「バーナム」とは?

関連ニュース

評論家もびっくり! ヒュー・ジャックマン主演作は『ラ・ラ・ランド』より… - 02月24日(土)11:00 

オネエ系映画ライター・よしひろまさみちさんの映画評。今回は『グレイテスト・ショーマン』です。 おヒューことヒュー・ジャックマンといえば、アメコミキャラのウルヴァリン…も、あるけど~。ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン役で魅せた美声にメロメロになった人も多いんじゃない? むしろおヒューはそちらがお好き。なんせ、主演最新作のミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』は、おヒュー7年半越しの念願企画だったんだもん。 「企画が立ち上がってから7年半。長かったよ。しかもその間でも一番大事な日が、僕の皮膚がんの手術と重なってしまって、めちゃくちゃ焦ったんだ。だって、映画を作るゴーサインをもらうためのプレゼンだったんだよ! だから手術後すぐにプレゼンで歌ったんだ」 この作品は、地上でもっとも偉大なショーマン(興行師)と呼ばれたP・T・バーナムの半生を描く伝記ミュージカル。おヒューが演じたバーナムが残した功績ってすごいのよ。日本でも“リングリングサーカス”の愛称で親しまれた某サーカス団の創始者。封建的だった19世紀のアメリカで、見た目などが個性的すぎて虐げられていた人たちと共に、最高のショーを作り上げた人なの。 「今まで映画にも舞台にもなっていないオリジナルのミュージカルというのがポイント。『ラ・ラ・ランド』も同様で、話題になったけど、実は僕らの企画の方が先にあったからね(笑...more
カテゴリー:

オスカー候補俳優が夢のデュエット!『グレイテスト・ショーマン』から最高にロマンティックな楽曲が到着 - 02月21日(水)18:00 

昨年日本中にミュージカル映画ブームを巻き起こした『ラ・ラ・ランド』(16)の音楽チームが作り出した楽曲を『レ・ミゼラブル』(12)でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたヒュー・ジャックマンら一流キャストが歌い上げ、ふたたび日本中を熱狂させている『グレイテスト・ショーマン』(公開中)。この度、本作から最高にロマンティックな特別映像が到着した。 【写真を見る】ヒュー・ジャックマンが伝説の興行師に!場面写真はこちらから/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation 19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築き上げた伝説の興行師P.T.バーナムの夢と愛に溢れた人生を描きだした本作。日本では2月16日に公開され週末動員ランキングでは見事1位を獲得。すでに興行収入は5億円を突破している。 今回到着した映像で歌われているのは「A Million Dreams」。主人公バーナムと、彼が愛する女性チャリティとの運命を綴った楽曲だ。メガホンをとったマイケル・グレイシーは「バーナムはチャリティと一緒になることを夢見ている。2人が屋根の上で踊るシーンでは、なにも手にしていない2人がお互いの心だけは手にしている。とても美しく詩的な瞬間だよ」と満足気に語る。 バーナムを演じるジャックマンと共にこの楽曲を歌い上げているのは『マリリン 7日間の恋』(11)...more
カテゴリー:

「グレイテスト・ショーマン」歌姫が「This Is Me」を初披露!貴重な舞台裏映像公開 - 02月21日(水)12:00 

 第75回ゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞し、第90回アカデミー賞の主題歌賞にもノミネートされた「グレイテスト・ショーマン」(公開中)の特別映像が、公開された。本作の製作が決定する前のワークショップ風景をとらえた貴重な映像で、キーキャラクターを演じたキアラ・セトルがリードナンバーの「This Is Me」を初披露する姿が収められている。 ・「グレイテスト・ショーマン」特別映像はこちら!  野心あふれる主人公バーナム(ヒュー・ジャックマン)が、さまざまな個性を持つ人々を仲間に引き入れ、唯一無二のショーを作っていくさまを描く。エマ・ワトソン主演の「美女と野獣」で監督を務めたビル・コンドンが共同脚本を手がけ、「ラ・ラ・ランド」でオスカーに輝いた音楽チーム、ベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが楽曲を担当した。ジャックマンとセトルに加え、ザック・エフロン、ゼンデイヤ、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソンらが出演した。  トニー賞にノミネートされるなど、実績充分のセトルだが、「『歌いたくない』と言ったの。この歌の中のストーリーを語るためには自分が抱える恐れに直面しないといけないとわかっていたから」と当初は恐怖に支配されていたという。映像では、その言葉を裏付けるように緊張した面持ちだったセトルが、次第に感情をほとばしらせ、「これが私。私にも愛される資格がある」と力強い歌声...more
カテゴリー:

名曲揃いな『グレイテスト・ショーマン』のナンバーを解説!『ラ・ラ・ランド』コンビが本作でも本領発揮 - 02月21日(水)07:05 

ミュージカル映画というジャンルに新たなファンを取り込み、日本でも大ヒットしたことが記憶に新しい『ラ・ラ・ランド』(16)。アカデミー賞でも作曲賞や歌曲賞を受賞しただけあって、何度でも聴きたくなるミュージカルナンバーが大きな魅力だった。その『ラ・ラ・ランド』で音楽を担当したベンジ・パセックとジャスティン・ポールのコンビが、『グレイテスト・ショーマン』(公開中)で、またしてもヘビーローテーションしたくなる名曲たちを誕生させた。 【写真を見る】主人公P.T.バーナムは、”ショー・ビジネス”の原点を築いた偉人/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation ■ 音楽担当者たちが明かす楽曲の制作秘話 観客を一気にミュージカルの世界に引き込むオープニング曲が「The Greatest Show」。「主人公のP.T.バーナムがステージに登場する瞬間を待っているような感覚を込めた」とポールが語るように、ビートの効いた曲調で観客のテンションを一気に上げる“つかみ”は完璧だ。 続くナンバー「A Million Dreams」に乗せて、貧しい家庭に生まれたバーナムの子ども時代から、大人になり幼なじみのチャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)と結ばれるまでが駆け抜けるように描かれる。パセックによると「自分が評価されていないと思っている青年が、どうやって自分の希望を...more
カテゴリー:

【オリコン】ヒュー・ジャックマン主演映画サントラがアルバムDL1位 - 02月20日(火)04:00 

 ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』のオリジナル・サウンドトラック(2017年12月8日配信開始)が週間7539DLを記録し、2/26付オリコン週間デジタルアルバムランキング(集計期間:2月12日~18日)で前週18位から順位を上げ、初の1位を獲得した。 【写真】日本公開にあわせて来日したヒュー・ジャックマン  映画のサウンドトラックアルバムによる同ランキング1位獲得は、『ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック)』(16年12月配信)、『ワイルド・スピード アイスブレイク(オリジナル・サウンドトラック)』(17年4月配信)に次いで通算3作目となった。  本作は、昨年の『第89回アカデミー賞』で最多6部門を受賞したミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』の作詞作曲コンビが手がけたことでも話題の映画『グレイテスト・ショーマン』のオリジナル・サウンドトラック。日本では2月16日に公開されることを受け、主人公P.T.バーナム役のヒュー・ジャックマンが来日し、13日に都内でイベントを行うなどしてPRした。 【関連記事】 ヒュー・ジャックマン、登美丘高校ダンス部に感動(18年02月14日) ヒュー・ジャックマン「日本が大好き!」 笑顔の来日イベント (18年02月13日) 映画『グレイテスト・ショーマン』 クランクアップ映像公開 (18年01月25...more
カテゴリー:

キアラ・セトル、人生を変えた曲「This Is Me」がくれた最高の贈り物 - 02月23日(金)19:30 

 人生が変わったと実感できる瞬間を、最高のかたちで味わう。そんな稀有な体験をした歌姫が、映画界に誕生した。力強く、圧倒的な存在感を放つ女優キアラ・セトルは、ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル「グレイテスト・ショーマン」(公開中)に出演し、その歌声とともに世界に羽ばたいた。  映画は、実在の興行師P・T・バーナムの半生に焦点を当てた物語。バーナム(ジャックマン)が、ひげを生やした女性レティ・ルッソ(セトル)をはじめとするさまざまな個性を持つ人々と、唯一無二のショーを作っていくさまを描いた。  セトルは、2011年にミュージカル版「プリシラ」でデビューして以来、13年には「Hands on a Hardbody」でトニー賞とドラマ・デスク賞のミュージカル部門助演女優賞候補となるなど、米ニューヨークのブロードウェイを中心に活躍。メリル・ストリープ主演「幸せをつかむ歌」以来2度目の映画出演となった今作では、第75回ゴールデングローブ賞主題歌賞を受賞し、第90回アカデミー賞主題歌賞にノミネートされている主題歌「This Is Me」を歌っている。  今作のサウンドトラックアルバムは、米ビルボード・アルバム・チャートで1位を獲得し、世界中のアーティストやファンにカバーされている。この現象はセトル自身の力になったと、涙ながらに語る。  「このキャラクターを演じる限り、強い人間にならな...more
カテゴリー:

H・ジャックマンが手を握り涙 映画主題歌「This Is Me」ビハインド・ストーリー公開 - 02月21日(水)12:00 

 ヒュー・ジャックマンが主演するミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』の主題歌「This Is Me」のビハインド・ストーリーを収めた映像が21日、公開された。映画製作が決定していない段階で、楽曲を歌うキアラ・セトルが初めて生歌を披露するワークショップ・セッションの模様を捉えている。 【動画】キアラ・セトル、圧巻の「This IS Me」歌唱  同作の主人公P.T.バーナムは、19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築いた伝説の興行師。妻への一途な愛を糧に夢を追いかけた彼は、差別や偏見の中で立ち尽くしていたエンタテイナーたちにスターになれる場所を提供し、エポックメーキングなショーを創造したことで知られている。  『ラ・ラ・ランド』の楽曲の作詞を手がけ、昨年のアカデミー賞とゴールデングローブ賞のW受賞を果たしたベンジ・パセック氏とジャスティン・ポール氏のコンビが、同作でもゴールデングローブ賞主題歌賞を受賞し、アカデミー賞も主題歌賞にノミネートされている「This Is Me」を手がけた。  上流社会に受け入れてもらえない現実を知ったバーナム一座のエンタテイナーが、ショーの中で輝く自分たちを奮い立たせるように歌うこの曲について、ポール氏からの「世間から、お前には愛される価値がないと言われても、自分を愛し、自分に自信を持つことが大切だと強調するには、とても強烈な女性の...more
カテゴリー:

ぴあ映画初日満足度ランキング 仮面ライダーを抑えてトップになったのは・・ - 02月21日(水)07:10 

 ぴあ映画生活は、2月16日、17日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。それによると、ヒュー・ジャックマンが “ショービジネスを生み出した男”と称される興行主、P・T・バーナムを演じたミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』がトップに。観た人の中から「出だしから引き込まれ、感極まってしまった。人にとって大切なものが何かを教えてくれるような作品だった」(40歳・女性)、「ただ楽しいミュージカル映画かと思っていたら、泣ける場面が何回もあった」(66歳・女性)などの声が出ていた。 第2位は、テレビシリーズ「仮面ライダーエグゼイド」のアナザーエンディングを3部作で描いた第2弾『仮面ライダーパラドクスwithポッピー』。第3位は、第2次世界大戦中のスコットランドで、ウイスキーを積んだ貨物船が座礁した実際の事件にヒントを得た人間ドラマ『ウイスキーと2人の花嫁』となった。************************************1位『グレイテスト・ショーマン』93.8点2位『仮面ライダーパラドクスwithポッピー』91.9点3位『ウイスキーと2人の花嫁』90.4点4位『エターナル』89.5点5位『チェリーボーイズ』88.5点6位『パンとバスと2度目のハツコイ』85.9点7位『リバーズ・エッジ』77.9点8位『サニー/32』64.4点(2月17日ぴあ調べ)***...more
カテゴリー:

ヒュー・ジャックマン、溢れるミュージカル愛!「ウルヴァリンは予定外だった」 - 02月21日(水)06:20 

 現在、公開中の映画『グレイテスト・ショーマン』で、ショービジネスの礎(いしずえ)を築いた伝説の興行師P.T.バーナムを演じたヒュー・ジャックマン。渾身のダンスパフォーマンスに「これ以上の達成感はなかった」と興奮気味に語るヒューが、溢れるミュージカル愛とともに、ジェームズ・ボンド役に憧れた時代、ウルヴァリン誕生秘話など、紆余曲折の俳優人生についても言及した。【写真】ヒュー・ジャックマン、来日イベントフォトギャラリー 本作は、『ラ・ラ・ランド』で第89回アカデミー賞歌曲賞を受賞したベンジ・パセック&ジャスティン・ポールの音楽が全編を彩るダンスシーン満載のミュージカルドラマ。19世紀半ばのアメリカ、貧困な家庭に育ったバーナム(ヒュー)が、妻チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)と娘たちを幸せにするために、卓越したアイデアとみなぎる野心で世界中を熱狂させるエンターテイナーへと成長していく姿を描く。 妻から働き過ぎを忠告されても仕事に邁進(まいしん)するバーナムに対して、「僕は言われたらすぐにやめるよ。うちの妻はチャリティほど忍耐強くないからね」と、茶目っ気たっぷりに笑うヒュー。今回、オファーを受けてバーナム関連の本を37冊読破し、諸説ある実在のキャラクターを自分なりにつくり上げていったという。中でも、バーナムのエンターテイナーとしての血が騒ぐダンスシーンは思い入れが強く、ハードな撮影にも果...more
カテゴリー:

『グレイテスト・ショーマン』が初登場1位 公開3日間で興収5億円超え - 02月19日(月)21:40 

 2月17・18日の映画動員ランキング(興行通信社調べ)は、ヒュー・ジャックマンが主演するミュージカル『グレイテスト・ショーマン』が土日2日間で動員26万8000人、興収3億9100万円をあげ、初登場1位を飾った。 【動画】キアラ・セトル、圧巻の「This IS Me」生歌唱  同作は、『レ・ミゼラブル』でも素晴らしい歌声を披露したジャックマンが、「地上でもっとも偉大なショーマン」と称された19世紀アメリカの実在の興行師P.T.バーナムを演じるミュージカル。監督は今作が長編デビューとなり、人気漫画『NARUTO -ナルト-』のハリウッド実写映画化でも監督を務めるマイケル・グレイシーが務めている。  『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞したベンジ・パセック氏とジャスティン・ポール氏が音楽を手がけ、『第75回ゴールデングローブ賞』で主題歌賞を受賞、『第90回アカデミー賞の主題歌賞』にもノミネートされた楽曲「This Is Me」をはじめ、映画を彩る音楽も大きく注目を集めている。  16日より全国403スクリーンで公開され、18日までの3日間の成績は動員35万5081人、興収5億815万1200円。ジャックマンが主演し、日本でも58.9億円の興行収入を記録した『レ・ミゼラブル』のオープニング成績3億7818万6150円を上回った。  先週1位でスタートを切った『今夜、ロマンス...more
カテゴリー:

もっと見る

「バーナム」の画像

もっと見る

「バーナム」の動画

Wikipedia

バーナム (, , , など)。 はバーンハム、 はヴァーナムとも。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる