「バトル」とは?

関連ニュース

『プリティ・リトル・ライアーズ』スピンオフドラマ製作決定!出演者はあのキャラたち! - 09月26日(火)21:10 

大人気ミステリードラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』(以下『PLL』) 。アメリカでは最終シーズンが今年の夏に終了してしまったばかりだが、噂されていたスピンオフが現実のものとなったようだ。米Hollywood Reporterらが報じている。『The Perfectionists(原題)』というこのスピンオフでは、アリソン役のサーシャ・ピーターズとモナ役のジャネル・パリッシュが主演を務める。この新作は、『PLL』の原作者サラ・シェパードが2014年に執筆した同名小説を原作とし、同作のショーランナーであるI・マーレーン・キングが再びシェパードとタッグを組むこととなった。物語は、ビーコン・ハイツという名の町が舞台。そこの住人は、なんでも完璧主義で、大学もトップレベル。そんな完璧が求められる住人たちのストレスが、最初の殺人事件を引き起こす。町は秘密で溢れ、住人は嘘やアリバイをやむを得ず語ることになっていくが...。キングは、「またサラや、(製作会社の)アロイ・エンターテイメント、Freeform、ワーナーブラザーズとコラボレーションができて興奮しています。ビーコン・ハイツでのスリルと緊迫感のある新たな世界や、サーシャとジャネルをファンに紹介できるのが待ち遠しいです」とコメントを発表した。以前キングは、「確定というわけではないけど、スピンオフのアイデアが出ています。キャラクターのその後の...more
カテゴリー:

安倍首相出演のNEWS23で「モリカケ!」 キャスターのイヤホンから漏れ生放送はバトルに - 09月26日(火)19:31 

   「......モリカケ!」――生放送のマイクに、小さいながらも確かにそう聞こえる音声が乗った。星浩キャスターは少し慌てたように、外して肩に垂らしていたイヤホンを付け直す。安倍晋三首相は一向構わない様子で、持論を展開し続ける。
カテゴリー:

ガルドW新連載、「ナイツマ」黒銀のバトルもの&「最果てのパラディン」 - 09月26日(火)18:30 

小説「ナイツ&マジック」のイラスト担当として知られる黒銀の新連載「黒鐵のイド」が、オーバーラップによるWebサイト・コミックガルドで始まった。
カテゴリー:

[TGS 2017]8名の招待選手による白熱バトル,「ストリートファイターV 昇龍拳トーナメント」フォトレポート。優勝はユリアン使いのネモ選手の手に - 09月26日(火)16:35 

 2017年9月24日,カプコンの格闘ゲーム「ストリートファイターV」を競技タイトルとした招待制大会「ストリートファイターV 昇龍拳トーナメント」が,東京ゲームショウ2017のe-Sportsステージ「PlayStationpresentsBLUESTAGE」にて開催された。その模様をフォトレポートでお伝えする。
カテゴリー:

【TGS2017】石川界人や開発陣が『CODE VEIN』を実演プレイ! 白熱バトルや細かすぎるキャラメイクなどをたっぷりお披露目─今後の試遊予定も発表 - 09月26日(火)14:00 

「東京ゲームショウ2017」最終日のバンダイナムコエンターテインメントブースにて、『CODE VEIN(コードヴェイン)』のスペシャルステージが実施されました。その模様を、こちらでお届けします。
カテゴリー:

爆笑問題、新番組で30分間CMなしのマシンガントーク SMART USENで開始 - 09月26日(火)20:18 

 お笑いコンビの爆笑問題が、ラジオ型定額制音楽配信サービス「SMART USEN」で新番組『爆笑問題のUSEN-MAN』を28日からスタートさせる。CMも音楽も入れず、30分間怒とうのマシンガントークを繰り広げる。 【写真】スーツ姿で漫才を披露する爆笑問題  番組では今後の内容をあえて決めずに、2人の口から出た“やりたいこと”をどんどん反映させていく予定。様々なコーナーで事務所の後輩芸人たちとの絡みも聞きどころのひとつとなっており、高学歴芸人が母校の誇りをかけてプレゼン力を競い合う「タイタン インテリバトル」では、東京大学卒のXXCLUB大島育宙が活躍する。  同番組は、28日の正午より配信される。 【関連記事】 タイタン情報誌『号外』で爆笑問題特集 来年迎えるデビュー30周年への思いを語る (17年08月09日) 爆笑問題・太田光の止まらないラジオ愛 radikoの特性を生かし地方番組を次々と紹介 (17年08月01日) 『爆笑問題カーボーイ』20周年で初の公開生放送 太田光も大満足「年に1回はやりたい!」 (17年07月26日) 8月のタイタンライブに特別シークレットゲスト出演 太田光「絶対に見たほうがいい!」 (17年07月26日) 聴取率16年連続No.1・TBSラジオのネット戦略 「スマホでradiko」革命と書き起こしの是非 (17年07月22日)
カテゴリー:

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』主演のクリス・ヘムズワース、マーク・ラファロから日本のファンへ“仲睦まじい”メッセージ到着 - 09月26日(火)18:45 

11月3日より全米同時公開となる『アベンジャーズ』シリーズのマーベル・スタジオ映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』主演のクリス・ヘムズワースとマーク・ラファロから日本のファンに向けてのメッセージ映像が公式サイトにて公開された。 映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は雷神・ソー(クリス・ヘムズワース)と怪物・ハルク(マーク・ラファロ)が“新チーム”を結成。ソーの義理の弟・ロキ(トム・ヒドルストン)、女戦士ヴァルキリー(テッサ・トンプソン)も加入し、最強の敵・死の女神ヘラ(ケイト・ブランシェット)との極限バトルに挑むストーリーで、特報映像が公開されると、わずか24時間でマーベル作品歴代最高記録を叩き出し話題となった。 クリスは今回のソーとハルクの関係について「僕とハルクの関係は、一歩先に進められて、これまでにないほど細かく描くことができた。今まで、ソーとハルクは戦ったことがあるだけで、お互いに話したことさえなかったんだよ」と語った。 一方、マークは「『エイジ・オブ・ウルトロン』の撮影の時、クリスと僕はとてもよく気が合って、とても楽しかったんだ」と振り返り、『マイティ・ソー』の3作目をやりたいかどうかたずねられたクリスが「僕と一緒に仕事をしたいと、バナー/ハルクとソーが一緒になるのは素晴らしいだろうと言って、それが今作の始まりになったんだ。僕はとても興奮したよ」と出演のエピソー...more
カテゴリー:

『ディシディア ファイナルファンタジー NT』ノクティス王子や新バトルの情報を鯨岡Dのコメントつきでお届け!【先出し週刊ファミ通】 - 09月26日(火)18:00 

スクウェア・エニックスから2018年1月11日にプレイステーション4で発売予定の『ディシディア ファイナルファンタジー NT』。週刊ファミ通2017年10月12日号(2017年9月28日発売)では、新たに参戦を果たすノクティスや新バトルの情報を、鯨岡武生ディレクターのコメントとともに解説する。
カテゴリー:

SKE48大矢真那、卒業コンサート中に「足つった!」 新たな伝説を残す - 09月26日(火)15:53 

 9月24日、日本ガイシホールで「SKE48大矢真那卒業コンサートin日本ガイシホール ~みんなみんなありがとう!~」が行われた。大矢はSKE48の1期生として、加入。個性的な感性を持ち、ときにぶっ込む発言の切れ味の鋭さやインパクトで、数々の伝説を生んだメンバーだ。開演前の影アナでは、アナウンス後、しばらくして「名前を言い忘れました。大矢真那でーす」と追加するなど持ち前の天然っぷりを発揮。会場を笑いで暖めた。この後、この笑いがほんの序章でしかないことを痛感させられる楽しい卒業コンサートが繰り広げられることとなる。  1曲目の「恋を語る詩人になれなくて」が始まると、会場はSKE48カラーのオレンジ一色に。大矢の登場を暖かく彩る。この後「チョコの奴隷」「意外にマンゴー」「片想いFinally」とメンバーみんなで披露する楽曲が続く。「意外にマンゴー」では振りを間違え、メンバーから指摘されるなど、大矢らしいちょっとボケた姿が目についた。曲終わりのMCでは、大矢から寵愛を受ける江籠裕奈がコンサートでの髪型をどうしようかツイートした際に、ツイッター上で「コケティッシュツイン」(江籠が初選抜で参加した『コケティッシュ渋滞中』のときにしていたツインテール)を呪いのように連呼したツイートを大矢から返されたエピソードを披露し、会場がどよめく。  5曲目からはユニット曲での構成。大矢が劇場公演で担当...more
カテゴリー:

仙台圏ビブリオバトル(1)読むたび発見、気付き「ユタとふしぎな仲間たち」 - 09月26日(火)13:50 

読書の秋真っ盛り。書評合戦「ビブリオバトル」に倣い、仙台圏の方々にイチ推し本への愛を語ってもらった。 秋の夜長こそ本と向き合える良い機会だと思いますので、子どもから大人まで読むたびに新たな発見がある王
カテゴリー:

もっと見る

「バトル」の画像

もっと見る

「バトル」の動画

Wikipedia

バトル

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる