「バニラエア」とは?

関連ニュース

バニラエア、国内・国際線3路線を対象にセール 札幌・函館へ片道2,480円からなど - 10月12日(木)19:56 

バニラエアは10月13日午後6時から、国内・国際線3路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催する。 設定路線と片道運賃は、東京/成田〜札幌/千歳・函館線は2,480円から、東京/成田〜香港線は5,980円から。空港使用料・諸税・支払手数料は別途必要、燃油サーチャージは不要。 搭乗期間は11月6日から2018年1月31日までで、路線により異なっている。座席数には限りがあり、一部設定のない日・便がある。販売期間は10月18日午後11時30分までで、なくなり次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

バニラエア、沖縄/那覇・奄美大島へ片道2000円台のセール きょう午後6時から - 10月06日(金)10:37 

バニラエアは10月6日午後6時から、国内・国際線4路線を対象に「わくわくバニラSALE!」を開催する。 設定路線と片道運賃は、大阪/関西〜奄美大島線と東京/成田〜沖縄/那覇線は2,480円から、東京/成田〜奄美大島線は2,980円から、沖縄/那覇〜台北/桃園線は3,580円から。空港使用料・諸税・支払手数料は別途必要、燃油サーチャージは不要。 搭乗期間は10月21日から2018年1月31日までで、路線により異なっている。座席数には限りがあり、一部設定のない日・便がある。販売期間は10月11日午後11時30分までで、なくなり次第終了となる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

タイガーエア・台湾、大阪/関西〜台北/桃園線を増便 12月16日より週18便 - 10月10日(火)19:24 

タイガーエア・台湾は、大阪/関西〜台北/桃園線を、12月16日より週18便に増便する。 現在は1日2便を運航しており、これに月・火・木・金曜の週4便を追加する。機材はエコノミークラス180席を配置した、エアバスA320型機を使用する。 大阪/関西〜台北/桃園線は、日本航空(JAL)、フィリピン航空、キャセイパシフィック航空、チャイナエアライン、エバー航空、ジェットスター・ジャパン、ジェットスター・アジア、バニラエア、ピーチの9社が多くの便を運航している。 ■ダイヤ IT8211 大阪/関西(20:20)〜台北/桃園(22:40)/月・火 IT8211 大阪/関西(15:25)〜台北/桃園(17:50)/木 IT8211 大阪/関西(16:00)〜台北/桃園(18:20)/金 IT8210 台北/桃園(16:05)〜大阪/関西(19:30)/月・火 IT8210 台北/桃園(10:55)〜大阪/関西(14:35)/木 IT8210 台北/桃園(11:30)〜大阪/関西(15:10)/金 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

海外旅行に行く時、飛行機はどうする? LCCを避ける人も - 10月06日(金)10:00 

(beer5020/iStock/Thinkstock)海外へも片道1万円程度で行けるなど、手頃な価格で国内外に飛べる、LCC。愛用している人は少なくないはず。しかし、「海外旅行の時はLCCを使わない」人も多い。■LCCと普通の航空会社の違いは?そもそも、LCCと普通の航空会社では、何が違うのか。(1)運賃LCCとは、Low-cost carrierの略。サービスを簡略化し、低価格に抑えた航空会社だ。そのため運賃はかなり安く抑えられている。さらにセールの時には「往復予約で片道10円」という、信じられない価格になるものも。(2)機内食LCCでは、機内食は有料。もちろんジュースやお茶の配布もなし。持ち込みも禁止されており、何か飲んだり食べたりしたい人は、事前に予約しておくか機内で購入しなくてはならない。(3)預け入れ荷物預け入れ荷物も別料金。そのため、どうしても追加料金を払いたくない! という人は、機内持ち込み手荷物の容量内に収める必要がある。お酒や調味料などのお土産が買えないので、ちょっと寂しく感じる人もいるだろう。(4)マイルJALやANAのマイルを貯めている人からすると、意外に大きいのが「LCCはマイルが貯まらない」こと。最近、バニラエアが国内で初めて「ポイント制度」を導入したが、基本的にはマイレージサービスはないところがほとんどだ。ほかにも、出発が遅れても保証がなかったり、別便...more
カテゴリー:

「バニラエア」の画像

もっと見る

「バニラエア」の動画

Wikipedia

  • 転送 バニラ・エア...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる