「バブル崩壊」とは?

関連ニュース

増税に間に合わなくなる? 今、住宅購入を始めるべき3つの理由とは - 05月18日(金)18:00 

これから住宅の購入を検討している方も、していない方も、買い時は「今」がチャンスのようです。「家を買Walker 2018」の特集で住宅情報の解説も行なっている、不動産コンサルタントの畑中 学さんに詳しい話をお聞きしました。今が買い時な理由には、3つのポイントが関わってきます。 【画像を見る】これを知ったら今、買わずにはいられない!?/イラスト=つぼいひろき ■ 低金利時代はどこまで続く? 消費税増税の影響は? 住宅を購入する際にほとんどの人が利用する住宅ローン。バブル崩壊以降、住宅ローン金利は下落が続き、現在は超低金利時代です。2016年2月の日銀によるマイナス金利の導入以降、金利はさらに史上最低ラインで推移し続けています。加えて2019年10月に予定されている消費税増税も考慮すると、今年は住宅の買い時だと畑中さんは言います。 「この超低金利状態が回復・上昇する見通しはまだありません。むしろ、この状態を維持し続けないと破産する人も出てくるので、国の政策としては今後も意識的に低金利を維持し続けていくでしょう。 消費税増税は、中古の戸建てやマンションは個人間売買になるので影響はないですが、新築の場合だと少しでも安く購入したい人には2%は無視できない数字ですよね。加えて、金利が今より少し上がるだけでその負担はさらに増すので、増税前に購入できるならそれに越したことはありません」(畑中) ■...more
カテゴリー:

【腐った日本を買い叩く】 テレ朝、『ハゲタカ』を綾野剛主演で再びドラマ化 【買い叩く 買い叩く】 - 05月16日(水)16:58  news

綾野剛、テレ朝連ドラ初主演! 真山仁氏『ハゲタカ』を再び映像化 俳優の綾野剛が、7月にスタートするテレビ朝日系ドラマ『ハゲタカ』(毎週木曜 21:00~)で主演を務めることが16日、明らかになった。同局系での連ドラ主演 は、綾野にとって初のこと。 『ハゲタカ』に主演する綾野剛=テレビ朝日提供 同ドラマは04年に刊行され、ベストセラーになった真山仁氏の同名小説が原作。 大森南朋主演で、NHKで07年にドラマ化されると、第59回イタリア賞、第12回 アジア・テレビジョン・アワードなど、世界のテレビ賞を次々に受賞し、...
»続きを読む
カテゴリー:

「ハゲタカ」テレ朝連ドラ初主演の綾野剛でドラマ化!買収のスペシャリストのダークヒーローに - 05月16日(水)05:00 

テレビ朝日系で7月にスタートする木曜ドラマ「ハゲタカ」の主演に綾野剛が決定。テレビ朝日の連続ドラマ初主演となることが分かった。 綾野剛は一瞬も目が離せない魔力がある!? その魅力を徹底解剖 「ハゲタカ」は、2004年に刊行された真山仁の同名小説で累計230万部を突破した大ヒット作品。バブル崩壊後の1997年、“失われた10年”の渦中にあった日本に突如として現れた外資ファンド代表の鷲津政彦(わしづまさひこ)は、“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも、不良債権を抱えた“大銀行”や経営不振の“名門企業”へ次々と買収劇を仕掛け、鮮やかに勝利していくさまを描いた。 そして、サラリーマンたちから圧倒的な支持を集め、『買収のスペシャリスト』として、対象企業を誰よりも徹底的に調べ上げ、丸裸にし、闘いに挑む、そんな圧倒的なカリスマ性で突き進んでいくダークヒーロー・鷲津の姿は、男性だけでなく、多くの女性たちをもとりこにしていた。「最強の企業買収者」と日本を震撼させた男が、腐敗した企業、そして日本経済界へ大胆に、そして痛快にメスを入れ、次々と革命を起こしていく。 今回、綾野が演じる役どころは、若くして企業買収や債権処理で数々の実績を上げ、畏怖の念を込めて「ゴールデンイーグル」と呼ばれた男。1997年に帰国し、投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』を設立し、代表取締役に。鷲津は、企業を食い...more
カテゴリー:

綾野剛、7月期主演ドラマ『ハゲタカ』で伝説の企業買収者に - 05月16日(水)05:00 

 俳優の綾野剛が、7月スタートの連続ドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)で主演を務めることが発表された。テレビ朝日の連ドラに初主演となる綾野は「過去最大の難関に立ち向かおうとしています。一筋縄ではいかないハゲタカに挑むのですから」と主人公を演じる意気込みを語っている。【写真】白衣姿で笑顔を見せる綾野剛 本作は2004年に刊行され、累計230万部を誇る真山仁の同名小説が原作。バブル崩壊後の日本を舞台に、突如現れた外資ファンド代表の鷲津政彦の企業買収劇を鮮やかに描いていくエンターテインメントドラマ。時にバッシングに晒されながらも“最強の企業買収者”として日本経済界に挑むダークヒーロー・鷲津を、硬軟幅広く演じ分けられる綾野が演じる。 今回のドラマ化では、原作小説で描かれた壮絶な企業買収劇に加え、ドラマオリジナルとなるエピソードも登場。原作ファンが知りたかった鷲津の“現在”を、原作者の真山が今回のドラマのために書き下ろした原案を基に描いていく。 綾野は「いつからか、自身を愛せず、自身に落胆し、自身を否定する時代に、いつだって人生の選択は待ってくれない」と語り、「『現状維持は後退である』を信念に、最後まで攻めの姿勢で戦い抜きます。難関は越える為にある」と大ヒット小説のドラマ化に挑む覚悟を明言。 また原作者の真山は「『ハゲタカ』の登場人物たちは、日本人の誇りの復活を叫び、希望を追...more
カテゴリー:

綾野剛「最後まで攻めの姿勢!」テレ朝連ドラ初主演で伝説の“企業買収者”に - 05月15日(火)20:37 

綾野剛が、7月からテレビ朝日系でスタートするドラマ『ハゲタカ』(毎週木曜、21:00~)で、伝説の“企業買収者”といった難しい主人公に挑戦することがわかった。綾野が同局の連続ドラマで主演するのは今回が初となる。2004年に刊行された真山仁の小説「ハゲタカ」をドラマ化した本作。バブル崩壊後の1997年、“失われた10年”の渦中にあった日本に突如として現れた外資ファンド代表の鷲津政彦が主人公。“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも、不良債権を抱えた大銀行や経営不振の名門企業へ、次々と買収劇を仕掛け、鮮やかに勝利していく様が描かれ、サラリーマンたちから圧倒的な支持を集め、ベストセラーとなった。さらには、「買収のスペシャリスト」として、対象企業を誰よりも徹底的に調べ上げ、丸裸にし、闘いに挑むという、圧倒的なカリスマ性で突き進んでいくダークヒーロー・鷲津の姿は、男性だけでなく、多くの女性たちをも虜にした。その主人公・鷲津を演じる綾野は、ドラマ『コウノドリ』(TBS系)で心優しい産婦人科医を演じた綾野が、今作では一転、ダークヒーローに挑み、新たな顔で視聴者を魅了する。硬軟幅広く演じ分ける実力派俳優としても知られる綾野が、本作では買収劇においては誰よりもシビアなスペシャリストとして、血も涙もない決断を下していく一方、周囲を惹きつけてやまないカリスマ性を持ち併せる主人公をどのように体現し、『...more
カテゴリー:

価値のつかない“マイナス物件”で破産する人々<不動産執行人は見た3> - 05月17日(木)08:44 

 首都圏でも徐々に近づきはじめた、不動産バブル崩壊の足音。  これまでは発表と同時に購入希望者が殺到し抽選販売になった億ション。それだけではなく、当選者に1.5倍の額で権利を譲ってほしいとの交渉が抽選会場で開始されるほど […]
カテゴリー:

【ドラマ】綾野剛:テレ朝連ドラ初主演で企業買収のダークヒーローに 「ハゲタカ」を再ドラマ化 - 05月16日(水)05:03  mnewsplus

2018年05月16日 綾野剛:テレ朝連ドラ初主演で企業買収のダークヒーローに 「ハゲタカ」を再ドラマ化  作家の真山仁さんが2004年に発表した経済小説の大ヒット作「ハゲタカ」が、俳優の綾野剛さんの主演でテレビ朝日で再ドラマ化されることが16日、明らかになった。綾野さんが同局の連続ドラマで主演を務めるのは今回が初めて。ドラマは7月から毎週木曜9時に放送される。  原作は04年に発表され、累計270万部を突破した人気小説。07年にNHKで大森南朋さん主演でドラマ化、09年には映画化された。“失われた10年”の渦中にあったバ...
»続きを読む
カテゴリー:

綾野剛「最後まで攻めの姿勢!」テレ朝連ドラ初主演で伝説の企業買収者に - 05月16日(水)05:00 

綾野剛が、7月からテレビ朝日系でスタートするドラマ『ハゲタカ』(毎週木曜、21:00~)で、伝説の“企業買収者”といった難しい主人公に挑戦することがわかった。綾野が同局の連続ドラマで主演するのは今回が初となる。2004年に刊行された真山仁の小説「ハゲタカ」をドラマ化した本作。バブル崩壊後の1997年、“失われた10年”の渦中にあった日本に突如として現れた外資ファンド代表の鷲津政彦が主人公。“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも、不良債権を抱えた大銀行や経営不振の名門企業へ、次々と買収劇を仕掛け、鮮やかに勝利していく様が描かれ、サラリーマンたちから圧倒的な支持を集め、ベストセラーとなった。さらには、「買収のスペシャリスト」として、対象企業を誰よりも徹底的に調べ上げ、丸裸にし、闘いに挑むという、圧倒的なカリスマ性で突き進んでいくダークヒーロー・鷲津の姿は、男性だけでなく、多くの女性たちをも虜にした。その主人公・鷲津を演じる綾野は、ドラマ『コウノドリ』(TBS系)で心優しい産婦人科医を演じた綾野が、今作では一転、ダークヒーローに挑み、新たな顔で視聴者を魅了する。硬軟幅広く演じ分ける実力派俳優としても知られる綾野が、本作では買収劇においては誰よりもシビアなスペシャリストとして、血も涙もない決断を下していく一方、周囲を惹きつけてやまないカリスマ性を持ち併せる主人公をどのように体現し、『...more
カテゴリー:

綾野剛、テレ朝連ドラ初主演 伝説の企業買収者ハゲタカ降臨 - 05月16日(水)05:00 

 俳優の綾野剛がテレビ朝日系木曜ドラマ『ハゲタカ』(7月スタート、毎週木曜 後9:00)に主演することがわかった。ドラマ『コウノドリ』(TBS)で心優しい産婦人科医を演じた綾野が、一転、腐った組織のトップを叩きのめしていく“企業買収のスペシャリスト”に挑む。同局の連続ドラマ初主演の綾野は、「過去最大の難関に立ち向かおうとしています。一筋縄ではいかないハゲタカに挑むのですから」と前置きしながら、「難関は越える為にある」と意気込んでいる。 【全身写真】テレビ朝日系ドラマ『ハゲタカ』に主演する綾野剛  真山仁氏が2004年・06年に発表した「ハゲタカ」シリーズが原作。バブル景気という熱狂の中で産声を上げた平成という時代は、バブル崩壊、失われた10年、リーマンショック、そしてアベノミクスによる景気上昇、と経済の乱高下に揺さぶられ続けた30年間だった。そんな激動の時代を背景に、外資系投資ファンドを率いる鷲津政彦が、“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも、権力に立ち向かい、不良債権を抱えた“大銀行”や経営不振の“名門企業”へ次々と買収劇を仕掛け、鮮やかに勝利していく様を描いた小説は、サラリーマンたちから圧倒的な支持を集め、NHKでドラマ化、映画化もされた。  今回のドラマ化にあたっては、真山氏が書き下ろした原案をもとに、2018年の鷲津の姿も描かれる。「平成」と共に生きた鷲津の軌跡...more
カテゴリー:

50代負け組3000人の共通点 人生の勝ち負けを決める基準とは? - 05月15日(火)08:52 

SPA!が歩んだ30年の間に、日本は「一億総中流社会」から勝ち組と負け組が混在する「格差社会」へと変貌を遂げた。ウイルスのように増殖を続ける負け組たち。そこで今回は「自分は人生の負け組だと思う」と回答した50代の男性会社員を対象とした3000人にアンケートを実施。見えてきたのは「負け組」特有の意外な共通点だった! ◆50代の背中から見えてきたものとは? 「ゆっくり仕事をしても午後にはやる作業がなくなる。営業で現場を飛び回っていた頃が懐かしいです」  機械メーカーに勤める安原寛治さん(仮名・52歳)は現在、総務部で保養所施設の管理業務を担当。肩書はヒラ社員。年収740万円だが、同年代では最低レベルだ。安原さんが負け組50代に転落する契機は45歳のときだった。 「年下課長に噛みついたら、地方の営業所に左遷されました。今は東京本社勤務ですが、自宅は大阪なので、社宅に単身赴任。同じ社宅に住む上司の子供に『オジさんなのにペコペコしてる』と言われ、本当にツラくなりましたね」  12歳になる子供のため、会社を辞めるわけにもいかない。もはや「サラリーマンとして負け組かもしれない」と公園のベンチに座って話す安原さんの背中からは、物悲しい哀愁が漂っていた――。  年収740万円にもかかわらず、安原さんはなぜ「負け組」と感じてしまうのか。今回「負け組だと思う」と回答した50代サラリーマン3...more
カテゴリー:

もっと見る

「バブル崩壊」の画像

もっと見る

「バブル崩壊」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる