「パプアニューギニア」とは?

関連ニュース

柳川市などでキャンプ=オセアニア15カ国・地域-東京五輪 - 12月14日(木)19:03 

 オセアニアオリンピック委員会(ONOC)加盟国の15カ国・地域が2020年東京五輪に向けた事前キャンプを福岡県の柳川市、みやま市、みやこ町、築上町で行うことが決まり、14日に福岡市内で基本合意書に調印した。 事前キャンプを行うのはオーストラリア、ニュージーランドを除くパプアニューギニア、フィジーなど。国や競技ごとの受け入れ先は未定だが、複数の国を一括して複数の自治体で受け入れるのは全国で初めてという。 ONOCのリカルド・ブラス事務総長は「素晴らしい施設だけでなく、サポートも提供してもらえる。選手が成長できる環境だと判断した」と説明。小川洋県知事は「最高のパフォーマンスを発揮いただけるよう最大限の支援をする」と約束した。 [時事通信社]
カテゴリー:

タリーズのカッパーを魅了した、“アル-シャ種100%”コーヒー「パプアニューギニア タイガド スペシャル」を12月8日(金)より発売 - 12月05日(火)14:01 

[タリーズコーヒージャパン株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/20545/69/resize/d20545-69-598931-0.jpg ] 「パプアニューギニア タイガド スペシャル」は、パプアニューギニア東部のアイユラエリアで生産されるアル-シャ種100%のコーヒーです...
カテゴリー:

「パプアニューギニア」の画像

もっと見る

「パプアニューギニア」の動画

Wikipedia


]]

言語は英語公用語であり、教育、テレビ、ラジオ、新聞などは基本的に全て英語が使用されている。また、共通語として、旧ニューギニア地域(ニューギニア本島北岸、ニューギニア高地や島嶼部)で主に使われているトク・ピシンと、旧パプア地域(セントラル、オロ、ガルフ州など)で主に使われているヒリモツ語(ともにピジン言語)がある。首都ポートモレスビーはモツ語圏であるが、他地域からの移住者の増加に伴い、トク・ピジンの使用が広まっている。国会では、英語、トク・ピジン、ヒリモツの3つの共通語を使うことが許可されており、それぞれの言語に同時通訳される。

パプアニューギニアは、世界で最も言語の豊富な国といわれている。また、世界で最も言語の消滅の危険が高いといわれている国でもある。険しい山岳地帯、湿地帯に阻まれて部族間の交渉が少なかったこともあり、小さなコミュニティが独自の文化・言語を発達させ、人口が600万人に対して、言語の数は800以上にもなる。そのうち130の言語の話者が200人以下であり、290の言語の話者が1000人以下である。首都ポートモレスビーで話されるピジン語であるトク・ピシンとヒリモツ語の勢力は強く、隣接する地域で話されるを圧倒しており、セピック川下流で話されているも...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる