「ハリルホジッチ」とは?

関連ニュース

ハリル監督「浦和長沢」見つけた!欧州遠征抜てきも - 10月23日(月)07:45 

 浦和レッズMF長沢和輝(25)が、日本代表のハリルホジッチ監督をうならせた。  3-3で引き分けた22日のホーム、ガンバ大阪戦で、今季復帰した浦和でリーグ戦初先発。「どんどん前にいって良さを出そうと意識した」と、積極的にドリブルで仕掛…
カテゴリー:

【サッカー】<日本代表ハリルホジッチ監督>浦和レッズMF長沢和輝を「いい発見」と絶賛! - 10月22日(日)22:25  mnewsplus

◆明治安田生命J1リーグ 第30節 浦和 3―3 G大阪(22日・埼玉スタジアム)  日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が浦和―G大阪戦を視察し、浦和MF長沢和輝(25)について「いい発見」と絶賛した。  長沢は今季リーグ戦初先発し、G大阪の日本代表MF倉田秋(28)、同MF井手口陽介(21)らとのデュエル(球際の勝負)で負けず、後半19分にはFWラファエル・シルバの得点をアシストした。  ハリル監督は「興梠、長沢は非常に興味深い状態にあると見ました。興梠は動きを増やせば、よりいいプ...
»続きを読む
カテゴリー:

川淵三郎「怒られてしまうけど…」歴代ルヴァン杯決勝前に頭をよぎった本音を告白 - 10月22日(日)12:00 

国内サッカー3大タイトルの1つ、YBCルヴァンカップを、テレビ東京で10月22日に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)で特集。初代Jリーグチェアマンの川淵三郎とヤマザキビスケットの飯島茂彰社長の対談が実現し、25年目の大会について語り合った。ルヴァンカップは、1992年から25年にわたりヤマザキビスケットがスポンサーを続けているJリーグのカップ戦。同一企業による協賛で世界最長のカップ戦としてギネス世界記録にも認定されている伝統ある大会だ。対談で川淵は、1993年のJリーグ発足を前に「多くのクラブ関係者から賞金の出る大会を作って欲しいと強行に言われた」と明かし、自身も「サッカーには、天皇杯、リーグ、そしてリーグカップ。この3つのタイトルは必要不可欠」と考えていたという。しかし、リーグカップの動向が決まらないままにJリーグ開幕が迫り、川淵はスポンサー獲得に奔走。その時、手を挙げてくれたのが飯島社長だった。川淵は「助かったと思いました。僕としては足を向けて寝られないくらいの恩義を感じている」と感謝の思いを改めて口にした。一方、どうして飯島社長はスポンサーに名乗りを上げたのか? 当時、日本のスポーツでプロ化されていたのはプロ野球だけで、ほかにプロ化できるのは野球以外にサッカーしかないと感じたという。その考えに大きな影響を与えたのが、60年代はじめに仕事でイ...more
カテゴリー:

YBCルヴァンカップ、25年の歴史を『FOOT×BRAIN』で一気に振り返る - 10月22日(日)06:00 

勝村政信と皆藤愛子がMCを務めるテレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)。10月22日の放送は、国内サッカー3大タイトルの1つ、YBCルヴァンカップを特集。25年にわたり続く大会を第1回大会から映像と共に振り返っていく。ルヴァンカップは、1992年から25年にわたりヤマザキビスケットがスポンサーを続けているJリーグのカップ戦。同一企業による協賛で世界最長のカップ戦としてギネス世界記録にも登録されている伝統ある大会だ。スタジオには、第3回大会からティファニー社が製作している本物のルヴァンカップが置かれ、第1回から第24回大会までの名場面やスーパープレーの映像を観ながら振り返っていく。さらに、初代Jリーグチェアマン川淵三郎氏とヤマザキビスケットの飯島茂彰社長の対談が実現。大会が誕生した舞台裏を当事者の2人が赤裸々に語り、川淵は「こんなこと言ったらクラブに怒られるけど、当時は真剣にそう思っていた……」と過去の決勝戦を前に胸に秘めていた複雑な心境を明かす。そのほか、ニューヒーロー賞や選手たちへの思いなどを語り合っていく。現在の日本サッカー界と歩き続けてきたルヴァンカップの歴史を知ることができる、まさに永久保存版と言うべき放送回になっている。 関連リンク 村井満チェアマン、Jリーグオフィスの改革で「会議が減...more
カテゴリー:

YBCルヴァンカップ、25年の歴史を『FOOT×BRAIN』で一気に振り返る - 10月22日(日)01:10 

勝村政信と皆藤愛子がMCを務めるテレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)。10月22日の放送は、国内サッカー3大タイトルの1つ、YBCルヴァンカップを特集。25年にわたり続く大会を第1回大会から映像と共に振り返っていく。ルヴァンカップは、1992年から25年にわたりヤマザキビスケットがスポンサーを続けているJリーグのカップ戦。同一企業による協賛で世界最長のカップ戦としてギネス世界記録にも登録されている伝統ある大会だ。スタジオには、第3回大会からティファニー社が製作している本物のルヴァンカップが置かれ、第1回から第24回大会までの名場面やスーパープレーの映像を観ながら振り返っていく。さらに、初代Jリーグチェアマン川淵三郎氏とヤマザキビスケットの飯島茂彰社長の対談が実現。大会が誕生した舞台裏を当事者の2人が赤裸々に語り、川淵は「こんなこと言ったらクラブに怒られるけど、当時は真剣にそう思っていた……」と過去の決勝戦を前に胸に秘めていた複雑な心境を明かす。そのほか、ニューヒーロー賞や選手たちへの思いなどを語り合っていく。現在の日本サッカー界と歩き続けてきたルヴァンカップの歴史を知ることができる、まさに永久保存版と言うべき放送回になっている。 関連リンク 村井満チェアマン、Jリーグオフィスの改革で「会議が減...more
カテゴリー:

【サッカー】<浦和FW興梠>20点目!得点単独首位! クラブ日本人で福田以来 - 10月23日(月)06:42  mnewsplus

 ◇明治安田生命J1・第30節 浦和3―3G大阪(2017年10月22日 埼玉ス)  浦和FW興梠が得点ランク単独1位に再浮上した。後半28分、DFラインに抜け出し柏木のパスに反応、右足で流し込んだ。キャリアハイとなる通算20点目、浦和の日本人では97年の福田正博以来となる大台突破に左手で「2」、右手で「0」を示すパフォーマンスで喜びを表現した。  「大きな目標だった。陽介が得点王を獲らせようと思ってくれている。それをかなえたい」と振り返った。視察した日本代表のハリルホジッチ監督も「興梠は興味...
»続きを読む
カテゴリー:

ハリル監督、浦和とG大阪の代表候補選手に手応え - 10月22日(日)21:09 

 日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が浦和レッズ-ガンバ大阪戦を視察した。  Jリーグを代表する強豪の対決。両チームには浦和DF槙野智章(30)や、G大阪MF井手口陽介(21)ら、多くの代表候補がいる。  「質の高さを見せてくれ…
カテゴリー:

戦力の底上げが進まないサッカー日本代表。控え組の起用で露呈された現在地 - 10月22日(日)08:52 

 サッカー日本代表は10月10日、キリンチャレンジカップ2017でハイチ代表と対戦した。格下相手に苦戦を強いられ、3-3で引き分けたこの試合。前半、倉田と杉本のゴールで2点を先取した日本だったが、その後ハイチの反撃に遭い、一時はリードを許す展開に。終了間際の香川のゴールで辛くも引き分けたものの、負けに等しい厳しい結果となった。 ◆一定の水準を下回る、緊張感の欠けた試合に 「何の意味がある試合なのか――」。  10月6日に豊田スタジアムで行われた対ニュージランド戦後、香川真司はそうコメントした。欧州、南米など大半の地域でまだW杯予選が開催されていたため致し方ないことではあるのだが、確かに今回対戦した2チームは、強化という観点から言えば物足りない相手だった。W杯本大会でニュージーランドやハイチほど弱いチームと対戦することはまず有り得ない。南米予選5位チーム(後にペルーに決定)との大陸間プレーオフを残すニュージランドはまだしも、1年前にすでに予選敗退しているハイチとの試合はまさに「何の意味があるのか」とも言いたくなるような一戦だっただろう。日本の選手たちのギアはイマイチ上がりきらず、案の定緩すぎる強化試合となってしまった。  ただ、そんな緩い中でも最低限クリアしなければならない一定の水準というものがある。この日の日本代表の戦い振りは、その最低限のOKラインにはほど遠く、あまりにも...more
カテゴリー:

川淵三郎「怒られてしまうけど…」歴代ルヴァン杯決勝前に頭をよぎった本音を告白 - 10月22日(日)01:27 

国内サッカー3大タイトルの1つ、YBCルヴァンカップを、テレビ東京で10月22日に放送されたサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)で特集。初代Jリーグチェアマンの川淵三郎とヤマザキビスケットの飯島茂彰社長の対談が実現し、25年目の大会について語り合った。ルヴァンカップは、1992年から25年にわたりヤマザキビスケットがスポンサーを続けているJリーグのカップ戦。同一企業による協賛で世界最長のカップ戦としてギネス世界記録にも認定されている伝統ある大会だ。対談で川淵は、1993年のJリーグ発足を前に「多くのクラブ関係者から賞金の出る大会を作って欲しいと強行に言われた」と明かし、自身も「サッカーには、天皇杯、リーグ、そしてリーグカップ。この3つのタイトルは必要不可欠」と考えていたという。しかし、リーグカップの動向が決まらないままにJリーグ開幕が迫り、川淵はスポンサー獲得に奔走。その時、手を挙げてくれたのが飯島社長だった。川淵は「助かったと思いました。僕としては足を向けて寝られないくらいの恩義を感じている」と感謝の思いを改めて口にした。一方、どうして飯島社長はスポンサーに名乗りを上げたのか? 当時、日本のスポーツでプロ化されていたのはプロ野球だけで、ほかにプロ化できるのは野球以外にサッカーしかないと感じたという。その考えに大きな影響を与えたのが、60年代はじめに仕事でイ...more
カテゴリー:

ハリル監督、鹿島昌子、植田の代表コンビを評価 - 10月21日(土)23:48 

 試合を見守った日本代表のハリルホジッチ監督は「互いにアクションがあり、いいゲームだった」と振り返った。鹿島のセンターバック、昌子と植田の代表コンビが失点に絡んだが、評価を下げることはなかった。  「失点は残念だが、植田は同点ゴールも決…
カテゴリー:

もっと見る

「ハリルホジッチ」の画像

もっと見る

「ハリルホジッチ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる