「ヒーローズ」とは?

関連ニュース

『映画ドラえもん』新シリーズ、興行収入累計400億円突破 - 03月28日(火)06:29 

 シリーズ37作目『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が公開23日間で、興行収入26億円(3月26日現在)を突破するヒットを飛ばしている中、新シリーズ計12作品の累計興収が400億円を突破したことが27日、わかった。 大人に好評だったイメージボードのポスター  ドラえもんやのび太など、メインキャラクターの声優陣を一新した後、2006年3月に公開された『のび太の恐竜2006』(最終興収32.8億円)から新シリーズがスタート。昨年公開された『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』は最終興収41.2億円と、新シリーズ初の40億円突破、最高興行収入を記録した。  『のび太の南極カチコチ大冒険』は、観客動員数228万8809人、興収26億4692万5600円。劇場には、ドラえもん好きな子供たちはもちろん、幼少期にドラえもんを見ていたM1~2、F1~2層のファミリーが多く足を運んでいるという。春休みシーズンに入り、前作の約103%で推移していることから、関係者は新シリーズ最高興収記録の更新への期待を高めている。 ■「映画ドラえもん」新シリーズの歴代興行成績 作目/タイトル/公開日/動員数/興行収入(億円) 26/「のび太の恐竜2006」/06.3.4/297万人/32.8 27/「のび太の新魔界大冒険~7人の魔法使い~」/07.3.10/326万人/35.4 28/「のび太...more
in English
カテゴリー:

中村悠一&寺島拓篤、アニメ版鉄腕アトム誕生秘話は「責任のある仕事」 - 03月27日(月)18:30 

 月刊「ヒーローズ」(ヒーローズ刊行)で連載中の漫画を原作とするテレビアニメ「アトム ザ・ビギニング」の試写会が3月27日、東京・渋谷のNHKで行われ、声優の中村悠一、寺島拓篤、井上雄貴、佐藤竜雄監督が会見した。この日、音楽や自身の声が入った完成版を初めて鑑賞した中村は「BGM、効果音の使い方、音の広がりを知ったうえで、本作がドキドキする仕上がりになったと実感してます」と感想を述べた。 ・【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら  「アトム ザ・ビギニング」は、故手塚治虫さんの代表作「鉄腕アトム」を原案にして、主人公のロボット・アトムの誕生物語。大災害に見舞われた近未来の日本を舞台に、のちにアトムを作りあげることになる天才科学者・天馬午太郎(中村)と、アトムのよき理解者となるお茶の水博志(寺島)の友情と対立、めざましい進歩を見せる人工知能搭載の人型ロボットA106(井上)の活躍と変容が描かれる。企画監修として「PSYCHO-PASS サイコパス」やドラマ「踊る大捜査線」を手がけた本広克行監督が参加している。  中村は、「鉄腕アトム」という作品は「ストーリーをきちんと把握していなくても、誰もが大体の概要を知っている希有な作品」と評し、その前日譚となる本作への参加は「最初のエピソードにつながっていくようなものを残していかなければならない。責任のある仕事です」と意欲満...more
in English
カテゴリー:

『ジャスティス・リーグ』約2分半の初予告解禁! スーパーヒーロー達を続々紹介 - 03月27日(月)15:30 

 スーパーヒーロー映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』が布石となり、DCコミックスのヒーロー達が集結する『ジャスティス・リーグ』。今年11月の世界公開に先駆け、約2分半のフル予告編が解禁となり、「ジャスティス・リーグ」を構成するスーパーヒーロー達が紹介された。【関連】『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』フォトギャラリー 『マン・オブ・スティール』(13)、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(16)に続き、ザック・スナイダー監督がメガホンを取る『ジャスティス・リーグ』の予告編。バットマンことブルース・ウェイン(ベン・アフレック)が、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で出会ったワンダーウーマン(ガル・ガドット)に「準備せねば。君も我々も、ほかの者達も」と、予期される世界危機に警戒する。 「来るんじゃないわ。もう来ている」と告げるワンダーウーマン。今度の敵はDCユニバース最強のヴィランとも言われるステッペンウルフと伝えられている。 予告編ではスーパーマン(ヘンリー・カヴィル)の姿は見られないが、バットマンとワンダーウーマンを筆頭に、アクアマン(ジェイソン・モモア)、サイボーグ(レイ・フィッシャー)、フラッシュ(エズラ・ミラー)とジャスティス・リーグのメンバーが紹介されている。フラッシュことバリー・アレンが、他...more
in English
カテゴリー:

『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』石黒英雄に聞く「ウルトラマンは50年目から」 - 03月26日(日)10:00 

ウルトラマンオーブが帰ってきた! 3月11日、『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』が公開された。地球を狙う宇宙魔女賊 ムルナウ(椿鬼奴)率いる極悪宇宙人軍団と、ウルトラマンオーブをはじめとする新世代(ニュージェネレーション)ヒーローズが激突! ウルトラマンオーブ=クレナイ ガイを演じた石黒英雄さんに、映画の見どころを語ってもらった。前編はこちら子どもたちにガイを愛してもらえたのが大きい──『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』ですが、まずクレナイ ガイがアロハ姿で登場するシーンで爆笑してしまいました。石黒 いや、あの格好は本っ当に動きやすかったですね(笑)。(TVシリーズで身につけていた)ブーツって本当に滑るんですよ。ジーンズ姿は動きも遅くなるんですが、スピードを上げるように頑張っていたんです。でも、アロハとサンダル姿は本当に動きが速くなって。鎧を脱いだみたいでした(笑)。「速い、速い、速い」って、もう楽しくなっちゃって。──脚本の中野貴雄さんの発想がいちいちユニークですよね。石黒 中野さんは“遊ぶ人”ですが、もともとちゃんとした道筋を立てられる人だから“遊ぶ”ことができるんですよね。でも、これ以上は真面目になりたくないんでしょう(笑)。本読みのときにお会いしましたが、「中野さんの世界観は変えずに、気にせず書いてください。僕や監督たちはそれに対して...more
in English
カテゴリー:

御年65歳、デブゴンの衰えぬキレ!サモ・ハン最新作2本の予告編&ポスター公開 - 03月24日(金)19:30 

 香港アクション映画界の重鎮サモ・ハン(サモ・ハン・キンポー)が監督・主演を務めた「おじいちゃんはデブゴン」と出演作「コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝」の連続公開企画「サモ・ハンis BACK!」のポスターと予告編が、それぞれ公開された。また、4月6日には東京・新宿武蔵野館でサモ・ハンの来日イベントが行われることが決定した。 ・アクションファンの好きなものてんこ盛り!サモ・ハン2作品の予告はこちら!  ポスターは、勇ましい表情のサモ・ハンを中心に「デブゴン(日本におけるサモ・ハンの愛称)が帰ってくる!」とキャッチコピーが書かれており、ファンの喜びを代弁するようなデザインとなっている。  サモ・ハンが約20年ぶりにメガホンをとった「おじいちゃんはデブゴン」は、認知症気味の退役軍人(サモ・ハン)が、中国とロシアのマフィアの抗争に巻き込まれた隣人の父娘を救うために立ち上がる物語。予告編では、ずんぐりとした外見からは想像もできないほどの早わざを披露し、相手の手をねじり、ひと突きで吹き飛ばし、背負い投げを食らわせるなど大活躍。本作には人気スターのアンディ・ラウも出演しており、スピーディな格闘シーンだけでなく激しいカーアクションにも挑戦している。  続く「コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝」は、「新少林寺 SHAOLIN」で知られるヒットメイカー、ベニー・チャンの最新監督作。内戦時代の中...more
in English
カテゴリー:

中村悠一&寺島拓篤、アトム前日譚にプレッシャーも「単体としても楽しめる作品に」 - 03月27日(月)19:45 

 声優の中村悠一、寺島拓篤、井上雄貴と佐藤竜雄監督が27日、NHK放送センターで行われた、アニメ『アトム ザ・ビギニング』試写会に出席。世界に誇る日本のアニメとして名高い『鉄腕アトム』の前日譚を描いた本作への思いを語った。【関連】アニメ『アトム ザ・ビギニング』試写会フォトギャラリー 本作は、月刊「ヒーローズ」で連載中の、“鉄腕アトム”誕生までを描いた同名コミックをアニメ化。企画監修を『踊る大走査線』『PSYCHO‐PASS サイコパス』の本広克行、ストーリー監修を手塚眞、ゆうきまさみ、監督を『モーレツ宇宙海賊』の佐藤が務める。 アニメ化に当たって、佐藤監督は、「原作では、AI、そしてロボットを作っているお茶の水も天馬も、本体が何を考えているのかはわからないこと、そしてその怖さが描かれていると思いますが、今回はそこまでは描かずに、2人の夢やA106の成長がメインになっている」とその構想を明かした。 その手で「神」を作り出したいと考える天才・を担当する中村は、「アトムは、リアルタイムで観ていた世代ではないけれど、小さいときから知っていた作品です。その前日譚をやらせていただけることは感じ入るところがあり、責任やプレッシャーは感じています」と本作への思いも吐露すると、自身の演じる天馬については「非常に強い人間だと思うんです、今のところは。信念を曲げないし、面白い人間。心の揺らぎがないので...more
in English
カテゴリー:

中村悠一&寺島拓篤、アニメ版“鉄腕アトム誕生秘話”は「責任のある仕事」 - 03月27日(月)18:30 

月刊「ヒーローズ」(ヒーローズ刊行)で連載中の漫画を原作とするテレビアニメ「アトム ザ・ビギニング」の試写会が3月27日、東京・渋谷のNHKで行われ、声優の中村悠一、寺島拓篤、井上雄貴、佐藤竜雄...
in English
カテゴリー:

「交響詩篇エウレカセブン」が3部作で劇場アニメ化、『ガルパン』最新作の公開日決定など、2週間の新着アニメNewsまとめ読み! - 03月26日(日)12:00 

3月下旬までに発表され、話題となった劇場版アニメ関連のニュースをファンの声とともにおさらい。「交響詩篇エウレカセブン」が3部作で劇場アニメ化、『ガルパン 最終章』の公開日決定、DCヒーローと鷹の爪がまさかのコラボなど、見逃していた人は要チェック! 【写真を見る】『ガールズ&パンツァー 最終章』の第1話は12月9日(土)公開/[c]GPFP ■ 「エウレカセブン」劇場版公開にアニメファン以外も反応! 05年より放送され人気を博した「交響詩篇エウレカセブン」が劇場版3部作として映画化されることになった。すでに10年以上も前の作品ということもあり、“懐かしい”“映画館行く前に見直そう”という声が多い。また、パチンコで同作を知ったという人も少なくなく、“原作見たことなかったから、この機会で見ようかな”とアニメファン以外からの注目度も高そうだ。この劇場版は2017年公開予定。 ■ 『ガルパン』ファンは最新作へ期待しつつも終わってしまう寂しさが… 全6話での製作が発表されていた劇場版最新作『ガールズ&パンツァー 最終章』の第1話が12月9日(土)から公開されることになった。“どんな話になるんだろ”“新しい高校はよ”といった、もう12月まで待てない!という声がほとんどだが、“新作はうれしいけど、最終章っていうのが…”という終わってしまう寂しさは誰もが感じている模様だ。 ■ DCと鷹の爪のコラボに...more
in English
カテゴリー:

任天堂「スーパーマリオ ラン」の売上は「期待に届いていない」 - 03月25日(土)13:08 

しかし、ガチャ課金型よりも「マリオ ラン」のシステムが望ましい だが、それでも「ファイアーエムブレム ヒーローズ」より「マリオラン」の課金システムが望ましい。
in English
カテゴリー:

御年65歳、“デブゴン”の衰えぬキレ!サモ・ハン最新作2本の予告編&ポスター公開 - 03月24日(金)19:30 

香港アクション映画界の重鎮サモ・ハン(サモ・ハン・キンポー)が監督・主演を務めた「おじいちゃんはデブゴン」と出演作「コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝」の連続公開企画「サモ・ハンis BACK!」...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ヒーローズ」の画像

もっと見る

「ヒーローズ」の動画

Wikipedia

ヒーローズ

(Heroes) - ヒーロー(Hero)の複数形。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる