「バットマン」とは?

関連ニュース

【映画】アベンジャーズとはどう違う?「ジャスティス・リーグ」は、痛快な現代の神話! - 11月17日(金)13:52  mnewsplus

映画『ジャスティス・リーグ』(11月23日公開)はバットマンやワンダーウーマンといったアメコミヒーローたちが結集し、チームを組んで戦うスーパーエンタテインメントです。 「あれ? それって、“アベンジャーズ”とどう違うの?」と思う方もいるかもしれませんが、アベンジャーズは、マーベルというアイアンマンやスパイダーマンを所有するアメコミブランドのチームで、このジャスティス・リーグはDCというスーパーマンたちが所属するアメコミのグループです。 大雑把に言うと、ヒーローというタレントを抱える芸能事務所が2つあっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【連載/ウワサの映画 Vol.9】スーパーヒーロー大集合の元祖。待望のDCユニバース! - 11月17日(金)07:00 

アメコミ界の2大巨頭にして永遠のライバル、DCコミックスとマーベル・コミック。マーベルの「アベンジャーズ」に続き、老舗中の老舗であるDCがようやく腰を上げ、自社のスーパーヒーローたちをスクリーンに集結させました!ずいぶんと待たされましたが、待った甲斐があった…、満を持してのDCEU(DCエクステンデット・ユニバース)の幕開けです。 「フラッシュ役のエズラ・ミラーがイチオシ!」その➀。チームのムードメーカーとなるフラッシュ。エネルギー過剰でテンション高すぎの学生です。ミラーの素朴な存在感に癒されます/©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC 映画ではマーベルに先を越されましたが、コミックにおいては、1960年に発表された「ジャスティス・リーグ」こそが”ヒーロー集結もの”の元祖です。「ヒーローが集うとウケるじゃ~ん」とマーベルがパクった感は否めず、やっぱりDCに肩入れしちゃいます。5年前の「アベンジャーズ」公開時に書いた「ジャスティス・リーグと競演する日を待ってます」という個人的念願も募るばかりで、2社のキャラ(この際、誰でもいい!)を同一スクリーンで観ずには死ねない…。コミック上では何度かクロスしてるわけだし、映画も、そろそろ…?...more
カテゴリー:

今度のバットマンはスカウトマン兼リーダー!「ジャスティス・リーグ」特別映像公開 - 11月16日(木)12:00 

 DCコミックの人気キャラクターたちが最強チームを結成する「ジャスティス・リーグ」の特別映像が、公開された。バットマン役のベン・アフレックが、役どころを解説している。 ・「ジャスティス・リーグ」特別映像:バットマンはこちら!  バットマンが、ワンダーウーマン(ガル・ギャドット)、フラッシュ(エズラ・ミラー)、アクアマン(ジェイソン・モモア)、サイボーグ(レイ・フィッシャー)といった超人たちをスカウトしてヒーローチーム「ジャスティス・リーグ」を結成し、地球侵略をたくらむ強大な敵ステッペンウルフに立ち向かうさまを描く。  「バットマンを再びスクリーンでお見せできて、とてもうれしい」と語るアフレックは、「『ジャスティス・リーグ』では、バットマンの変化に注目だ。彼は一匹狼のヒーローからチームのリーダーになる。チームが世界を救おうとする冒険を楽しんでほしい」と呼びかけている。劇中のバットマンのアクションシーンも盛り込まれており、ステッペンウルフの部下パラデーモンと激しい肉弾戦を繰り広げ、バットモービルを自在に操る勇ましい姿が確認できる。  さらに、本作ではヒーローチームを結成するべく自ら行動を起こしてアクアマンを猛説得し、フラッシュをスカウトする姿も描かれる。映像では、リーダーとしてのあり方に苦悩しながらもチームを統率し、アクアマンに武器を渡すシーンなども映しだされている。  「ジ...more
カテゴリー:

ヒーローたちがカム・トゥゲザー! 『ジャスティス・リーグ』LAプレミアが開催 - 11月15日(水)21:30 

11月13日(現地時間)、DCコミックスのスーパーヒーロー大集結映画『ジャスティス・リーグ』のLAワールドプレミアが開催されました。 会場となるロサンゼルスのザ・ドルビーシアターの前には長いレッドカーペットが敷かれ、原寸大の最新型バットモービルもお披露目。 本作の主題歌でビートルズのカバー曲『カム・トゥゲザー』が鳴り響く中、「クール以外に言葉が出ないよ!」と語るエズラ・ミラー(フラッシュ)に、「今日のドレスは“真実の縄”のモチーフよ(笑)」と金色のドレスで登場したガル・ガドット(ワンダーウーマン)。 ベン・アフレック(バットマン)は「バットマンは歴史的に色々な俳優によって長年に渡って作り上げられてきたキャラクターだからね、ファンの方々の興奮を感じられてうれしいよ!」とDCコミックスのアイコンを演じた喜びを表現。 さらにジェイソン・モモア(アクアマン)が、「共演キャストたちがふざけている中で真剣な顔をし続けるのはチャレンジだったね。レイは常に真面目だったよ。レイを笑わせるのが一番難しかった」と撮影の様子を明かすと、レイ・フィッシャー(サイボーグ)は、「ここまで来るのは長い道のりだったけど、子ども時代の夢が叶ったよ」と大興奮。 彼らジャスティス・リーグのメンバーに加え、ダイアン・レイン(マーサ・ケント)、コニー・ニールセン(ヒッポリタ)、J・K・シモンズ(ジェームズ・ゴード...more
カテゴリー:

「ジャスティス・リーグ」ワールドプレミアにヒーロー俳優結集! - 11月15日(水)20:30 

 DCコミックの人気キャラクターたちが最強チームを結成する「ジャスティス・リーグ」のワールドプレミアが、11月13日(現地時間)に米ロサンゼルスのドルビーシアターで行われ、バットマン役のベン・アフレック、ワンダーウーマン役のガル・ギャドット、スーパーマン役のヘンリー・カビルを筆頭に、出演陣が顔をそろえた。  バットマンが、ワンダーウーマン、フラッシュ(エズラ・ミラー)、アクアマン(ジェイソン・モモア)、サイボーグ(レイ・フィッシャー)といった超人たちをスカウトしてヒーローチーム「ジャスティス・リーグ」を結成し、地球侵略をたくらむ強大な敵に立ち向かうさまを描く。  この日登場したのは、アフレック、ギャドット、カビル、ミラー、モモア、フィッシャーのジャスティス・リーグメンバーに加えて、ダイアン・レイン(マーサ・ケント役)、コニー・ニールセン(ヒッポリタ女王役)、J・K・シモンズ(ゴードン本部長役)、アンバー・ハード(メラ役)。さらに会場には原寸大のバットモービルも展示され、世界中からファンが集まった会場は大いににぎわった。  ファンを前にしたアフレックは、「バットマンは色々な俳優によって長年に渡って作り上げられてきているキャラクターだから、ファンの方々の興奮を感じられてうれしいよ」と笑顔。ヒーロー未経験ながら、大活躍を見せるフラッシュ役のミラーは「“クール”以外に言葉が出ないよ!...more
カテゴリー:

噂:ベン・アフレックがDCから卒業する場合、新バットマンはジェイク・ギレンホール? - 11月17日(金)13:32 

我々は常にバットマンを必要としている もしアフレックが退場する場合、ギレンホールがダークナイトになるかも?
カテゴリー:

『ワンダーウーマン』ガル・ギャドット出演ボイコットは誤報!第2作公開が早まる - 11月16日(木)19:36 

世界で興行成績900億円を突破したヒット作『ワンダーウーマン』(17)の主演女優、ガル・ギャドットが彼女の提示する条件に応じなければ第二作目への出演を拒むと言っているという噂をPAGE SIXが報じ、先週末米国のメディアを騒がせた。 【写真を見る】豪華キャストが勢ぞろい!『ジャスティス・リーグ』プレミアの模様/写真:SPLASH/アフロ PAGE SIXが報じた彼女の条件とは、現在女優のオリビア・マンやナターシャ・ヘンストリッジなどにセクハラの告発を受けている、映画監督でプロデューサーのブレット・ラトナーと同作の関わりを断つ、というもの。 『ワンダーウーマン』は、確かにブレット・ラトナーの製作会社であるラットパック・デューンが一部出資している。強い女性を描く『ワンダーウーマン』の主演女優が、そのような主張をするのは納得がいくと、当初このニュースは米国のテレビなどでも取り上げられていたが、この事に関してワーナー ブラザースは否定しており、ガルのパブリシストもノーコメント。結局この噂は事実である可能性が低い事が明らかになった。 Deadline.comによると、ガルはすでに『ワンダーウーマン』の第2作の出演が決定しており、今週末も監督のパティ・ジェンキンスと共に仲良く映画芸術科学アカデミーのイベントに参加したそうだ。 そもそもブレット・ラトナーは『ワンダーウーマン』でプロデューサーとい...more
カテゴリー:

今度のバットマンはスカウトマン兼リーダー!「ジャスティス・リーグ」特別映像公開 - 11月16日(木)12:00 

DCコミックの人気キャラクターたちが最強チームを結成する「ジャスティス・リーグ」の特別映像が、公開された。バットマン役のベン・アフレックが、役どころを解説している。バットマンが、ワンダーウーマン...
カテゴリー:

「ジャスティス・リーグ」ワールドプレミアにヒーロー俳優結集! - 11月15日(水)20:30 

DCコミックの人気キャラクターたちが最強チームを結成する「ジャスティス・リーグ」のワールドプレミアが、11月13日(現地時間)に米ロサンゼルスのドルビーシアターで行われ、バットマン役のベン・アフ...
カテゴリー:

「ワンダーウーマン」続編、6週間繰り上げで2019年11月全米公開 - 11月15日(水)16:00 

 大ヒットアクション「ワンダーウーマン」の続編が、当初予定されていた2019年12月13日から6週間繰り上げ、同年11月1日に全米公開されることになった。  米ワーナー・ブラザースが11月13日(現地時間)に発表したもの。ワンダーウーマン役のガル・ギャドットと、前作を成功に導いた立役者パティ・ジェンキンス監督が続投する。現時点では、19年11月1日の全米公開予定作は同作だけだが、翌週8日には「007」最新作「ボンド25(仮題)」が控えている。  公開前倒しが発表される数日前に、セクハラ騒動の渦中にいるブレット・ラトナーの製作会社ラットパック・エンタテインメントが出資するのであれば、ギャドットが続編への出演を見送るとの報道があったが、米バラエティによればワーナーはこれを否定。ラットパックとの共同出資契約は18年3月で満了するため、「ワンダーウーマン2」に同社は関与しないようだ。  ギャドット演じるワンダーウーマンをはじめ、バットマンやフラッシュといったDCの人気ヒーローが大集結する「ジャスティス・リーグ」は11月23日全国公開。 【作品情報】 ・ワンダーウーマン 【関連記事】 ・「ジャスティス・リーグ」メンバー、会見でもチームワーク発揮!即席漫才披露!? ・バットマンと働いてみないか?「ジャスティス・リーグ」超人募集動画公開 ・「ワンダーウーマン」“ブーム”はなぜ起きた?ガ...more
カテゴリー:

もっと見る

「バットマン」の画像

もっと見る

「バットマン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる