「ハダカデバネズミ」とは?

「ハダカデバネズミ」の画像

もっと見る

「ハダカデバネズミ」の動画

Wikipedia

ハダカデバネズミ(裸出歯鼠、''Heterocephalus glaber'')は、動物界脊索動物門哺乳綱ネズミ目(齧歯目)デバネズミ科ハダカデバネズミ属に分類される齧歯類。本種のみでハダカデバネズミ属を構成する。

分布

エチオピアケニアジブチソマリアソマリランド

形態

体長8-9cm、尾長3-4.5cm、体重30ー80gとデバネズミ科最小種。体表には接触に対して感度の高い細かい体毛しか生えていない。種小名glaberは「無毛の、毛のない」の意で、和名や英名(naked=裸の)とほぼ同義。口唇が門歯の後ろで閉じるようになっており、穴を掘るときに土が口内に侵入するのを防いでいる。

体毛が無いことや環境の変動が少ない地中で生活するためか、体温を調節する機能がなく体温も低い(変温動物)。

生態

正面から撮影 地中の巣で集団生活を営む 食事の様子 成獣と幼獣 完全地中棲。平均80頭、最大300頭もの大規模な群れを形成し生活する。後述するように本種は哺乳類では数少ない...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる