「パトリック・ハーラン」とは?

関連ニュース

パックンが気力で解説! 異常識を排除する「エコーチェンバー」から逃れるために必要なこと - 06月16日(金)15:00 

「エコーチェンバー」という言葉をご存知だろうか? SNSなど、主にネット空間に見られる病的な集団行動として紹介されることが多いが、特に現在のアメリカ社会で顕著なのだという。 そこで、正真正銘ハーバード大卒のマルチタレント、パックンマックンのパックンこと、パトリック・ハーラン氏に解説していただいた! 前編記事(「ネット空間の病的集団行動『エコーチェンバー』とは?」)では「自分と同じ意見の人ばかりが集まり、異なる意見は受け入れない。その結果、狭い世界に閉じこもってしまう現象」とした上で、アメリカ社会の深刻なエコーチェンバー化を自身の体験を含めて語ったパックン。では、日本においてはどうなのか? *** ─そんなアメリカと比べて、日本のエコーチェンバー化はどこまで進んでいると思いますか? パックン 日本でもテーマによっては少しずつ、そういう傾向が出てきているかもしれないけれど、正直、アメリカに比べたら遥かにマシだと思いますね。「エコーチェンバー」という言葉自体がまだ広まってはいないし、現象としてもアメリカほど進んでいない気がします。日本はまだみんな全国ネットのTVを観ているし、インターネットもヤフーニュースが主流だから、日本人の大半が「主要な情報源」をある程度共...more
カテゴリー:

パックンが徹底解説! ネット空間に広まる病的集団行動「エコーチェンバー」とは? - 06月15日(木)10:00 

「エコーチェンバー」という言葉をご存知だろうか? SNSなど、主にネット空間に見られる病的な集団行動として紹介されることが多いが、特に現在のアメリカ社会で顕著なのだという。 そこで、正真正銘ハーバード大卒のマルチタレント、パックンマックンのパックンこと、パトリック・ハーラン氏に解説していただいた! *** ─トランプ大統領を生んだ昨年の大統領選挙の頃から、アメリカ社会に関して「エコーチェンバー」という言葉を時々、耳にするようになりました。日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、どんな意味なのでしょう? パックン 「エコーチェンバー」は現代社会の特徴を表す言葉で、エコーが反響、チェンバーが小さな部屋という意味ですから、直訳すれば「反響室」。自分が何かを発言したら、やまびこのようにそっくりな意見が返ってくる。同じ意見の人たちばかりが集まって、異なる意見は受け入れない。 このようにして、本来は広く開かれているべき議論の空間が内向きに閉ざされていく…それがエコーチェンバー化という現象です。そして、エコーチェンバーの中では「似非(えせ)議論」が増幅していきます。 ─似非議論というと…? パックン 本来、議論というの...more
カテゴリー:

「パトリック・ハーラン」の画像

もっと見る

「パトリック・ハーラン」の動画

Wikipedia

関連項目 外部リンク
  • パックンマックン 公式プロフィール
  • Patrick Harlan (Harvard Gazette) ハーバード大公式サイト上での掲載
  • 北陸電力えるふぷらざ人物ポートレート福井ブランド大使 パトリック・ハーランさん
  • パックン(パックンマックン) 公式ブログ - GREE
  • をちこちMagazine(国際交流基金) 「ゼロからの日本語学習と僕の好きな日本のカルチャー(パトリック・ハーラン)」

...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる