「ヒラ年寄」とは?

関連ニュース

【相撲】貴乃花親方が再起絶望「蟄居生活」 - 04月17日(火)20:52  mnewsplus

ここまでやるか――。わずか3カ月で5階級降格となる処分を受け、一代年寄では史上最下位のヒラ年寄になった貴乃花親方(45)。 春巡業から再スタートを切る予定だったが、出発直前に外され、自分の部屋で弟子たちの指導に専念する“閉門蟄居”を命じられた。 もっとも、おかげで巡業中に発生した“女性禁制事件”には巻き込まれずに済んだが、再起の道は険しい。 https://npn.co.jp/article/detail/74741297/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

貴乃花親方、出直しの「下積み10年」 - 04月15日(日)06:00 

 報復人事が招くのは安定か、それとも新たな火種か――孤高の大横綱の行く末は!? 大相撲バトル最終章!  半年にわたる角界暗闘に、ついに終止符が打たれた。「3月26日に行われた相撲協会の理事会で、八角親方(元横綱・北勝海)の理事長3選が全会一致で決定。一方、対立していた貴乃花親方(元横綱)は、28日の臨時年寄総会で、これまでの言動を全面的に謝罪しました」(相撲記者)  その結果、貴乃花親方には、審判部への配属と、最下位であるヒラ年寄への2階級降格処分が下された。「まさに本人も語った通り、“一兵卒として出直し”です」(前同)  年寄総会後、高田川親方(元関脇・安芸乃島)は、「今後、どういう行動を取っていただけるか。一番の問題だと思います」と貴乃花親方を警戒したが、協会による監視体制は万全。「審判部長に、貴乃花一門から理事に選ばれた阿武松親方(元関脇・益荒雄)を据えたのがポイントです。新理事は通常、閑職の相撲教習所長から始めるのが定番ですが、いきなり花形の審判部長に大抜擢。これは貴一門を協会側に取り込み、貴乃花親方が再び反撃に出ないよう、“見張っておけ”ということでしょう」(同)  一方、阿武松親方は貴乃花親方が契約解除とならないよう、協会に嘆願書を提出するなど、“貴救済”に向けても尽力してきた。「貴乃花親方としても、恩のある阿武松親方のメンツを簡単には潰せない。当面は、...more
カテゴリー:

貴乃花親方が再起絶望「蟄居生活」(1) - 04月17日(火)16:03 

ここまでやるか――。わずか3カ月で5階級降格となる処分を受け、一代年寄では史上最下位のヒラ年寄になった貴乃花親方(45)。春巡業から再スタートを切る予定だったが、出発直前に外...
カテゴリー:

「ヒラ年寄」の画像

もっと見る

「ヒラ年寄」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる