「ハダカデバネズミ」とは?

関連ニュース

酸素無くても18分生存 ハダカデバネズミ - 04月24日(月)13:10 

地中にすむネズミの仲間「ハダカデバネズミ」は酸素がない環境で18分も耐え、大きなダメージも残らなかったとの研究結果を米国などの研究チームが21日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。 緊急時に通常の酸素呼吸とは別の仕組みでエネルギーを生み出したとみられる。チームは「心臓病などで、無酸素状態になった際に起こる損傷を防ぐ治療につながる可能性がある」としている。 チームはマウスとハダカデバネズミ...
in English
カテゴリー:

ハダカデバネズミ、酸欠状態でも5時間生存 研究 - 04月21日(金)13:35 

【4月21日 AFP】体毛がほぼないように見えるハダカデバネズミには、酸素が乏しい環境において体内の糖をエネルギーに代えるユニークな能力が備わっているとする研究論文が20日、発表された。≫続きを読む
in English
カテゴリー:

【生き物】ハダカデバネズミ、酸欠状態でも5時間生存 研究 - 04月21日(金)22:17 

http://www.afpbb.com/articles/-/3125934?act=all 【4月21日 AFP】体毛がほぼないように見えるハダカデバネズミには、酸素が乏しい環境において体内の糖をエネルギーに代えるユニークな能力が備わっているとする研究論文が20日、発表された。将来的には、心臓発作や脳卒中の患者の治療の一助となる可能性があるという。  米科学誌「サイエンス(Science)」に発表された論文は、人では数分で絶命してしまうほど酸素量が低い状況においても、ハダカデバネズミは、最低5時間は生存し続けることが可能としている。  そのような状況...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「ハダカデバネズミ」の画像

もっと見る

「ハダカデバネズミ」の動画

Wikipedia

ハダカデバネズミ(裸出歯鼠、''Heterocephalus glaber'')は、動物界脊索動物門哺乳綱ネズミ目(齧歯目)デバネズミ科ハダカデバネズミ属に分類される齧歯類。本種のみでハダカデバネズミ属を構成する。

分布

エチオピアケニアジブチソマリアソマリランド

形態

体長8-9cm、尾長3-4.5cm、体重30ー80gとデバネズミ科最小種。体表には接触に対して感度の高い細かい体毛しか生えていない。種小名glaberは「無毛の、毛のない」の意で、和名や英名(naked=裸の)とほぼ同義。口唇が門歯の後ろで閉じるようになっており、穴を掘るときに土が口内に侵入するのを防いでいる。

体毛が無いことや環境の変動が少ない地中で生活するためか、体温を調節する機能がなく体温も低い(変温動物)。

生態

正面から撮影 地中の巣で集団生活を営む 食事の様子 成獣と幼獣 完全地中棲。平均80頭、最大300頭もの大規模な群れを形成し生活する。後述するように本種は哺乳類では数少ない...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる