「ハリウッド映画」とは?

関連ニュース

みんな集合!映画『銀魂』ポスタービジュアルが完成、新しい予告映像も解禁 - 04月24日(月)10:45 

空知英秋による人気ギャグ漫画を実写映像化する映画『銀魂』のポスタービジュアルが解禁されました。あわせて初出しとなるシーンをたっぷり収録した予告映像も公開されています。 その他の画像・動画つき【元記事】を見る 公開されたポスタービジュアルでは、主人公・坂田銀時(小栗旬)を中心に、志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちお馴染みの銀魂キャラたちが集合。宇宙船が飛び交う江戸の風景をバックにしたデザインとなっています。 新たに公開された予告映像では高層ビルが立ち並ぶ江戸の空を宇宙船が飛び交う「銀魂」の世界観をみせる映像からスタートし、銀さんと新八の出会い、激しく剣を交える迫力あるアクションなど、さまざまなシーンが披露されています。 映画「銀魂」は2017年7月14日から全国公開。 【関連記事】 ・ん〜、オシャンティ!『銀魂×大川ぶくぶ』コラボグッズ発売決定、すべてのグッズにミニ新八が付属 ・「銀魂」銀さん&沖田の寝起きシーンをイメージしたパジャマが登場、エリザベスのポーチほか同時販売 ・「銀魂×サンシャインシティプリンスホテル」コラボ、3月31日より宿泊プラン予約受付スタート、ルーム内装も公開 ・実写映画『銀魂』個性派揃い「真選組」近藤、土方、沖田のキャラビジュアル解禁 ・ハリウッド映画に劣らぬ出来!『名探偵コナン から紅の恋歌』はファン以外にもススメたい娯楽大作
in English
カテゴリー:

洋楽の人気曲ランキングTop50! カラオケで歌いたい最新ヒットソングも - 04月22日(土)15:00 

大学生のみなさんは、さまざまなシュチュエーションでカラオケを利用していますよね。最近はカラオケで歌える曲の幅もどんどん広くなり、洋楽についてもJ-POP同様にスタンダード曲から最新のヒット曲まで、さまざまな楽曲を歌うことができます。 そこで今回は洋楽曲の中からカラオケDAMで最も歌われている人気曲Top50をご紹介しましょう!だれもが知っている洋楽曲ばかりですよ! ■洋楽の人気曲ランキング 第1位 Let It Go [レット・イット・ゴー] 第2位 Happy Birthday To You [ハッピー・バースデイ・トゥ・ユー] 第3位 My Heart Will Go On [タイタニック・愛のテーマ] 第4位 A Whole New World (Aladdin's Theme) [ア・ホール・ニュー・ワールド(アラジンのテーマ)] 第5位 Love Yourself [ラヴ・ユアセルフ] 第6位 What Do You Mean? [ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?] 第7位 We Are Never Ever Getting Back Together [私たちは絶対にヨリを戻したりしない] 第8位 What Makes You Beautiful [ホワット・メイクス・ユー・ビューティフル] 第9位 Call Me Maybe [コール・ミ...more
in English
カテゴリー:

キングコング、今度はテレビドラマで大暴れ! - 04月22日(土)11:30 

 ハリウッド映画を代表するモンスターであるキングコングを題材にした実写テレビドラマが準備中だと、米Indiewireが報じた。  キングコングといえば、今年「キングコング 髑髏島の巨神」(ジョーダン・ボート=ロバーツ監督)が公開されたばかり。テレビドラマ版は、メリアン・C・クーパー監督の古典「キングコング」(1933)と、ジョー・デビートによる冒険小説「Kong: King of Skull Island」を下敷きに、女性のヒロインを主人公にしたドラマとなる予定で、キングコングの生まれ育った髑髏(どくろ)島の恐怖と、キングコングの起源が描かれることになるという。  原題は「King Kong Skull Island」(キング・コング・スカル・アイランド)だが、映画版とは直接関係しないようだ。IMグローバルとマービスタ・エンターテイメントが共同で準備しており、ステイシー・タイトルとジョナサン・ペナーの脚本家コンビ(テレビ映画「ローン・レンジャー 復讐のガンマン」)が脚本を執筆する。  なお、「キングコング 髑髏島の巨神」を手がけた米レジェンダリー・ピクチャーズは、キングコングとゴジラとの対決を描く「Godzilla vs. Kong(原題)」の公開を2020年に予定している。 【作品情報】 ・キングコング 髑髏島の巨神 【関連記事】 ・【作品情報】「キングコング 髑髏島の...more
in English
カテゴリー:

ハリウッド映画のヒーローコスチュームデザインの巨匠・Ironhead Studioのホセ・フェルナンデス氏がデザインを語る - 04月21日(金)23:00 

バットマンやアベンジャーズなど、数々のハリウッド映画のヒーローのコスチュームデザインを手がけるIronhead Studioのホセ・フェルナンデス氏が、特殊メイクの作品展Monsterpalooza 2017で、自らデザインした作品を前にして、デザインについて語っています。続きを読む...
in English
カテゴリー:

恋のライバル出現「修羅場シーンで…」 広瀬アリスさん - 04月21日(金)19:31 

 雑誌「セブンティーン」の専属モデル卒業後、ドラマや映画での活躍が著しい広瀬アリスさん(22)。今年は初の舞台「世界」に出演したほか、7月公開のハリウッド映画「パワーレンジャー」では日本語吹き替え版の…
in English
カテゴリー:

イマジン・エンタテインメント、長編アニメ製作に進出 - 04月23日(日)19:30 

 「アポロ13」「ダ・ヴィンチ・コード」「J・エドガー」といった大人向きの実写映画で知られる制作会社イマジン・エンタテインメントが、ファミリー向けの長編アニメーション製作に乗り出すことが明らかになったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じている。  ロン・ハワード監督とプロデューサーのブライアン・グレイザー氏が率いる同社は、オーストラリアのVFX工房アニマル・ロジックと複数の長編アニメーションを制作する契約を締結。これまで、ハワード監督作を中心に大人の観客をターゲットにした作品を製作してきたが、昨今のトレンドの変化により、ヒットを期待できるアニメーションに進出することにしたという。  イマジン・エンタテインメントは、テレビアニメ「おさるのジョージ」を手掛けているものの、長編アニメ製作は今回が初めて。パートナーに選んだアニマル・ロジックは、さまざまなハリウッド映画のVFXを手掛けるとともに、「ハッピーフィート」シリーズや「LEGO(R) ムービー」シリーズを担当している。  1作あたりの製作費は、ピクサーやディズニーの半分となる7500万ドルから8500万ドルで、今後5年間で長編アニメーション6本を製作する予定。現在は出資パートナーを探しているという。 【作品情報】 ・アポロ13
in English
カテゴリー:

キングコング、今度はテレビドラマで大暴れ! - 04月22日(土)11:30 

ハリウッド映画を代表するモンスターであるキングコングを題材にした実写テレビドラマが準備中だと、米Indiewireが報じた。キングコングといえば、今年「キングコング 髑髏島の巨神」(ジョーダン・...
in English
カテゴリー:

ハリウッド映画に劣らぬ出来!『名探偵コナン から紅の恋歌』はファン以外にもススメたい娯楽大作 - 04月22日(土)08:30 

今やすっかり春の定番となった『劇場版 名探偵コナン』シリーズ。昨年は節目となる20作品目『純黒の悪夢』を発表し、興行収入60億円を超える大ヒットを記録しました。 『ONE PIECE』『アカギ』『ゴルゴ13』… 実は終わりが決まってる“人気長寿漫画” 2011年以降、右肩上がりで興行成績を伸ばし続けているこのシリーズ。小気味よい推理展開と迫力あるアクション、友情や恋愛要素、多数の魅力的なキャラクターなど多くの魅力を内包しており、年々ファンを増加させているのもうなずけます。 昨年の盛り上がりでさらにファン層を拡大したのか、21作目となる最新作『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのらぶれたー)』も、前作をうわ回る初速の動員です。ファンの満足度も高いようです。 今回の作品は、シリーズ7作目の「迷宮の十字路」以来の服部平次と遠山和葉の2人が活躍する物語。昔から同シリーズを応援し続けている人には懐かしさも感じさせる一方で、新規のファンには新たな魅力を提供しています。 何より、娯楽映画としてとてもよく作り込まれているので、コナンシリーズを観たことのない人でもおおいに楽しめるようになっているのが素晴らしいですね。 原点回帰で、推理もラブコメも満載の最新作 コナンシリーズといえば、推理による事件解決が物語の王道。ここ数年の劇場版ではアクションの要素が強かったですが、今回はしっか...more
in English
カテゴリー:

新日本フィル 2017/18シーズンプログラム発表 - 04月21日(金)21:08 

新日本フィルハーモニー交響楽団が、2017/18シーズンのラインナップを発表した。「新日本フィルハーモニー交響楽団」のチケット情報(PC)長年ドイツのオペラハウスで活躍し、国際的評価の高い指揮者・上岡敏之を音楽監督に迎えて2シーズン目となる2017/18シーズン。その中核をなす定期演奏会は、本拠地すみだトリフォニーホールでの「トパーズ」、サントリーホール・シリーズ「ジェイド」、金曜・土曜14時開演のアフタヌーン・コンサート「ルビー」の3シリーズ(全24公演)。上岡はうち8公演に登場し、ラヴェルの「ラ・ヴァルス」、シューマンの交響曲第1番「春」、ツェムリンスキーの「人魚姫」、ブルックナーの交響曲第6番などを指揮する。「映画で例えるなら、ハリウッド映画ではなくヨーロッパ映画です。絢爛豪華な花火ではなく、聴いた後で心に残り、何かを考えさせてくれるようなプログラムを目指しました」と上岡が語るとおり、派手さはないものの、奇をてらわずに作品と真っ向勝負の気概がうかがえる内容となった。客演の指揮者やソリストも実力者揃い。ウィーン・フィルのコンマス、ライナー・ホーネック、現代音楽に定評あるマルクス・シュテンツ、モーツァルトのピアノ協奏曲で上岡と共演するアンヌ・ケフェレック、自作を指揮する作曲家タン・ドゥン、北欧の巨匠オッコ・カムと錚々たる顔ぶれだ。「決してビジネスではなく、音楽と真摯に向き合って我...more
in English
カテゴリー:

『ゴースト・イン・ザ・シェル』はポスト・トゥルース時代への回答である - 04月21日(金)18:00 

ライター・編集者の飯田一史さんとSF・文芸評論家の藤田直哉さんによる、話題の作品をランダムに取り上げて時評する文化放談。今回は『ゴースト・イン・ザ・シェル』について語り合います。ポスト・トゥルース時代への一つの回答?藤田 士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』などを原作として、ハリウッドで映画化が実現した『ゴースト・イン・ザ・シェル』が話題になっています。賛否両論で、どちらかというと否の方が目立つのですが、ぼくは圧倒的に賛です。あれだけの映像を3Dでこの解像度で観れるというだけで凄いんですが、なにより一番いいと思ったのは、過去の『攻殻機動隊』を踏まえて、ポスト・トゥルース時代を見据えた提案をしてきたところです。 士郎正宗の原作、押井守の『攻殻機動隊』『イノセンス』、神山健治の『SAC』、そして『ARISE』と綿々と続いてきた攻殻のエッセンスや主題を引き継ぎつつ、大予算で映画化した感じですね。飯田 僕は……あんまりピンとこなかったです。ずいぶん、しめっぽい『攻殻』だなあと。『ARISE』の(悪?)影響かなあ、と。主人公である公安9課・素子のアイデンティティの話を掘って「偽の記憶が埋め込まれてる」とかやられても、そういうのは『ARISE』でもやっていたし。過去いちばんうじうじしている素子。もっとからっとしているところが、あのキャラクターのいいところだと思っていたんだけど。内面や過去をがっつり描く...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ハリウッド映画」の画像

もっと見る

「ハリウッド映画」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる