「ヒ素」とは?

関連ニュース

小池都知事、将来の「築地再移転」を視野に「豊洲市場への移転」を発表へ - 06月20日(火)15:00 

©sirabee.com東京都中央卸売市場の移転問題について、小池百合子都知事が、「いったん豊洲新市場に移転し、将来的に築地市場に市場機能を持たせる再開発を進める」という方針を固めたことが、明らかとなった。市場移転は、昨年11月に予定されていたが、汚染対策のための盛土の不備などが指摘され、地下水から国の環境基準を大幅に上回るベンゼンやヒ素など汚染物質が検出されたため、延期されていた。■15日には豊洲市場をメディアや市民に公開©sirabee.com今月15日には、豊洲市場の一般向け見学会が行われたため、しらべぇ取材班も内部を見学。ハイテクで、内部の動線も整理されており、使いやすそうな印象だ。©sirabee.com■「豊洲の食べ物」には心配も一方で、しらべぇ編集部が今年1月に全国20〜60代の男女1,400名を対象に実施した調査では、「豊洲で流通した食品を食べたくない」と答えた割合が8割を超えた。©sirabee.comまた、昨年9月の調査では、「豊洲移転は寿司やマグロのブランドに悪影響だと思う」と答えた人が5割となり、年収1,000万円以上の層では7割を超えている。©sirabee.com■ハイテクと築地ブランドの「いいとこ取り」か©sirabee.com世界中から観光客を集め、おいしさを保証するブランドともなっている築...more
カテゴリー:

【技術開発】CO2からCO作る低コスト触媒、スイス連邦工科大が開発-人工光合成に一歩 - 06月12日(月)20:39 

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00431533 (2017/6/12 15:30) 電気分解の模式図。中央を仕切っているのはイオン交換を行うバイポーラ膜 二酸化炭素(CO2)をもとに、炭化水素燃料などの原料となる一酸化炭素(CO)を効率よく作り出す低コスト金属触媒をスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の研究チームが開発した。水中に吹き込まれたCO2を電気分解する電力は、太陽電池から供給する。太陽光と地球温暖化ガスであるCO2から、有用な有機化合物を作り出す人工光合成に向けた一歩となる。 開発したのは、実用的な低...
»続きを読む
カテゴリー:

「ヒ素」の画像

もっと見る

「ヒ素」の動画

Wikipedia

ヒ素(砒素、ヒそ、、)は、原子番号33の元素元素記号As第15族元素(窒素族元素)の一つ。

最も安定で金属光沢があるため金属ヒ素とも呼ばれる「灰色ヒ素」、ニンニク臭があり透明なロウ状の柔らかい「黄色ヒ素」、黒リンと同じ構造を持つ「黒色ヒ素」の3つの同素体が存在する。灰色ヒ素は1気圧下において615 で昇華する。

ファンデルワールス半径電気陰性度等さまざまな点でリンに似た物理化学的性質を示し、それが生物への毒性の由来になっている。

用途

生物に対する毒性が強いことを利用して、農薬、木材防腐に使用される。

III-V族半導体であるヒ化ガリウム (GaAs) は、発...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる