「バディ」とは?

関連ニュース

ルー・テーズ 鉄人は20世紀のプロレス史――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第1話> - 01月23日(火)08:31 

 ルー・テーズと“プロレス史”はほとんど同義語である。テーズの歩んだ道が20世紀のプロレス史であり、20世紀のプロレス史はテーズの歩んだ道とぴったりとかさなり合っている。  “鉄人”テーズは、大恐慌の1930年代から第二次世界大戦後の1950年代、モノクロ映像の1960年代からハイテクの1990年代まで7つのデケードを生きた。  日本においては昭和から平成まで、力道山からジャイント馬場、アントニオ猪木、UWF世代まで数多くのレスラーたちに大きな影響を与えた。  テーズは幼少のころから父マーティン・テーズにレスリングの英才教育を受けた。父マーティンはハンガリーからの移民で、母国ではアマチュア・レスリングのミドル級の選手として活躍したが、アメリカに移住後はミズーリ州セントルイスでクツ修理の職人として働いていた。  テーズが父親に連れられて初めてプロレスの試合を観にいったのは、テーズが8歳のとき。“狂乱の20年代Roaring Twenties”のスーパースターたち、エド“ストラングラー”ルイスEd“Strangler”Lewis、ジョー・ステッカーJoe Stecher、スタニスラウス・ズビスコStanislaus Zbyszkoの全盛期だった。  テーズ親子は、ルイスがステッカーを下し世界ヘビー級王座を獲得した試合をセントルイスのザ・コロシアムで生観戦したとされる(1928...more
カテゴリー:

「TIGER & BUNNY」新アニメシリーズプロジェクト始動 バディシリーズを新たに立ち上げ - 01月22日(月)19:30 

 「TIGER & BUNNY」新アニメシリーズプロジェクトの始動が決定した。同プロジェクトのもと、さまざまな企画が展開予定で、“バディシリーズ”を新たに立ち上げるほか、「TIGER & BUNNY」新シリーズの企画も進められている。  「TIGER & BUNNY」は、「『NEXT』と呼ばれる特殊能力者が、実在企業のスポンサーロゴを背負って街の平和を守る」という設定で、職業的ヒーローの活躍を描いたオリジナルアニメ。2011年放送のテレビシリーズが人気をよび、12年に「劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning」、14年に「劇場版 TIGER & BUNNY The Rising」が公開されている。ハリウッドで実写映画化の企画も進行中だ。  新アニメシリーズプロジェクトの続報は、アニメ公式サイト、公式ツイッターで発表予定。 【作品情報】 ・劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning 【関連記事】 ・「丸の内ピカデリー アニメーション 爆音映画祭」開催 「ビバップ」「キンプリ」など18作品を上映 ・第3回新千歳空港国際アニメーション映画祭、「この世界の片隅に」ほかプログラム続々決定 ・ハリウッド実写版「TIGER & BUNNY」脚本に新進気鋭の女性脚本家を起用 (C)BNP/T...more
カテゴリー:

小学生がプロゲーマーを目指す「パズドラ」18年4月放送 泊明日菜、柿原徹也が出演 - 01月21日(日)21:20 

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントが1月11日に開催した「パズドラプロジェクト2018」メディア発表会にて、新作テレビアニメ「パズドラ」が4月から放送されることが明らかとなった。公式YouTubeチャンネルで、PVが公開中だ(https://youtu.be/hL5nP9UTJVA)。  同作は、ガンホー・オンライン・エンターテイメントのスマホ向けゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」の世界観をモチーフにしたテレビアニメ。「パズル&ドラゴンズ」関連では、コンシューマー向けゲーム「パズドラクロス」を原作とした同名テレビアニメが、16年7月から放送中だ。  「パズドラクロス」の亀垣一が監督、studioぴえろがアニメーション制作を引き続き手がけ、シリーズ構成は、「フューチャーカード バディファイトX」の藤田伸三が担当。プロゲーマーを目指す小学生・明石タイガを「戦姫絶唱シンフォギアAXZ」でステファン役を演じた泊明日菜、相棒のドラゴンを柿原徹也が演じる。  「パズドラ」は、18年4月からテレビ東京系6局ネットで放送予定。 【関連記事】 ・有栖院御園の過去に迫る劇場版「SERVAMP-サーヴァンプ-」2018年春に公開決定 ・柿原徹也の初冠番組「柿原徹也のひざくりげ」18年3月スタート ・「劇場版ときめきレストラン」18年2月10日公開決定 ポスター&特報映像も完成 ・恋愛ゲー...more
カテゴリー:

5年同棲した恋人は実在しない人物だった… 長澤まさみ×高橋一生『嘘を愛する女』インタビュー - 01月19日(金)16:58 

「ゆうちょ銀行」など数々の人気CMを手がけた中江和仁が20年の構想を経て脚本と監督を務めた『嘘を愛する女』は、恋人の大きな嘘に翻弄されるキャリアウーマンの葛藤と真実の愛を描いたラブストーリー。 本作で、恋人役を演じるのが『世界の中心で、愛をさけぶ』以来、映像作品では14年ぶりの共演となった長澤まさみと高橋一生。ともに日本の映画界に欠かせない存在となった2人が撮影現場での思い出から、作品を通じて感じたこと、そして久しぶりの共演についてたっぷりと語ってくれた。 【さらに写真を見る】長澤まさみ&高橋一生インタビュー撮りおろしカット ■由加利の愛は、初めは打算的?長澤まさみが分析 ーー長澤さんが演じた由加利は、かなり気の強い女性でしたね。演じていて難しかった点はありますか? 長澤:監督からは、とにかく嫌な女を演じてくれという注文があったので、それを常に意識するっていうのが難しかったです。嫌な女っていうのは、一体どういうものなのかなっていう。(由加利は)自分本位な人なので、仕事に対しても何に対しても前のめりで、自分を曲げないというところが強さでもあるんですけれど、そういうところが嫌な印象になってくるのかなと…。 ーーご自身に似ているところはありましたか? 長澤:いや、私はあんなに(はっきり自己主張を)言えないです...more
カテゴリー:

【芸能】「奇跡の美女」美沙希が初DVD 「素顔の私が出せたと思います 東京夢の島マリーナ・グランプリ受賞[18/01/18] - 01月18日(木)17:14  mnewsplus

「奇跡の美女」美沙希が初DVD 「素顔の私が出せたと思います 2018年1月18日15時10分 スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180118-OHT1T50129.html 「奇跡の美女」こと美沙希 「2017年ミス東京夢の島マリーナ・グランプリ」を受賞したタレントの美沙希(22)が2月22日に初DVD「はじめまして」を発売する。 撮影はタイ・プーケットで行われ、身長171センチ、B82・W58・H82センチのモデル顔負けのナイスバディを惜しげもなく披露。セクシーな水着姿やアダルトなドレス、バニー姿に...
»続きを読む
カテゴリー:

長澤まさみバリ好いとうよ!はにかみながら博多弁を披露 - 01月22日(月)20:00 

1月20日(土)に公開の「嘘を愛する女」で主演を演じた長澤まさみが福岡の舞台挨拶に登壇。 【写真を見る】はにかみながら博多弁を披露する長澤まさみ 登場すると「みなさん、ご紹介にあずかりました吉田鋼太郎です。・・・嘘です。長澤まさみです(笑)」と開口一番で、一気に会場をなごませてくれた。「実は、出てくる前に裏でずっと考えてました」とネタばらしも。 福岡の印象を聞かれると「ごはんがおいしいところ。あと芸能界でかわいがっていただいている先輩方が、福岡出身の方が多くて。リリー・フランキーさん、妻夫木聡さんとか。だから勝手に縁を感じてます」。また、会場から「博多弁をしゃべって欲しい」というリクエストに「恥ずかしいですね(笑)」と言いつつも「バリ好いというよっ!」とはにかみながら博多弁を披露。 映画の役どころについては「実は、大嘘つきの役だと思っている方も多いんですけど、違うんです。嘘に翻弄される女性の役です」と語り、役作りについては「監督からは、イヤな女を演じて欲しいと言われました。私が演じる川原由加利という女性は、ウーマン・オブ・ザ・イヤーを獲るようなキャリアウーマンなので、ひとつの事に突き進むがゆえに、周りが見えなくなって周囲の人に、おもしろくないなという気持ちを与えてしまう、だからイヤだね、と言われるような女性かなと思って演じていました」という。 また、共演者の高橋一生について聞かれる...more
カテゴリー:

「TIGER & BUNNY」新アニメシリーズプロジェクト始動 “バディシリーズ”を新たに立ち上げ - 01月22日(月)19:30 

「TIGER & BUNNY」新アニメシリーズプロジェクトの始動が決定した。同プロジェクトのもと、さまざまな企画が展開予定で、“バディシリーズ”を新たに立ち上げるほか、「TIGER & BUNN...
カテゴリー:

ディザスター・アクション大作『ジオストーム』、NASA(ほぼ)公認の忠実なセットとは? - 01月19日(金)18:00 

天候を操る気象コントロール衛星の暴走が地球に引き起こす超異常気象を描いた『ジオストーム』が、1月19日(金)に公開となる。この度、本作に登場する気象コントロール衛星や地上管制室のセットが、NASA(アメリカ航空宇宙局)職員の折り紙付きのディティールであることが明らかとなった。【関連記事】ディザスター超大作『ジオストーム』、 実はバディ・ムービーだった!? 気象コントロール衛星"ダッチボーイ"の内部構造は、本物の国際宇宙ステーション(ISS)を元に設計。監督のディーン・デヴリンは「NASAの人たちがアートワークとセットのデザインを確認しに来たんだけど、あのときは心臓がのどから飛び出しそうだったよ! 美術監督の仕事を絶対的に信頼していたけど、彼らから承認を得ることは私にとって重要だったんだ。そしてセットが忠実だとNASAの職員から告げられた時は心からホッとしたよ(笑)」と、映画のセットでありながら、NASAが認めたクオリティであることを明かした。 このセットを組んだのは、美術監督のカーク・M・ペトルッチェリ。彼は『ゴーストライダー』や『ファンタスティック・フォー:銀河の危機 』など数々の大ヒット作の美術を担当してきた。これまでデヴリン監督と何度も仕事をしてきたカークは、見た目も雰囲気も本物として説得力のある気象コントロール衛星をぜひとも作りたかったという。「映画の気象コントロール衛星...more
カテゴリー:

【新製品】京都機械工具 ツールバッグ シリーズ6タイプをセール価格で販売 - 01月19日(金)05:00 

作業工具メーカーの京都機械工具は、現在「2018SKセール」を開催中。同社ツールセットをお手頃価格で販売する。今回のセールは、ツールバッグの「アクティブバディシ…
カテゴリー:

独身・名取裕子、パートナー願望を告白「女性でもいい」 - 01月18日(木)13:21 

2014年の放送で人気を博した『マルホの女~保険犯罪調査員~』でタッグを組んだ名取裕子、麻生祐未が舞台を警察に移して帰ってくる『特命刑事 カクホの女』(テレビ東京系にて1月19日スタート、毎週金曜20:00~)の記者会見が18日、都内で行われ、名取と麻生が出席。4年ぶりのバディ復活ということで、互いの印象などを明かしあった。警視庁でずっと内勤だった人事畑のエリート警官・北条百合子(名取)と、現場でずっと事件と戦ってきた叩き上げの刑事・三浦亜矢(麻生)という価値観も得意分野も真逆の凸凹コンビの活躍を描いた本ドラマ。名取は「まさかこの歳になって刑事の役をやると思っていなかったです。さすがテレビ東京。定年間際という設定をくださいました。できるかなと思っていたらとても面白い作品になりました」と感慨深げ。4年ぶりにバディを組む麻生については「4年経っても全然変わらない。相変わらず細いし綺麗だし」と絶賛し、「現場ではいつも省エネモードなのに演技になると“えっ、ここまでやるの?”と思うくらいの演技をしてくる。女優としてはドキドキするくらいの存在。いい刺激を受けています」と嬉しそうに語った。麻生も「名取さんも変わっていないです。むしろパワフルになったくらい。今回もありがたく一緒に幸せにやらせてもらっています。しゃきっとしてお姉さんだしリーダーシップを持っていて何もかも引っぱってくれる。現場に入って...more
カテゴリー:

もっと見る

「バディ」の画像

もっと見る

「バディ」の動画

Wikipedia

バディバディー

;buddy

  • 男性同士の友人・仲間・相棒のこと ⇒ 友情
  • 主人公が二人一組で活躍する映画ジャンル、バディ映画、バディもの、バディフィルム、バディムービー ⇒ 、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる