「ハリウッド映画」とは?

関連ニュース

偽ポルノ許すまじ、米俳優組合が立ち上がる - 04月24日(火)22:00 

Image: meyer_solitions/Shutterstock 肖像権の重要性は史上でもっとも高いかもしれません。アメリカにて、ハリウッド映画俳優やテレビ・ラジオの出演者が加盟する組合SAG-AFTRAが、現代の偽ポルノに大きな懸念を示しています。偽ポルノなんてのは昔からあるもので、時に芸能人の頭痛のタネです。が、現代では、人工知能によって未だかつてないほど安価で簡単に偽ポルノが作れてしまいます。偽ポルノの作り方ノウハウ交換コミュニティなんてものまであり、今や「Deepfake」と呼ばれる社会問題のひとつ。コミュニティや投稿を禁止する対応をとるプラットフォームもありましたが、消したところで氷山の一角。ターゲットにされることの多い芸能人は、個人で対応しきれる話ではありません。だからこそSAG-AFTRAなど、組合レベルで加盟メンバーを守る取り組みが必要なのです。SAG-AFTRA組合長であるGabrielle Carteris氏は、「組合員の画像を盗用し、不適切な(承諾のない)コンテンツに流用する技術をモニタリングしていく」と発表。ネタ元Deadlineの取材にて、SAG-AFTRAの担当者は、ポルノだけでなく、フェイクニュースや許可のない広告や動画を含め、組合員の画が無断利用されないような方法を検...more
カテゴリー:

【芸能】ローラ、いろいろな意味で深すぎる“胸の渓谷ショット”をインスタ公開! - 04月23日(月)13:51  mnewsplus

ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ! アサ芸プラス2018年4月23日05時59分 https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_102897/  モデルで女優のローラが4月15日、インスタグラムに大胆なタンクトップ姿の写真を投稿した。かねてより噂の豊かな胸の渓谷を見せつけた。 「バギーにまたがって立ち、赤いライダースのセットアップを着ているものの、ジャンパーは前が全開き。インナーの黒いタンクトップは、ハンドルを握る両腕によって寄せられ、胸が盛り上がっています。 そして、やや前...
»続きを読む
カテゴリー:

すみれ、芸能界休業の真相を告白 - 04月19日(木)10:30 

MCの梅沢富美男が、楽屋で聞いたうわさ話を直接本人に聞いて確かめてしまおうというトークバラエティー「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(フジテレビ系)が、4月18日からスタート。初回の放送では、ゲストにすみれ、細川たかし、高畑淳子、市川猿之助らが登場。すみれは芸能界休業の真相を告白した。 【写真を見る】高畑淳子は息子の現在の様子を明かした/2010年撮影 梅沢は「日本を捨てたって聞いたけど?」とすみれにズバッと質問。すると、すみれは「そんなことないですよ~」と全否定した。 7歳の時に母とハワイに移住、12歳の時にミュージカルと出合って演技にハマり、高校で舞台デビュー、そしてアメリカ最古の演劇学科がある名門カーネギーメロン大学に進学した。だが、日本とアメリカの文化の違いを学びたくて大学を休学、日本に戻った。 そこで、石田純一の娘として脚光を浴び、バラエティー番組に引っ張りだことなったが、周囲に合わせて無理に笑顔を作り、高い声を出し“おバカキャラ”を作っていたという。 2016年、そんな自分に限界を感じ、芸能界を休業。「自分を変えなきゃダメなのかな?」と悩み、ハリウッド進出を決意した。 現在はロサンゼルスに在住し、貯金を切り崩して質素な生活を送りながら、演技やダンスのレッスンを受け、映画のオーディションを受けまくり、来年のハリウッド映画に出演が決まったそう。 次回の「梅沢富美男のズバッと...more
カテゴリー:

森崎ウィンがスピルバーグ監督から直々にiPhone7をプレゼントされた理由を明かす! - 04月18日(水)19:39 

「ジュラシック・パーク」や、「インディ・ジョーンズ」シリーズなど、体感型エンタテインメントを手掛けてきたスティーヴン・スピルバーグ。バーチャル世界の大冒険を描いた最新監督作『レディ・プレイヤー1』(4月20日公開)で、侍のアバター〈ダイトウ〉を操る日本人・トシロウを演じた森崎ウィンが、その舞台裏を明かした。 【写真を見る】自身が演じるトシロウのアバター〈ダイトウ〉のフィギュアを手に、笑顔の森崎 ハリウッド映画への出演を目標にしていた森崎は、内容も知らずに“20代で英語がしゃべれる俳優”を探していたアメリカ映画のオーディションに参加した。「最初はタイトルもなにもわからない状態でした。二次オーディションでロサンゼルス に行ったら、そこにスピルバーグ監督がいて…。あまりの驚きに、まったく実感が湧きませんでした」と笑う。 スピルバーグからの要望は、侍らしい重厚なセリフ回し。「“マフニ”のように低い声でと言われたんです。“マフニ”ってなんだろうと悩んでいたら、“三船(ミフネ)”敏郎さんだと気がついて(笑)。三船さんの時代劇を見て勉強しました」。素顔のトシロウと〈ダイトウ〉のモーションキャプチャーも自ら演じるために、日本を発つ前には道場にも通ったそうで、「殺陣から刀を扱う所作まで、ひと通り習って撮影に臨んだんです」と役作りを明かしてくれた。 これまで映画やテレビ、舞台など多くの現場を経験し...more
カテゴリー:

【批評】映画パシフィックリムアップライジングはトランスフォーマー+エヴァンゲリオン - 04月14日(土)13:17  news

ハリウッド映画「パシフィックリム アップライジング」は、前作よりもトーンダウンしているものの、ファンの間では「まあまあ許せるデキ」という評価で落ち着いているようだ。 ・トランスフォーマーのような描写 今回はイェーガーと怪獣の戦いもあるものの、イェーガーとイェーガーの戦いもあり、そのシーンがまるでエヴァンゲリオン。さらにイェーガーと怪獣の戦いはまるでトランスフォーマーのような描写で、観客から「トランスフォーマーの続編かと思った」という声が出ているほど。 ・イェーガーから重量感が消えている 今回...
»続きを読む
カテゴリー:

「臭い支那人」 ゴミ散乱の上海ディズニーに腹を立てた中国人女子が発言し、精神日本人と批判される - 04月24日(火)15:40  news

2018年4月24日、観察者網によると、ネット上で中国人を罵倒する発言をして「精神日本人」と批判された女子大学院生に対し、所属するアモイ大学が処分を発表した。 女子学生は先日、上海ディズニーランドが開催したハリウッド映画「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の関連イベントに参加。 終了後の会場に大量のごみが散乱している様子に腹を立て、「臭い中国人ども!」と微博上で発言。 日本人が中国の蔑称として使用すると認識されている「支那」を想起させる表現を用いたこともあり、ネット上で「精神日本人」などと激し...
»続きを読む
カテゴリー:

2019年元旦に著作権消滅!パブリック・ドメイン化される名画たち - 04月20日(金)08:15 

米Atlanticが報じた情報によると、保護期間に変更が施された米国の著作権法が施行されることにより、2019年から数十年間、毎年元旦に発表年から95年をすぎた無数の本や楽曲、ハリウッド映画といった作品が「パブリック・ドメイン」になる。 【写真を見る】チャップリンのトレードマークといえば、このハットとステッキ!/写真:SPLASH/アフロ 「パブリック・ドメイン」とは知的財産権が消滅した公有状態を指す。なぜ2019年の元旦にパブリック・ドメイン化される作品に注目が集まっているかと言うと、1998年に制定された法律の改正で「1923年から1976年に著作権が認められた作品は95年間保護される」と定められたからだ。 著作権法にはこれまで何度か変更があったため、それに従い著作権保護の延長手続きが行われなかった同時期の作品に関しては、既にパブリック・ドメイン化してしまったものもある。しかし、延長手続きが行われ、未だ保護下にあった作品も来年元旦には公有化してしまうのだ。その中にはハリウッドの映画史に残る不朽の名作も多い。米Atlanticは、その中から、2019年にパブリック・ドメイン化する映画の一部をリストアップした。そのリストは以下の通り。 『巴里の女性』監督:チャールズ・チャップリン 『大北の怪異』監督:エドワード・スローマン 『漂泊の孤児/ダディー』監督:E・メイソン・ホッパー 『女...more
カテゴリー:

35年超ぶり映画館開業=社会変革と経済発展狙う-サウジ - 04月19日(木)06:07 

 【カイロ時事】サウジアラビアの首都リヤドで18日、約35年以上ぶりとなる映画館が開業し、政府関係者らを招いた記念の試写会が行われた。映画の解禁は、サウジの若き実力者ムハンマド皇太子主導で進む社会改革の一環。アワド文化情報相は「より活力のある経済と社会に変わるための歴史的瞬間だ」と強調した。 18日は招待客のみで、米ハリウッド映画「ブラック・パンサー」が上映された。一般客への上映は20日に始まる予定。イスラム教の戒律に厳格なサウジには、公共の場で男女を分ける厳しい規制があるが、映画館では男女が一緒の空間で鑑賞できるという。 【時事通信社】
カテゴリー:

【報道】ピュリツァー賞にニューヨーク・タイムズとニューヨーカー セクハラ疑惑追及姿勢を評価 - 04月17日(火)09:19  newsplus

2018/4/17 09:12  【ニューヨーク共同】米コロンビア大は16日、優れた報道などに贈る今年のピュリツァー賞を発表した。公益部門にはハリウッド映画界の大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタイン氏のセクハラ疑惑を追及した有力紙ニューヨーク・タイムズと雑誌ニューヨーカーを選んだ。  この報道を機に世界各地の女性らが自身の被害体験を証言する動きが拡大。ツイッターでハッシュタグ「#MeToo」(「私も」の意味)を付けた告発も活発化し「インパクトの強いジャーナリズム」と評価された。  調査報道部門には、連邦上...
»続きを読む
カテゴリー:

公文書改ざん問題 柳田國男に学ぶ「歴史とは何か?」【大塚英志氏寄稿】 - 04月13日(金)08:44 

ここ数週間、世間を大いに騒がせているのが、財務省が森友学園との国有地取引の際に交わした文書を書き換えていた事件だ。公文書とはすなわち、歴史を未来に語り継ぐ資料だが、時にそれは為政者や当事者の都合の良いものになり得ることは、歴史が証明済みだ。まんが原作者、批評家の大塚英志氏が、「『公文書』による歴史には不備がある」というところからスタートした民俗学者の柳田國男を例に、「歴史とは何か?」について解説する。  * * *  今回は「歴史とは何か」について考えましょう。手がかりはいつものように柳田國男です。  しかし、その前に私たちが何と無く考えている「歴史」とはどのような姿をしているか確かめておきましょう。  この章を書いている現在、世の中では、公文書の「改竄(かいざん)」が問題となっています。  何故、公文書の「改竄」が問題なのか。その理由は明確で「歴史」というのは「公文書」に基づくものだからです。歴史学が基礎資料とするのは、それぞれの時代に書かれた為政者たちの公の記録です。歴史の資料というと教科書などに「崩し字」の文書の写真が載っているのをイメージする人もいるでしょうが、あれが大抵の場合、その時代時代の「公文書」です。つまり、歴史学とは公文書に書かれていることを根拠に歴史を再現していく学問です。  ですから、公文書を「改竄」したり、消去したりすることは大袈裟でなく「歴史」を改竄するこ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ハリウッド映画」の画像

もっと見る

「ハリウッド映画」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる