「バレエ」とは?

関連ニュース

「失敗、がっかりしたけど…」米バレエコン1位松浦さん - 04月21日(土)12:23 

 若手の登竜門の一つとされるバレエコンクール「ユース・アメリカ・グランプリ」の結果が20日、米ニューヨークで発表され、日本から出場して入賞した4人が喜びを語った。■松浦祐磨さん(15) シニア男子部門…
カテゴリー:

ロバート・ダウニー・Jrについてあまり知られていない11のおかしな事実 - 04月21日(土)10:55 

その生い立ちから話題の『アベンジャーズ』のギャラまで、ロバート・ダウニー・Jr(RDJ)に関するあまり知られていないであろう11のおかしな事実をご紹介しよう。 1. 実父ロバート・ダウニー・Sr(シニア)は脚本家で映画監督であり、その低予算インディーズ作品には1960年代からのコアなファンがいる。 2 そんな父の仕事の関係で、 RDJは幼い頃、コネチカット、ニューヨーク、カリフォルニア各州、英国ロンドン、フランスのパリ、そしてニューヨーク州ウッドストックなど各地を転々としていた。10歳のとき住んでいたロンドンではクラシックバレエを習ったこともある。 3. 17歳のとき、サンタモニカの高校を退学し、役者を目指してニューヨークへ。来た当時はレストランのウエイター補助の仕事や靴屋の店員をしていた。 4. 一時、ニューヨーク市ソーホーにあるナイトクラブで「生きた芸術作品」として働いていたことがある。 5. 8歳のとき、父親にジョイント(紙巻き大麻)を勧められたとされている。 6. 1980年代になるとRDJは麻薬常習者として世に知られるようになった。1999年には麻薬依存症からのリハビリに成功、裁判所で「口の中にショットガンの銃口を入れて引き金に指をかけてるようなものです。銃の金属の味が好きなもので」と裁判官に説明している。 7. 2000年代に入ってから、中国武術のひとつである詠春拳を始...more
カテゴリー:

米バレエ:15歳の松浦さん1位 若手コンクール男子部門 - 04月21日(土)07:39 

 若手のバレエダンサーを対象にした国際コンクール「ユース・アメリカ・グランプリ(YAGP)」の審査結果が20日、ニューヨークで発表され、15~19歳の男子部門で日本の松浦祐磨さん(15)=東京都立川市出身=が1位になった。
カテゴリー:

岡田サリオ下着なしI字開脚投球、友近「乳見えた」 - 04月20日(金)17:01 

 元バレエダンサーで、I字開脚を交えた独特な投球フォームを披露し話題となった岡田サリオ(24)が、日本テレビ系で21日放送の「有吉反省会」(土曜午後11時半)で、下着を着けないまま投球フォームを披露し、友近(44)も思わず「うわっ、下乳…
カテゴリー:

「パシフィック・リム」スコット・イーストウッド、イェーガーの乗り心地は? - 04月20日(金)15:30 

 世界的ヒットを記録した人気作の続編「パシフィック・リム アップライジング」(公開中)で、人類が発明した兵器イェーガーに乗り込み、巨大生命体KAIJUと激闘を繰り広げる敏腕パイロットを熱演したスコット・イーストウッドが来日。同作の舞台裏を語った。  前作を手がけたオスカー監督ギレルモ・デル・トロが製作を担当し、Netflixドラマ「デアデビル」が人気を博すスティーブン・S・ナイト監督がメガホンをとった本作。イーストウッドは、主人公ジェイク(ジョン・ボイエガ)のライバルであり、やがて共にイェーガーを操縦し、お互いの命を預ける“相棒”となるネイトに扮している。  本作では“次世代”をテーマに、新たなキャラクターが進化したKAIJUに立ち向かっていくさまが描かれる。よりエネルギッシュな若々しさが付加された印象だが、その分撮影は苛烈を極めた。「(アクションが激しすぎて)“いま、自分は一体どうなっているんだろう”とフラフラになることも結構あって、『ここ見て!』と言われても何があるのか分からないくらい(笑)」と振り返ったイーストウッドは、「ジョン(・ボイエガ)と2人で『俺たち、正しいことをしているのかな……』となることも多かった。アクションシーンに関しては、ダンスのようにしっかりと振り付けが用意されていて、スタントチームが計算して作り上げてくれたパンチや、さまざまな動きをちゃんと体に入れて...more
カテゴリー:

米のバレエ登竜門、15歳の松浦祐磨さんがトップ - 04月21日(土)12:03 

 若手バレエダンサーの登竜門の一つ、「ユース・アメリカ・グランプリ」の最終審査結果が20日、米ニューヨークで発表され、シニア(15~19歳)の男子部門で東京都立川市出身の松浦祐磨さん(15)が1位に選…
カテゴリー:

シニア男子で松浦さん1位 - 04月21日(土)09:15 

20日、米ニューヨークで開かれた国際バレエコンクール「ユース・アメリカ・グランプリ」で入賞した(左から)梨木玲斗君、松浦祐磨さん、中島耀さん、末次正樹さん。松浦さんはシニア男子部門1位に選ばれた。
カテゴリー:

松浦さんがトップ=国際バレエコンクール-NY - 04月21日(土)06:03 

 【ニューヨーク時事】米ニューヨークで開かれていた若手バレエダンサーを育てる国際コンクール「ユース・アメリカ・グランプリ」の最終審査結果が20日発表され、シニア男子部門(15~19歳)1位に松浦祐磨さん(15)=東京都出身=が選ばれた。シニア部門の男女合わせた最優秀賞は今年該当者がなく、松浦さんがシニア男子部門のトップとなる。 ジュニア男子部門(12~14歳)の2位に末次正樹さん(14)=東京都出身=、ジュニア女子部門(同)2位に中島耀さん(13)=東京都出身=がそれぞれ選ばれた。また、プリコンペティティブ部門(9~11歳)の男女合わせた最優秀賞に当たる「ホープ賞」には梨木玲斗君(11)=東京都出身=が選出された。 ユース・アメリカ・グランプリは、9~19歳が対象。有望な出場者に世界各地のバレエ学校で奨学生として学ぶ機会を提供している。 【時事通信社】
カテゴリー:

【沖縄国際映画祭】ゆりやん、ボケるヒントン・バトルにツッコミ「悪いこと言ってない」 - 04月20日(金)16:24 

 お笑いタレントのゆりやんレトリィバァが20日、沖縄県内各所で開催中の『島ぜんぶでおーきな祭 第10回 沖縄国際映画祭』(22日まで)内のイベント『HBDA DANCE STAGE』で司会を担当。講師を務めるダンサーで振付師のヒントン・バトルにツッコミを入れるなどコンビネーションはバツグンだった。 【写真】さまざまなジャンルのダンスを披露したステージ  HBDAは世界的ダンサーであるヒントン・バトルのダンスアカデミー。ゆりやんは旧知の仲であるヒントンと晴天に恵まれた沖縄の空の下で再会し、トークを展開。適当な英語を披露する場面でも、それに応じるなど息ぴったりだった。  ステージではケガによるメンバーの欠員もなんのその。ジャズ、ヒップホップ、タップ、バレエなど様々なジャンルのダンスを華麗に披露し、30分の公演で歓声が背後に広がる海にも響き渡っていた。  パフォーマンス終了後、ゆりやんは生徒に普段のヒントンについてインタビュー。生徒は「ダンスをすごく愛する人で、厳しいけれど愛情の深い先生です」と話すと、ヒントンは唇に人差し指を当て、シーとにやり。ゆりやんから「別に悪いこと言ってないですよ」とツッコまれていた。  HBDAは1週間ほど前にオーディションを勝ち抜いた2期生が加入。8月にはイベントを開催することも明かされた。  今年で10回目を迎える同映画祭は、那覇市、北中城村など...more
カテゴリー:

ラストアイドル2期生 暫定メンバー・畑美紗起 挑戦者の指名第1号に - 04月20日(金)12:00 

 2期生暫定メンバー立ち位置10番の畑美紗起(はた・みさき)。「最年長として皆を引っ張っていこうと思ったのですが、年下メンバーのほうがポジティブで…(笑)」と、面倒見の良さが端々に見られたが、14日放送のサードシーズン初回でいきなり挑戦者に指名されてしまった。 【独占動画】畑美紗起、1分間のアピールタイム  「ラストアイドルの1期生はもちろん、挑戦者のオーディションも受けて落選してきたので、今度こそはとオーディションを受けました。しかも22歳までの募集だったので、本当に今回がラストチャンス。絶対に逃さないよう、頑張ります」と、まさに背水の陣。「根性だけは誰にも負けない自信があります」と受けて立つ。  クラシックバレエとピアノを12年間習い、高校時代には強豪ダンス部に所属して決勝大会に進出したこともある。そして挑み続けたアイドルになる夢。これまで受けたアイドルオーディションは100を超える。  そのモチベーションはどこからきたのかといえば、活躍しているアイドルたち。中でも「握手会にも行ったことがあるぐらい、乃木坂46の衛藤美彩さんが好き。衛藤さんのように自分の頑張る姿を見てもらって、ファンのみなさんに“この人を応援したい”と思ってもらえるようなアイドルになりたいです」。 ■プロフィール 生年月日:1996年3月27日(22歳) 出身地:埼玉県 身長:154センチ メモ:“朝...more
カテゴリー:

もっと見る

「バレエ」の画像

もっと見る

「バレエ」の動画

Wikipedia

バレエ( バレ レイ)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス音楽伴奏舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。

バレエの歴史 起源

ルネッサンス期のイタリアに起源を発する。当時、宮廷では余興として詩の朗読、演劇などが演じられていたが、その一部としてバロBallo)と呼ば...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる