「バットマン」とは?

関連ニュース

新たな正史小説でオビワンの死後が判明?『スター・ウォーズ』40周年記念本 - 09月24日(日)19:30 

Image: Lucasfilm via io9 『スター・ウォーズ』40周年を記念する今年、40の話がちりばめられた公式本『Star Wars: From a Certain Point of View』が2017年10月3日に発売されます。タイトルにもなっている「From a certain point of view」(あるひとつの視点から)は、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の中でルークがオビ=ワンに父親のことでなぜ嘘をついていたのか問い詰めるシーンで、オビ=ワンが言う台詞。「見方によれば、私の言ったことは真実」という、オビ=ワンの言い訳なのですが、後に公式本の中に登場する「ホイルス銀河史」にもこの「From a certain point of view」という記述があるという設定が出てきています(このあたり詳しくは「スター・ウォーズの正史小説で明らかになった『エピソード6』と『エピソード7』の間に起きた出来事」でお読みください)。さて40ものストーリーが詰まったこの『Star Wars: From a Certain Point of View』ですが、一体どんな話が詰め込まれているのか、それぞれの作家がツイッターでちょい見せしていますのでみてみましょう。FROM A CER...more
カテゴリー:

GLIM SPANKY、KenKen、映画タイアップ曲を収録したアナログ盤をリリース - 09月21日(木)22:00 

映画『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』の主題歌、挿入曲を収録したアナログ盤のリリースが決定! G​L​IM SPANKYによる主題歌「ビート二クス」と、KenKen(LIFE IS GROOVE、RIZE、Dragon Ash)による挿入曲「Killing Me Softly」を収録した強烈なスプリット・7インチで、初出となるDCスーパーヒーローズとのコラボデザインのジャケットもノベルティ感たっぷりの完全限定盤となっている。 「ビート二クス」は9月13日にリリースしたGLIM SPANKYのアルバム『B​IZA​​RRE C​ARN​IVAL』にも収録しており、彼らの真骨頂とも言うべきブルージー&ハードなサウンドで疾走する爆音ロック・チューン。KenKenによる書き下ろし曲「Killing Me Softly」は90年代後半のビックビート~UKブレイクスを彷彿させるダンサブルかつロッキンなインスト・ナンバーに仕上がっているとのこと。スタイルこそ違う2曲がロック・マインドで共鳴し、せめぎ合った最高のスプリット企画となっているので、ぜひ注目してほしい。同作は、現在JET SET Online Shopにて予約受付中! また、スーパーマンやバットマンをはじめとするDCスーパーヒーローズと2006年からスタートした人気アニメ・シリーズ『秘密結社鷹の爪』がコラボレーションした映画...more
カテゴリー:

山田孝之、バットマン役声優に手応え せりふ再現は頑なに拒否「風邪を引いていて…」 - 09月21日(木)17:51 

 映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』完成報告会見が21日、東京都内で行われ、山田孝之、知英、GLIM SPANKY、KenKen、オカダ・カズチカ、FROGMAN監督、DOTAMA、着ぐるみのバト田・スパ田が出席した。  「秘密結社 鷹の爪」は、CGクリエイターのFROGMANが監督・作画・女性キャラ以外のすべての声優と、ほとんど一人で制作を行っているフラッシュアニメーションシリーズ。本作ではDCを代表するスーパーヒーロー、ジャスティス・リーグとコラボレーションした。  FROGMAN監督は「修正したい点がいくつかあってこれからプロデューサーと交渉しますが、一応完成はしています」と進行状況を説明。本作のテーマは“予算”となっており、バットマン役の山田が「アフレコは1畳くらいの部屋で監督と2人で紙を持って、文字を読んでやっていく感じ」、ハーレイ・クイン役の知英も完成作を「途中でCMが出たり、コラボレーションだったり、さり気なく出ていて面白かったです」と明かした。  山田はバットマン役のオファーを受け「普通にうれしかった。鷹の爪に参加できることもうれしかった」といい、役作りは「とにかく声を落としてガサガサさせるってだけです。バットマンは基本的にずっと同じテンション。ちょっと遊べる箇所があって、そこはやっていて面白かったです」と振り返った。  気に入っているせりふについて「某大統...more
カテゴリー:

山田孝之や知英がDOTAMAのラップを堪能。映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』完成報告会見 - 09月21日(木)15:58 

 スーパーマンやバットマンが『鷹の爪』の吉田くんや総統たちと共演!! 10月21日に全国で公開される映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』の完成報告会見が、9月21日、東京・池袋のアヴェニールクラス東京で開催された。 [...]
カテゴリー:

山田孝之、バットマン変身の秘訣は「声を落としてガサガサにさせるだけ」 - 09月21日(木)15:32 

 DCエンタテイメントのキャラクターと、日本の低予算Flashアニメ「秘密結社 鷹の爪」がコラボレーションしたアニメ映画「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団」の完成報告会見が9月21日、池袋のアヴェニールクラス東京で行われ、声優として参加した山田孝之、知英、プロレスラーのオカダ・カズチカ、ラッパーのDOTAMA、主題歌を担当したロックユニット「GLIM SPANKY」、挿入曲を手がけたKenKen、監督のFROGMANが出席。DOTAMAがラップで作品をアピールしたり、劇中に登場する「週刊文春」の記者・文春くんが「うしろめたいことはありますか?」と突撃取材を敢行するという“鷹の爪”らしいカオスな展開を交えながら、山田らは作品の出来に自信をにじませていた。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  「鷹の爪」は監督・脚本・原案をFROGMANが手がけ、人に優しい世界征服を目指す「鷹の爪団」のゆるい活躍を描く人気シリーズ。今作では、ジョーカーやハーレイ・クインらが、鷹の爪団の秘密兵器を奪い、映画製作の資金を稼ごうと計画。鷹の爪団は、ジョーカーたちを追って来たスーパーマンやワンダーウーマンたちと共闘することになるが、事態は思わぬ展開を見せる。足掛け約3年もかかったプロジェクトに臨んだFROGMANは「世界的なコンテンツには、日本のすごい人々をぶち当てるしかないと思った。僕の...more
カテゴリー:

米HBO「ウォッチメン」パイロット版を発注 - 09月24日(日)11:00 

 グラフィックノベルの最高傑作と呼び声の高い「ウォッチメン」が、米有料チャンネルHBOによりテレビドラマ化されることになりそうだ。米バラエティが報じている。  アラン・ムーア原作、デイブ・ギボンズ作画の「ウォッチメン」は、スーパーヒーローが存在するもうひとつのアメリカ現代史を舞台に展開する歴史改編SFで、1986年から87年にかけてDCコミックスから出版。SF文学の最高賞であるヒューゴー賞をコミックとして初めて受賞し、TIME誌が選ぶ長編小説ベスト100にも選ばれている。  2009年にはザック・スナイダー監督(「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」)によって映画化され、封切られている。14年から同作のテレビドラマ化を画策しているHBOは、同局の「LEFTOVERS/残された世界」の企画・制作総指揮を務めたデイモン・リンデロフにパイロット版の制作を発注。仕上がり次第では、シリーズ化されることになる。  リンデロフは、J・J・エイブラムスとともに「LOST」の企画・制作総指揮を務めたほか、「プロメテウス」「トゥモローランド」などの映画脚本を執筆。「LEFTOVERS/残された世界」は今年ファイナルシーズンが放送された。今回の発表に先立ち、リンデロフは自身のインスタグラムで、脚本家が打ち合わせを行うライターズルームの写真を掲載。机上には「ウォッチメン」に登場する銅...more
カテゴリー:

ジャッキー・チェンが大興奮!新しい冒険で味わったワクワク感を語る特別映像が到着! - 09月21日(木)19:38 

今年の春に公開され、全世界で興行収入3億ドルを超えるヒットを記録した『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』につづく「レゴ(R)ムービー」シリーズの最新作『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』(9月30日公開)。本作から、世界的アクションスター、ジャッキー・チェンがアクションシーンコーディネートを行ったことを明かす特別映像が到着した。 【写真を見る】ジャッキーのアクション指導の成果⁉︎迫力のアクションを見逃すな!/[c]2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. A LL RIGHTS RESERVED 2011年からアメリカのアニメ専門チャンネル「カートゥーンネットワーク」で放送され、日本でも翌年から放送されたテレビアニメ「レゴ(R)ニンジャゴー」の劇場版にあたる本作。平和なニンジャゴーの世界を破壊するために現れた悪の帝王・ブラックガーマドンに対抗すべく立ち上がった、伝説のニンジャでもある主人公・ロイドたち6人の若きニンジャ。彼らが師匠であるウー先生から教えられた“エレメント・パワー”と呼ばれる特殊な力で、世界を守るために立ち向かうアドベンチャーだ。 このたび到着した特別映像でジャッキーは、ニンジャたちの師匠・ウー先生の声優のオファーとともにアクションコーディネートの依頼が舞い込んだことを明らかにした。「武術のようなスタントができると思った」と今回の...more
カテゴリー:

山田孝之、念願のバットマン声担当「うれしかった」 - 09月21日(木)16:06 

 山田孝之(33)が21日、都内で開かれたアニメ映画「DCスーパーヒーローズVS鷹の爪団」(FROGMAN監督、10月21日公開)の完成報告会見に出席した。  米漫画界の代表格、DCエンターテインメントが擁するバットマン、スーパーマン、…
カテゴリー:

山田孝之や知英がDOTAMAのラップを堪能。映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』完成報告会見 - 09月21日(木)15:58 

 スーパーマンやバットマンが『鷹の爪』の吉田くんや総統たちと共演!! 10月21日に全国で公開される映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』の完成報告会見が、9月21日、東京・池袋のアヴェニールクラス東京で開催された。  昨年に『鷹の爪』がDCとコラボすることを聞きつけて以来、この一大プロジェクトを追ってきた日刊SPA!は、この会見に先立ち9月15日に行われた初号試写にも参加。主演の山田孝之氏をはじめ出演者、関係者で賑わっていた。映画の初号試写としてはごく当たり前の光景だが、実は2007年に公開された劇場版1作目『秘密結社 鷹の爪 the Movie 総統は二度死ぬ』の初号試写では同会場に20人程度しかいなかったことを考えると、大変感慨深い光景だった。  それから10年、『鷹の爪』を含めFROGMANが制作してきた映画は今作で11本目。テレビのアニメシリーズも何本もこなしてきたアニメ映画監督としては驚異的なハイペースだが、フラッシュアニメという特製を活かした映画制作システムのたまものと言えよう。  だが、普通の映画では考えられないような短期間で映画を制作してきたFROGMANにとって、『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』は完成までの道のりが険しい作品になった。その製作期間はDLEのプロジェクトでは最長となる2年3か月を記録。スーパーマンやバットマンなどの看板キャラクターを...more
カテゴリー:

山田孝之、バットマン変身の秘訣は「声を落としてガサガサにさせるだけ」 - 09月21日(木)15:32 

DCエンタテイメントのキャラクターと、日本の低予算Flashアニメ「秘密結社 鷹の爪」がコラボレーションしたアニメ映画「DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団」の完成報告会見が9月21日、池袋の...
カテゴリー:

もっと見る

「バットマン」の画像

もっと見る

「バットマン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる