「バビロン」とは?

関連ニュース

アジアに出てみる選択肢 - 09月22日(金)12:00 

バックパッカーというと、若者向けの旅行というイメージがあるかもしれません。固い安宿のベッド、バスや電車を使った安い交通移動、確かにそれらは、シニアよりも若者向けの内容のように思えます。しかし、とらえようによってはシニアでもそうした旅を楽しめるのではないか。そうした視点から書かれた本が下川裕治の『シニアひとり旅:バックパッカーのすすめ アジア編』(平凡社新書)です。 何もしないという選択肢 著者は長らく貧乏旅行作家として活躍してきました。著者の旅のスタイルは独特です。観光地へ行っても名所をめぐらず、街をぶらぶらしたり、屋台で食事をしたりとリーズナブルな楽しみ方を選択します。それでも、異国情緒は十分に味わえますし、むしろ現地の人々との交流も生まれるでしょう。本書にはアジア地域、韓国や中国、ベトナム、タイ、ラオス、カンボジアといった国々をめぐった実体験に基づく記録が記されています。 酒の記録 特に面白いのは酒に関する描写です。著者は、一人でふらりと入れるような飲み屋でしんみりと飲むことが好きなようですが、アジアにはそうしたお店は意外と少ないことを嘆きます。その中でミャンマーだけは、ビール以外のお酒も充実し、ちょっとつまめるような一品料理も多いといった記述もあります。アジアを長く旅することで見えてきた新しい視点がそこにはあります。ゆるいアジア旅行に出てみるのも、選択肢のひとつとしてアリ...more
カテゴリー:

「異世界はスマートフォンとともに。」第11話先行カットが到着。目の前に白いパンツの少女! - 09月18日(月)12:57 

テレビアニメ「異世界はスマートフォンとともに。」第11話の先行カットとあらすじが到着しました。 第11話「ぱんつ、そして空中庭園。」より /(C)冬原パトラ・ホビージャパン/ブリュンヒルド公国 <第11話「ぱんつ、そして空中庭園。」あらすじ>目の前には白いぱんつの少女。空中庭園にたどり着いた冬夜を出迎えたのは、純白ぱんつの少女フランシェスカ。「庭園」の管理人だそうだ。彼女によると、ここは5092年前、レジーナ・バビロン博士によって作られたバビロンの一部で、冬夜に適合者としてこの庭を譲渡するという。適合者としての条件とはいったい…? 冬夜はみんなを庭園に呼び説明をするが、フランシェスカが余計なことを言い、誤解を生む。さらにいつもの鈍感さも加わり嫁騒動勃発! なんと普段おとなしいリンゼが大胆な行動に!! 第11話「ぱんつ、そして空中庭園。」は、9月19日(火)20時30分からのAT-Xを皮切りに、BS11・TOKYO MXで順次放送されます。 本作は、小説投稿サイト「小説化になろう」で累計1億PVを突破し、シリーズ累計発行部数20万部を記録した小説が原作。神様の手違いで死んでしまった主人公は、神様から底上げしてもらった身体とスマートフォンを手に、異世界ライフを送ることになります。 【関連記事】 ・「異世界はスマートフォンとともに。」第10話先行カットが到着。水着美女にドキドキしていた...more
カテゴリー:

ユダヤ教指導者「朝鮮は世界の敵だ」 - 08月31日(木)07:01  news

【戦慄】2500年前の“ユダヤ最高の預言書”が北朝鮮のミサイル発射を予言していた! ユダヤ教指導者も断言「コリアが世界を滅ぼす!」  何と今から23年前に、イスラエルの宗教指導者レヴィ・サーディア・ナチマーニー師が、北朝鮮による最終戦争が引き起こされることを予言していたのである。ナチマーニー師は、過去に1967年の第三次中東戦争と 1973年の第四次中東戦争を的中させたことからその予言には非常に信憑性があるのだ。ナチマーニー師は、1994年に他界しているが、You Tubeで彼が残した言葉を今でも聞くことができる。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】元「イルミナティ」の構成員がインタビューで号泣暴露 『シオン賢者の議定書』に書かれていたことは真実だった!★2 - 08月26日(土)09:16  newsplus

世界を裏で牛耳っているとされる秘密組織「イルミナティ」にかつて在籍していた元メンバーの顔出しインタビューが公開された。 組織の内部事情から組織を脱退するに至った衝撃的な事件まで赤裸々に語っている。 ■涙の告発「子どもが生贄に…」 動画:https://youtu.be/39YQbv6vEFA オランダの新興メディア「De Vrije Media」のインタビューに応じたのは、オランダ人のロナルド・ベルナルド氏(オランダの金融会社「de blije b」の創設者)。 もともと企業家として財を成したセレブだったが、成功への欲望はそれで満たされることな...
»続きを読む
カテゴリー:

「Fate/Apocrypha」第12話のカットが到着。黒のランサーの窮地に現れたダーニックの提案とは? - 09月19日(火)12:03 

テレビアニメ「Fate/Apocrypha」第12話のカットとあらすじが到着しました。 第12話「聖人の凱旋」より / (C)東出祐一郎・TYPE-MOON / FAPC <第12話「聖人の凱旋」あらすじ>ユグドミレニア一族が所有していた大聖杯は、赤のアサシンの宝具“虚栄の空中庭園(ハンギングガーデンズ・オブ・バビロン)”によって、赤の陣営に強奪された。彼らを追うルーラーと黒の陣営は空中庭園へと突入する。再び赤のランサーと相見えた黒のランサーであったが、ルーマニアを離れた彼の力は弱まっていた—。そこへ、マスターであるダーニックが現れある提案を持ち掛ける。[脚本:三輪清宗、絵コンテ:浅井義之・榎戸駿・平野宏樹、演出:平野宏樹、総作画監督:蛯名秀和、作画監督:廣江啓輔・木村行隆・斎藤美香・中井江巳・浜友里恵・高橋和也・河野敏弥・山崎浩平・菊地貴行・栗西祐輔] 第12話「聖人の凱旋」は、9月16日(土)にTOKYO MXなどで放送されました。また、Netflixで毎週月曜に独占配信されます。 テレビアニメ「Fate/Apocrypha」は、「Fate/stay night」「Fate/Zero」とは異なる新しいFateの世界を描いた、東出祐一郎さんの小説が原作。舞台となるルーマニア・トゥリファスに「黒の陣営」7騎と「赤の陣営」7騎が集い、2つの勢力による“外典(アポクリファ)の聖杯戦争...more
カテゴリー:

サンローランの新しいアイコンバッグ「BABYLON(バビロン)」が9/14に全世界同時発売! - 09月14日(木)09:30 

サンローランが、クリエイティブ・ディレクター アンソニー・ヴァカレロがデザインした新しいアイコンバッグ「BABYLON(バビロン)」を9月14日に全世界同時発売した。
カテゴリー:

【話題】元「イルミナティ」の構成員がインタビューで号泣暴露 『シオン賢者の議定書』に書かれていたことは真実だった!★3 - 08月27日(日)16:39  newsplus

世界を裏で牛耳っているとされる秘密組織「イルミナティ」にかつて在籍していた元メンバーの顔出しインタビューが公開された。 組織の内部事情から組織を脱退するに至った衝撃的な事件まで赤裸々に語っている。 ■涙の告発「子どもが生贄に…」 動画:https://youtu.be/39YQbv6vEFA オランダの新興メディア「De Vrije Media」のインタビューに応じたのは、オランダ人のロナルド・ベルナルド氏(オランダの金融会社「de blije b」の創設者)。 もともと企業家として財を成したセレブだったが、成功への欲望はそれで満たされることな...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】元「イルミナティ」の構成員がインタビューで号泣暴露 『シオン賢者の議定書』に書かれていたことは真実だった! - 08月25日(金)23:09  newsplus

世界を裏で牛耳っているとされる秘密組織「イルミナティ」にかつて在籍していた元メンバーの顔出しインタビューが公開された。 組織の内部事情から組織を脱退するに至った衝撃的な事件まで赤裸々に語っている。 ■涙の告発「子どもが生贄に…」 動画:https://youtu.be/39YQbv6vEFA オランダの新興メディア「De Vrije Media」のインタビューに応じたのは、オランダ人のロナルド・ベルナルド氏(オランダの金融会社「de blije b」の創設者)。 もともと企業家として財を成したセレブだったが、成功への欲望はそれで満たされることな...
»続きを読む
カテゴリー:

「バビロン」の画像

もっと見る

「バビロン」の動画

Wikipedia

バビロンメソポタミア地方の古代都市。市域はバグダードの南方約90kmの地点にユーフラテス川をまたいで広がる。

呼称

語義は「神の門」(アッカド語: {{翻字併記|akk|{{cuneiform|[[:wikt:

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる