「パンチカード」とは?

「パンチカード」の画像

もっと見る

「パンチカード」の動画

Wikipedia

パンチカードとは、厚手のに穴を開けることで、その位置や有無から情報を記録するメディア。また、アナログの情報管理のための「カード・システム」で使用される、多角検索のためのツールなどもパンチカードの名で呼ばれる。

コンピュータや、自動織機などで多く利用されたが、記録メディアとしての役割は、2014年現在ではより便利な代替品が出ていることから、ほとんどなくなっている。

だがパンチカードそのものは駆逐され消えつつあるものではなく、現代(2014年)でも現役のツールである。使用例の1つは選挙の投票用紙であり、あるいはより身近な、趣味的なところではオルガニートで触れることができる。

歴史

ジャカード織機用のパンチカード 穴の開いたロール紙をはじめて織機に使用したのは1725年頃である。バジル・ブション(Basile Bouchon)とジャン=バティスト・ファルコン(Jean-Baptiste Falcon)の2人であり、1745年にジャック・ド・ヴォーカンソンがこれを完全自動織機にした。1801年にフラ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる