「ハイチ」とは?

関連ニュース

元パイレーツ・浅田好未「だっちゅーの」見た子どもの反応明かす - 01月19日(金)14:00 

元お笑いコンビ・パイレーツでタレントの浅田好未が18日、「だっちゅーの」を見た子どもの反応をアメブロにつづった。 浅田と西本はるかのコンビ・パイレーツによる「だっちゅーの」は、1998年に新語・流行語大賞を受賞。2001年に西本が女優を目指すという理由でパイレーツを脱退し解散後、浅田は事務所を移籍し、宇恵さやかと新生パイレーツを結成するも、2004年に再解散した。浅田は2007年に一般男性と結婚し、同年11月に第一子となる長男、2012年に長女を出産している。 「この前の成人の日のテレビに『98年の出来事』みたいな感じで流行語大賞の時の私が出ていたのよ」と切り出した浅田。「偶然家族で見ていたから子供たちに「ママ若い〜」とか言われたんだけれど、そりゃ20年前だもん、あの頃は若かった!」とコメントした。 続けて西本は「流行語大賞のVTRを見た後に娘が「ママ見て!『ぴかちゅーの』とだっちゅーのマネをした」とエピソードを紹介。「ぴかちゅーのじゃないよ」と教えたところ、「今度はしばらく考えて「ハイチュウーの」だって、それも違う!」とほほえましいやりとりを明かし、「けれどその間違いも可愛いからなんでも良し。笑」と大らかに締めくくった。 【関連記事】 ・ぴかちゅーの!(浅田好未 オフィシャルブログ) ・浅田好未、コストコのクラムチャウダーをめぐる家族のやり取り ・菜乃花、白ビキニ姿のオフ...more
カテゴリー:

なぜアメリカ社会ではつねに黒人が「人種問題」になるのか [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録 - 01月18日(木)17:00 

トランプ米大統領がハイチやエルサルバドル、アフリカ諸国からの移民を「肥溜め(shithole)のような国から来た奴ら」と侮辱したことに抗議の声が広がっている。アフリカ諸国連合(AU)やハイチ政府はもちろんのこと、全米黒人地位向上委員会(NAACP)も「大統領は白人至上主義者という醜い過去に米国を引き戻そうとしている」と非難した(日経新聞2018年1月16日朝刊)。
カテゴリー:

放送禁止レベル トランプ氏の「差別発言」疑惑で広がる波紋 - 01月15日(月)20:00 

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。1月15日(月)放送の「BREAKFAST NEWS」のコーナーでは、ジャーナリストの仲野博文さんに「トランプ大統領の差別発言疑惑で広がる波紋」について伺いました。 現在アメリカで問題となっているのは、11日(木)にホワイトハウスの大統領執務室の中で発せられたとされる、トランプ大統領による「肥溜め(“Shithole”)のような国からの移民はいらない」という趣旨の発言。非公開の場での発言だったものの、多くの議員の前で発せられたとされるその発言は、世界中でニュースとして報道されました。実際に使われたと言われる“Shithole”という言葉は、アメリカでは放送禁止用語に定められるレベルのワード。仲野さんによると「(ニュースを報じる際)各国では“Shithole”の訳し方に頭を抱えている状態」なのだとか。 トランプ大統領と言えば、これまでにも差別的な発言が問題視されていました。例えばカリブ海に浮かぶ島国、ハイチの国民に対する「病気ばかり持っているハイチ人にはアメリカに来てほしくない」という趣旨の発言。当時ハイチ人コミュニティから強い抗議を受ける事態となりました。 まもなく就任から1年を迎えるトランプ大統領。ワシントンポストの調査によると「(トランプ大統領の)事実とは異なる発言の数はこの1年で2,0...more
カテゴリー:

トランプ大統領「私は人種差別主義者でない」 - 01月15日(月)15:18 

 アフリカ諸国やハイチからの移民について「便所のような国から来た人々」と表現したとされ、批判を受けていたアメリカのトランプ大統領は14日、「私は人種差別主義者ではない」と述べ、発言を改めて否定しました。
カテゴリー:

米大統領「人種差別主義者ではない」、移民巡る不適切発言で釈明 - 01月15日(月)13:50 

[ウェストパームビーチ(米フロリダ州) 14日 ロイター] - トランプ米大統領が議員らとの会合で、ハイチやアフリカ諸国からの移民受け入れに疑問を呈し、下品な言葉を使ってこれらの国を「不潔極まる」と呼んだと報じられ、人種差別主義者との批判が強まったことを受け、大統領は14日、「私は人種差別主義者ではない」と強調した。
カテゴリー:

ショーン・ペン、トランプに激怒「彼は人類の敵」 - 01月19日(金)12:35 

俳優のショーン・ペンはタイム誌に寄せた自らの署名記事の中で、ドナルド・トランプ米大統領は「人類、慈悲心、国家の敵だ」と痛烈に批判した。記事中でペンは、トランプがアフリカの国々や大地震の被害に遭ったハイチを「汚い国」と表現したことを取り上げた。それらは、ペンが人道支援活動で援助してきた国々でもある。ペンはまず、2010年1月12日に発生したハイチ地震に際し、当時のバラク・オバマ大統領が2万2000人規模の部隊を派遣したことを評価した。ハイチ地震8周年を特集した署名記事でペンは、ハイチに対するこれまでの支援活動と、この島国が今なお苦しむ問題について詳しく語っている。「地震のあったこの日、私たちは、被害に遭った人々の思いやり、勇気、喪失感、苦難、勇姿に想いを寄せなければならない。私たちは、脱することのできた貧困、回避できたはずのコレラ、さらに大型ハリケーン・マシューの犠牲になった人々に哀悼の意を表さなければならない。私たちは、被害に苦しむ美しい島国を支援する思いやりを持つ米国を忘れてはいけない。ハイチの人々は米国を応援し、愛してくれた」とペンは書いている。「ところが私たち米国民は、国のことを口の達者なセールスマンに与えられた贈り物としか考えていない男に、無理やり注目させられてきた」ペンのトランプに対する攻撃は止まらない。「トランプは、米国をわずかひと握りの有権者の奴隷にしようとしている。...more
カテゴリー:

便所発言「ねじ曲げられた」=移民政策で民主党けん制-米大統領 - 01月16日(火)08:08 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領がハイチやアフリカ諸国を「便所のような国」と侮辱したとされる問題で、トランプ氏は15日、発言したのは事実だと主張する民主党のダービン上院議員について、ツイッターで「完全にねじ曲げて伝えている」と非難した。 その上で、子供時代に不法移民の親に連れられ渡米した若者を強制送還の対象から外す措置「DACA(ダカ)」に言及。「信頼がなければ合意はできない。ダービンはダカを台無しにした」と投稿し、ダカ延長を求める民主党をけん制した。 【時事通信社】
カテゴリー:

「人種差別主義者ではない」 トランプ氏「肥だめ」発言を改めて否定 - 01月15日(月)15:59 

【1月15日 AFP】ドナルド・トランプ米大統領は14日、歓迎しない移民の出身国としてアフリカ諸国やハイチを「肥だめ」国家と呼んだとされ、各国から猛烈な非難を浴びている問題で、「私は人種差別主義者ではない」と強調し、改めて発言を否定した。≫続きを読む
カテゴリー:

米大統領「人種差別主義者ではない」、移民巡る不適切発言で釈明 - 01月15日(月)14:27 

[ウェストパームビーチ(米フロリダ州) 14日 ロイター] - トランプ米大統領が議員らとの会合で、ハイチやアフリカ諸国からの移民受け入れに疑問を呈し、下品な言葉を使ってこれらの国を「不潔極まる」と呼んだと報じられ、人種差別主義者との批判が強まったことを受け、大統領は14日、「私は人種差別主義者ではない」と強調した。 大統領はまた、幼少期に親と不法入国した「ドリーマー」を強制送還から救済する措置
カテゴリー:

「SMすぎるスポーツジム」を調査『月曜から夜ふかし』で潜入 - 01月15日(月)11:25 

マツコ・デラックスと関ジャニ∞の村上信五が、日本全国の気になることを深掘りしていく番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系、毎週月曜23:59~)。1月15日放送回では、「○○すぎる○○を調査した件」「眠らない街で個人的ニュースを聞いてみた件」「「言われてみれば見た事のないものを調査した件」などの企画が展開される。「○○すぎる○○を調査した件」では、「SMすぎるスポーツジム」「京都 ファンキーすぎる仏像」「アレが多すぎる名人」「油断できなさすぎる江の島」などを調査し、VTRで紹介していく。また、「眠らない街で個人的ニュースを聞いてみた件~西川口~」では、昼間にラジオ体操をしている人たちや、孔子の末裔だという人に直撃取材。さらに、マイケル・ジャクソンと同い年で、“何かしなきゃ”と思っている人や、幽霊が出るキャバクラについても調べる。そして、「言われてみれば見た事のないものを調査した件 Part19」では、「足立さんと荒川さんの名刺交換」「リカちゃんハウスの古民家タイプ」「ハイチュウ 上ミノ味 を作ってみた!」「サンタクロースが入れる煙突の大きさの限界に、青山めぐがサンタクロース姿で挑戦」といったテーマを掘り下げていく。 関連リンク 加藤紀子、人気芸人のなりすましから個人情報聞かれるも「いい人だと思う」 ...more
カテゴリー:

もっと見る

「ハイチ」の画像

もっと見る

「ハイチ」の動画

Wikipedia

2004年2月5日「」が北部の町ゴナイーヴで蜂起し、武力衝突が発生した()。1994年以降に国軍の解体が進められていたこともあり、反政府武装勢力に対し政府側は武力で十分な抵抗することは出来なかった。2月29日、アリスティド大統領は辞任し、隣国ドミニカ共和国へ出国、中央アフリカ共和国に亡命し、アリスティド前大統領は中央アフリカ共和国においてフランス軍の保護下に入った(この顛末については、ジョージ・W・ブッシュ政権下のアメリカの関与も指摘されている)。アレクサンドル最高裁長官が1987年の憲法の規定に従って暫定大統領になった。三者評議会は直ちに賢人会議を立ち上げ、長く国連事務局にあったラトルチュを首相に指名、組閣が行われた。一連の動きに対し国連は臨時大統領アレクサンドルの要請に基づき多国籍暫定軍(MIF)の現地展開を承認し、3月1日には主力のアメリカ軍がハイチに上陸した(Operation Secure Tomorrow)。4月20日にはが採択され、MIFの後続としてブラジル陸軍を主力とする...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる