「ヒ素」とは?

関連ニュース

米軍ヘリ墜落でダム取水1年停止も 2013年宜野座、土壌から鉛やヒ素が高濃度検出 - 10月16日(月)10:12 

 2013年8月5日、宜野座村の米軍キャンプ・ハンセンに空軍嘉手納基地所属のHH60救難ヘリが墜落した際、墜落現場から70メートル離れた場所に大川ダムがあり、村は約1年間ダムからの取水を止めた。  墜落現場における米海兵隊の土壌調査では、日本の土壌汚染対策法で定める環境基準値の74倍の鉛(1リッ...
カテゴリー:

潜入ジャーナリストが警告!もっとも怖い米国・中国食品12 - 10月08日(日)06:00 

「極端に安い加工食品や外食には汚染食材が使われていると考えるのが賢明です。また、さまざまな食品に使われるコーンスターチの多くが遺伝子組み換え作物由来ということをお忘れなく。菓子などに使われる「果糖ぶどう糖液糖」は、9割がコーンスターチで作られています」 そう話すのは、『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』の共著者でジャーナリストの奥野修司氏。日本は世界最大の農作物輸入国で、輸入先の上位2位がアメリカと中国だ。スーパーに並ぶアメリカ産の牛肉や豚肉。加工食品に使われている中国産の農作物や鶏肉。これらの危険性は、私たちの認識レベルをはるかに超えているという。また、避けていたつもりの「遺伝子組み換え食品」も、表示されないまま多くの食品にまぎれこんでいるそう。 「アメリカ産と中国産の食品は、極力、口にすべきではないのです」と語る奥野氏の話をもとに、危険な食品のリストと販売形態、健康被害をまとめた。 ■アメリカ産「もっとも怖い食品8」 【牛肉】 ○提供形態……牛肉、牛丼、ハンバーガー、カレーライス、カレールウ、安価なステーキ。 ○含有有害物質など……女性ホルモン、抗生物質(および、抗生物質耐性菌)、殺菌剤(過酢酸)。 ○考えられる健康被害……「女性ホルモン」=ホルモン由来のがん(卵巣がん、乳がん、子宮体...more
カテゴリー:

東京大学ら「ワイル磁性体」を発見!カイラリティがトポロジーを起源にした磁気モノポールを形成 - 09月29日(金)20:45  news

東京大学物性研究所の黒田健太助教や冨田崇弘研究員、近藤猛准教授、中辻知教授を中心とする研究グループは2017年9月、 理化学研究所創発物性科学研究センターの有田亮太郎チームリーダーらの協力を得て、反強磁性体マンガン化合物(Mn3Sn)内部で、「磁気ワイル粒子」を世界で初めて発見したと発表した。 これにより、Mn3Snがワイル粒子と磁性を併せ持つ「ワイル磁性体」であることが初めて実証された。  ワイル粒子は質量がゼロの粒子である。2015年に固体の非磁性体物質であるヒ素化タンタル(TaAs)の中で、その存在が発見さ...
»続きを読む
カテゴリー:

泥水に野菜漬ける作業員も…危険すぎる米国・中国食品の実態 - 10月08日(日)06:00 

「アメリカ産と中国産の食品は、極力、口にすべきではないのです」 そう話すのはジャーナリストの奥野修司氏。スーパーに並ぶアメリカ産の牛肉。加工食品に使われている中国産の農作物や鶏肉。これらの危険性は、私たちの認識レベルをはるかに超えているという。 日本は世界最大の農作物輸入国で、輸入先の上位2位がアメリカと中国。奥野氏に実態を聞いた。まずはアメリカ産食品。脅威の筆頭は、牛肉に大量に残留する女性ホルモンだ。 「現在、日本の牛肉消費量のおよそ4分の1がアメリカ産ですが、国産牛に比べて赤身でなんと600倍、脂肪で140倍もの女性ホルモン(エストロゲン)が含まれています。これは、成長を早めてコストを削減するため、成長段階で大量の女性ホルモンを投与しているから。中でも、もっとも作用が強いのが女性ホルモン・エストロゲンの一種のE1とE2で、アメリカ牛にはこれらが大量投与されています」 高濃度のエストロゲンを外部から摂取することは、ホルモン依存性のがん(乳がん、生殖器系のがん)の原因といわれている。 「もともとアメリカ在住の白人の乳がん発生率は日本の2.5倍ですが、近年、日本でも乳がんや子宮体がんなど、ホルモン依存性がんの発生率が増加しています。その原因の1つとして有力視されているのが牛肉。牛肉の輸入量は'70年ごろから増加していますが、この増加曲線がホルモン依存性がんの増加と一致するの...more
カテゴリー:

大嶽創太郎「事実上の民進党解党でリベラルは死んだのか?リベラルと言われる議員の方々は苦しい状況」「護憲派の人は誰に投票すればいい?」 - 09月29日(金)22:24  mnewsplus

think future ""turning point"" 2017-09-29 07:51:59 (前略) #先の参議院選挙が最後のチャンスだったのか? #どっちが選ばれても実は同じ? 昨日、9月28日正午すぎ、安倍首相は衆議院を解散させました。 野党による臨時国会の請求を果たさず(重大な憲法違反でもある)、首相討論もないまま、 森友・加計問題の追及を避け解散する政治運営は解散権の乱用に他ならず、狂権政治と言えるでしょう。 国民の血税700億円が使われるとも言われる国政選挙。 来年秋まで待っていると小池新党に飲まれ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ヒ素」の画像

もっと見る

「ヒ素」の動画

Wikipedia

ヒ素(砒素、ヒそ、、)は、原子番号33の元素元素記号As第15族元素(窒素族元素)の一つ。

最も安定で金属光沢があるため金属ヒ素とも呼ばれる「灰色ヒ素」、ニンニク臭があり透明なロウ状の柔らかい「黄色ヒ素」、黒リンと同じ構造を持つ「黒色ヒ素」の3つの同素体が存在する。灰色ヒ素は1気圧下において615 で昇華する。

ファンデルワールス半径電気陰性度等さまざまな点でリンに似た物理化学的性質を示し、それが生物への毒性の由来になっている。

用途

生物に対する毒性が強いことを利用して、農薬、木材防腐に使用される。

III-V族半導体であるヒ化ガリウム (GaAs) は、発...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる