「パプアニューギニア」とは?

関連ニュース

【調査】メルボルンが7年連続で首位、住みやすい都市 [EIU] - 08月17日(木)16:23  newsplus

8月16日、英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニットの「世界で最も住みやすい都市」ランキングで、オーストラリアのメルボルンが7年連続で首位となった https://s4.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170817&t=2&i=1197433969&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXNPED7G01X [ロンドン 16日 ロイター] - 英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた2017年の「世界で最も住みやすい都市」ランキング...
»続きを読む
カテゴリー:

世界20ヵ国でプロ契約!業界内の有名人・伊藤壇が明かすアジアのサッカー事情 - 08月14日(月)11:30 

流浪のサッカー選手・伊藤壇が、8月13日放送の『FOOT×BRAIN』(テレビ東京、毎週日曜11:00~)にゲスト出演。番組MCの勝村政信と皆藤愛子、番組アナリストの都並敏史と共に、「海外サッカーから学んだ生きる術」について語り合った。伊藤は、べガルダ仙台でプロデビューを果たし、その後、アジアを中心に20ヵ国でプロサッカー選手として活躍。現在も中央アジアのクラブを狙って就職活動をしている。そんな彼の所属クラブの見つけ方が凄い。代理人はつけておらず、クラブとの交渉はもちろん自分。まず、FAXやメールを送るが、ほとんど返信は期待できないので、最終的に現地に乗り込み直接交渉をするのだと言う。その時も「一日だけ練習に参加し、その日のうちに信頼を勝ち取る」という衝撃的なスタイルで挑戦。「第一印象は大事なので、練習に入る前からリフティングの技を見せたりして、それを見ていた味方が僕にパスを回してくれたりする」と、短い時間で結果を残すためにあらゆることを考えると語った。そして、各国のサッカー事情の話になると、パプアニューギニアでは、スタジアムのサポーターがペニスケースを付けた男性たちで、ゴールを喜ぶとペニスケースを“コンコンコン”と鳴らし、警備は警察などではなくて弓矢を持った人が行っているなど、文化の違いを紹介。また、ブルネイで所属したプリンス(王子)がオーナー兼選手のチームの場合は、普通は1時間...more
カテゴリー:

世界20ヵ国でプロ契約!業界内の有名人・伊藤壇が明かすアジアのサッカー事情 - 08月14日(月)11:46 

流浪のサッカー選手・伊藤壇が、8月13日放送の『FOOT×BRAIN』(テレビ東京、毎週日曜11:00~)にゲスト出演。番組MCの勝村政信と皆藤愛子、番組アナリストの都並敏史と共に、「海外サッカーから学んだ生きる術」について語り合った。伊藤は、べガルダ仙台でプロデビューを果たし、その後、アジアを中心に20ヵ国でプロサッカー選手として活躍。現在も中央アジアのクラブを狙って就職活動をしている。そんな彼の所属クラブの見つけ方が凄い。代理人はつけておらず、クラブとの交渉はもちろん自分。まず、FAXやメールを送るが、ほとんど返信は期待できないので、最終的に現地に乗り込み直接交渉をするのだと言う。その時も「一日だけ練習に参加し、その日のうちに信頼を勝ち取る」という衝撃的なスタイルで挑戦。「第一印象は大事なので、練習に入る前からリフティングの技を見せたりして、それを見ていた味方が僕にパスを回してくれたりする」と、短い時間で結果を残すためにあらゆることを考えると語った。そして、各国のサッカー事情の話になると、パプアニューギニアでは、スタジアムのサポーターがペニスケースを付けた男性たちで、ゴールを喜ぶとペニスケースを“コンコンコン”と鳴らし、警備は警察などではなくて弓矢を持った人が行っているなど、文化の違いを紹介。また、ブルネイで所属したプリンス(王子)がオーナー兼選手のチームの場合は、普通は1時間...more
カテゴリー:

【お前ら、パトロンになりませんか?】零戦、資金難で身動きとれず - 08月12日(土)13:16  news

第二次大戦中の日本海軍の主力戦闘機で、日本人が所有する唯一の零式戦闘機(零戦)の復元機が、神戸市内の格納庫で行き場を失っている。 資金不足で移動できず、受け入れ先も見つからないためだ。 所有者で、ニュージーランドを拠点にビジネスを展開する石塚政秀さん(56)は「零戦は戦争の悲惨さとともに、平和の意義を伝えてくれる。国内にとどめ、多くの日本人にそれらを知ってもらいたい」として、資金援助を呼びかけている。  零戦は昭和50年ごろ、南太平洋のパプアニューギニア・ラバウルで主翼と胴体が分断された状態...
»続きを読む
カテゴリー:

「パプアニューギニア」の画像

もっと見る

「パプアニューギニア」の動画

Wikipedia


]]

言語は英語公用語であり、教育、テレビ、ラジオ、新聞などは基本的に全て英語が使用されている。また、共通語として、旧ニューギニア地域(ニューギニア本島北岸、ニューギニア高地や島嶼部)で主に使われているトク・ピシンと、旧パプア地域(セントラル、オロ、ガルフ州など)で主に使われているヒリモツ語(ともにピジン言語)がある。首都ポートモレスビーはモツ語圏であるが、他地域からの移住者の増加に伴い、トク・ピジンの使用が広まっている。国会では、英語、トク・ピジン、ヒリモツの3つの共通語を使うことが許可されており、それぞれの言語に同時通訳される。

パプアニューギニアは、世界で最も言語の豊富な国といわれている。また、世界で最も言語の消滅の危険が高いといわれている国でもある。険しい山岳地帯、湿地帯に阻まれて部族間の交渉が少なかったこともあり、小さなコミュニティが独自の文化・言語を発達させ、人口が600万人に対して、言語の数は800以上にもなる。そのうち130の言語の話者が200人以下であり、290の言語の話者が1000人以下である。首都ポートモレスビーで話されるピジン語であるトク・ピシンとヒリモツ語の勢力は強く、隣接する地域で話されるを圧倒しており、セピック川下流で話されているも...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる