「バンタム級」とは?

関連ニュース

村田諒太、王座初挑戦 B級マッチのA級ファイトマネー - 04月26日(水)05:57 

 日本のボクシング界はいま、全盛期を迎えているという。何しろ世界チャンピオンが10人も国内にいるだけでなく、来るWBA王座決定戦で村田諒太(31)が勝てば、22年ぶりのミドル級チャンピオンの誕生となる。が、そんな「世紀の一戦」の舞台裏はというと。  ***  ロンドン五輪の金メダリストでもある村田がチャンピオンベルトに挑戦することを明らかにしたのは、4月3日のことである。 「試合は5月20日に行われ、相手はWBAミドル級1位のアッサン・エンダムです。村田は同級2位で、規定によって、どちらかが勝てば世界チャンピオンになれるわけです」(スポーツ紙記者)  日本人の世界チャンピオンといえば、先頃、12度目の防衛を果たした山中慎介(バンタム級)に代表されるように軽量のクラスがほとんど。重さで上から5番目のミドル級チャンピオンは1995年の竹原慎二以来というから、期待が集まるのもうなずける。  さらに、興行サイドの事情もある。 「村田はロンドン五輪のあと、引退を表明していましたが、ボクシングで視聴率を稼ぎたいフジテレビが口説き落してプロに転向した経緯があります。それだけに、試合を生中継する同局にとっても、そして所属する帝拳ジムにとっても、これまでの“投資”を回収したい一戦なのです」(同)  帝拳ジムの本田明彦会長は、5億円の興行規模になると明らかにしているが、竹原を育てた沖ジム元会長の宮下政...more
in English
カテゴリー:

井岡、5度目の防衛に成功=大森は王座獲得ならず-ボクシング世界戦 - 04月23日(日)21:28 

 ボクシングの世界タイトルマッチ12回戦2試合が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、世界ボクシング協会(WBA)フライ級はチャンピオンの井岡一翔(井岡)が同級2位のノクノイ・シットプラサート(タイ)を3-0の判定で下し、5度目の防衛に成功した。世界戦は14勝目となり、WBAライトフライ級元王者の具志堅用高が持つ日本選手の最多記録に並んだ。 井岡は序盤から上下に打ち分け優勢。3回にローブローで減点1を科されたが、手数と有効打で上回り完勝した。 世界ボクシング機構(WBO)バンタム級は、同級6位の大森将平(ウォズ)がマーロン・タパレス(フィリピン)に11回16秒TKOで敗れ、王座を獲得できなかった。チャンピオンだったタパレスは前日計量で体重超過のため失格となっており、王座は空位のままとなる。 大森は10回、左アッパーから右フックを浴びてダウン。11回は防戦一方となって敗れた。 日本のジムに所属する現役男子世界王者は10人で変わらない。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

大森、王座獲得ならず=井岡は5度目の防衛戦-WBOバンタム級 - 04月23日(日)20:14 

 ボクシングの世界タイトルマッチ12回戦2試合が23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、世界ボクシング機構(WBO)バンタム級は同級6位の大森将平(ウォズ)がマーロン・タパレス(フィリピン)に11回16秒TKOで敗れ、王座を獲得できなかった。チャンピオンだったタパレスは前日計量で体重超過のため失格となっており、王座は空位のままとなる。 大森は10回、左アッパーから右フックを浴びてダウン。11回は防戦一方となって敗れた。戦績は大森が18勝(13KO)2敗、タパレスは30勝(13KO)2敗。 世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(井岡)は、5度目の防衛を目指しノクノイ・シットプラサート(タイ)と対戦。勝てば世界戦14勝目となり、WBAライトフライ級元王者の具志堅用高が持つ日本最多記録に並ぶ。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

【ボクシング】大森将平がマーロン・タパレスに11回TKO負けでWBO世界バンタム級王座獲得ならず - 04月23日(日)19:52 

ボクシングのダブル世界戦は23日、エディオンアリーナ大阪で行われ、WBO世界バンタム級タイトルマッチ 12回戦は挑戦者で同級6位の大森将平(24=ウォズ)が前王者マーロン・タパレス(25=フィリピン)に11回 TKOで敗れ、王座獲得はならなかった。 タパレスは前日軽量でリミットの53・5キロを900グラム超過して王座を剥奪されており、WBOのルールにより、 王座は空位となった。 大森は昨年大みそかに予定していたIBF王者リー・ハスキンス(英国)との世界初挑戦が相手負傷で中止に なっており悲願...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【ボクシング】井岡一翔、WBOバンタム級王者タパレス(25)の減量失敗に不快感「プロとしてダメ」 - 04月23日(日)10:45 

http://www.nikkansports.com/battle/news/1812076.html  今日23日のWBO世界バンタム級タイトルマッチに臨む王者マーロン・タパレス(25=フィリピン)が22日、大阪市内での前日計量で制限体重の53・5キロを0・9キロオーバー。 この日の調印式を欠席する異例の行動をとりながら大失態を犯し、王座を剥奪された。  ダブル世界戦に臨むWBA世界フライ級王者井岡一翔がタパレスに苦言を呈した。 自分の対戦相手ではないものの、調印式開始が23分も遅れた。 「こういうことに巻き込まれたくない。(体重オーバー...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ボクシング:井岡判定で5度目防衛 大森はTKO負け - 04月23日(日)21:41 

 プロボクシングのダブル世界タイトルマッチ各12回戦が23日、エディオンアリーナ大阪で行われた。世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(28)=井岡=は世界初挑戦の同級2位、ノクノイ・シットプラサート(30)を3-0の判定で退け、5度目の防衛に成功。世界戦通算勝利数をWBAライトフライ級元王者の具志堅用高に並ぶ国内男子歴代最多の14に伸ばした。世界ボクシング機構(WBO)バンタム級6位の大森将平(24)=ウォズ=は同級前王者(前日計量で体重超過により王座剥奪)のマーロン・タパレス(25)=フィリピン=に十一回16秒TKOで敗れ、世界初挑戦での王座獲得はならなかった。同級王座は空位のまま。戦績は井岡が22勝(13KO)1敗、大森は18勝(13KO)2敗。国内の現役男子世界王者は10人のまま。
in English
カテゴリー:

タパレス「上の階級に行くために勝つ」 攻撃の手緩めず - 04月23日(日)20:57 

(23日、WBOバンタム級タイトルマッチ) 前日計量でリミットをクリアできず、王座を剝奪(はくだつ)されたタパレス。それでも「一つ上の階級に行くために、勝つことが必要。それでモチベーションを高めた」。…
in English
カテゴリー:

大森、計量失敗のタパレスに敗れる WBO世界戦 - 04月23日(日)20:01 

 世界ボクシング機構(WBO)バンタム級タイトルマッチが23日、エディオンアリーナ大阪であり、世界初挑戦で同級6位の大森将平(ウォズ)が前王者のマーロン・タパレス(フィリピン)に11回16秒TKOで敗…
in English
カテゴリー:

【ボクシング】大森将平、王者タパレスの体重オーバーに「怒りと悲しみと残念な気持ち」 大森会長「あきれた。なんで増えんねん」 - 04月23日(日)11:07 

http://www.nikkansports.com/battle/news/1812072.html  今日23日のWBO世界バンタム級タイトルマッチに臨む同級6位大森将平(24=ウォズ)が、王者の大失態に怒った。 22日、大阪市内での前日計量で王者マーロン・タパレス(25=フィリピン)が制限体重の53・5キロを0・9キロオーバー。 この日の調印式を欠席する異例の行動をとりながら大失態を犯し、王座を剥奪された。 試合は予定通り実施されるが、大森陣営はプロ失格の行為に怒りが収まらなかった。 世界初挑戦の大森が勝てば新王者、負けか引き分けの場合...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【格闘技】K―1 武尊、金的アクシデントで中断も復活KO「これがK―1です」復帰戦飾る 【動画】 - 04月23日(日)05:29 

◆K-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~  ▽スーパーファイト ○武尊(3回 KO)ビクトー・サラビア●(22日・国立代々木競技場第二体育館) “K―1WORLD GPフェザー級初代王者”の武尊(25)=Krest=が、“ストリートファイト無敗の男”ビクトー・サラビア(23)=米国=を3回KOで下し、 2016年11月のK―1WORLD GPフェザー級戦で右の拳を負傷して以来、5か月ぶりの復帰戦を勝利で飾った。 1回から前に出る武尊。2回には...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「バンタム級」の画像

もっと見る

「バンタム級」の動画

Wikipedia

バンタム級()は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つ。「バンタム」とは「チャボ」(Japanese Bantam)の意。

ボクシング

プロボクシングでの契約ウェートは、115 - 118ポンド (52.163 - 53.524kg) 。スーパーフライ級スーパーバンタム級の間の階級であり、全17階級中5番目に軽い階級。

アマチュアボクシングでは、男子52 - 56kg、女子51 - 54kg。

初代世界王者はカナダジョージ・ディクソン

日本人として初めて同級世界王座を獲得したのはファイティング原田(笹崎)で、フライ級に続き2階級を制覇した。JBC非公認の団体日本IBFでも新垣諭が初代IBF世界王者になった。アマチュアでは1964年の東京オリンピックで...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる