「バットマン」とは?

関連ニュース

美しすぎる女戦士!ガル・ガドット、モデル体型から8キロ増量した過酷なトレーニングとは? - 07月18日(火)20:00 

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を超え、DCエクステンデッド・ユニバースの興行収入の記録を更新し、アメコミヒーローの単独デビュー映画としても歴代記録の更新に大手をかけるなど、全米で大きな話題を呼んでいる『ワンダーウーマン』(8月25日公開)。 【写真を見る】撮影現場での笑顔はじけるガル・ガドット!青い海にセクシーなコスチュームが映える/[c] 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC 本作は、女性だけの島で育った好奇心豊かなプリンセス・ダイアナが外の世界を知り、第一次世界大戦を背景に、人々の争いを止めるため、最強の女戦士ワンダーウーマンとして立ち上がる姿を、女性監督ならではの視点を交えながら、骨太に描いている。 主人公のワンダーウーマンを演じたガル・ガドットは、182センチの長身に加えて、小さな顔に長い手足がトレードマーク。米映画サイトTC Candlerが1990年より発表している「世界で最も美しい顔100人」では第2位に選ばれるなど、その美貌とスタイルが注目の的となっている。 そんなガルだが、ワンダーウーマンのアクションを可能にするために、彼女は毎日2時間のジムトレーニング、2~3時間の乗馬練習、そして武術の練習を2時間というハードなメニューを約半年間、週6日...more
カテゴリー:

【今週はこれを読め! SF編】風待町ろまん、少年の日の思い出、空から来た友だち - 07月18日(火)14:45 

 僕の名前は久延丕彦(ひさのべものひこ)という。足が少し不自由で人見知り、いつもひとりで遊んでいる。その日は、海岸で「宝探し」をしていた。空に太陽がこぼれおちたような光が見えたかと思うと、遠くでどーんと低い音が響く。しかし、まわりにはだれもいない。目撃したのは自分ひとりだ!  僕が高揚感に包まれていると、猛スピードの軽トラックが桟橋に停まり、なかから出てきた女性が一隻の漁船に飛びのると沖へ出ていった。そのひとには見覚えがあった。よくいく医院の看護婦さんだ。しかし、看護婦さんがどうして大慌てで海へいくのだろう?  それが、不思議なできごとのはじまりだった。 『風待町医院』は五篇からなる連作集。年代は特定されていないけれど、携帯電話が登場せず、男の子の台詞のなかにアマチュア無線という言葉がふつうに出てきたりすることから、1970年前後と推定される。つまり、主人公で十歳の丕彦(僕)は、作者の藤崎さん(62年生まれ)の分身なのだ。もちろん、私小説ではないから、安易に自伝的要素を読みとってはいけない。しかし、物語の背景となる世界を構成するディテールの手ざわりや匂いは、その時代を生きてきたからこそなしうる精彩だ。  たとえば、給食に出てくる牛乳の蓋集め、特撮ヒーローもののカード、「ヘリコプター」とは名ばかりのプラスチック製の竹とんぼ玩具、木彫りの看板を掲げた純喫茶......。  そ...more
カテゴリー:

「バットマン」の本当の生みの親は誰だったのか──“真相”がドキュメンタリー映画で明らかに - 07月16日(日)11:00 

「バットマン」の生みの親は1人だけではなかった──。2015年、DCコミックスとワーナー・ブラザースが「真の作者」を認めるまで、75年間という時間を費やした。そんなヒーローに隠された「起源」が、オンラインのドキュメンタリー映画で明らかになった。
カテゴリー:

これが外国の『遊び心』か!ニュージーランド航空の安全ビデオが不思議な世界観 - 07月14日(金)16:52 

日本からニュージーランドへ直行便を運航する航空会社『ニュージーランド航空』が、新作の機内安全ビデオを発表しました。 作品には、『バットマン ビギンズ』などの出演で有名なケイティ・ホームズさんと、『ザ・エージェント』でオス […]
カテゴリー:

新「バットマン」監督、ベン・アフレックの脚本をボツに - 07月14日(金)11:00 

ベン・アフレック主演の「ザ・バットマン(原題)」の準備を進めているマット・リーブス監督が、アフレックが執筆した脚本をボツにしたことを明らかにした。本作は、「バットマン vs スーパーマン ジャス...
カテゴリー:

美しすぎる女戦士!ガル・ガドット、モデル体型から8キロ増量した過酷なトレーニングとは? - 07月18日(火)20:00 

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を超え、DCエクステンデッド・ユニバースの興行収入の記録を更新し、アメコミヒーローの単独デビュー映画として...
カテゴリー:

最高の歴代スーパーヒーロー映画、『スパイダーマン』や『ワンダーウーマン』など - 07月17日(月)13:00 

 現地時間7日に話題の人気アメコミヒーロー映画『スパイダーマン:ホームカミング』が公開された記念に、US Weeklyが「最高の歴代スーパーヒーロー映画」10本を発表。トム・ホランド主演の最新作もいいが、クリストファー・リーヴス主演『スーパーマン』やトビー・マグワイア主演の映画シリーズ1作目『スパイダーマン』などが選出された。【関連】「繰り返し観ることのできる歴代映画12選」、『ダークナイト』ほか名作が選出 今ほどCG技術が発達していない頃の作品からは、アメコミヒーローとして絶大の人気を誇る『スーパーマン』が登場。クリストファー・リーヴがタイトルロールを演じてスターダムに駆け上った。 ダークヒーローでは、マイケル・キートンがタイトルロールを演じた1989年の『バットマン』と、クリスチャン・ベイルがバットマンを演じた2008年の『ダークナイト』が選ばれている。両作品には共に、怪優ジャック・ニコルソンやヒース・レジャーが演じて話題になったジョーカーが登場する。 ヒロインが活躍する作品では唯一ガル・ガドッド主演『ワンダーウーマン』が選出された。日本公開は8月25日とまだ先だが、世界興行収入は7億4800万ドル(約846億円)を超え、スーパーヒーロー映画の歴代北米興行収入ランキングでは『デッドプール』を抜き、3億7100万ドル(約419億円)以上で10位にランクインしている。 Us Wee...more
カテゴリー:

『ジャスティス・リーグ』キャラクター映像解禁! 個性豊かなメンバーの能力とは - 07月15日(土)09:00 

 DCコミックスのスーパーヒーローが集結する映画『ジャスティス・リーグ』から、超人たちの能力にスポットを当てたキャラクター映像が解禁。バットマンやワンダーウーマンなど、個性豊かなスーパーヒーローたちの能力が紹介されている。【関連】『ワンダーウーマン』フォトギャラリー ベン・アフレックが演じるバットマンことブルース・ウェインは、昼間は億万長者でプレイボーイだが、夜は莫大な資金力にものをいわせて開発した超兵器の数々で暴れまくるダークヒーローだ。そのバットマンとともに「ジャスティス・リーグ」を結成するのが、ワンダーウーマン(ガル・ガドット)。彼女は全世界で大ヒット中の映画『ワンダーウーマン』をひっさげて「ジャスティス・リーグ」に参戦する最強の美女戦士。映像では、格納庫に足を踏み入れるワンダーウーマンの前に、バットマンが作った巨大な最新兵器が登場。果たして、この巨大兵器はどのように使われるのか? 一方、オタクだけど世界最速の速さを誇るのが、フラッシュことバリー・アレン(エズラ・ミラー)。世界一危険な戦いを強いられる「ジャスティス・リーグ」へ参加した理由は「友達が欲しいから」という変わり者だ。しかし、戦闘態勢を整えるかのように手を合わせた次の瞬間、オタク男子は世界最速のスピードを発揮する。そんなフラッシュとは対照的に、バーボンをラッパ飲みする荒々しい姿を見せるのは、アクアマンことアーサー・カ...more
カテゴリー:

『バットマン』単独映画、マット・リーヴス監督がベン・アフレックの脚本を却下 - 07月14日(金)15:20 

 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でブルース・ウェイン/バットマンデビューを果たした俳優ベン・アフレック主演のバットマン単独映画(タイトル未定)が、2019年の公開をめどに制作されているが、メガホンを取るマット・リーヴス監督がベンの書いた脚本を不採用にしたという。The Hollywood ReporterやVarietyなどが伝えた。【関連】『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』フォトギャラリー ベンは当初、監督も務める予定だったが、役に集中するために監督を降板。脚本は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のクリス・テリオ、ジェフ・ジョンズと共に執筆していた。 リーヴス監督は以前、バットマンについてノワール映画の探偵のように描きたいと話していたが、MTVのポッドキャストにゲスト出演した際に、『バットマン』単独映画でベンの脚本に沿っているのか尋ねられると「いや違う。新しいストーリーになります。ちょうど書き直しを始めたところです。ワクワクしていますよ。とてもクールな展開になると思います」と回答したという。 元の脚本ではデスストロークが悪役として登場し、映画『マジック・マイク』シリーズの俳優ジョー・マンガニエロがキャスティングされていたが、新脚本でどうなるのかは不明とのことだ。 ■関連記事「ベン・アフレック」フォトギャラリー『バ...more
カテゴリー:

新「バットマン」監督、ベン・アフレックの脚本をボツに - 07月14日(金)11:00 

 ベン・アフレック主演の「ザ・バットマン(原題)」の準備を進めているマット・リーブス監督が、アフレックが執筆した脚本をボツにしたことを明らかにした。  本作は、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でアフレックが演じたバットマンことブルース・ウェインを描く単独映画。当初は、主演のアフレックがメガホンをとる予定で、プロデューサーのジェフ・ジョンズとともに自ら脚本を執筆していた。しかし今年1月、演技に集中したいという理由で監督を辞退。そのため、製作の米ワーナー・ブラザースは、「クローバーフィールド HAKAISHA」「猿の惑星:新世紀(ライジング)」のリーブス監督にラブコールを送り、契約に至った。  リーブス監督は、最新作「猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)」のプロモーションで、MTVのポッドキャスト「Happy Sad Confused」に出演。「ザ・バットマン」はアフレックが執筆した脚本をもとにするのかと聞かれ、「違う、新しいストーリーだ」と回答。「いま新たに始めたばかりだ。とてもエキサイトしている。ものすごくクールな作品になると思う」と話した。アフレック版の脚本では、デスストロークが敵役として登場する予定だったが、リーブス版に継承されるかどうかは不明だ。  リーブス監督の「猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)」は7月14日に全米公開。日本では10月13日に...more
カテゴリー:

もっと見る

「バットマン」の画像

もっと見る

「バットマン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる