「ヒロ」とは?

関連ニュース

もはやホラー!病んでる彼氏の「俺は別れたくない」LINEを覗き見っ - 12月17日(日)17:00 

彼女から予期せぬ別れ話を出されてしまった男子の中には、病んだ発言でホラーな返信をしてしまう人も! 何か人には言えない辛い過去でもあるのでしょうか……。別れ話を切り出したばかりに、恐ろしい暴言を吐かれちゃった彼女がカワイソウになるほどです。今回は病み気味の男子が送る、別れ話の返信LINEを3つ覗き見ッ!1:「別れるなら、俺、多分死ぬよ?」 「ごめん、やっぱり別れたい」と、LINEで別れ話をする彼女。 ここまでは、そんなに珍しいお話でもありませんし、ひょっとすると、彼氏の性格を考えて、「対面で言うとこじれそう」だと思って、泣く泣くLINEで別れを切り出すことにしたのかもしれません。 ところが……! その返信は、さすが病み気味の彼氏ならでは、という感じ! 「別れるなら、俺、多分死ぬよ?」 という、サイコパスのようなセリフをLINEで返信ですッ! 大好きな彼女に別れを切り出されて、ショックなのは理解できるものの、「死ぬよ?」なんて、LINEで軽々しく言わないで欲しいですよねぇ……。 いえ、本気でそう思っているからこそ、書いているのでしょうか? だとしたら、「ホラー映画みたい」どころの話じゃなく、本気で怖い……。   2:「俺と別れたら後悔すると思うし、俺は一生恨んじゃうかもよ?」 対面で別れ話をして、まとまらなかった場合、LINEでゴニョゴニョと別れ話を続ける流れになりがちです。...more
カテゴリー:

ブランチ新レポーター・坂ノ上茜が「まだ慣れていない」こととは? - 12月17日(日)16:00 

今注目の女の子を紹介する『anan』で連載中の「イットガール」。今回登場してくれたのは、女優、タレントの坂ノ上 茜さんです。 「王様のブランチ」の新リポーターとして奮闘中。 中学生の時にデビューし、女優として活動してきた坂ノ上さん。この秋からは、人気情報バラエティ番組のリポーターに就任。「いろんな場所に行けて楽しいです。初めてのロケは台湾で、急いで実家からパスポートを取り寄せました(笑)。食レポなどまだ慣れないんですが、技術がないからこそ、素直に感じたままを表現しています。ブランチは地元・熊本でも放送されているので、家族に見てもらえるのも嬉しい」。来春には大学を卒業予定。「女優業もさらに頑張りたいです。ああ、卒論書かなきゃ…!」 ラクな服が好きだけどたまにはフェミニンに 普段はメンズライクな服が多いけど、背中開きやスリットに弱いんです。 毎日食べたいほどお肉LOVE 一人焼き肉してしまうほどの肉好きです(笑)。これは京都で食べた近江牛。 ロケで行ったおかげ横丁。また行きたーい! 風情があって素敵でした。蓮台寺柿のジュース、おいしかったなあ…。 さかのうえ・あかね 1995年生まれ。2015年に『ウルトラマンX』のヒロイン役で本格女優デビュー。インスタグラム(@sakanoueakane)にはブランチロケのオフショットも。 ※『anan』2017年12月20日号より。写真・土佐...more
カテゴリー:

『劇場版ポケットモンスター 2018』映像公開 サトシとピカチュウが新たな旅へ - 12月17日(日)14:00 

 2018年7月に公開予定の『劇場版ポケットモンスター2018』の特報映像が公開された。今夏公開の記念すべきシリーズ20作目『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』に続く冒険が、ついに幕を開ける。【関連】『ポケットモンスター』フォトギャラリー 1997年に放送されたアニメ版第1話の最後で伝説のポケモン・ホウオウを見つけ、「いつか一緒にあいつに会いに行こうぜ」と誓い合った主人公・サトシとピカチュウの成長を描いた『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』。かつて“ポケモン映画”に夢中になっていた大人たちからの支持も集め、公開後の週末動員ランキング1位、のべ300万人を超えるほどの動員を記録した。 2018年7月公開の最新作はタイトル未発表ながら、前作のエンディングでさらなる冒険に向けて旅立ったサトシとピカチュウを中心に、新たな仲間たちとの出会いやさらなる成長が描かれるという。 このたび解禁されたポスターでは「キミがいなきゃ、冒険は始まらない。」というキャッチコピーと共に、仲むつまじく微笑み合うサトシとピカチュウの姿が。さらに手前には、モンスターボールを手にした女性のトレーナーらしき姿が、アップで映し出されている。 さらに、特報映像では大海原を見渡せる岬へと立つサトシとピカチュウの姿と共に、風により飛ばされたと思われるサトシの帽子を地面から拾い上げる、少女のようなキャラクターの足元...more
カテゴリー:

【芸能】"のん"はやっぱり唯一無二の女優だった。初舞台「ラヴ・レターズ」公演 - 12月17日(日)12:54  mnewsplus

エキサイトレビュー 2017年12月16日 09時45分 ライター情報:木俣冬 のんはやっぱり唯一無二の女優だった。初舞台「ラヴ・レターズ」一日だけの貴重な公演、観てきた ◆朗読劇を侮るなかれ 朝ドラ『あまちゃん』(13年)のヒロイン役で大ブレイクし、アニメーション映画『この世界の片隅に』(16年)では、声優として、絵に瑞々しい命を吹き込み、大ヒットの立役者となった、のんが、初舞台に挑んだ。 舞台といっても、朗読劇という特殊なジャンルである。 2時間(途中休憩込)、椅子に座ったまま、ノンストップで戯曲(手...
»続きを読む
カテゴリー:

語っていいとも! 第50回ゲスト・二階堂ふみ「来年24になるので、挑戦的な気持ちで…」 - 12月17日(日)12:00 

あの国民的バラエティ番組のスピリットを引き継ぎ“友達の輪”を!とスタートした『語っていいとも!』。 第50回のゲストで芸人・タレントの渡辺直美さんからご紹介いただいたのは女優の二階堂ふみさん。 2007年にデビュー、17歳で日本人初となるヴェネツィア国際映画祭・最優秀新人賞を『ヒミズ』で獲得するなど、キャリア10年にして代表作多数。今、最も引っ張りだことな女優のひとりといえる。 来年2月16日公開の主演映画『リバーズ・エッジ』も話題となること必至で、そんな彼女に多忙な中、お時間をいただいたーー。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―友達の輪を渡辺直美さんから繋がせていただいて。二階堂さんが連載開始からちょうど50人目です。 二階堂 わあ、すごい。ありがとうございます。嬉しいです! ―おふたりはやっぱり“ぐるナイ”の『ゴチになります』から共演されて…。 二階堂 そうですね、そこで初めてでした。ずっとご一緒したくて、いつかお会いできたらと思ってたら、まさかの“ゴチ”で。すごい楽しかったです。 ―そこから一気に距離が近づいた感じなんですかね。 二階堂...more
カテゴリー:

【漫画家】『The・かぼちゃワイン』の漫画家・三浦みつるが引退発表 2015年にはクラウドファンディングで新作を制作 - 12月17日(日)16:59  mnewsplus

2017年12月17日 12時40分 公開 『The・かぼちゃワイン』の漫画家・三浦みつるが引退発表 2015年にはクラウドファンディングで新作を制作 12月17日には書泉グランデでサイン会が行われます。 [宮澤諒,ねとらぼ]  漫画家・三浦みつるさんが12月12日、新作描き下ろし『バック・トゥ・The・かぼちゃワイン』をもって引退することを自身のTwitterを通して明かしました。  三浦さんの代表作の1つである『The・かぼちゃワイン』は、背の低い主人公・青葉春助と背が高いためLサイズにちなみ「エル」と呼ばれるヒロイン・朝丘夏美を...
»続きを読む
カテゴリー:

「魚は切り身で泳いでいる、と思う子どもがいるらしいけど…」→めっちゃ共感(笑) - 12月17日(日)15:42 

@metal_guruguruさんが投稿した、子どもの可愛らしい誤解を巡る呟きに注目が集まっています。 最近の子どもの中には、魚は切り身の状態で泳いでると本気で思っている子もいるというニュースを見たことあるけど、自分も12歳くらいまでモグラはサングラスをしてると漠然と思ってた。—
カテゴリー:

『直虎』異例の1年を振り返る 子役、追悼CD、ダジャレサブタイトル… - 12月17日(日)13:00 

 NHKで1年にわたって放送されてきた大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)はきょう17日放送予定の第50回「石を継ぐ者」が最終回となる。主人公は、戦国時代に男の名で家督を継いだ“おんな城主”、井伊直虎(柴咲コウ)。主人公が「女性」でも、「無名」でも、面白い物語を紡いでいくことができる。それを証明しようと挑んだ全50回だった。 【劇中カット】赤備えの井伊直政(菅田将暉)が登場  戦のたびに当主を殺された遠江の国(静岡県西部)・井伊家にただひとり残された姫が、「直虎」と勇ましい名を名乗って乱世に立ち向かい、後に「徳川四天王」と呼ばれる武将・井伊直政の出世を支えていく一代記。  主人公が「女性」「無名」という2つの鬼門にあえて挑んだ本作。『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS)、『JIN-仁-』(同)、連続テレビ小説『ごちそうさん』(NHK)など数々のヒットドラマを生み出してきた森下佳子氏が脚本を担当し、脱稿後「何となくなんですけど、この先に女性主人公の大河の鉱脈みたいなものがあるんじゃないかなぁと…。引っかき傷くらいかもしれないけれど、穴を開けられたんじゃないか」と手応えを語っている。  異例だったのは、第1回から第4回まで、子役による主人公の子ども時代が描かれたことだ。近年は第1回のみが多く、加藤清史郎が出演した『天地人』(2009年)でも第2回まで...more
カテゴリー:

中島健人と知念侑李が関西弁でキュンキュンフレーズ対決! - 12月17日(日)12:06 

映画『未成年だけどコドモじゃない』の大阪サプライズ舞台挨拶が12月16日にTOHOシネマズ 梅田で行われ、主演の中島健人(Sexy Zone)と、ヒロイン役の平祐奈、共演の知念侑李(Hey! Say! JUMP)が登壇した。 本作は「今日、恋をはじめます」など数々の大ヒット少女コミックを生み出している水波風南(みなみ・かなん)の同名コミックが原作。 何不自由なく育てられたお嬢様・折山香琳(平祐奈)が16歳の誕生日に両親からプレゼントされたのは結婚。しかも、お相手は、彼女が一目ぼれした学校イチのモテ男・鶴木尚(中島健人)だった。だが、世の中そう甘くはなく、結婚した途端に彼から「お前みたいな女、大っ嫌いなんだよな」という言葉を投げかけられてしまい、落ち込む彼女に、幼なじみで同じ高校に通う超お金持ちの海老名五十鈴(知念侑李)がアプローチを始めるというストーリー。 3人は「みせコド」ポーズをしながら、客席からサプライズ登壇し、観客のボルテージは最高潮に。大晦日に開催される歌合戦になぞらえ、中島と知念の2人が「紅白キュンキュン対決!」を実施。大晦日の道頓堀を舞台に、女子が思わずときめくセリフを関西弁で披露した。 中島は「オレの彼女になってくれへんか?」、知念は「めっちゃ好きやねん」と言い、440名を超える観客のハートを鷲掴みに! その後、どちらがキュンキュンしたかを観客が紅白ボードで...more
カテゴリー:

これまでの名シーンが蘇る!あのキャストたちと『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを振り返り! - 12月17日(日)10:10 

壮大なスケールとアクションで贈る史上空前のエンターテイメント『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のMovieNEXが好評発売中。そして発売から2週連続売り上げナンバーワンを記録するなど好調を続けている。また、ディズニー初となる、迫力の映像体験を可能にする「4K UHD MovieNEX」も発売中だ! それを記念し、本作の特別映像が一部解禁となった。【関連記事】『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』特別映像はこちらから!今回解禁となる特別映像は、過去の名場面を振り返りながら、ジャック・スパロウ役のジョニー・デップ、バルボッサ役のジェフリー・ラッシュらお馴染みのキャストに加え、新たに仲間入りを果たしたヘンリー役のブレントン・スウェイツ、カリーナ役のカヤ・スコデラーリオなどがインタビューに答える姿も。サブタイトル『最後の海賊』にふさわしく、ラストを飾るように過去の名場面と共にシリーズへの思い出や、エピソードを語ってくれている。本作で新たにヒロインの座を射止めたカヤは、「14歳で1作目を見たの。現実逃避できる映画だった」と振り返る。聡明で美しくも、芯の強さを持った天文学者カリーナ・スミス役を演じた彼女も「オーランド・ブルームに夢中で何度も見たわ」とその頃の自分に少し照れながら語ってくれている。そして、ジャックと共に旅をするヘンリー役を務め、自身でもシリーズの大ファンだと語って...more
カテゴリー:

もっと見る

「ヒロ」の画像

もっと見る

「ヒロ」の動画

Wikipedia

ヒロHiloHIRO

人名 実在の人物 HIRO

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる