「ハンセン病」とは?

関連ニュース

<金口木舌>通じなかった「生め」の願い - 05月23日(水)06:00 

 ハンセン病患者の苦悶(くもん)を描いた小説「いのちの初夜」で知られる小説家・北條民雄に「癩(らい)院受胎」という作品がある。身ごもった女性とその兄、女性の恋人が登場する。3人ともハンセン病患者である ▼苦悩の末、恋人は自死を遂げる。「この児が、この児が…」と悲嘆に暮れる身重の妹に向かって、兄は「生...
カテゴリー:

後ろ指さされ、島を出る 苦しみ一人で背負った母 ハンセン病 - 05月21日(月)11:16 

 将来を誓い合った男女が、沖縄県外からの便で那覇空港に到着した。「ふるさとの沖縄で新婚生活を送ろう」。そう思い帰郷した2人だが、空港で別れ、そのまま二度と会えなかった。男性の姉はかつてハンセン病を患った。「遺伝病」という誤った認識を女性の親はうのみにし、結婚を認めなかった。  隔離政策を推し進め...
カテゴリー:

強制不妊手術:「全容、早期解明を」ハンセン病集会で識者 - 05月20日(日)21:17 

 ハンセン病問題を扱う市民団体「ハンセン病市民学会」(大阪市)の交流集会は20日、沖縄県名護市の国立療養所「沖縄愛楽園」で分科会を開き、戦前から戦後に続いたハンセン病患者への不妊手術などに関して議論した。識者から「検証は尽くされていない。全容を明らかにすべきだ」と早期解明を促す指摘が出た。
カテゴリー:

「家族差別」検証を ハンセン病市民学会 現状報告し活動方針 - 05月20日(日)05:00 

 全国のハンセン病の回復者や支援者らでつくる「ハンセン病市民学会」の「第14回総会・交流集会in沖縄」が19日、那覇市の県男女共同参画センター「てぃるる」で始まった。20日まで。19日は県内外から約500人が参加し、総会で啓発・歴史伝承や退所者・家族の支援などに関する七つのプロジェクトチームを立ち上げる...
カテゴリー:

愛楽園未利用地 基本計画策定へ 沖縄・名護市、本年度内に - 05月19日(土)09:35 

 名護市は、ハンセン病療養施設「愛楽園」の未使用の土地を利活用するため、本年度中に基本計画を策定する。  地域共生を目指すハンセン病問題基本法の施行後、愛楽園と名護市はホスピスや長期滞在型健康保養施設整備などの将来構想を2008年度に策定。構想は10年前のものであることから、改めて本年度で基本計画...
カテゴリー:

初版から半世紀、時代を超え「生きる意味」を問い続ける不朽の名作神谷美恵子『生きがいについて』オーディオブック化 - 05月21日(月)15:00 

[株式会社オトバンク] [画像1: https://prtimes.jp/i/30184/19/resize/d30184-19-519100-2.jpg ] 『生きがいについて』は、岡山県のハンセン病療養施設・長島愛生園に精神科医として勤務し、病によって身体の自由を奪われ、社会からも...
カテゴリー:

隔離政策が市民を加害者に ハンセン病学会、課題を共有 - 05月21日(月)06:30 

 全国のハンセン病回復者や支援者らでつくる「ハンセン病市民学会」の第14回総会・交流集会の最終日となった20日、分科会が名護市済井出の沖縄愛楽園で開かれた。県内外から約400人が参加した。分科会は家族訴訟が問う国の加害責任など四つのテーマに分かれて行われ、まとめの全体会も開かれた。回復者・退所者...
カテゴリー:

暗黙の堕胎強制 守り抜いた命 ハンセン病 差別・偏見耐え「娘のため」必死に生きる - 05月20日(日)10:35 

 妻のおなかに新しい生命を授かった。「何が何でも自分たちの手で育てたい」。子どもへの強い思いは、日に日に増していくばかりだった。ハンセン病療養所「宮古南静園」(宮古島市)を退所した知念正勝さん(84)は、1957年に園内で結婚し、翌年に妻の妊娠を知った。当時、園内には妊娠したら堕胎するという「暗...
カテゴリー:

尊厳回復へ理解訴え ハンセン病 きょうから市民学会 関係者インタビュー - 05月19日(土)11:05 

 全国のハンセン病の回復者や支援者らでつくる「ハンセン病市民学会」の第14回総会・交流集会が19、20日、県内で7年ぶりに開催される。ハンセン病問題と沖縄の過重な米軍基地負担を「差別」という観点から意見を交わす。19日は午後1時から、那覇市の県男女共同参画センター「てぃるる」で総会や交流集会があ...
カテゴリー:

苦楽共にした仲間、顔背ける ハンセン病退所者 病歴隠す悔しさに涙 19~21日、ハンセン病市民学会 - 05月19日(土)06:30 

 昼下がり、うるま市内のスーパーマーケット。ハンセン病元患者の金城幸子さん(77)は店内で、懐かしい顔を見かけた。会釈をしようとした矢先、相手は顔を背け、指を自らの口に当てた。「話しかけるな」のサインだった。相手も元患者で名護市済井出のハンセン病療養施設「愛楽園」で苦楽を共にした。偏見と差別の恐怖...
カテゴリー:

もっと見る

「ハンセン病」の画像

もっと見る

「ハンセン病」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる