「バブル崩壊」とは?

関連ニュース

不倫ドラマの変遷 「ドロドロ」から「笑える愛憎」まで…時代を投影しアプローチも変化 - 02月24日(土)08:40 

 古くからある日本のTVドラマのジャンルのひとつで、近年再び増加傾向にある“不倫ドラマ”。今期では仲里依紗主演の『ホリデイラブ』(テレビ朝日系)も話題だ。不倫をする妻ではなく、不倫を“される妻”の物語が描かれ、「ちょっと新鮮」「私にも起こるかも」などの声がSNSに挙がっている。振り返ると、不倫ドラマと言えばTBS系『金曜日の妻たちへ』シリーズ(TBS系/1983~1985年)や、いわゆる“昼ドラ”の代名詞的な作品『真珠夫人』(TBS・フジ系にて2回放送)の印象が強い。とくに“昼ドラ”は長きに渡って放送され、その時間帯はまさにマダムたちの夢の時間だったのである。ではその、いわゆる『昼ドラ』がなくなった現在、“不倫ドラマ”にどのような変化が生じているのか? 【写真】ドラマ制作発表にウエディングドレス姿で出席した仲里依紗 ◆エポックとなった“金妻シリーズ”、人生を謳歌する女性像がテーマに  不倫などの愛憎劇が描かれることが多かった枠と言えば、1960年代にスタートしたTBSとフジテレビの昼帯枠。当時はホームドラマや女性の一代記などが描かれることも多かったが、男をたぶらかす妖婦でありながら、初恋の人を思い続ける未亡人を描いた菊池寛原作・光本幸子主演の『真珠夫人』(TBS系/1974年)など、策略、発砲事件、自殺、勘当など様々な“ドロドロ”がてんこ盛りの作品も放送されていた。昼ドラ以外...more
カテゴリー:

【ライフ】未婚女性の「専業主婦志向」が実現困難な理由 年収に関係なく未婚男には「共働き派」が多い - 02月24日(土)03:35  newsplus

http://toyokeizai.net/articles/-/209857 2018年02月23日 荒川 和久 : ソロもんLABO・リーダー、独身研究家 結婚生活の理想と現実――。恋愛と結婚は別物であるという意識は、一般的に未婚者よりも既婚者の方が高いのですが、それだけ既婚者は結婚生活の現実をまざまざと経験しているからでしょう。 今や「夫は外で働き、妻は家庭を守る」という専業主婦型夫婦の形は大幅に減少し、「共働き・共家事・共育児」というのが現代の夫婦の形とも言われています。 専業主婦世帯と共働き世帯、現在の日本における夫婦の実情を見ると、す...
»続きを読む
カテゴリー:

【転職は夢】売り手市場は別世界の話 「拾ってもらった」会社を辞められない氷河期世代 - 02月23日(金)19:16  newsplus

役職が同じ同期入社40人を集めた新人研修。自己紹介した瀬下かおり(仮名)に、研修担当の上司が聞き返した。 「瀬下さん、大卒なの?」 気まずい気持ちでうつむいて「はい」と返事した。ところが、かおりの次に自己紹介した新入職員も四大卒だった。上司は「君も大卒? 今年は何だかすごいねえ」と感嘆の声を上げた。 1996年4月。かおりは郵政省国家三種の公務員として、社会人のスタートを切った。上司が驚いたのは、大卒は通常、幹部候補生として採用する国家一種、二種を目指し、国家三種は高卒人材の就職先と想定されているか...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシア女性は40歳すぎると「反日」になる? 世界が笑う働き方改革 - 02月23日(金)05:00 

以前掲載の「ロシアは隠れ『親日』国家。モスクワ在住26年の邦人が語る驚きの事実」で、実はロシア人には親日家が非常に多いという事実を明かした無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者でモスクワ在住の北野幸伯さん。今回は「なぜ、ロシア人女性は40歳をすぎると反日になるのか?」というちょっと気になる話題について、「働き方改革」や世界のGDPなどを紹介しながらわかりやすく解説してくださっています。 ロシア女性は、40歳すぎると反日になる??? 私は、「日本は世界一素晴らしい国だ」と確信しています。自分自身でもそう思いますし、いろいろな外国人からもそう言われます。しかし、「100%全部素晴らしい」とは言えません。一つのネガティブ要素をあげるとすれば、「労働環境が悪い」ことでしょう。要するに「長時間労働すぎる」ということです。このことは、日本社会全体に大きなマイナスになっていると思います。たとえば、 若者は、彼氏彼女を見つける時間がない 彼氏彼女がいても、デートする時間がなかなかない それで、なかなか結婚に至らない 結婚しても、子づくりしている時間がない 子供が生まれたら、ダンナが子育てに関われない それで、奥さんのストレスがたまり、家庭が不和になる 両親共働きの場合、小さい子供がほったらかしにされる 寝不足で、電車の中で寝ている人が異常に多い そもそも健康に悪い などなどです。政府の「働...more
カテゴリー:

【経済】賃上げも、40代だけ給与減る 取り残される団塊ジュニア、就職氷河期世代…職歴やスキル積めず? 若い世代や50代以上優先 - 02月22日(木)21:52  newsplus

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO26847110T10C18A2EE8000 2018年2月13日 19:54 緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 グラフ ?w=680&h=980&am...
»続きを読む
カテゴリー:

【ライフ】未婚女性の「専業主婦志向」が実現困難な理由 年収に関係なく未婚男には「共働き派」が多い ★2 - 02月24日(土)08:38  newsplus

http://toyokeizai.net/articles/-/209857 2018年02月23日 荒川 和久 : ソロもんLABO・リーダー、独身研究家 結婚生活の理想と現実――。恋愛と結婚は別物であるという意識は、一般的に未婚者よりも既婚者の方が高いのですが、それだけ既婚者は結婚生活の現実をまざまざと経験しているからでしょう。 今や「夫は外で働き、妻は家庭を守る」という専業主婦型夫婦の形は大幅に減少し、「共働き・共家事・共育児」というのが現代の夫婦の形とも言われています。 専業主婦世帯と共働き世帯、現在の日本における夫婦の実情を見ると、す...
»続きを読む
カテゴリー:

【いい会社への転職は夢また夢】拾ってもらった薄給中小零細を辞められない・・40代氷河期世代独身女子 - 02月23日(金)19:41  news

役職が同じ同期入社40人を集めた新人研修。自己紹介した瀬下かおり(仮名)に、研修担当の上司が聞き返した。 同い年のキムタク、貴乃花への逆風に自分重ねる。組織を出られない氷河期世代【全ての写真を見る】 「瀬下さん、大卒なの?」 気まずい気持ちでうつむいて「はい」と返事した。ところが、かおりの次に自己紹介した新入職員も四大卒だった。上司は「君も大卒? 今年は何だかすごいねえ」と感嘆の声を上げた。 1996年4月。かおりは郵政省国家三種の公務員として、社会人のスタートを切った。上司が驚いたのは、大卒は...
»続きを読む
カテゴリー:

景気回復局面の日本はなぜデフレから脱却できないのか - 02月23日(金)12:23 

日本政府が発表したデータをみると、2017年第4四半期の実質GDP(国内総生産)は年率換算で0.5%となり、日本経済は8四半期連続のプラスとなり、1980年代末のバブル崩壊以降で最長の成長記録を達成した。 ...
カテゴリー:

【経済】賃上げも、40代だけ給与減る 取り残される団塊ジュニア、就職氷河期世代で職歴やスキル積めず? 若い世代や50代以上優先★2 - 02月23日(金)01:50  newsplus

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO26847110T10C18A2EE8000 2018年2月13日 19:54 緩やかながら起こり始めた賃上げ。しかし世代別に分けてみると、その機運にも温度差がある。「団塊ジュニア」と呼ばれる40代だけが取り残されている。 厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の正社員の所定内給与(6月分)は32万1千円と、4年前から4700円増えた。ところが、45~49歳は7千円減り、40~44歳は4500円減った。20~34歳や55~64歳といった年齢層は7千~8千円程度増えているのと対照的だ。 グラフ ?w=680&h=980&am...
»続きを読む
カテゴリー:

株価暴落でも投資を止めてはいけないホントのワケ - 02月21日(水)17:25 

2018年2月2日より、世界株安の連鎖が始まりました。今回の株安は、史上最大の下げ幅を記録しました。バブル崩壊かと危ぶむ声まで聞こえてきます。こうなってくると、今までしてきた投資を中断しようかと考える…
カテゴリー:

もっと見る

「バブル崩壊」の画像

もっと見る

「バブル崩壊」の動画

Wikipedia

バブル崩壊(バブルほうかい)は、日本バブル景気後退期または後退期末期から景気回復に転じるまでの期間を指す。

内閣府景気基準日付でのバブル崩壊期間(平成不況(第1次平成不況)や複合不況とも呼ばれる)は、1991年(平成3年)3月から1993年(平成5年)10月までの景気後退期を指す。

バブル崩壊により1973年(昭和48年)12月から続いた安定成長期は終わり、失われた20年と呼ばれる低成長期に突入した。

概要

バブル崩壊という現象は単に景気循環における景気後退という面だけでなく、急激な信用収縮、土地や株の高値を維持してきた投機意欲の急激な減退、そして、政策の錯誤が絡んでいる。

バブル経済時代に土地を担保に行われた融資は、地価の下落によって、担保価値が融資額を下回る担保割れの状態に陥った。また、各事業会社の収益は、未曾有の不景気で大きく低下した。こうして、銀行が大量に抱え込むことになった不良債権は、銀行経営を悪化させ、大きなツケとして1990年代に残された。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる