「ハン・ヒョジュ」とは?

「ハン・ヒョジュ」の画像

もっと見る

「ハン・ヒョジュ」の動画

Wikipedia

ハン・ヒョジュ(韓孝周、한효주、1987年2月22日인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2017年6月18日閲覧。 - )は、韓国の女優。

2006年に、まだ十代で無名の彼女が、ユン・ソクホ監督の季節シリーズ完結編春のワルツの主役に抜擢され、シンデレラと呼ばれた。2009年には、テレビドラマ華麗なる遺産が高視聴率をとり、さらに2010年にイ・ビョンフン監督によるトンイの主演を務め、韓国を代表する女優の一人となった。

国民的清純派女優とされ、韓国でインターネット世論調査が行われた際、「嫁として連れてきてほしい女優」の第1位。

2011年以降は軸足を映画に移し、テレビドラマには一度も出演していなかったものの、2016年3月にテレビドラマ「W -君と僕の世界-」に出演が決定。7月20日から韓国で放送開始し、9月14日放送終了した。TV 프로그램 정보(TV番組情報)NAVER(韓国語) 2017年6月18日閲覧。

2013年11月、映画「監視者たち」で、韓国で最も権威のある青龍映画賞・主演女優賞を受賞した。

身長170cm。東国大学校演劇映画科卒業。

来歴
  • 清州市で、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる