「バクテリア」とは?

関連ニュース

【海苔】アオサノリの養殖技術開発に成功 収穫までの期間も4ヶ月から2ヶ月に(水槽での結果) - 03月25日(土)06:53 

アオサノリの養殖技術開発に成功 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/8024749761.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を のりの佃煮などの原料となるアオサノリの安定的な生産につなげようと、徳島市の大学などの 研究グループが、アオサノリを水槽の中で短期間に養殖する技術の開発に初めて成功しました。 アオサノリは、現在は海水と淡水が混じり合う河口などでしか養殖できませんが、 天候や水質などの影響を受けやすく、生産量が安定しないことが課題になっ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【科学】食べ物を落としても3秒以内ならOKの「3秒ルール」はアリ、科学者が結論付ける - 03月22日(水)17:27 

食べ物を床に落として「3秒以内に拾えば食べても大丈夫!」という「3秒ルール」を適用したこと、ないだろうか?  食べ物を床に落として果たしてどれだけのバクテリアが食べ物に付くかを真面目に調べた科学者が、「3秒ルールはアリ」と結論付けた。 87%の人が床に落ちた食べ物を食べた経験あり なんの根拠があるのか分からないこの「3秒ルール」、 秒数の違いはあれど、実は世界各地に似たようなルールが存在する。英語圏では「5秒ルール」が一般的だ。 デイリー・メールが報じた、英国バーミンガムにあるアストン大学のアント...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

大人の溶連菌は治りにくい? - 03月17日(金)10:59 

子どもの病気というイメージが強い溶連菌ですが、大人でも感染する場合もあります。今回の相談者は30代の女性です。溶連菌を発症し完治したと言われたものの、今も時々喉が痛くなり本当に完治したのかと悩んでいます。専門家からは、どのような回答が寄せられたでしょうか。 溶連菌についての相談:「大人が溶連菌に感染すると治りにくいのですか?」 『友達の子どもと遊んだ2日後に高熱が出て検査した結果、大人はかかりにくいと言われる溶連菌と判明しました。抗生物質を飲み切る治療をしたものの、喉の痛みが数日間続きました。「大人の溶連菌は完全に治さないとぶり返す」と医師に言われ、たくさんの薬を服用して1週間後の検査では完治と言われましたが、今でも時々喉が痛くなります。大人が感染すると治り辛いとのことですが、完治するのでしょうか?(30代・女性)』 免疫力低下で大人も罹患。薬を飲み切ることで除菌して 溶連菌は、免疫力が低下すると大人でも発症します。処方された薬を飲み切って、除菌することが大切です。 『免疫力が低下している時や、元々扁桃腺に溶連菌が常在している場合は、大人でも溶連菌に感染します。特に春から夏にかけて流行します。大人は子どもに比べ軽症で済む場合が多く、適切な治療を受ければ2週間から1カ月程で完治すると言われます。(看護師)』 『完治させるためには、病院を受診して処方された日数...more
in English
カテゴリー:

ヘルパンギーナ?溶連菌?家族が検査依頼できる? - 03月16日(木)18:00 

相談者さんのお子さんがヘルパンギーナと診断されましたが、同時期にパパが溶連菌にかかったことから改めて病院でお子さんの検査したところ溶連菌だったことが判明しました。診断結果に疑問があるとき、こちらから検査を依頼しても問題ないのでしょうか。専門家に聞いてみました。 2歳児ママからの相談:「家族から他の病気の検査を依頼しても問題ない?」 『保育園でヘルパンギーナが流行っていた時に子どもが体調を崩し、病院で保育園のことを伝えたところヘンパルギーナに感染したのだろうと言われました。しかしなかなか治らず他の病院に行ったものの、結果は同じでした。同時期に夫が溶連菌に感染したため、改めて子どもの検査を依頼したところ、夫と同じ溶連菌だったことが判明しました。この2つの病気は似ているのでしょうか?また医療関係者ではない家族が、早めの処置を求めるために検査依頼しても良かったのでしょうか?(30代・女性)』 似通った自覚症状を呈するヘルパンギーナと溶連菌。周囲の状況が診断に影響も ヘルパンギーナと溶連菌は、どちらも発熱や発疹の症状が出ます。家族や保育園など周囲の病気の情報は、診断に影響することもあります。 『溶連菌は細菌感染・ヘルパンギーナはウィルス感染で原因は異なりますが、症状はどちらも発熱や咽頭痛で、流行する時期も夏が多いです。 (循環器内科看護師)』 『子どもの感染症は類似...more
in English
カテゴリー:

【医療】がんの正体は「真菌感染」 ついに謎解明か★3 - 02月11日(土)07:04 

■がんは真菌による日和見感染? がんは真菌とよく似ている。 近年、これは代替医療の分野において特に注目されていることである。 真菌とは、カビやキノコを含む菌類で、バクテリア(細菌)やウィルスとは異なって、体は糸状の菌糸からなり、胞子で増える存在である。 真菌は、比較的温暖で湿度の高い環境を好み、アルカリ性の環境下では繁殖しにくい。 イタリアの医師トゥーリオ・シモンチーニ博士は、ほとんどのがん患者から、増殖した真菌が発見されるだけでなく、腫瘍は概してカビのように白いことにも注目し、 がんの正体は...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「エイリアンのたまご」にメカ好き必見のエイリアンが登場!お花見Verの巨大バクテリア撃破イベントが開始! - 03月24日(金)15:00 

[株式会社パオン・ディーピー] ■メカ好き必見!「かっこよさ」と「超強力」を兼ね備える機械属性エイリアンが登場! [画像1: https://prtimes.jp/i/9755/185/resize/d9755-185-493711-0.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/9755/185/resize/...
in English
カテゴリー:

深海に眠るタイタニック号を3Dスキャン―、米OceanGateが2018年5月に実施予定 - 03月18日(土)08:00 

シアトルに拠点を置くOceanGate Inc.は、世界で最も有名な沈没船のタイタニック号を調査するため、有人探査を行う予定だと今週発表した。歴史学者の推定によれば、1912年4月の沈没以降、タイタニック号を訪れた人の数は200人にも満たないとされており、エベレスト登頂者や宇宙に行ったことがある人の数の方が多いくらいだ。 2018年5月に予定されているこの調査は、2005年に別のチームがタイタニック号を訪れて以来初の調査となる。前回の調査が行われた頃や、ジェームズ・キャメロン監督が映画『タイタニック』のために沈没船の様子を撮影した1995年当時に比べると、ナビゲーションや画像に関する技術はかなり進化した。 OceanGateの共同ファウンダーでCEOのStockton Rushは、同社のパートナーとなる企業や研究機関と共に、沈没船の腐敗の進行具合を記録し、これまでは不可能だった海底に眠る遺物の高画質3D画像を撮影しようとしていると話す。 「歴史上の出来事を記録すること自体に、まずは大きな意義があります」とRushは言う。「ただ、ちょっとオタクっぽい話として、深海における金属の腐食速度といった点を調べるのも重要なことです。第二次大戦中の燃料や武器が深海にはたくさん眠っているため、潮の流れ、酸素の含有量、バクテリア、使われている素材の性質などがどのように関係し合っているのかを理解するこ...more
in English
カテゴリー:

夏風邪のはずが溶連菌だった・・・治療しなくても溶連菌は治る? - 03月16日(木)21:00 

今回は5歳児のママからの相談です。お子さんが高熱を出し夏風邪と言われたものの改善せず、別の病院で溶連菌と診断されました。もし夏風邪の薬を服用し続けていたらどうなっていたのでしょうか。溶連菌は自然と治るのでしょうか。専門家に聞いてみました。 5歳児のママからの相談:「溶連菌は自然治癒しますか?」 『子どもが高熱を出し、近くの小児科に行ったら風邪と診断され解熱剤をもらいました。しかし熱は引かず、別の小児科ではこれは明らかに溶連菌の症状だと言われて抗生物質を処方されました。もし最初の風邪だという診断を信じて解熱剤だけ飲ませていた場合、溶連菌は自然に治ったのでしょうか?(30代・女性)』 自然治癒もあり得るが合併症のリスクも。薬は必ず飲み切って 自然に治ることもありますが、合併症を発症することもあります。処方された薬は全部飲み切り、再発を防ぎましょう。 『溶連菌はよく子どもかかる感染症です。自然治癒でも治りますが、子どもは大人に比べて手洗いやうがいをしなくてはいけない習慣がなかなか理解出来ません。大人は目に見えない雑菌の存在を理解出来ますが、子どもは汚れていないのになんで洗わなくちゃいけないのか分からないのです。(循環器内科看護師)』 『溶連菌感染症は自然治癒する可能性もありますが、放置するとまれに中耳炎・気管支炎・副鼻腔炎などの合併症や、感染後に急性糸球体性腎炎...more
in English
カテゴリー:

日本で「人食いバクテリア」感染が過去最多。致死率30%超の恐怖。不衛生なデリヘルが原因か。 - 02月22日(水)15:25 

人食いバクテリアの被害が増えているという。 原因となるバクテリアは主として、Vibrio vulnificus と溶連菌である。 まれに黄色ブドウ球菌や大腸菌が発症原因となることもあるようだ。 正式には「壊死性筋膜炎」と呼ばれ、主に四肢の筋膜にバクテリアが取りついて、急速に壊死が進行する。 速やかに壊死を起こした部位を切断して、大量の抗生物質で細菌を撃退しないと死に至る、極めて重篤な感染症である。 (中略) Vibrio菌よりずっと恐ろしいのは、近年激増している溶連菌によるものだ。このタイプの人食い バクテリアは...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【医療】がんの正体は「真菌感染」 ついに謎解明か★2 - 02月10日(金)17:38 

■がんは真菌による日和見感染? がんは真菌とよく似ている。 近年、これは代替医療の分野において特に注目されていることである。 真菌とは、カビやキノコを含む菌類で、バクテリア(細菌)やウィルスとは異なって、体は糸状の菌糸からなり、胞子で増える存在である。 真菌は、比較的温暖で湿度の高い環境を好み、アルカリ性の環境下では繁殖しにくい。 イタリアの医師トゥーリオ・シモンチーニ博士は、ほとんどのがん患者から、増殖した真菌が発見されるだけでなく、腫瘍は概してカビのように白いことにも注目し、 がんの正体は...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「バクテリア」の画像

もっと見る

「バクテリア」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT真正細菌...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる