「ヒューマンドラマ」とは?

関連ニュース

深田恭子×松山ケンイチ『隣の家族は青く見える』不妊治療を知った姑の思いは… - 02月22日(木)05:00 

深田恭子と松山ケンイチが“妊活”に励む夫婦を演じる連続ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)第6話が、2月22日に放送される。本作は、様々な家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅・コーポラティブハウスに住む家族たちの葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマ。コーポラティブハウスに住んでいるのは、スキューバダイビングのインストラクター・五十嵐奈々(深田)とおもちゃメーカーに勤務する大器(松山)夫妻、結婚を控えたバツイチのスタイリスト・川村亮司(平山浩行)とネイリストの杉崎ちひろ(高橋メアリージュン)のカップル、二人の娘を持つ小宮山真一郎(野間口徹)と深雪(真飛聖)夫妻、そして、若きバーテンダー・青木朔(北村匠海)を恋人に持つ建築士の広瀬渉(眞島秀和)だ。前回は、大器の妹・琴音(伊藤沙莉)がついに出産した。不妊治療中の奈々は出産に立ち会い、命が誕生する様子を目の当たりにして感動。そして、さまざまな思いを巡らせるのだった。そして今回は、奈々と大器のもとに、子どもが生まれたばかりの琴音が夫と共にやってくる。両親の聡子(高畑淳子)、健作(春海四方)と一緒にお宮参りに行っていたという。琴音の娘・真奈を抱かせてもらい、思わず涙ぐむ奈々。大器から不妊治療のことを打ち明けられていた聡子は、そんな奈々の姿を見ていられない。大器も、奈々に対して何もしてあ...more
カテゴリー:

妊婦森下悠里、「いつ生まれてもおかしくない」 大きなお腹でイベントに登場 - 02月21日(水)17:45 

 タレントの森下悠里とミュージシャンのダイアモンド☆ユカイが20日、都内で行われた海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』DVDリリース記念トークショーイベントに出席。現在妊娠中の森下は、大きなお腹をさすりながら「いつ生まれてもおかしくない。産気づいたらすいません!」とおちゃめに笑った。【写真】森下悠里、ダイアモンド☆ユカイが登場『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』イベントの様子 本作は、とある家族に焦点を当て、人生の岐路で迷いながらも未来へ前進するアラフォー男女4人が織りなすユーモアと優しさが溢れる心温まるヒューマンドラマ。『カーズ』『塔の上のラプンツェル』の監督、ダン・フォーゲルマンが製作総指揮を務め、日本語吹き替え版には俳優の高橋一生が参加している。 3月上旬に第1子出産予定の森下は、大きなお腹を支えながらゆっくり歩いて登場。3月8日が予定日であと2週間ほどでママとなる。まもなく出産というタイミングでイベントに登場した森下は「太り過ぎてしまって、先生にこれ以上太らないようにと言われた。すでに赤ちゃんは3キロを超えている」と話す。 緊急事態に備え、いつも母子手帳は持ち歩いてるが「まさか自分が妊娠するとは思っていなくて、気が付いたら妊娠していた」と感慨深げ。足元は妊婦らしくフラットシューズだったが、胸元はグラビア現役時代を...more
カテゴリー:

上川隆也、座長木村拓哉は「まさしく、正しく『スター』なんです」 - 02月21日(水)06:00 

木村拓哉主演×井上由美子脚本のタッグで、毎週木曜夜9時から放送中のドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)。 【写真を見る】頼れる課長役も…リーダー気質は「(あると)思いません」と即答!?/撮影=阿部岳人 武器を持たない民間ボディーガードたちの活躍や葛藤を描く本作では、なかなか日本のドラマとしては扱われることのなかった“4号警備”の内実を絶妙に表現し、好評を博してきた。 本作で、木村扮(ふん)する章らを筆頭に一筋縄ではいかない身辺警護課のメンバーたちを束ねる、柔和な課長・村田役の上川隆也にインタビューを行った。 これまで演じてきた感想や、主演で「まさしくスター」と表現する木村への思いなどを語ってもらった。 ――序盤を終えて、村田のキャラクターについてどう分析されますか? 顔合わせの際、井上由美子先生が「今日ここに来るまでに考えてきたことがあるんです」と、役者それぞれにキャラクターを象徴する言葉をくださったんです。村田を演じる僕には「情」という言葉でした。今回はそれを自分の中で役の“背骨”のようにして、考えています。 村田が身辺警護課のメンバーと相対するとき、また警護対象者に向き合うに当たっても、基本はその『情』というものを軸に据えて、彼の人柄を演じるようにしています。 たとえ厳しいことを言っても、根幹にあるのはあくまでも「情」から出るものだというふうに考えると、村田の立ち振る舞...more
カテゴリー:

第1子妊娠中の森下悠里、ふっくらお腹でイベント登場「いつ生まれてもおかしくない」 - 02月20日(火)20:00 

 タレントの森下悠里(33)が20日、都内で行われた海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』DVDリリース記念トークショーに登場。第1子を妊娠中で、出産予定日も3月8日と迫る中でのイベント出演となったが、かなりふっくらしたお腹を大事そうにしながら「ちょっと太りすぎちゃいました。(お腹にいる子どもの体重が)3キロを超えていて、いつ生まれてきてもおかしくない状況です」と笑顔で明かした。  いざという時に備えて、最近は母子手帳を常に持ち歩くように言われているそうだが「まさか、自分が妊娠するとは思ってなかったですね」としみじみ。周りのママ友には「腰が痛い」「つわりがヒドい」といった愚痴を聞いてもらっているそうだが「皆さんから『産んでからの方がもっと大変だから。その愚痴がかわいいなって思うようになるよ』と言われています」と幸せそうな表情を浮かべた。  性別は女の子であると明かしながらも「エコーとかを見ても『女の子だ』って言われているんですけど、実際に生まれてきたら男の子っていうこともあるらしいんですよ。お友だちには女の子だと伝えているので、ピンクのプレゼントをたくさんいただいていて…これで、男の子だったらおもしろいですよね。旦那さんもけっこう協力してくれています」とにっこり。「バストも今までFとかGカップだったんですけど、HとかIになりました。あんまり食べ...more
カテゴリー:

深田恭子(35)  肉欲生活絶好調を物語るスケ豊乳披露 - 02月16日(金)21:49  news

深田恭子(35)の主演ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)が話題になっている。厚生労働省とタイアップしたハートフル・ヒューマンドラマという触れ込みだったが、蓋を開けてみれば、エッチなサービスショットが散りばめられた、深キョンの完熟ボディーが堪能できるドラマになっているからだ。  まず、夫役の松山ケンイチと出会う、第1話の冒頭からエロかった。  「スキューバダイビングスクールのインストラクター役の深キョンが、プールで溺れた松山を救いにTシャツ姿で飛び込みます。プールサイドに上がった深キョンの...
»続きを読む
カテゴリー:

深田恭子×松山ケンイチ『隣の家族は青く見える』不妊治療を知った姑の思いは… - 02月21日(水)18:57 

深田恭子と松山ケンイチが“妊活”に励む夫婦を演じる連続ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)第6話が、2月22日に放送される。本作は、様々な家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅・コーポラティブハウスに住む家族たちの葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマ。コーポラティブハウスに住んでいるのは、スキューバダイビングのインストラクター・五十嵐奈々(深田)とおもちゃメーカーに勤務する大器(松山)夫妻、結婚を控えたバツイチのスタイリスト・川村亮司(平山浩行)とネイリストの杉崎ちひろ(高橋メアリージュン)のカップル、二人の娘を持つ小宮山真一郎(野間口徹)と深雪(真飛聖)夫妻、そして、若きバーテンダー・青木朔(北村匠海)を恋人に持つ建築士の広瀬渉(眞島秀和)だ。前回は、大器の妹・琴音(伊藤沙莉)がついに出産した。不妊治療中の奈々は出産に立ち会い、命が誕生する様子を目の当たりにして感動。そして、さまざまな思いを巡らせるのだった。そして今回は、奈々と大器のもとに、子どもが生まれたばかりの琴音が夫と共にやってくる。両親の聡子(高畑淳子)、健作(春海四方)と一緒にお宮参りに行っていたという。琴音の娘・真奈を抱かせてもらい、思わず涙ぐむ奈々。大器から不妊治療のことを打ち明けられていた聡子は、そんな奈々の姿を見ていられない。大器も、奈々に対して何もしてあ...more
カテゴリー:

J・ギレンホール主演『ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~』5月公開 - 02月21日(水)17:20 

 ジェイク・ギレンホール主演・プロデュースの実話を基にした映画『ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~』が、5月11日より公開されることが決定した。【写真】「ジェイク・ギレンホール」フォトギャラリー 本作は、2013年に発生したボストンマラソン爆弾テロ事件の被害にあった、ジェフ・ボーマンの実話を基にしたヒューマンドラマ。テロに巻き込まれて両足を失ったボーマン(ギレンホール)は、爆弾テロリスト逮捕のため、警察に協力。ボーマンの証言を基に犯人が特定されると、彼は一躍“ボストンのヒーロー”として世間から脚光を浴びるようになった。しかし、ボーマンの戦いはまだ始まったばかり。愛する恋人や家族に支えられながら、彼の再起を懸けた挑戦が始まるのだった。 主演を務めるのは、『ノクターナル・アニマルズ』や『ナイトクローラー』など話題作が続く、ジェイク・ギレンホール。本作のプロデューサーも務めるギレンホールは、モデルとなったジェフ・ボーマンと映画の製作前から密にコミュニケーションを取り、彼の人間性を研究し尽くして演技に投影。ハリウッド屈指のカメレオン俳優としての真骨頂を見せている。また、ボーマンを支える女性・エリン役としてタチアナ・マスラニーが出演し、感動の秘話に華を添えている。 映画『ボストン ストロング~ダメな僕だから英雄になれた~』は5月11日より全国公開。 ■関連記事ジェイク・ギ...more
カテゴリー:

ダイアモンド☆ユカイ、更年期障害の妻への胸中「今は見守る」 - 02月20日(火)20:28 

 歌手のダイアモンド☆ユカイが20日、都内で行われた海外ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから』DVDリリース記念トークショーに登場。今月15日に、自身のブログで妻の更年期障害を心配する思いをつづっていたが「妻が更年期障害で大変でね、『命の母』が手放せないんだけどね、いろいろありますよね。見守る感じだね」と自身の胸の内を明かした。 【写真】大きなお腹でイベント登場 もうすぐママになる森下悠里  ユカイは「俺の妻」とのエントリーで「歳をとったせいか…。最近の俺の妻には元気が無くなった…。丸ちゃんだった俺の妻が、体重も15キロ減…」と報告。「やはり更年期障害なのかな…。妻よ、生き返るんだ。みんな、更年期障害に効く薬、教えて下さい。宜しくです」と呼びかけていた。  この日が夫婦円満の日であることにちなみ、円満の秘けつを聞かれたユカイは「サムシング&ステーキング」と回答。「いろんなことがありますけど、夫婦円満としていつもステーキを一緒に食べています。ステーキが好きなんでね」と笑顔で打ち明けながら「この間、子ども3人連れて、ひとりでのディズニーランドデビューしたんだけど、大変でしたね。妻の偉大さがわかったね」と日頃の妻の奮闘ぶりに感謝した。  妻の具体的な症状について話題が及ぶと「更年期ですよ。男もあるっていうんですけど、どうなんですかね」とコメント。「ブ...more
カテゴリー:

吉永小百合「北の桜守」役名は祖母の名前「天国から見てくれているかも」 - 02月20日(火)19:45 

 吉永小百合の120本目の出演映画となる「北の桜守」の公開記念イベントが2月20日、東京・丸の内TOEIで行われ、吉永と共演の土屋慶太くん、三谷麟太郎くん、山崎光くん、大竹悠義くんが出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  映画は、吉永主演の「北の零年」「北のカナリアたち」に続く「北の三部作」最終章となるヒューマンドラマ。吉永と堺雅人が親子役で共演し、「おくりびと」の滝田洋二郎監督が、戦中から戦後にかけて極寒の北海道で懸命に生き抜いた母と子の約30年にわたる軌跡を描いた。  2月16日には、今作の公開を記念した吉永による書籍「私が愛した映画たち」が発売された。吉永は、そのなかで「北の桜守日記」と題して撮影の様子を綴ったといい、「ひとつ、まだどなたにも言ってないことがある。今度の役のてつという名前は、私の祖母の名前なんです」と明かした。  吉永は18、19歳のときに祖母と一緒に暮らしていたといい、「いつも美味しいおにぎりを作って撮影に送り出してくれました。とても優しい祖母。この映画の役はちょっとたくましい役なんですけれども、私のおばあちゃんはどちらかといえば優しすぎて、旦那さんに翻弄されて、かわいそうな一生だったのではと思う。だから、『おばあちゃん、私はこんなに元気な役をやっているのよ』という思いも込めて、今回のてつを演じさせていただきました...more
カテゴリー:

スコットランド発の人生賛歌「ウイスキーと2人の花嫁」監督が語る絆とノスタルジー - 02月16日(金)14:00 

 第2次世界大戦中を舞台に、スコットランドの小さな島で繰り広げられるウイスキーと結婚をめぐる騒動を描いたヒューマンドラマ「ウイスキーと2人の花嫁」。メガホンをとったギリーズ・マッキノン監督が2017年12月上旬に初来日を果たし、騒動記であり人生賛歌である本作でつむいだ絆とノスタルジーを振り返った。  ドイツによるロンドン空襲が激しさを増す中、スコットランド沖のトディー島では“命の水”であるウイスキーが底を付き、誰もが意気消沈していた。島の顔役のひとりである郵便局長のジョセフには、結婚を望んでいる娘が2人いる。しかし、ウイスキーがなくては婚約、結婚の儀式は執り行えない。そんな中、輸出用のウイスキーを大量に積んだ貨物船が島の近くで座礁。そのうわさを聞きつけた島民たちは、ウイスキーの“救出作戦”に乗り出す。  戦時中の物語ながら、凄惨な戦闘シーンは皆無で、むしろ牧歌的だ。「島民たちにとって戦争はただ不便なだけで、遠い世界の出来事なんです。私たちは戦争が悲惨なものだと知っていますが、島民たちにとって問題なのはウイスキーだけ。『なんともひどい戦争だ』なんて嘆いているけど、それはウイスキーを切らしたってだけなんですよね(笑)」と、滑稽さを指摘する。  マッキノン監督がこの物語に感じた魅力のひとつは普遍性だという。「日本の沖縄で酒がなくなって、島のみんなが沖で座礁した船にこぞって酒を取りに...more
カテゴリー:

もっと見る

「ヒューマンドラマ」の画像

もっと見る

「ヒューマンドラマ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる