「バルト海」とは?

関連ニュース

スウェーデンの憂うつ【フィスコ・コラム】 - 11月19日(日)17:23 

東アジアにおける朝鮮半島有事への懸念と同様に、バルト海ではロシアの軍事活動に周辺国は警戒を強めています。
カテゴリー:

ロシアのおすすめ観光スポット20選! 世界遺産など訪れるべき場所を紹介 - 11月14日(火)07:00 

ロシアといえば、太平洋からバルト海沿岸まで東西に伸びた世界最大の国土を持つ観光大国です。国土が広い分、観光スポットも世界遺産もおいしいものもたくさんあります。そんな魅力たっぷりのロシア。今回はロシア旅行に行ったときにぜひ訪れてほしい観光スポットをピックアップ! ロシアへの旅を検討している方は参考にしてみてくださいね。 ■治安 ロシアでは経済的格差の拡大に伴って国内の犯罪件数が増加傾向にあり、強盗などにあう可能性があるといわれています。また人種差別に端を発した暴⾏事件も増加し、外国人観光客を狙った犯罪も増えているので注意が必要です。 さらにロシアは、シリア空爆の影響で国際テロの標的のひとつとなっています。人の大勢集まる場所では一定のリスクが伴うことを忘れないようにしてください。 ■時差 ロシアは国土が広いため 、11もの時間帯があり、日本との時差は最西端のカリーニングラードでマイナス 7時間、⾸都モスクワやサンクトペテルブルクなどのヨーロッパ・ロシア地域でマイナス6時間、東端のチュコト半島でプラス3時間とかなり幅広いです。飛行機や列車が昔の習慣に則って、現地時間でなくモスクワ時間で運行される場合もあるため、ロシア国内を飛行機などで移動する場合は、切符をよく確認しておきましょう。 ■飛行時間 ロシアの首都モスクワまでの飛行時間は成田空港からの直通便で、およそ 9...more
カテゴリー:

ポーランドのおすすめ観光地20選! 歴史ある街の観光スポットを紹介! - 11月15日(水)07:00 

クラシックの好きな人には憧れの観光地であるポーランド。ショパンの故郷として知られていますよね。ポーランドは一度国を失ったこともありますが、歴史文化遺産がたくさんあり、街を知るともっと歴史を知りたくなる国です。旧市街と新市街を比較することでも楽しめるポーランド。今回はそんなポーランドの観光名所をピックアップしました。 ■治安 外務省によるとポーランド国内の犯罪は減少傾向にあるものの、金品目的の犯罪や窃盗、強盗、車上荒らしが横行しています。違法薬物のマリファナや覚醒剤(アンフェタミン)の使用も多く、旅行しているからといって手を染めるのは絶対にやめましょう。ヨーロッパ主要国と比較すると全体的に犯罪は多くありませんが、日本より治安はよくないため注意が必要です。 もちろんテロ発生の可能性もありますので、旅行中は現地情報をまめに収集する必要があります。 ■時差 日本はポーランドより8時間進んでいます。サマータイムの導入はありません。 ■飛行時間 日本からワルシャワまでLOTポーランド航空(LO)が直行便を運航しています。フライト時間はおよそ11時間10分ほど。 経由便ならヨーロッパの各都市からから乗継便を利用し、所要時間は13時間30分~19時間かかります。 ■旅費 ポーランドへの旅行は、往復直行便ワルシャワ3泊5日(スタンダードクラスホテル利用)で10.5万円...more
カテゴリー:

「バルト海」の画像

もっと見る

「バルト海」の動画

Wikipedia

流入河川

{

海上交通網

バルト海は内海のため、海況が穏やかであり、また対岸までの距離も短いため、古くより海上交通網が発達している。現在は、移動時間の短い飛行機の利用も多いが、費用が安い、航空路がない、静養などの理由により船舶を利用する人も多い。貿易船の来航も多いほか、バルト海周辺各国の首都・主要都市からは毎日、シリヤラインタリンクなど海運会社の運航するフェリーなどの大型船舶が出航してお...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる