「バクテリア」とは?

関連ニュース

【食中毒】チーズチップス「ナチョス」を食べ、1人が死亡、9人が入院 米国 - 05月24日(水)10:25 

米カリフォルニア州のあるガソリンスタンドでチーズ味のコーンチップス「ナチョス」を購入し、食した人のうち1人が死亡、9人が食中毒で病院に搬送された。米「シカゴ・トリビューン」が報じた。 報道によれば、チップスには急性の食中毒を起こすバクテリアと体内組織に中毒症状を起こさせ、中枢神経系を麻痺させるボツリヌス菌が混入されていた模様。 死亡したのは37歳の男性。そのほかの患者たちは地元の病院で必要な医療行為を受けている。 地元政府の発表では、感染源はまだ特定されておらず、チップスが売られていたガソリ...
»続きを読む
カテゴリー:

【イタリア】牛のふんから食器生み出す、「シット・ミュージアム」 - 05月18日(木)22:38 

http://www.afpbb.com/articles/-/3127410?act=all 【5月18日 AFP】悪臭を放つふんだが、イタリアのある博物館では成功の気配を漂わせている。北部グラニャーノ・トレッビエンセ(Gragnano Trebbiense)のカステルボスコ(Castelbosco)にある、その名も「シット・ミュージアム(Shit Museum、ふんの博物館)」では、牛のふんから皿などを作っているのだ。  牛のふんはまず巨大なタンクに集められる。その中でバクテリアが有機物を分解してメタンが生成され、そのメタンガスを燃焼することによって電力が生み出される。生み出された...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】鼻くそ食べれば健康になる? 情報の元をたどって見つけた真相は... - 05月18日(木)13:52 

鼻くそ食べれば健康になる? 情報の元をたどって見つけた真相は... J-CAST NEWS:2017/5/17 16:45 https://www.j-cast.com/healthcare/2017/05/17298088.html 2017年5月15日、「鼻くそを食べることは健康によく、歯を虫歯から守る」という冗談ともニュースとも判断しかねる情報がネットニュースから出され、いくつかのまとめサイトやツイッター上でも面白おかしく取り上げられている。 調べてみると、5月5日(現地時間)ごろに英デイリー・メール紙オンライン版をはじめとする海外のタブロイド紙が同様のニュースを報じており、発...
»続きを読む
カテゴリー:

【科学】自分の鼻くそを食べると健康になる★2 - 05月16日(火)10:33 

巷にはいろいろな健康法があふれている。かつては「飲尿療法」が世間をにぎわせたが、今回は何と「鼻くそ健康法」が出現した――。 ■鼻くそを食べるのは「自然の予防注射」 私たちが最も知りたいことは、「なぜ鼻くそを食べると健康になるのか」だ。 カナダのサスカチュワン大学生物学研究者のナッパー博士は「鼻くそを食べると人の免疫機能は強化される」という仮説を立て、数年前から研究を進めている。 ナッパー博士は、「進化の観点からすると、私たちは非常に汚い環境のもとで進化しました。そして人々が持っている身の回りを...
»続きを読む
カテゴリー:

【科学】自分の鼻くそを食べると健康になる - 05月15日(月)19:38 

巷にはいろいろな健康法があふれている。かつては「飲尿療法」が世間をにぎわせたが、今回は何と「鼻くそ健康法」が出現した――。 ■鼻くそを食べるのは「自然の予防注射」 私たちが最も知りたいことは、「なぜ鼻くそを食べると健康になるのか」だ。 カナダのサスカチュワン大学生物学研究者のナッパー博士は「鼻くそを食べると人の免疫機能は強化される」という仮説を立て、数年前から研究を進めている。 ナッパー博士は、「進化の観点からすると、私たちは非常に汚い環境のもとで進化しました。そして人々が持っている身の回りを...
»続きを読む
カテゴリー:

21人に1人が億万長者!?ニューヨークの意外な豆知識 - 05月19日(金)21:00 

世界でも人口密度が高い街の1つとして知られる、ニューヨーク。いろいろな噂や伝説がありますが「Matador Network」がまとめていた、16の雑学がなかなか興味深かったので紹介したいと思います。「えっ本当?」なものもありますが、調べてみるのもまたひとつの楽しみ。会話のネタにもなりそうなtipsを見ていきましょう。01.他の街と比べて約7倍のコーヒーを飲んでいる02.使用されている言語は800ヶ国以上!?世界一多様な街03.世界中でワルシャワの次にポーランド人の数が多い04.世界初、2018年に「地下公園」がオープン予定05.NYに家がある人は家の外にタダで木を植えてもらえる06.古代ローマは今のNYよりも8倍の人口密度07.南極の15倍、雪が降る08.グランドセントラル駅の出発時刻表示はちょうど1分、ズレている09.ニューヨーカーの21人に1人が億万長者らしい10.ニューヨークの地下鉄では虫からバクテリアまで「15,152種類」の生命体が確認されている11.ホームレスの数の4倍、廃屋がある12.自由の女神がいるリバティ島の海はじつはニュージャージー13.NY以外に住む場所が確実にあるならホームレスのために市が片道航空券を買ってくれる14.夜遊びの相場は82ドル15.セントラルパーク周辺のホットドッグ屋台はその権利だけで年間30万ドル16.アラスカと同じ人口密度にした場合マンハッ...more
カテゴリー:

イタリアでウンコ博物館にウンコ製食器を展示 ウンコ先進国のあの国でなぜこれが作られないのか - 05月18日(木)20:30 

牛のふんから食器生み出す、イタリア「シット・ミュージアム」 http://www.afpbb.com/articles/-/3127410 悪臭を放つふんだが、イタリアのある博物館では成功の気配を漂わせている。 北部グラニャーノ・トレッビエンセ(Gragnano Trebbiense)のカステルボスコ(Castelbosco)にある、その名も「シット・ミュージアム(Shit Museum、ふんの博物館)」では、牛のふんから皿などを作っているのだ。 牛のふんはまず巨大なタンクに集められる。 その中でバクテリアが有機物を分解してメタンが生成され、そのメタンガスを燃焼する...
»続きを読む
カテゴリー:

かえって逆効果。日本の病院が風邪に「抗生物質」処方の意味不明 - 05月17日(水)16:47 

風邪を引いて病院に行くと、よく処方されるのが抗生物質です。「風邪によく効く」「抗生物質は飲みきらないといけない」と言われた経験がある方もいらっしゃるのでは?果たして、そこに医学的に根拠はあるのでしょうか?メルマガ『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』の著者でNY在住の医学博士・しんコロさんの元に、メルマガ読者の方から「日本と海外の抗生物質の扱いは違うの?」という質問が寄せられています。米国の医療事情を知るしんコロさんが、わかりやすく解説してくれています。 日本と海外の抗生物質の扱いは違う? Question お尋ねしたいのですが、抗生物質についてです。 風邪で病院に行っても抗生物質と咳止め、鼻水の薬などたくさんでてきます。日本と海外での抗生物質の扱いってやっぱり違うのでしょうか。そして出された抗生物質は全てきちんと飲み切らないといけないのよ、と知人に昔から?言われてるので、もうなんともないのに飲んだりします。 とにかく泌尿器科でもなんでもひたすら抗生物質です。海外も同じですか? そしてちょっとどこか痛いかな、くらいでも湿布もでてくるし病院から帰るときは薬袋がすごい量になってしまってます。 話がまとまらなくすみません、抗生物質の存在とそれに対する海外と日本の意識はどうなんでしょう? しんコロさんの回答 日本では病院に行くと必ず薬が沢山出てきますね。患者としても薬を色々...more
カテゴリー:

暗闇で光るキノコの仕組みが新たに解明される - 05月16日(火)08:10 

あそこの光はなに? 八丈島などに自生する「ヤコウタケ」を始め、世界には暗闇で光るキノコが80種類以上も存在します。しかし、すべてのキノコの発光の仕組みが解明されているわけではありません。でも、先日発表された研究によって、その謎がまたひとつ明らかになったのです。 キノコ以外にも、虫やバクテリア、海洋生物などにおいて発光する生物は存在します。その多くは「ルシフェラーゼ」という酵素と、発光の基となる分子「ルシフェリン」が化学反応を起こすことで発光します。ルシフェラーゼとルシフェリンがエネルギーと大気中の酸素と混ざると、励起状態のオキシルシフェリンが生成されます。そして、基底状態のオキシルシフェリンに戻るために、エネルギーを光として放出するという仕組みなのです。 ネタ元EurekAlert!によると、Zinaida Kaskova教授とその研究チームがNeonothopanus gardneri (ブラジル原産の発光するキノコ)とNeonothopanus nambi (南ベトナムの雨林で見つかる毒キノコ)の抽出物を分析したところ、オキシルシフェリンに相応するものを発見しました。彼らいわく、菌類のルシフェラーゼは菌類のルシフェリンの複数の誘導体と無作為に作用できます。それがキノコの発光の強弱や色合いに変化をもたらすのです。 まだまだ光るキノコの謎は残っていますが、この研究結果だけで...more
カテゴリー:

マグマの中から生命体が発見される。 - 05月15日(月)15:03 

マグマの中から生命体が発見される。 15日、マグマの中から生命体が発見された。 マグマの中に生息が確認されたのは、地球上に1千万種いるとされるバクテリアの一種だ。 見つけたのは、千葉生物科学研究所の調査グループで、ハワイのキラウエア火山から出た岩石を熱したところ観察されたという。 マグマの温度は、1200度になると言われ、生命体がこれほどの超々高温で生きられるには、どのような構造をしているのか、研究されるようだ。 この超々高温バクテリアは、130度以下の温度になると、仮死状態(動かなく)にな...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「バクテリア」の画像

もっと見る

「バクテリア」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT真正細菌...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる