「ハイブリッド車」とは?

関連ニュース

日産:電動8車種投入 中期計画、市場拡大図る - 04月20日(金)20:54 

 日産自動車は20日、国内事業の中期計画を発表し、2022年度末までに新たに3車種の電気自動車(EV)を投入する方針を示した。エンジンが発電した電気で動く独自技術「e-POWER(イーパワー)」を搭載したハイブリッド車(HV)も新たに5車種で導入。電動車の商品展開を強化して市場の成長を引っ張りたい考
カテゴリー:

【EV自動車】日産自動車、EV関連8車種を投入 22年度までに - 04月20日(金)17:38  bizplus

日本経済新聞 2018/4/20 15:40 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29631150Q8A420C1000000/  日産自動車は20日、国内事業の中期計画を発表した。2022年度までにハイブリッド車(HV)を含む 電気自動車(EV)を8車種投入する。現行のEVは「リーフ」など4車種。ラインアップを増やし 販売台数に占めるEVの割合を25年度までに5割超にする考えだ。3月には電動車の世界販売を 22年度までに約6倍の年100万台にする計画を発表していた。  22年度までに新型のEVを3車種、エンジンで発電してモーターだけで駆動す...
»続きを読む
カテゴリー:

Rumormill: スバルが「エヴォルティス」という名称の商標登録を申請! 年内に登場するプラグイン・ハイブリッド車の名前か? - 04月19日(木)17:00 

Filed under: ハイブリッド, グリーン, うわさ, スバル, 電気自動車スバルが米国特許商標庁に「Evoltis(エヴォルティス)」という名称の登録を申請していたことが分かった。これは米国の販売会社スバル・オブ・アメリカではなく、日本の株式会社SUBARUが申請したもので、その語感から同社が開発中のプラグイン・ハイブリッド車に与えるためではないかとみられている。 Continue reading スバルが「エヴォルティス」という名称の商標登録を申請! 年内に登場するプラグイン・ハイブリッド車の名前か?スバルが「エヴォルティス」という名称の商標登録を申請! 年内に登場するプラグイン・ハイブリッド車の名前か? originally appeared on Autoblog Japan on Thu, 19 Apr 2018 04:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

【EV】日本版「EV戦略」へ 官民挙げ議論 EVシフトに危機感 - 04月18日(水)20:54  bizplus

電気自動車を普及させる世界的な「EVシフト」に対応するため、国内メーカーのトップなどが参加した次世代自動車の戦略づくりが始まりました。 経済産業省は18日、トヨタ自動車の豊田社長やマツダの小飼社長など自動車大手のトップや有識者からなる、次世代自動車の戦略を検討するための初会合を開きました。 この中で世耕経済産業大臣は、「自動車産業は100年に一度の大きな変革の時代だ。日本が高い競争力を持つための方策を官民が一体となって考える必要がある」と述べました。 次世代自動車をめぐっては、電気自動車の普...
»続きを読む
カテゴリー:

【資源】世界消費量の数百年分存在 日本の海底にレアアース 研究チーム - 04月10日(火)18:54  newsplus

ハイテク製品に欠かせない希少な金属「レアアース」が、日本の排他的経済水域の海底に世界の消費量の数百年分存在しているとする研究成果を早稲田大学などの研究チームがまとめました。 早稲田大学の高谷雄太郎講師と東京大学などの研究チームは、日本の排他的経済水域にある南鳥島の南側およそ2500平方キロメートルの範囲の25か所で海底の泥を採取し、ハイテク製品に欠かせない希少な金属「レアアース」がどのくらい存在するのか調べました。 その結果、ハイブリッド車のモーターに使われる「ジスプロシウム」や液晶テレビに使...
»続きを読む
カテゴリー:

【日産】2025年までに国内販売の半数以上を「電動車」に - 04月20日(金)19:46  newsplus

日産自動車は、2025年度までに国内の販売台数の半数以上をハイブリッド車も含めた「電動車」にする方針を明らかにしました。 発表によりますと、日産自動車は、2022年度までに電気自動車3車種とエンジンで発電した電気で走る新しいタイプのエコカー、5車種を国内市場に投入する計画です。 このうち、電気自動車は軽自動車やSUV=多目的スポーツ車などを投入する方針で、幅広い車種をそろえて販売を加速させるとしています。これによって日産は、国内の販売台数に占める電動車の割合を、2025年度までに現在の2割か...
»続きを読む
カテゴリー:

日産がEV3車種発売へ 22年度までに日本で - 04月20日(金)17:01 

 日産自動車は20日、2022年度までに、日本で電気自動車(EV)3車種を新たに発売すると発表した。ハイブリッド車(HV)も5車種を追加し、電動車両の販売を加速する。
カテゴリー:

【経済】経産省や自動車大手各社、官民挙げての次世代自動車戦略づくり開始 世界的なEVシフトに危機感 - 04月18日(水)22:13  newsplus

NHKニュース 4月18日 16時45分 電気自動車を普及させる世界的な「EVシフト」に対応するため、国内メーカーのトップなどが参加した次世代自動車の戦略づくりが始まりました。 経済産業省は18日、トヨタ自動車の豊田社長やマツダの小飼社長など自動車大手のトップや有識者からなる、次世代自動車の戦略を検討するための初会合を開きました。 この中で世耕経済産業大臣は、「自動車産業は100年に一度の大きな変革の時代だ。日本が高い競争力を持つための方策を官民が一体となって考える必要がある」と述べました。 次世代自動...
»続きを読む
カテゴリー:

東日本大震災の「絆」を途切れさせないために。電気自動車で巡る東北被災地の今 - 04月12日(木)15:51 

 喉元過ぎればなんとやら……。2011年3月の東日本大震災からすでに7年以上がたって、当時、日本社会を席巻した「絆」も途切れがちになっている気がする。  人との出会い、被災地への思いなど、絆は行動を起こしてこそ繋がっていく。そんななか、一般社団法人日本EVクラブが「電気自動車 EVスーパーセブンで東北被災地を巡る旅」を計画。クラウドファンディング「CAMPFIRE」を通じて、旅への参加者と支援を募集している(募集期間は5月1日まで)。  EVスーパーセブンは、日本EVクラブがケータハムスーパーセブンを手作りで改造した電気自動車(EV)で、日本国内の急速充電にも対応している。2013年には「チャデモでつなぐ日本一周 EVスーパーセブン急速充電の旅」に挑戦し、56日間をかけて、急速充電だけを繰り返して日本一周することに成功した。  その後、電気系のトラブルで走行不能になっていたが、世界のEVシフトが急展開で進む中、日本国内の気運がなかなか高まっていかないことに、日本EVクラブ代表理事の舘内端氏をはじめとする日本EVクラブの有志が一念発起。2017年から本気で修理に着手して、この春、無事に復活を果たすことができたのだ。 ◆“電気の供給”もできる電気自動車でゼロ・エミッション・キャンプ  旅のテーマは「REBORN & Energy supply」。...more
カテゴリー:

TOYOTA GAZOO Racing、「TS050 HYBRID」でWECスーパーシーズンに参戦 - 04月06日(金)16:15 

TOYOTA GAZOO Racingは5日、2018年から2019年にかけて開催予定のFIA世界耐久選手権(WEC)スーパーシーズンに参戦すると発表した。同シリーズには、先端ハイブリッド車両である「TS050 HYBRID」で挑むとのこと。今シーズンの「TS050 HYBRID」は、最大1,000馬力を誇るハイブリッド・パワートレーンの信頼性の向上と、更なる燃料規制に挑戦すべく改良されているが、それ以外の部分は3連勝でシーズンを締めくくった2017年仕様と大きな変化はない。
カテゴリー:

もっと見る

「ハイブリッド車」の画像

もっと見る

「ハイブリッド車」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる