「バンタム級」とは?

関連ニュース

「怪物」井上尚弥、視線は3階級制覇の先へ ボクシング - 05月19日(土)11:03 

 プロボクシングで「怪物」と呼ばれる井上尚弥(25)=大橋=が、世界ボクシング協会(WBA)バンタム級タイトル戦(25日、大田区総合体育館)で、日本男子5人目となる3階級制覇に挑戦する。これまでに成し…
カテゴリー:

井上尚弥・3階級制覇挑戦、拳四朗・3度目の防衛戦をフジで生中継 - 05月18日(金)11:21 

『FUJI BOXING 井上尚弥3階級制覇挑戦&拳四朗V3戦』(フジテレビ系 ※カンテレとテレビ新広島は21:00~ ※延長対応あり)が、5月25日(金)20時2分より生中継される。7度防衛したスーパーフライ級の世界チャンピオンベルトを返上した井上尚弥選手が次に狙うのは、スーパーフライ級から1階級上のバンタム級。井上選手はこの階級で3階級制覇、そして前人未到の大記録(具志堅用高の世界戦13回連続防衛の日本記録)を目指す。井上選手が挑戦者としてリングに上がるのは、14年12月以来、実に3年5か月ぶりのこと。デビューから「モンスター」のニックネームを授けられた井上選手は、無敗街道を驀進してきた。積み上げた勝利は15、うちKOが13。しかし、最近はどんなにKO勝ちを積み重ねても、24歳の若き王者が満面の笑みを浮かべることはなかった。勝って当たり前、強すぎるがゆえの悲劇で、井上選手のフラストレーションは最高潮に達していた。しかし、現在は違う。WBO王座を7度防衛したスーパーフライ級で、他団体王者との統一戦という目標が潰え、思い残すことなくバンタム級への進出を決意。その初戦でWBA王者への挑戦が決まったのだ。王者のマクドネル選手は、2014年の5月にタイトルを獲得し、これまでに6度の防衛に成功。178センチとこのクラスでは規格外の長身から打ち下ろす右ストレートが最大の武器で、33戦というキ...more
カテゴリー:

ボクシング:「一番強い相手」3階級制覇へ井上が練習公開 - 05月16日(水)20:34 

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級タイトルマッチ(25日、東京・大田区総合体育館)で、ライトフライ級とスーパーフライ級に続く3階級制覇を狙う井上尚弥(大橋)が16日、横浜市の所属ジムで練習を公開した。王者のジェイミー・マクドネル(英国)に挑む井上尚は「今まで戦ってきた相手で一番強い選手。まず勝
カテゴリー:

【ボクシング】WBSS第2シーズン バンタム級で開催 井上尚弥、次戦勝てばシード有力 ロドリゲス、バーネット、テテ出場 - 05月10日(木)02:18  mnewsplus

WBSS第2シーズン バンタム級で開催 尚弥、次戦勝てばシード有力 5/10(木) 1:01配信 スポニチ Sponichi Annex スポーツ https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/05/09/kiji/20180510s00021000037000c.html 井上尚弥 Photo By スポニチ ボクシングの賞金争奪最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」の第2シーズンでバンタム級が行われることが9日、英ロンドンで発表された。 5日にIBF王座を獲得したエマヌエル・ロドリゲス(25=プエルトリコ)、WBAスーパー王者ラ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】亀田興毅の“引退試合”はヘッドギアなしで10オンス ポンサクレックと5日に対戦 8ラウンドかなわず6ラウンド - 05月04日(金)13:47  mnewsplus

亀田興毅の“引退試合”はヘッドギアなしで10オンス ポンサクレックと5日に対戦 5/4(金) 13:26配信 デイリースポーツ https://www.daily.co.jp/ring/2018/05/04/0011224510.shtml https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000061-dal-fight 計量&会見に登場した亀田興毅=後楽園飯店(撮影・園田高夫) ポンサクレック(右)の前で計量をクリアしポーズを決める亀田興毅=後楽園飯店(撮影・園田高夫) ボクシング元世界3階級制覇王者で、5日に後楽園ホールで1日限りの現役復帰としてスパーリング形式の非公式...
»続きを読む
カテゴリー:

ロンダ・ラウジーが来日、WWE大阪公演『WWE Live Osaka』開催決定 - 05月18日(金)15:25 

世界最大のプロレス団体、WWEが2018年8月31日に大阪・エディオンアリーナ大阪で「WWE Live Osaka」を開催する。既に発表されている「WWE Live Japan」は「スマックダウン」ブランドの布陣だが、こちらは「ロウ」ブランドの布陣で臨む大会となる。最大の注目は北京五輪柔道銅メダリスト、元UFC女子バンタム級王者でレッスルマニア34でデビュー戦を勝利したロンダ・ラウジーが、WWEスーパースターとして来日することだろう。さらにローマン・レインズ、ブラウン・ストローマン、フィン・ベイラー、セス・ロリンズ、ケビン・オーエンズ、サミ・ゼイン、ブレイ・ワイアット、ボビー・ルード、ジンダー・マハル、サーシャ・バンクス、アレクサ・ブリス、ナイア・ジャックス、ナタリアとWWEを代表するスーパースターたちの来日が予定されている。チケットは6月16日より一斉発売。WWE大阪公演の最新情報は、WWE日本公演特設サイト、WWE日本語公式WEBサイト、WWE日本語公式ツイッター、フェイスブックなどで決定次第順次案内される。2018年 WWE Live Osaka 概要
WWE Live Osaka開催日:2018年8月31日(金)開場18:00 開演19:00会場: エディオンアリーナ大阪(大阪市浪速区難波中3-4-36)入場料金:...more
カテゴリー:

井上尚弥・3階級制覇挑戦、拳四朗・3度目の防衛戦をフジで生中継 - 05月18日(金)11:20 

『FUJI BOXING 井上尚弥3階級制覇挑戦&拳四朗V3戦』(フジテレビ系 ※カンテレとテレビ新広島は21:00~ ※延長対応あり)が、5月25日(金)20時2分より生中継される。7度防衛したスーパーフライ級の世界チャンピオンベルトを返上した井上尚弥選手が次に狙うのは、スーパーフライ級から1階級上のバンタム級。井上選手はこの階級で3階級制覇、そして前人未到の大記録(具志堅用高の世界戦13回連続防衛の日本記録)を目指す。井上選手が挑戦者としてリングに上がるのは、14年12月以来、実に3年5か月ぶりのこと。デビューから「モンスター」のニックネームを授けられた井上選手は、無敗街道を驀進してきた。積み上げた勝利は15、うちKOが13。しかし、最近はどんなにKO勝ちを積み重ねても、24歳の若き王者が満面の笑みを浮かべることはなかった。勝って当たり前、強すぎるがゆえの悲劇で、井上選手のフラストレーションは最高潮に達していた。しかし、現在は違う。WBO王座を7度防衛したスーパーフライ級で、他団体王者との統一戦という目標が潰え、思い残すことなくバンタム級への進出を決意。その初戦でWBA王者への挑戦が決まったのだ。王者のマクドネル選手は、2014年の5月にタイトルを獲得し、これまでに6度の防衛に成功。178センチとこのクラスでは規格外の長身から打ち下ろす右ストレートが最大の武器で、33戦というキ...more
カテゴリー:

井上尚「対策ばっちり」=3階級制覇へ順調-WBAバンタム級 - 05月16日(水)18:50 

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級タイトルマッチ(25日、東京・大田区総合体育館)で3階級制覇を目指す挑戦者の井上尚弥(大橋)が16日、横浜市内の所属ジムで練習を公開した。スーパーフライ級に比べ、「気持ち的に楽だし、体調も良い。(上限体重の差)1.4キロは大きいと実感している」と余裕のある表情で話した。 練習は長身の王者ジェイミー・マクドネル(英国)を想定し、いつも以上にガードを上げている。ミット打ちでは高い位置へのジャブを繰り返し、「相手は身長が高いから微調整した。対策はばっちり」と自信を示した。 王座を5度防衛しているマクドネルについては「過去に戦ってきた中で一番強い相手。全力で臨みたい」と言い、気を引き締めた。 [時事通信社]
カテゴリー:

【ボクシング】亀田和毅2階級制覇に意欲「4団体王者誰でもいい」 協栄ジム・金平会長「もう世界しかない、交渉を始めていきたい」 - 05月06日(日)18:17  mnewsplus

亀田和毅2階級制覇に意欲「4団体王者誰でもいい」 2018年5月6日17時48分 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/battle/news/201805060000634.html 協栄ジムで一夜明け会見を開いた、左から矢吹純、亀田興毅、和毅、京之介、金平桂一郎会長(撮影・村上幸将) 元WBOバンタム級王者の亀田和毅(26=協栄)が、ダニエル・ノリエガ(32=メキシコ)との世界前哨戦の完勝から一夜明けた6日、都内の協栄ジムで会見を開き「次は世界戦をやりたいという気持ちしかない」と、改めて年内の2階級制覇への挑戦を明言した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】井上尚弥から“逃げた”王者2人を英国メディアが暴露「井上は強すぎるがゆえに対戦相手が見つからない」 - 05月02日(水)01:10  mnewsplus

5/1(火) 19:32配信 井上尚弥、“逃げた”王者2人を英メディアが名指し 「統一戦に挑まなかったのは…」 SF級時代に井上との統一戦を避けたとして、IBF、WBA王者を英メディアが名指し  プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は5月25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。「The Monster」はスーパーフライ級で統一戦を熱望していたが実現できず。対戦を表面的には歓迎しながらも、結局、避けた形となった他団体の2人の王者は英国...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「バンタム級」の画像

もっと見る

「バンタム級」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる