「ヒロシ」とは?

関連ニュース

【映画】三船敏郎のドキュメンタリー「MIFUNE: THE LAST SAMURAI」2018年公開、EXILE AKIRAがナレーションを担当 - 10月18日(水)20:08  mnewsplus

http://natalie.mu/eiga/news/253182 2017年10月18日 17:00 三船敏郎のドキュメンタリー「MIFUNE: THE LAST SAMURAI」が2018年春に日本で公開される。 黒澤明の「用心棒」「赤ひげ」でヴェネツィア国際映画祭の男優賞を2度受賞し、日本だけでなく海外のさまざまな映画人から敬愛された三船の生涯をたどる本作。 香川京子、司葉子、土屋嘉男、加藤武、八千草薫、中島春雄、役所広司、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシらが出演し、海外版ではキアヌ・リーヴスがナレーションを担当した。 日本版ではEXILE AKIRA...
»続きを読む
カテゴリー:

未病の改善をテーマにした「国際未病フェスタ」開催 - 生島ヒロシも講演 - 10月17日(火)14:52 

国際未病フェスタ実行委員会は10月28~29日、「me-byo valley"BIOTOPIA"」(ブルックス大井事業所 )で国際未病フェスタを開催する。時間は28日が11:00~16:00、29日が10:00~16:00。同イベントは、「未病(みびょう)の改善」をテーマに、世界中の食べ物やダンス音楽を家族や友達と一緒に楽しめる未病国際イベント。
カテゴリー:

【京都国際映画祭】宮川大輔、観客80倍増に感慨 6人→500人で「本当にありがたい」 - 10月14日(土)13:55 

 お笑いタレントの宮川大輔が13日、京都市内の各地で開催中の『京都国際映画祭』(15日まで)内で映画『泥棒役者』(11月18日公開)の舞台あいさつに登壇。よしもと祇園花月に約500人の観客が入り、「うれしいわ~」と笑顔を見せた。 【写真】西田征史監督も登壇  今年で4回目となった同映画祭。初回の2014年には品川ヒロシ監督の映画『ドロップ』の舞台あいさつで、観客がわずか8人という“記録”を作った。「みんな、出ていって『え~』ってなった。マジでドッキリかと思った。心がシュンってなった」と回想。しかも「『大ちゃ~ん』って言われて振り返ったら、2人が、うちのいとこやった。だから実質6人ですよ」と苦笑いだった。  そんな経験もある映画祭だったが、この日はチケットが完売。500人の客席は見事に埋まった。「それ(6人)が僕のイメージやったんで、本当にありがたい。うれしいわ~」と笑顔が止まらなかった。  主演の関ジャニ∞・丸山隆平についてもトーク。宮川は「お菓子のセンスがよくなかった」と暴露。「大阪で仕事があったら、よう現場にお菓子を買ってきてくれたんですけど、駅で売ってるような『焼きそばせんべい』とかジャンクなものばっかり。僕ももう45歳なんで。市村(正親)さんなんか全く手をつけてなかった」と意外な“欠点”をばらした。そんな状況に西田征史監督は大慌てで「ちゃんと食べてらっしゃいましたよ...more
カテゴリー:

【映画】内田裕也『十階のモスキート』ラブシーン撮影振り返り大テレ - 10月14日(土)08:41  mnewsplus

 ロックンロールの帝王にして、俳優としても活躍する内田裕也が13日、京都市内で開催中の京都国際映画祭2017で上映された1983年公開の主演映画『十階のモスキート』の舞台挨拶に登壇、劇中で何度も描かれるラブシーンを当時は照れながら演じていたことを明かした。  『十階のモスキート』は、実際に起こった警察官の不祥事をモチーフに、妻に見捨てられ、借金地獄に陥った警察官の男が郵便局強盗を企てるまで転落していくさまを描いた、崔洋一監督のデビュー作。1982年の主演作『水のないプール』に続いて内田が企画を担当し、崔監督...
»続きを読む
カテゴリー:

中村玉緒、勝新さんと裕次郎さんを思い出し感涙「あの世でどうしてるかしら」 - 10月12日(木)19:27 

 京都市内を中心に開幕する『京都国際映画祭2017』(12日~14日)で女優の中村玉緒が12日、京都・よしもと祇園花月で行われた映画『人斬り』(1969年)の舞台あいさつに登壇した。珠緒は勝新太郎さんとのけんかを思い出して感涙。「あの世でどうしてるかしら」と今は亡き夫を思い、石原裕次郎さんとのエピソードも披露した。 【写真】『京都国際映画祭2017』のレッドカーペットの模様  今年は1992年に亡くなった映画監督・五社英雄さんの没後25年となり、特集が組まれることになった。『三匹の侍』『人斬り』『鬼龍院花子の生涯』『極道の妻たち』『吉原炎上』などの大ヒット作の監督として知られる。  この日は1969年に公開された『人斬り』を上映。同作は幕末に京都を震撼させ「人斬り以蔵」の異名をとった伝説的な剣士・岡田以蔵の半生を描いた作品。五社さんが監督を務め、勝さんが主演し、石原裕次郎さんや作家の三島由紀夫さんも出演している。この日は上映前に秘蔵写真が4枚、公開され、思い出話に花を咲かせた。  玉緒は「一番、仲がいいのは2人。『兄弟』と(呼んでいた)」と懐かしむ。「京都に来て思い出しました。主人とものすごい夫婦げんかしたんです。(外出先の)ホテルに電話かかってきて裕次郎さんが『玉緒ちゃん、大変だね』と。『アンタなんか出んかっていいんです。主人を出してください』って言ったら、裕次郎さんが...more
カテゴリー:

三船敏郎ドキュメンタリー、日本版ナレーションはEXILE AKIRA!軌跡をたどる展覧会も開催 - 10月18日(水)19:00 

 日本を代表する映画スター・三船敏郎さんを特集する展覧会「世界のミフネと呼ばれた男 三船敏郎映画デビュー70周年記念展」の記者発表会が10月18日、東京・東急百貨店本店で開催され、ドキュメンタリー映画「MIFUNE: THE LAST SAMURAI」が2018年春に公開予定であることが発表された。EXILE AKIRAが日本版ナレーションを担当する。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  ドキュメンタリー映画「MIFUNE: THE LAST SAMURAI」は、家族や親交の深かった俳優やスタッフ、国内外の映画関係者への膨大なインタビューと貴重な映像により、サムライ映画を世界に知らしめた俳優・三船敏郎の波乱万丈の人生や、その精神に迫っていく。「ヒロシマナガサキ」などで知られる、日系3世のスティーブン・オカザキが監督を務めた。第72回ベネチア国際映画祭ほか、世界29の映画祭に出品。全米30都市以上で公開された。  日本版ナレーションを担当したAKIRAは、三船さんの息子で、三船プロダクション代表取締役社長の三船史郎氏に花束を贈ると「三船敏郎さんに恥じぬよう、務めさせていただきました。僕は今、36歳。僕らの世代にも若い方々にも、改めて三船敏郎さんという素晴らしい俳優さんを知っていただけるように精一杯務めさせていただきました」と胸を張った。  「三船敏郎映画デビュー7...more
カテゴリー:

『モブサイコ100』実写ドラマ化 濱田龍臣主演×坂本浩一監督『ウルトラマンジード』コンビ - 10月17日(火)09:52 

 テレビ東京とNetflixのタッグによる木曜深夜のドラマ枠「木ドラ25」第4弾作品として、小学館のマンガアプリ「マンガワン」で連載中の、ONE氏の漫画『モブサイコ100』の実写化が決定。現在放送中の『ウルトラマンジード』(同局)でもコンビを組む、俳優の濱田龍臣主演、坂本浩一監督、特撮やアクションを得意とする2人が、大人が鑑賞する深夜ドラマに挑戦する。来年1月より、同局系ほか、Netflixで配信、BSジャパンでも放送される。 【写真】ウルトラマンジートに変身する濱田龍臣  おかっぱ頭の内気で目立たない中学2年生、影山茂夫(濱田)、通称モブ。勉強もスポーツも人付き合いも苦手で、恋心を抱く幼なじみのツボミちゃんにも相手にされない。そんなモブには生まれつきある特殊な能力が備わっていた。それは強大な超能力。その能力に目をつけた自称・霊能力者の霊幻新隆は時給300円のバイト代でモブを雇い、都合よく利用して悪霊の除霊をさせている。  超能力に頼らず普通の生活を送りたいと考えているモブは、平凡な自分を変えたいと肉体改造部へ入部。ツボミちゃんに振り向いてもらおうと必死に努力し始める。しかし、怪しい超能力者たちが現れて周囲で様々な事件が起き、モブも巻き込まれていく。なるべく超能力を使いたくないモブだが、感情が高ぶり「100%」に達すると爆発。壮大な超能力バトルがはじまる。  小林史憲プロデ...more
カテゴリー:

【芸能】ココリコ遠藤、峯岸みなみ、森永卓郎…ライザップCMに出演したタレントの“不名誉な共通点”にお気づきか!? - 10月14日(土)09:47  mnewsplus

フィットネスジム・ライザップ(RIZAP)のCMにタレントの松村邦洋が出演している。 同社のプログラムで松村は8カ月で30キロのダイエットに成功。 “おデブキャラ”として認知されていたため、その激ヤセした姿が世間の話題をさらった。 新CM発表会で松村は、担当トレーナーとのマンツーマンのトレーニングを「自分に甘いところがあるので、きめ細かい指導は自分にぴったりだった」と振り返っている。 「ブーツッツツブーツッツツ、テーテレテレテレテーテレテレ」 これまでこのサウンドとともに各人の脳内で何度も再生されてきたラ...
»続きを読む
カテゴリー:

グーグル幹部が明かす、面接での“最悪の答え” | BUSINESS INSIDER JAPAN - 10月14日(土)07:42 

グーグル幹部が明かす、面接での“最悪の答え” | BUSINESS INSIDER JAPAN「『グーグルで働いてみたい』だけでは不十分」グーグルの上級副社長ヒロシ・ロックハイマー氏は言う。 Google グーグルで働きたいと願うだけでは不十分だ。 この巨大テック企業で職を得たいなら、より具体的でなければならないと、同社のプラットフォーム、エコシステム担当の上級副社長ヒロシ・ロックハイマー(Hiroshi Lockheimer)氏は言う。 「あなたが何に対して情熱を持っているのか、それが重...
カテゴリー:

【音楽】藤原ヒロシ、サカナクション主宰レーベルから約4年ぶりアルバム「slumbers」11月29日リリース - 10月12日(木)18:58  mnewsplus

http://natalie.mu/music/news/252284 2017年10月11日 17:00 藤原ヒロシのニューアルバム「slumbers」が、サカナクション主宰のレーベル・NF Recordsより11月29日にリリースされる。 「slumbers」は前作「manners」より約4年1カ月ぶりのアルバムで、サウンドプロデューサーに渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)を迎えて制作された。 アルバムは2000セット限定のデラックスエディションと通常盤の2形態で発売。デラックス盤にはボーナストラックが収められるほか“オマケ”が付属する予定となっている。 NF Recordsを主宰する山口一...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ヒロシ」の画像

もっと見る

「ヒロシ」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる