「バウハウス」とは?

関連ニュース

バウハウス様式の建築物が立ち並ぶ 世界遺産「テルアビブの白い都市」 - 04月11日(水)12:00 

地中海に面したテルアビブは、イスラエルの他都市と比べて宗教色が薄く、リゾート地としても人気だ。特に3月から10月ごろまではほとんど雨も降らず、過ごしやすい日が続くとあって、バカンス客でにぎわう。
カテゴリー:

「バウハウス」の画像

もっと見る

「バウハウス」の動画

Wikipedia

バウハウス(, バオハオスとも)は、1919年、ドイツヴァイマルに設立された、工芸写真デザインなどを含む美術建築に関する総合的な教育を行った学校。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指すこともある。学校として存在し得たのは、ナチスにより1933年に閉校されるまでのわずか14年間であるが、その活動は現代美術に大きな影響を与えた(モダニズム建築20世紀美術の項を参照)。

バウハウスはドイツ語で「建築の家」を意味する。中世建築職人組合であるバウヒュッテ (Bauhütte, 建築の小屋) という語をヴァルター・グロピウス...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる