「ヒ素」とは?

関連ニュース

【豊洲】「科学的には安全」…都の専門家会議が評価★7 - 03月23日(木)20:10 

豊洲「科学的には安全」…都の専門家会議が評価  東京・築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の安全性について検討している都の専門家会議が19日に開かれ、同市場の地下水から環境基準の100倍のベンゼンが検出されたとする再調査結果が公表された。  最終9回目の調査と同水準の結果で、同会議の平田健正たてまさ座長(放送大学和歌山学習センター所長)は「科学的、法的には安全」と評価した。調査結果を受け、小池百合子知事は移転の可否を決定する。  再調査は、地下水モニタリング(継続監視)の9回目...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【豊洲】「科学的には安全」…都の専門家会議が評価★5 - 03月21日(火)23:20 

豊洲「科学的には安全」…都の専門家会議が評価  東京・築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の安全性について検討している都の専門家会議が19日に開かれ、同市場の地下水から環境基準の100倍のベンゼンが検出されたとする再調査結果が公表された。  最終9回目の調査と同水準の結果で、同会議の平田健正たてまさ座長(放送大学和歌山学習センター所長)は「科学的、法的には安全」と評価した。調査結果を受け、小池百合子知事は移転の可否を決定する。  再調査は、地下水モニタリング(継続監視)の9回目...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【豊洲】「科学的には安全」…都の専門家会議が評価★3 - 03月21日(火)05:37 

豊洲「科学的には安全」…都の専門家会議が評価  東京・築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の安全性について検討している都の専門家会議が19日に開かれ、同市場の地下水から環境基準の100倍のベンゼンが検出されたとする再調査結果が公表された。  最終9回目の調査と同水準の結果で、同会議の平田健正たてまさ座長(放送大学和歌山学習センター所長)は「科学的、法的には安全」と評価した。調査結果を受け、小池百合子知事は移転の可否を決定する。  再調査は、地下水モニタリング(継続監視)の9回目...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【豊洲問題】豊洲市場の地下水再調査で環境基準100倍のベンゼン検出★5 - 03月20日(月)23:20 

東京・豊洲市場の地下水モニタリングの再調査で、環境基準の100倍にのぼるベンゼンが検出されたことがわかった。 豊洲市場の地下水モニタリング調査は、東京都が2014年から9回行い、7回目までは有害物質が基準値を下回っていたが、8回目で基準値を超えるベンゼンとヒ素が検出され、2016年11月の9回目では、基準値の最大79倍のベンゼンなどが検出された。 このため都は、専門家会議のメンバーとともに、1月末から29カ所を再調査したが、関係者によると、基準値の最大100倍にのぼるベンゼンが検出されたという。 調査結果は、19日の専門...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

マスゴミがベンゼン100倍で大騒ぎするも、都の専門家会議が「豊洲市場は科学的、法的には安全」と評価 - 03月20日(月)12:55 

東京・築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の安全性について検討している都の専門家会議が19日に開かれ、同市場の地下水から環境基準の100倍のベンゼンが検出されたとする再調査結果が公表された。 最終9回目の調査と同水準の結果で、同会議の平田健正たてまさ座長(放送大学和歌山学習センター所長)は「科学的、法的には安全」と評価した。調査結果を受け、小池百合子知事は移転の可否を決定する。 再調査は、地下水モニタリング(継続監視)の9回目調査で濃度が高かった地点を中心に、27か所で地下水を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【豊洲】「科学的には安全」…都の専門家会議が評価★6 - 03月22日(水)09:59 

豊洲「科学的には安全」…都の専門家会議が評価  東京・築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の安全性について検討している都の専門家会議が19日に開かれ、同市場の地下水から環境基準の100倍のベンゼンが検出されたとする再調査結果が公表された。  最終9回目の調査と同水準の結果で、同会議の平田健正たてまさ座長(放送大学和歌山学習センター所長)は「科学的、法的には安全」と評価した。調査結果を受け、小池百合子知事は移転の可否を決定する。  再調査は、地下水モニタリング(継続監視)の9回目...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【豊洲】「科学的には安全」…都の専門家会議が評価★4 - 03月21日(火)13:02 

豊洲「科学的には安全」…都の専門家会議が評価  東京・築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の安全性について検討している都の専門家会議が19日に開かれ、同市場の地下水から環境基準の100倍のベンゼンが検出されたとする再調査結果が公表された。  最終9回目の調査と同水準の結果で、同会議の平田健正たてまさ座長(放送大学和歌山学習センター所長)は「科学的、法的には安全」と評価した。調査結果を受け、小池百合子知事は移転の可否を決定する。  再調査は、地下水モニタリング(継続監視)の9回目...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【豊洲】「科学的には安全」…都の専門家会議が評価★2 - 03月20日(月)23:34 

豊洲「科学的には安全」…都の専門家会議が評価  東京・築地市場(中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の安全性について検討している都の専門家会議が19日に開かれ、同市場の地下水から環境基準の100倍のベンゼンが検出されたとする再調査結果が公表された。  最終9回目の調査と同水準の結果で、同会議の平田健正たてまさ座長(放送大学和歌山学習センター所長)は「科学的、法的には安全」と評価した。調査結果を受け、小池百合子知事は移転の可否を決定する。  再調査は、地下水モニタリング(継続監視)の9回目...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

豊洲地下水、基準値100倍のベンゼン 専門家会議「地上部分は安全」 - 03月20日(月)15:43 

豊洲市場(東京・江東区)の土壌汚染対策に関する東京都の専門家会議は2017年3月19日、地下水の再調査の結果、最大で環境基準値の100倍のベンゼンと、3.6倍のヒ素が検出されたことを発表した。地下水の水位を保つシステムの稼働により、残留していた有害物質が流れ出たと推測される。
in English
カテゴリー:

【和歌山毒物カレー事件】林真須美死刑囚の長男、初めてテレビのインタビューに応じる-MBS開局65周年記念特番 ★2 - 03月20日(月)08:07 

1998年7月25日、和歌山市園部の夏祭り会場でカレーを食べた4人が死亡、63人が急性ヒ素中毒になった 和歌山毒物カレー事件。当時、10歳だった林真須美死刑囚(55)の長男(29)が初めてテレビのインタビューに応じた。  高く白い壁が取り囲み、敷地360平方メートルを超える林家の豪邸には大きな金庫があった。金庫には大量の札束があり、 億単位のお金が入っていた。長男は言う。「子どもながらになんでこんなにお金があるのか、不思議だった」。 父の健治氏はギャンブルで大金を手にすると、部屋で頭上から金を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ヒ素」の画像

もっと見る

「ヒ素」の動画

Wikipedia

ヒ素(砒素、ヒそ、、)は、原子番号33の元素元素記号As第15族元素(窒素族元素)の一つ。

最も安定で金属光沢があるため金属ヒ素とも呼ばれる「灰色ヒ素」、ニンニク臭があり透明なロウ状の柔らかい「黄色ヒ素」、黒リンと同じ構造を持つ「黒色ヒ素」の3つの同素体が存在する。灰色ヒ素は1気圧下において615 で昇華する。

ファンデルワールス半径電気陰性度等さまざまな点でリンに似た物理化学的性質を示し、それが生物への毒性の由来になっている。

用途

生物に対する毒性が強いことを利用して、農薬、木材防腐に使用される。

III-V族半導体であるヒ化ガリウム (GaAs) は、発...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる