「バニラエア」とは?

関連ニュース

県、運賃低減策を保留 那覇―石垣7月以降 LCC参入で競争 - 05月20日(日)11:24 

 離島住民の航空運賃などを低減する沖縄県の「離島住民等交通コスト負担軽減事業」について、那覇―石垣路線での適用が7月1日以降、保留されることが18日までに分かった。格安航空会社(LCC)のバニラエアが7月1日から同路線に就航して企業間競争が発生する。県は同事業により競争が阻害されることを避けたとみ...
カテゴリー:

エボラブルアジア、国内パッケージ商品「エアトリ国内ツアー」の販売開始 - 05月17日(木)18:10 

エボラブルアジアは、国内パッケージ商品「エアトリ国内ツアー」の販売を開始した。 国内線航空券と宿泊施設をセットとしたパッケージ商品で、エボラブルアジアが航空会社と宿泊施設からパッケージ用料金で直接仕入れを行い、募集型企画旅行として販売するもの。日本航空(JAL)、ジェットスター・ジャパン、バニラエア、エアアジア・ジャパンの4社の航空券を取り扱う。メタサーチや外部媒体での販売も行っていく。 エボラブルアジアは、2017年10月にJALの専売認可代理店、ジェットスター・ジャパンの認可代理店であるエヌズ・エンタープライズを子会社化し、エヌズ・エンタープライズのパッケージ商品をエアトリで販売するとしていた。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

バニラエア、国内・国際線4路線でセール 函館へ片道3,000円台など - 05月17日(木)17:58 

バニラエアは、5月18日午後3時から22日午後11時30分まで、国内線と国際線計4路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催する。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜函館線は3,380円から、東京/成田〜高雄線と福岡〜台北/桃園線は4,280円から、東京/成田〜台北/桃園線は4,480円から。空港使用料・諸税・支払手数料は別途必要、燃油サーチャージは不要。 搭乗期間は6月4日から9月30日までで、路線により異なっている。座席数には限りがあり、一部設定のない日・便がある。なくなり次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「夏休みはどこへ行く?」ラクチン赤ちゃん連れリゾートは「今から予約」の理由 - 05月15日(火)19:00 

©MIA Studio- stock.adobe.comGWにおでかけできなかったママパパ、どこかに行きたい欲求がムクムクわいていませんか? 旅行予約は、早ければ早いほどおトクなことがたくさん! 「旅行に行きたい」熱が冷めないうちに、夏休みの旅行計画を立ててみましょう。そこで、お話をうかがったのが、あの黄色いガイドブックでおなじみの『地球の歩き方編集部』で働くママ編集部員、福井さんと日隈さん。赤ちゃん連れで国内外リゾートを旅した実体験をもとに、まずは「予約」のコツやお役立ち情報、奥の手などを教えてもらいました。教えてくれた『地球の歩き方編集部』ママ編集部員は…福井由香里さん(39歳)/『arucoソウル』、『arucoシンガポール』、『arucoドイツ』など担当7歳の女の子のママ。海外渡航回数は30回以上で、子連れでは台湾、シンガポール、ハワイ、ベトナム、バリ島、ソウル、イタリアへ渡航経験あり。日隈理絵さん(35歳)/『MOOKホノルルの歩き方』、『MOOK台湾の歩き方』、『MOOKソウルの歩き方』など担当11歳の男の子、6歳の女の子のママ。海外渡航回数は40回以上で、子連れではハワイ、台湾、ソウル、シンガポール、バリ島、オーストラリア、モルディブ、UAE、香港、マカオ、インド、トルコ、アメリカ合衆国へ渡航経験あり。■赤ちゃん連れ夏のリゾート旅、成功のカギは○○!2018年のGWは...more
カテゴリー:

【JAL】日本航空、成田空港を拠点とする新LCCを設立へ 2020年就航を目指す - 05月14日(月)15:30  newsplus

JALが新LCC設立 20年就航目指す 2018年5月14日 14:15 日本航空が新たなLCC(=格安航空会社)を設立することを発表した。 日本航空は14日、2020年の夏ダイヤからの就航を目指して、 成田空港を拠点とするLCCの新会社を設立することを発表した。 日本航空・西尾忠男経営企画本部長「JALに乗りたいんだけどもいわゆる値段が高いと、 そういうニーズが我々としては潜在的に多いというふうに、中距離路線では思っておりましたので」 日本航空は、2011年に「ジェットスター・ジャパン」を共同で設立し...
»続きを読む
カテゴリー:

【イベントレポート】【関空旅博2018】バニラエア×奄美大島が共同出展。コラボ手ぬぐいプレゼント中 - 05月19日(土)15:19 

 バニラエアと鹿児島県奄美市(奄美大島)は、5月19日~20日に関西国際空港で開催されている「関空旅博2018」に共同でブースを出展している(ブース番号:N41)。
カテゴリー:

エボラブルアジア、国内パッケージ商品「エアトリ国内ツアー」の販売開始 - 05月17日(木)18:10 

エボラブルアジアは、国内パッケージ商品「エアトリ国内ツアー」の販売を開始した。 国内線航空券と宿泊施設をセットとしたパッケージ商品で、エボラブルアジアが航空会社と宿泊施設からパッケージ用料金で直接仕入れを行い、募集型企画旅行として販売するもの。日本航空(JAL)、ジェットスター・ジャパン、バニラエア、エアアジア・ジャパンの4社の航空券を取り扱う。メタサーチや外部媒体での販売も行っていく。 エボラブルアジアは、2017年10月にJALの専売認可代理店、ジェットスター・ジャパンの認可代理店であるエヌズ・エンタープライズを子会社化し、エヌズ・エンタープライズのパッケージ商品をエアトリで販売するとしていた。 ⇒詳細はこちら 投稿 エボラブルアジア、国内パッケージ商品「エアトリ国内ツアー」の販売開始 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

バニラエア、国内・国際線4路線でセール 函館へ片道3,000円台など - 05月17日(木)17:58 

バニラエアは、5月18日午後3時から22日午後11時30分まで、国内線と国際線計4路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催する。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜函館線は3,380円から、東京/成田〜高雄線と福岡〜台北/桃園線は4,280円から、東京/成田〜台北/桃園線は4,480円から。空港使用料・諸税・支払手数料は別途必要、燃油サーチャージは不要。 搭乗期間は6月4日から9月30日までで、路線により異なっている。座席数には限りがあり、一部設定のない日・便がある。なくなり次第終了となる。 ⇒詳細はこちら 投稿 バニラエア、国内・国際線4路線でセール 函館へ片道3,000円台など は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

日本航空:国際線LCC設立へ 20年めどに運航 - 05月14日(月)19:11 

 日本航空は14日、新たに国際線の格安航空会社(LCC)を設立すると発表した。2020年をめどにアジアや欧米など中長距離路線を運航する。LCCの中距離路線をめぐっては、ライバルのANAホールディングス(HD)も傘下のピーチ・アビエーションとバニラ・エアを19年度末をめどに統合して進出する方針で、両陣
カテゴリー:

JAL、LCC事業参入を正式発表 ボーイング787-8型機2機でスタート - 05月14日(月)11:34 

日本航空(JAL)は5月14日、東京・天王洲の本社で記者会見を行い、格安航空会社(LCC)事業に参入すると発表した。7月にも成田空港を拠点とする新会社を設立し、2020年夏ダイヤからの運航開始をめざす。 同社は2011年、カンタス航空、三菱商事との共同出資によりジェットスター・ジャパンを設立。2012年より運航を開始し、国内線と短距離国際線を展開している。新LCCは当初はボーイング787-8型機2機を導入し、中長距離線に特化することで住み分けを図る。 国内のLCCを巡っては3月22日、ANAホールディングスが傘下のピーチ・アビエーションとバニラエアの統合を発表。中長距離線へ進出する意向を示している。 投稿 JAL、LCC事業参入を正式発表 ボーイング787-8型機2機でスタート は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

もっと見る

「バニラエア」の画像

もっと見る

「バニラエア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる