「バンタム級」とは?

関連ニュース

亀田和、7月に復帰2戦目=モラレスと対戦-ボクシング - 05月23日(火)16:35 

 世界ボクシング機構(WBO)バンタム級元王者の亀田和毅が、7月10日に東京・後楽園ホールでイバン・モラレス(メキシコ)と契約体重56キロのノンタイトル10回戦を行うことが決まり、所属の協栄ジムが23日発表した。国内復帰2戦目となる。 モラレスは4階級制覇した元世界王者エリック・モラレスを兄に持つサウスポー。東京都内の協栄ジムで記者会見した亀田和は、「(同階級の)チャンピオンにもサウスポーがいる。きっちり倒して(世界挑戦に)いっていいよと言われるような試合をしたい」と意欲を示した。 亀田和は33勝(20KO)2敗、モラレスは31勝(19KO)2敗。 [時事通信社]
カテゴリー:

【ボクシング】辰吉寿以輝がプロ7戦目へ「ボコボコにしますよ」 - 05月22日(月)20:06 

元WBC世界バンタム級王者辰吉丈一郎(47)の次男寿以輝(20)が7月9日に大阪市のエル・シアターで、 プロ7戦目となる初の8回戦(相手未定)を行うことが22日、所属ジムから発表された。 寿以輝は昨年12月に優さん(19)と結婚し、7月に第1子の長女が誕生予定で、辰吉はおじいちゃんになる。 左拳の人さし指と中指の付け根部分にある腱(けん)を損傷し2月予定が延期されていた7戦目。 寿以輝は「ボコボコにしますよ」と父親の自覚を持って意気込んだ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-01827895-...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】村田諒太 ダウン奪うも1―2判定負けで世界戴冠ならず★12 - 05月21日(日)21:18 

 ◇プロボクシングWBA世界ミドル級王座決定12回戦 同級1位アッサン・エンダム―同級2位・村田諒太(2017年5月20日 有明コロシアム)  プロボクシングのトリプル世界戦が東京・有明コロシアムで行われ、WBA世界ミドル級王座決定12回戦は12年ロンドン五輪同級金メダリストで同級2位の村田諒太(31=帝拳)が、同級1位のアッサン・エンダム(33=フランス)からダウンを奪うも、1―2の12回判定で敗れ、世界初挑戦での王座戴冠はならなかった。  村田は4回、右ストレートでダウンを奪ったものの、手数...
»続きを読む
カテゴリー:

【格闘技】“神童”那須川天心、圧巻のKO勝利 「イチロー選手みたいに教科書に載りたい」 - 05月21日(日)16:50 

またしてもKO勝利だ。 それも圧巻の1R決着。5月20日のRISE後楽園ホール大会、 超満員の観客が見つめる中、ISKAオリエンタルルール世界バンタム級タイトル防衛戦に臨んだ“神童”那須川天心は、 挑戦者の“アベンジャー”ライアン・シェーハンに1ラウンドKO勝利を収めた。 「隙があったら開始10秒でも倒しにいく」という言葉通りの速攻だった。 ボディブローをヒットさせ、「相手が嫌がってるのが表情で分かりましたね」という那須川は、スピーディーな右のジャブから左のボディストレート。 いつもはボディへのフックが多いのだが、...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】長谷川穂積の拳心論 村田は勝負に勝ったがWBAの“特別採点”に負けた - 05月21日(日)12:10 

「ボクシング・WBA世界ミドル級王座決定戦」(20日、有明コロシアム) WBA世界ミドル級王座決定戦で、ロンドン五輪金メダリストで世界初挑戦の村田諒太(31)=帝拳=は、同級1位のアッサン・エンダム(フランス)に1-2の判定で敗れた。   ◇  ◇ 【長谷川穂積の拳心論】 勝負に勝ち、試合にも勝ったと思う。 ただ、WBAの“特別採点ルール”に負けた。それが村田君の試合の印象だ。 僕はテレビ観戦だったが、前に出る選手より、下がりながらでも手を出している方にポイントがついていた。 これは、先月ベル...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】亀田和毅、次戦は3兄弟の3男対決「二度とやりたくないと思わせる」 - 05月23日(火)14:54 

協栄ジムは23日、都内のジムでWBA世界スーパーバンタム級5位を始め、主要4団体でランキング入りする亀田和毅の日本復帰第2戦を発表した。 試合は7月10日、後楽園ホールで、元WBCインター・スーパーフライ級シルバー王者のイバン・モラレス(メキシコ)と56キロ契約ウエートのノンタイトル10回戦で行われる。 イバン・モラレスは31勝(19KO)2敗、和毅と同じ25歳のサウスポー。長兄に元世界4階級制覇王者のエリク。次兄に元WBO世界スーパーフライ級王者のディエゴを持つ、 メキシコの「モラレス3兄...
»続きを読む
カテゴリー:

井上尚、圧勝でV5=八重樫は1回TKO負け-ボクシング世界戦 - 05月21日(日)21:18 

 ボクシングの世界タイトルマッチ12回戦は21日、東京・有明コロシアムで2試合が行われ、世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級はチャンピオンの井上尚弥(大橋)が同級2位のリカルド・ロドリゲス(米国)を3回1分8秒KOで下し、5度目の防衛に成功した。左フックで2度のダウンを奪う圧勝で、戦績を13戦全勝(11KO)とした。ロドリゲスは16勝(5KO)4敗。 国際ボクシング連盟(IBF)ライトフライ級王座統一戦では、正規王者の八重樫東(大橋)が暫定王者のミラン・メリンド(フィリピン)に1回2分45秒TKOで敗れ、王座を統一できず3度目の防衛に失敗。3度のダウンを奪われる完敗で、最後は右ストレートであおむけに倒された。八重樫は25勝(13KO)6敗、メリンドは36勝(13KO)2敗。 2012年ロンドン五輪男子バンタム級銅メダルの清水聡(大橋)はノンタイトル8回戦でTKO勝ちし、戦績を3戦全勝(3KO)とした。 日本のジムに所属する現役男子世界王者は11人となった。◇井上尚弥の略歴 井上 尚弥(いのうえ・なおや)12年10月、プロデビュー。13年8月、現WBAライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)を破り、4戦目で日本同級王者に。14年4月、エルナンデス(メキシコ)を下して6戦目でWBC同級王座獲得。同年12月にWBOスーパーフライ級王者のナルバエス(アルゼンチン)を破り、8戦目で2...more
カテゴリー:

ロンドン銅の清水、KO勝利 村田へ「2人でベルトを」 - 05月21日(日)19:10 

 ロンドン五輪バンタム級銅メダルの清水聡(大橋)が、東洋太平洋フェザー級15位の山本拓哉(エディタウンゼント)を1回TKOで破り、プロデビューから3戦連続のKO勝ちをおさめた。アマチュア時代から10年…
カテゴリー:

【ボクシング】村田諒太 ダウン奪うも1―2判定負けで世界戴冠ならず★11 - 05月21日(日)14:05 

 ◇プロボクシングWBA世界ミドル級王座決定12回戦 同級1位アッサン・エンダム―同級2位・村田諒太(2017年5月20日 有明コロシアム)  プロボクシングのトリプル世界戦が東京・有明コロシアムで行われ、WBA世界ミドル級王座決定12回戦は12年ロンドン五輪同級金メダリストで同級2位の村田諒太(31=帝拳)が、同級1位のアッサン・エンダム(33=フランス)からダウンを奪うも、1―2の12回判定で敗れ、世界初挑戦での王座戴冠はならなかった。  村田は4回、右ストレートでダウンを奪ったものの、手数...
»続きを読む
カテゴリー:

【ボクシング】村田諒太 ダウン奪うも1―2判定負けで世界戴冠ならず★10 - 05月21日(日)09:48 

 ◇プロボクシングWBA世界ミドル級王座決定12回戦 同級1位アッサン・エンダム―同級2位・村田諒太(2017年5月20日 有明コロシアム)  プロボクシングのトリプル世界戦が東京・有明コロシアムで行われ、WBA世界ミドル級王座決定12回戦は12年ロンドン五輪同級金メダリストで同級2位の村田諒太(31=帝拳)が、同級1位のアッサン・エンダム(33=フランス)からダウンを奪うも、1―2の12回判定で敗れ、世界初挑戦での王座戴冠はならなかった。  村田は4回、右ストレートでダウンを奪ったものの、手数...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「バンタム級」の画像

もっと見る

「バンタム級」の動画

Wikipedia

バンタム級()は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つ。「バンタム」とは「チャボ」(Japanese Bantam)の意。

ボクシング

プロボクシングでの契約ウェートは、115 - 118ポンド (52.163 - 53.524kg) 。スーパーフライ級スーパーバンタム級の間の階級であり、全17階級中5番目に軽い階級。

アマチュアボクシングでは、男子52 - 56kg、女子51 - 54kg。

初代世界王者はカナダジョージ・ディクソン

日本人として初めて同級世界王座を獲得したのはファイティング原田(笹崎)で、フライ級に続き2階級を制覇した。JBC非公認の団体日本IBFでも新垣諭が初代IBF世界王者になった。アマチュアでは1964年の東京オリンピックで...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる