタリア-イタリア航空、東京/成田発ヨーロッパ19都市行きで期間限定運賃 往復3.7万円から ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

もっと見る

「ビジネスクラス」の画像

もっと見る

「ビジネスクラス」の動画

Wikipedia

ビジネスクラス()またはエグゼクティブクラス()とは、旅客機の座席の等級における上級客室のことである。最上級客室に当たるファーストクラスと標準客室のエコノミークラスの間に位置付けられる。略号C

概要 導入

1970年代中頃までの多くの国際線旅客機には、上級客室であるファーストクラスと、標準客室であるエコノミークラスの2種類のクラスしかなかった。1970年代前半のボーイング747型機などの大型機の導入に伴う海外旅行の大衆化によって、エコノミークラスに団体割引運賃などの各種割引運賃が導入されたことにより、当時アメリカを代表する航空会社であったパンアメリカン航空が、通常料金でエコノミークラスに搭乗する顧客(主に出張で利用する社用客)への専用サービスとして、専用コンパートメントの設置や座席サイズの拡大、機内食の充実を行ったクリッパークラス(Clipper Class)と呼ばれる中間クラスを導入したのが始まりといわれている。

拡大

チャイナエ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる