「パプアニューギニア」とは?

関連ニュース

ヤフオクで旧日本軍の三式戦闘機「飛燕」が出品中!!!急げええええええええ!!! - 10月10日(火)20:18  news

太平洋戦争で使われた、旧陸軍の三式戦闘機「飛燕」がヤフオクに出品されている。 商品説明によると、この機体はパプアニューギニアのウェワクで1970年代に回収され、 オーストラリアで航空機コレクターの手によって保管されていたという。 出品者は「オーストラリアのコレクターより日本へ帰還させたいとの依頼を受けて、出品する事となりました」と説明している。 出品スタート額は1500万円。出品者によると金額の理由は、1970年代当時の「機体購入費、道路が無いジャングルからの引き揚げ作業費を含む輸送費、オーストラリア...
»続きを読む
カテゴリー:

オーストラリアのおすすめ観光地20選! 自然豊かな魅力ある国の見所とは? - 10月03日(火)10:00 

オーストラリアと言えば、きれいなビーチとめずらしい動物、イギリス風のレトロモダンな街並みなど魅力的なスポットを挙げ出したらきりがありませんよね。太陽の光が降り注ぐ暖かい国といったイメージを持っている人も多いでしょう。日本からも近く、気軽に出かけられる国として学生旅行や留学先に人気のオーストラリア。そんなオーストラリアを訪れた時にはぜひ足を運んでほしいおすすめスポットを紹介! オーストラリアの治安や基本情報も一緒にまとめたので、ぜひ旅行の参考にしてみてください。 ■オーストラリアの治安 オーストラリアに危険情報、感染症危険情報はありませんが、旅行中は周囲の様子、変化に気を配るようにしましょう。また外務省やオーストラリア政府からの危険情報をインターネットでチェックするとより安全に過ごすことができるでしょう。中心部では最近麻薬犯罪が増えていて、麻薬中毒者や浮浪者による金銭にまつわる暴力犯罪などが増えてきているので、夜の一人歩きなどはできる限り避けることをおすすめします。 ■時差 オーストラリアと日本の時差は、各州によって数時間の差があります。例えばシドニー、ケアンズで日本プラス1時間、ダーウィン、アデレードでプラス30分、パースなどで日本マイナス1時間となります。サマータイム(デイライトセービングと呼ばれています)を実施している州もあり、10月の最終日曜〜4月の...more
カテゴリー:

【ネット】旧日本陸軍の三式戦闘機「飛燕」がヤフオク!に出品中 オーストラリアのコレクター「日本へ帰還させたい」 - 10月10日(火)19:20  newsplus

旧日本陸軍の三式戦闘機「飛燕」の機体がヤフオク!に出品されています。開始額は1500万円。 商品説明によると、1970年代にパプアニューギニアのウエワクで回収された機体で、その後合法的にオーストラリアへ輸送され、 同地の航空機コレクターによって保管されていたとのこと。今回の出品は、そのコレクターから「日本へ帰還させたい」との依頼を受けての出品だとしています。  ちなみに既に数年前から日本の企業や博物館に打診していたものの、置き場所がないなどの理由で断られていたとのこと。 また出品額は当時のパプアニ...
»続きを読む
カテゴリー:

「パプアニューギニア」の画像

もっと見る

「パプアニューギニア」の動画

Wikipedia


]]

言語は英語公用語であり、教育、テレビ、ラジオ、新聞などは基本的に全て英語が使用されている。また、共通語として、旧ニューギニア地域(ニューギニア本島北岸、ニューギニア高地や島嶼部)で主に使われているトク・ピシンと、旧パプア地域(セントラル、オロ、ガルフ州など)で主に使われているヒリモツ語(ともにピジン言語)がある。首都ポートモレスビーはモツ語圏であるが、他地域からの移住者の増加に伴い、トク・ピジンの使用が広まっている。国会では、英語、トク・ピジン、ヒリモツの3つの共通語を使うことが許可されており、それぞれの言語に同時通訳される。

パプアニューギニアは、世界で最も言語の豊富な国といわれている。また、世界で最も言語の消滅の危険が高いといわれている国でもある。険しい山岳地帯、湿地帯に阻まれて部族間の交渉が少なかったこともあり、小さなコミュニティが独自の文化・言語を発達させ、人口が600万人に対して、言語の数は800以上にもなる。そのうち130の言語の話者が200人以下であり、290の言語の話者が1000人以下である。首都ポートモレスビーで話されるピジン語であるトク・ピシンとヒリモツ語の勢力は強く、隣接する地域で話されるを圧倒しており、セピック川下流で話されているも...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる