「バブル」とは?

関連ニュース

日経平均株価、バブル経済崩壊後の最高値更新 - 01月16日(火)15:57 

 日経平均株価はバブル経済崩壊後の最高値を更新しました。16日の東京株式市場で、日経平均株価は15日より236円高い、2万3951円で取引を終えました。
カテゴリー:

東証:続伸、バブル崩壊後の最高値を更新 - 01月16日(火)15:25 

 16日の東京株式市場は、最近の円高ドル安傾向が一服したことを好感した買い注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は続伸、バブル経済崩壊後の最高値を更新した。  終値は前日比236円93銭高の2万3951円81銭。東証株価指数(TOPIX)は10.35ポイント高の1894.25。出来高は約13億1800万株だった。(共同)
カテゴリー:

視点:「失われた20年」より過酷な未来へ、高齢化日本の難題=カッツ氏 - 01月16日(火)11:27 

[東京 16日] - 日本は、どの先進国も過去経験したことがないような労働力人口の急激な減少に直面する見通しであり、対策を講じなければ、バブル崩壊後の「失われた20年」ですら古き良き時代にみえるほどの過酷な未来を迎えかねないと、米カーネギー倫理国際関係協議会・シニアフェローのリチャード・カッツ氏は述べる。
カテゴリー:

消えてしまったけど好きだった飲料ランキング - 01月16日(火)07:30 

非常に厳しい競争を強いられる製造業界、特に飲み物は味が売り上げに直結するため、見込みがないと多少人気でも製造中止になってしまう事があるようです。 そこで今回は「消えてしまったけど好きだった飲料」をアンケート、ランキングにしてみました。 今も復活を望まれるような人気の飲料とは、一体どんな飲料だったのでしょうか? 1位 燃焼系アミノ式 2位 超力水 3位 ポカリスエット ステビア ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は「燃焼系アミノ式」! ユニークなCMでお馴染み、「燃焼系アミノ式」が堂々の1位に輝きました。 飲料そのものよりも奇抜なCMが有名そうな本製品、普通の格好をした人々が突然サーカスや雑技団のようなパフォーマンスを披露する事で有名でしたね。 サラリーマン風の男性が登り棒と体を平行にしたまま登ったり、10人の人間ピラミッド状態で長縄跳びをするなど、パッと見合成では?と思えるほど奇想天外なCMでした。 2位は「超力水」! DHAを配合した不思議飲料、「超力水」が2位にランク・インしました。 なんとなく不思議な響きのある「超力水」、実は相撲界に同名の身を清める儀式「力水(ちからみず)」があり、もしかしたらこの儀式から名前が取られたのかも知れませんね。 3位は「ポカリスエット ステビア」! 自然の甘味料を使用した「ポカリスエット ステビア」が3位にランク・インしまし...more
カテゴリー:

「ヴァレリアン」吹き替え声優にゆりやんレトリィバァ! 日野聡&沢城みゆきも参加 - 01月16日(火)07:00 

 お笑い芸人のゆりやんレトリィバァが、「フィフス・エレメント」「LUCY ルーシー」などのリュック・ベッソン監督によるSFアドベンチャー大作「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」の日本語吹き替え声優を務めることがわかった。  「スター・ウォーズ」などに影響を与えたと言われる、SFコミックの金字塔「ヴァレリアン」シリーズが原作。西暦2740年、宇宙の平和を守る連邦捜査官のヴァレリアン(デイン・デハーン)と相棒のローレリーヌ(カーラ・デルビーニュ)が、銀河の危機を救うために大冒険を繰り広げるさまを描く。吹き替え初挑戦となるゆりやんが演じるのは、世界の歌姫リアーナ扮する宇宙人バブル。様々な姿に変化する能力を駆使して、ヴァレリアンとローレリーヌのミッション遂行をサポートするキーキャラクターだ。  昨年12月に開催された女芸人No.1を決める大会「The W」で見事優勝を果たし“笑いの女王”となったゆりやんは、本作が吹き替え初挑戦。「めちゃくちゃ嬉しかったです。洋画の吹き替えは、子どもの頃からの夢でした!」と喜びを隠せず、アフレコの前には、リアーナに近づくために体重を2キロ落として準備したという。「クールに見えて実は、繊細でかわいい女の子」と語るバブルとの共通点については「見た目です!!!!…調子のっちゃって!」と言いつつ「でも、色んな姿になりきるバブルは、コントで色んな役をやるピン芸人の自...more
カテゴリー:

日経平均は続伸、円高一服でバブル後高値更新 - 01月16日(火)15:50 

[東京 16日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続伸した。為替相場でドル安・円高の進行が一服したことで買い安心感が広がり、前日比で200円超上げた。後場には一時、取引時間中として1991年11月18日以来、約26年2カ月ぶりの高値2万3962円07銭を付け、バブル崩壊後の高値を更新した。
カテゴリー:

トレンドを先取り!冬はファッショニスタになれるチャンス!? - 01月16日(火)15:00 

◆海外コレクションから学ぶトレンドアイテム◎キラキラ系今季はスパンコールやビジュー、グリッターを使ったキラキラなアイテムが流行しています。たくさんのブランドがキラキラなアイテムを取り入れていましたが、中でも大人気のアイテムがCHANELのラメブーツです。グリッターを使っていますが、上品でシックなので取り入れやすくて多くの海外セレブが愛用しています。今までのキラキラなアイテムというと派手で取り入れにくいイメージでしたが、今季流行しているキラキラは控えめだけど主張してくれる上品で万能なデザインになっています♪◎レトロ数年前から流行しているレトロファッションですが、今季はバブルを感じさせるアイテムをたくさん目にします。バブル時代には肩パッドのジャケットが流行しましたが、さすがにあの大きなジャケットは抵抗ありますよね…(笑)安心してください!今年はナチュラルな肩パッドのアウターがトレンドです!程よい大きさの肩パッドが入っていて華奢なスタイルに見せてくれますよ(^^)◎チェック柄今年はレトロなファッションがトレンドですが、「タータンチェック」、「グレンチェック」を取り入れたブランドがたくさんありました。すでに日本でもチェックを使ったファッションが流行していますよね。特に人気のアイテムはチェック柄のチェスターコートです!チェックを取り入れることで簡単にクラシックなコーディネートを作ることができ...more
カテゴリー:

テレ東タブーなき攻めの姿勢の源流 テレビ番外地のプライドと反骨心 - 01月16日(火)08:40 

 テレビ東京(以下、テレ東)の勢いが止まらない。1月2日に放送された『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦6~今年も出た出た!正月3時間スペシャル~』は13.5%の高視聴率をマーク。ここ数年のテレ東は、『池上彰の総選挙ライブ』『家、ついて行ってイイですか?』『YOUは何しに日本へ?』など、同局ならではの奇想天外な“切り口”による番組制作が高く評価されてきたが、ついに視聴率の数字も追いついてきたようだ。他にも『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』はスネに傷を持つタレントを積極的に起用。昨年末の『ガイアの夜明け』ではバブル期のフィクサー・許永中氏へのテレビ初インタビューを敢行するなど、他局では“タブー視”されるテーマへも果敢に斬り込んでいる。こうしたテレ東の“攻め”の系譜とその理由を検証してみたい。 【写真】 「池の水」抜いたら“超危険怪物”出た ガメラのモデル「ワニガメ」こんな奴 ■“お荷物”などと揶揄されながら、他局にない“独自路線”で存在感を発揮  かつてのテレ東と言えば、NHKと在京キー局の中では「5強1弱」とも言われ、他局の視聴率が低下してくると「振り向けばテレビ東京」などと揶揄されることも。視聴率も全日平均で2~3%の時代が長く続き、チャンネルも地デジに移行する前までは“12チャンネル”であり、1・3・4・6・8・10(以上、関東圏)に続く、名実ともに“しんがり...more
カテゴリー:

ゆりやんレトリィバァが伝説のSFで吹替え初挑戦!「本当はヒロインがやりたいです」 - 01月16日(火)07:00 

「スター・ウォーズ」に多大なる影響を与えた伝説のSFコミックを『レオン』や『フィフス・エレメント』で知られるフランス映画界の鬼才リュック・ベッソン監督が映画化した『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』が3月30日(金)から公開。この度、本作の日本語吹替え版声優が発表された。 【写真を見る】豪華声優陣が集結!吹替えキャストが明らかに/[c]2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION 本作の舞台は西暦2740年。宇宙を守る任務に就いたエージェントのヴァレリアンとローレリーヌが、あらゆる生命が共存し“千の惑星の都市”と呼ばれる宇宙ステーション・アルファの危機を救うため、極秘ミッションに挑むSFエンタテインメント。 『クロニクル』などで知られる若手スター、デイン・デハーンが演じる主人公ヴァレリアンの声を人気アニメ「銀魂」の神威役や「ハイキュー!!」の澤村大地役で知られる日野聡が担当し、カーラ・デルヴィーニュ演じるローレリーヌの声には「ルパン三世」シリーズで峰不二子役を務めたほか、多くの映画で吹替えを担当している沢城みゆきが抜擢された。 そして公式ツイッター上で声優当てクイズが行われていた、リアーナが演じる宇宙人のバブルの声には、人気急上昇中のお笑い芸人ゆりやんレトリィバァが決定。映画の吹替え初挑戦の彼女は、興奮気味に喜びを語ると「リアーナに近づくため...more
カテゴリー:

株高、好調な企業業績が裏付け - 01月16日(火)05:59 

 国内景気が緩やかに拡大する中、東京株式市場では日経平均株価が小幅調整をはさみつつ約26年ぶりの高値圏で推移している。15日は4営業日ぶりに反発し、終値は前週末比61円06銭高の2万3714円88銭。昨年秋以降の大幅な株高で、「バブル」をいぶかる声も一部にあるが、日本企業の「稼ぐ力」の高まりを受けた好調な企業業績という裏付けがあり、「バブルではない」との見解が多い。
カテゴリー:

もっと見る

「バブル」の画像

もっと見る

「バブル」の動画

Wikipedia

バブル()

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる