「バニラエア」とは?

関連ニュース

バニラエア、台北〜ホーチミン線を運休へ―16年9月就航 - 12月15日(金)03:21 

 日本の格安航空会社(LCC)バニラ・エア株式会社(Vanilla Air、千葉県成田市)は、2016年9月に就航したホーチミン市タンソンニャット国際空港と台北...
カテゴリー:

バニラエア、ホーチミン撤退 約1年6ヶ月で - 12月13日(水)17:07 

バニラエアは、台北/桃園〜ホーチミン線を、2018年3月24日をもって運休する。 2016年9月14日に、日本の航空会社として唯一となる以遠権を活用した路線として開設。東京/成田を夕方に出発し、ホーチミンに深夜に到着、折り返し便はホーチミンを深夜に出発し、東京/成田には昼頃に到着するスケジュールで1日1便を運航していた。 東京/成田〜ホーチミン線を利用する場合、台北/桃園での出入国手続き、搭乗手続き、通関手続き、受託手荷物の預け直しは不要で、到着後に機内持ち込み手荷物を全て持った上で降機し、保安検査を通過後に再搭乗する必要があった。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

バニラエア、2列目から5列目を「アップフロントシート」に 国内線600円、国際線1,000円 - 12月13日(水)15:50 

バニラエアは2018年3月25日搭乗分より、2列目から5列目までの座席を「アップフロントシート」に設定する。 現在は1列目と非常口座席の12列目、14列目の18席を「リラックスシート」、それ以外は「スタンダードシート」として販売している。 座席指定料金は運賃により異なっており、スタンダードシートは「コミコミバニラ」では無料、「シンプルバニラ」「わくわくバニラ」では路線により500円から1,400円に設定している。リラックスシートは運賃に関わらず路線により1,000円から2,400円に設定している。 新たに設定するアップフロントシートは、国内線は600円、国際線は1,000円に設定する。コミコミバニラでは従来通り無料で指定できる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

航空会社のバニラエアがBacklogを活用 -- 業務改善、働き方改革にも成果 - 12月12日(火)10:00 

[(株)ヌーラボ] [画像1: https://prtimes.jp/i/25423/13/resize/d25423-13-756867-0.jpg ] バニラエアの販売促進部は、国内外の営業活動やデジタルプロモーションなどを行っています。この度同事業部にて「 Backlog 」が導入さ...
カテゴリー:

バニラエア、ポムポムプリンカフェでイベント 4種類のコラボメニュー発売 - 12月03日(日)11:18 

バニラエアは12月3日、東京・原宿のポムポムプリンカフェで記者発表イベントを開催した。 バニラエアとサンリオは、人気キャラクター「ポムポムプリン」を起用した奄美群島のプロモーションを11月より開始しており、「ポムポムプリンが大冒険!!奄美群島でホームステイ」をメインテーマに、絶景や自然、食、文化などを紹介するウェブサイトを12月1日に公開したばかり。 12月3日からは、原宿、梅田、横浜、名古屋のポムポムプリンカフェで、コグマのバニラちゃんが「ポムポムプリン」の頭の上に載った「奄美 Oh!ポムポムプリン島トロピカルカレー」(1,390円)、ご飯でできた「ポムポムプリン」の周りに色鮮やかな具材が敷き詰められた「奄美名物!ポムポムプリンの鶏飯」(1,290円)、抹茶クリームがかかったパンケーキに南国フルーツを添えた「プリンくんのごきげん南の島パンケーキ」(1,390円)、奄美大島の黒糖を使った「黒糖ポムポムプリン」(600円)の4種類のコラボレーションメニューを特製ランチョンマットとともに2018年2月28日まで提供する。ランチョンマットは12月は出発シーンで、1月以降はデザインを変更していく。 鹿児島県奄美市の信島賢誌東京事務所所長は、「「ポムポムプリン」の起用で女性、家族連れが増えるのではないか、奄美の特産品の広がりにも期待している。奄美に一杯人に来ていただいてお...more
カテゴリー:

バニラエア、2018年夏期運航便の航空券を12月14日発売 - 12月14日(木)14:16 

 バニラエアは、2018年3月25日から始まる2018年夏期運航便の航空券の一部を12月14日に発売した。
カテゴリー:

バニラエア、ホーチミン撤退 約1年6ヶ月で - 12月13日(水)17:07 

バニラエアは、台北/桃園〜ホーチミン線を、2018年3月24日をもって運休する。 2016年9月14日に、日本の航空会社として唯一となる以遠権を活用した路線として開設し、1日1便を運航していた。 東京/成田〜ホーチミン線を利用する場合、台北/桃園での出入国手続き、搭乗手続き、通関手続き、受託手荷物の預け直しは不要で、到着後に機内持ち込み手荷物を全て持った上で降機し、保安検査を通過後に再搭乗する必要があった。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

バニラエア、2列目から5列目を「アップフロントシート」に 国内線600円、国際線1,000円 - 12月13日(水)15:50 

バニラエアは2018年3月25日搭乗分より、2列目から5列目までの座席を「アップフロントシート」に設定する。 現在は1列目と非常口座席の12列目、14列目の18席を「リラックスシート」、それ以外は「スタンダードシート」として販売している。 座席指定料金は運賃により異なっており、スタンダードシートは「コミコミバニラ」では無料、「シンプルバニラ」「わくわくバニラ」では路線により500円から1,400円に設定している。リラックスシートは運賃に関わらず路線により1,000円から2,400円に設定している。 新たに設定するアップフロントシートは、国内線は600円、国際線は1,000円に設定する。コミコミバニラでは従来通り無料で指定できる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

パイロット不足で欠航続出。「憧れの職業」に何が起きているのか - 12月07日(木)04:45 

かつては男の子の憧れの職業でもあった航空機の「パイロット」。しかし近年、LCCの台頭や便数の急激な増加で彼らの置かれている状況が激変しているようです。現在、パイロットの人手不足で欠航が相次ぐ航空会社が社会問題化しているそうですが、一体何が起きているのでしょうか。米国育ちで元ANA国際線CAという経歴を持つ健康社会学者の河合薫さんが、自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、パイロット不足の現状と今後行うべき対策について詳しく解説しています。 パイロットが足りない! パイロット不足による欠航が相次いでいます。 11月にはエアDOが、新千歳─羽田間と新千歳─仙台間で計34便(17往復)を運休。 これまでにもピーチ・アビエーション、バニラエアが「パイロットが足りない」「パイロットが病欠」等の理由で、運航を取りやめてきました。 欧州ではLCC最大手のライアンエアが11月から来年3月で、計1万8000便を運休するなど、世界中の航空会社、とりわけLCCでパイロットが確保できていません。 先日、アメリカン航空で「クリスマスシーズンに1万5000便が飛べない!」というニュースが入ってきましたが、こちらは「システムがサンタクロースになって、『みんな、休暇が欲しいかい? オーケー、全員にあげるよ』と言ってしまった」 ことが理由です。 「“人員余剰”と勘違いしたコンピューターが休...more
カテゴリー:

「バニラエア」の画像

もっと見る

「バニラエア」の動画

Wikipedia

  • 転送 バニラ・エア...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる