「バッテリー」とは?

関連ニュース

Amazonが『Amazon Fire HD10』タブレットを発表 32GBモデルがプライム会員なら1万4980円 - 09月19日(火)23:30 

Amazon.co.jp(以下Amazon)は5月17日、『Fire』タブレットの新製品『Amazon Fire HD10』を発表。Amazon上で予約受付を開始しました。 10.1インチ、フルHD(1920×1200)ディスプレーを搭載。2GBのRAMと最大1.8GHzのクアッドコアプロセッサにより、前モデルと比べてパフォーマンスが30%高速化しているとのこと。内蔵ストレージが32GBのモデルと64GBのモデルをラインアップし、microSDカードの外部ストレージ容量は最大256GBまで拡張できます。バッテリーの持続時間を改善し、最大10時間の使用が可能。デュアルステレオスピーカーを搭載し、Dolby Atmos Audioの没入感のある高品質なサウンドに対応します。 Amazonタブレット独自の機能にも対応。瞬時にストリーミング再生を可能にする『ASAP』(Advanced Streaming and Prediction)、ユーザーが所有するすべてのAmazonデバイスで映画、テレビ番組、漫画、書籍、雑誌、アプリ、ゲームのライブラリーを同期する『Whispersync』、『Amazon プライム・ビデオ』やAmazonオリジナルドラマの第1話を自動でダウンロードしてオフラインで再生できる『On Deck』、ブルーライトを抑制する『Blue Shade』といった機能が利用でき...more
カテゴリー:

【北海道】北海道中で「バッテリー盗難」 100個以上 トラックや重機から「ごっそり」 - 09月19日(火)19:44  newsplus

 北海道各地で、会社の敷地に停めているトラックや重機からバッテリーが盗まれる事件が相次いでいます。盗まれたバッテリーは、少なくとも100個以上とみられています。  9月8日午前5時ごろ、北海道千歳市の運送会社の敷地に停めていた重機7台から、バッテリー14個が盗まれていることがわかりました。  また同じ8日の午後11時ごろ、恵庭市戸磯でも、重機からバッテリー14個が盗まれる同様の被害がありました。  警察によりますと、北海道では上川地方を中心にバッテリーが盗まれる事件が相次ぎ、特に被害が集中しているのは富良...
»続きを読む
カテゴリー:

【本日のセール情報】Amazonタイムセールで80%以上オフも! 500円台の猫背矯正ベルトやエレコムのスマホ関連アイテムが登場 - 09月19日(火)08:00 

Image: Amazon.co.jp こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。Amazon(アマゾン)で毎日開催されているタイムセール、今日2017年9月19日は500円台の猫背矯正ベルトやエレコムのスマホ関連アイテムほか、今すぐ欲しい人気のアイテムがお得に多数登場しています。なお、以下の表示価格は2017年9月19日7時現在のもの。変更や売り切れの可能性もありますので、それぞれ販売ページでご確認ください(サイズやカラー選択も可能ですが、一部セール対象外のサイズ・カラーもありますので、販売ページでよくご確認ください)。 【Yosoo改良版】背筋矯正ベルト 猫背矯正ベルト 肩甲骨 姿勢矯正 肩矯正ベルト 姿勢サポーター 姿勢改善 歪み予防 男女兼用 (M) 599円(88%オフ:9月19日13時25分まで:限定個数) エレコム モバイルバッテリー 11200mAh 4.4A出力 USBポート×2 大容量 【iPhone&iPad&Android&IQOS対応】 ホワイト DE-M01L11244WHA 1,999円(33%オフ:9月19日23時59分まで:特選タイムセール) エレコム 充電器 ACアダプター 【iPhone&iPad&am...more
カテゴリー:

電池マニアが指南する[地味に便利な高機能充電器]のススメ - 09月18日(月)15:51 

 ワイヤレスマウス、体重計、電子タバコなど、電池を使うアイテムは何かと多い。充電式電池をフルに使うなら充電器にこだわろう! ◆たかが電池されど電池。電池の基本と正しい使い方を学んで使い倒すべし!  電池革命とも言える「エネループ」が登場してから早10年以上。充電式のニッケル水素電池は、いまやすっかり身近な存在となった。一方で、適切な取り扱い方が浸透しているとは言いがたい……と嘆くのは、電池マニアとして知られるITライターの板倉正道氏。 「電池とは、魚や野菜のような“生モノ”に似ています。同じ工場で作っていても、材料の質などによって性能が上下するのはもちろん、保存方法や充電方法による影響も大きい。大雑把に扱っていては、寿命が縮まるし、本来のポテンシャルも発揮できません」  そこで重要になってくるのが、充電器のセレクトだ。 「100円ショップなどで売っている格安充電器はNG。まともな充電器には、充電量が80%になったら自動的に電力供給を低下させる機能がついています(“カットオフ”“過充電防止”など名称はさまざま)。これがないと、ひたすら電力を供給し続けてしまい、劣化や液漏れに繋がるんです」  劣化した充電池を使い続けていると、他の電池のポテンシャルを下げてしまうこともある。電池を複数使う場合、その総合性能は最も状態の低い電池に揃ってしまうからだ。単3・単4電池は複数で使うこ...more
カテゴリー:

【岡山】窃盗の夫婦、車前部に乗った店員振り落とし逃走 強盗殺人未遂容疑で逮捕 岡山市 - 09月18日(月)11:15  newsplus

自動車用品を盗み、逃走の際に車にしがみついた従業員を振り落としたとして、岡山中央署は16日、 ともに岡山市南区、自称無職の藤森忠己(65)、妻・富美子(44)両容疑者を強盗殺人未遂の疑いで緊急逮捕した。 発表では、両容疑者は15日午後7時10分頃、同市中区の自動車販売店で 中古バッテリー約40個(時価約12万5000円相当)を軽ワンボックス車に積み込んで逃走。 立ちはだかった男性従業員(38)が前部にしがみついた状態で、 急発進や蛇行運転を繰り返して約350メートル走行し、男性を振り落として...
»続きを読む
カテゴリー:

Amazon、10.1インチタブレット「Fire HD 10」刷新 フルHD画質に対応 - 09月19日(火)23:00 

10.1インチのタブレット「Fire HD 10」が刷新される。フルHD画質に対応し、バッテリー持続時間も2時間延長するなど、パワーアップした。
カテゴリー:

ポルシェの電気自動車「Mission E」が2019年に発売へ。価格はパナメーラと同等 - 09月19日(火)09:39 

Porsche初の完全電気自動車が2019年末に発売される、と今年のフランクフルト・モーターショーで同社が発表した。価格は現在のPorsche Panameraと同程度ということなので、米国では少なくとも8万ドル程度からになりそうだ。 Mission Eが最初に公表されたのは2015年で、現在出荷前の最終開発段階に入ろうとしている、とCar Magazineは伝えている。Mission Eは完全電動駆動系を備え、Porsche全体の車種ラインアップでは、Panameraと911の中間の位置を占める。4ドアのスポーツカーで、現在公開プロトタイプテストに向けて開発が進められている。 p15_0790_a4_rgb.jpg p15_0787_a4_rgb.jpg p15_0783_a4_rgb-2.jpg ...more
カテゴリー:

Logicool G「POWERPLAY」レビュー。ワイヤレスマウスを充電や電池交換から解放するシステム,その価値を探る - 09月19日(火)00:00 

 ゲーマー向けワイヤレスマウスを充電からも電池の交換からも解放し,バッテリー残量の心配なしにゲームをプレイし続けられるシステムとして話題を集めたLogicoolGの新製品「POWERPLAY」。2017年9月21日の発売を前に実機を入手できたので,実際に使ってみたムービーを中心に,BRZRK氏の評価をお届けしたい。
カテゴリー:

すっかり新しくなったNissan Leafの2018年モデルを見てみよう - 09月18日(月)12:12 

Nissanの新しいLeafは、全電動乗用車のパイオニアのひとつと言える車の改訂バージョンだ。新モデルの航続距離はEPA(米国基準表示)推定150マイル(240 km)と、前モデルの107マイルを大きく上回っている(Chevrolet Boltなどの近代EVと比べるとやや劣る)。 【日本語版注:日本国内基準による航続距離は400 km】 Nissanにとっては初めての「EV」ファースト〈ではない〉位置づけの車だ。これはほかと変わらない単なる車であり、たまたま駆動系が完全電動であるということだ。同社はこの車のルック&フィールも再考し、前モデルの丸みを帯びた形状から、一般的も魅力あるデザインへと変えている。 室内は広々としていて、日々の利用に十分な荷物と乗客のスペースが確保されている。バッテリーの充電も速くなり、240 V電源を使用すれば1時間の充電で最大22マイル(35 km)の走行が可能だ。 147anissan-leaf-2151.jpg nissan-leaf-147a2146.jpg ...more
カテゴリー:

波には向いていないボディボード。 - 09月18日(月)06:00 

当たり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。だって、世界初の電動ボディボードだから。と、前説はこれくらいにして、爽快な動画をチェックしてみよう。気持ちがイイくらい、ぶっ飛んでいるから!最高速度は、時速32kmもはやコレ、ボディボードって呼べないんじゃない?というツッコミを入れたくなるほどのスピード。なんと最高速度は、時速約32kmまで出るそうです。Maxスピードにすると、フル充電で最大1時間半ほど走ってくれるみたい。その後、Reserveスピードがはじまると、時速約5kmで30分ほど予備的に走ってくれる仕組み。その間に、海岸へと戻れるようです。ちなみに、バッテリーは2時間でフル充電できるそう。海、川、湖でビューン「KYMERA」の強みは、海だけでなく、川や湖など、波がほとんどない場所でも乗ることができること。調べてみると、むしろ、波には向いていないとのことです。ただし、実際の体感スピードは、見た目以上なはずなので、スリル満点なライディングになることが予想できます。もしかしたら、波に乗る以上にアドレナリンが出まくってクセになってしまうかも。日本にもディストリビューターがいた本体の価格は、3,495ドル(約35万8千円)から。これは、マリンジェットやジェットスキーの価格帯の6分の1...more
カテゴリー:

もっと見る

「バッテリー」の画像

もっと見る

「バッテリー」の動画

Wikipedia

バッテリー()

広く電池と呼ばれるもの その他

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる