「ノーベル平和賞」とは?

関連ニュース

ロシア「獄中で電気ショック、性的暴行、背骨骨折、ナイフ傷多数、絞殺されたけど自殺…いや病死」 - 04月20日(金)00:57  news

「電気ショック、性的暴行、背骨骨折」それでも自殺 ロシア起業家の凄絶な獄中死 https://this.kiji.is/359504892144370785 ロシアの留置施設で2月、詐欺・横領の疑いで逮捕され勾留中の起業家の男性が首をつって死んでいるのが見つかった。当初は自殺として処理されたが、遺族は自殺ではなく、持病の心臓病の治療を受けられなかったための病死だと主張。 しかし、実態はさらにおぞましいものだった。司法解剖の結果、男性の遺体から「電気ショックによるやけど、性的暴行、骨折した背骨、体中のナイフの切り傷」の痕跡が次々と見...
»続きを読む
カテゴリー:

「北朝鮮核問題の解決に核禁条約を」ICAN川崎さん - 04月17日(火)11:10 

 核兵器の開発や使用などを禁じた核兵器禁止条約の国連での採択に貢献し、昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN(アイキャン))の国際運営委員、川崎哲(あきら)さ…
カテゴリー:

英女王をノーベル平和賞候補に 英連邦加盟国で推薦の動き広がる - 04月10日(火)08:48 

【ロンドン共同】英連邦の維持に尽力してきた英国のエリザベス女王(91)をノーベル平和賞に推薦しようとする動きが連邦...
カテゴリー:

【今は】マララさん母国訪問終える パキスタン出発、英国へ 「今は政治家に興味ない」 - 04月02日(月)17:43  newsplus

ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさん(20)が2日、一時帰国していた母国パキスタンでの5日間の滞在を終え、居住地の英国に向けて出国した。  マララさんは滞在中、地元紙のインタビューで将来について「女子教育の支援を続けていきたい」と強調した。以前は政治の道に進み、パキスタンの首相を目指すと語ったが「首相になっても全ての問題が解決するわけではない。今は政治家に興味がない。勉強を終えたらパキスタンに戻って来たい」と話した。  現在、英オックスフォード大に通うマララさんは3月29日、事前の予...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】韓国歴代大統領の悲惨な末路 中国ネット「そもそも国の成り立ちがおかしいから」「北朝鮮の方がマシ」★2 - 03月23日(金)11:18  newsplus

2018年3月20日、今晩報の微博アカウントは、韓国の歴代大統領の末路をリストアップし、誰一人としてまともな余生を過ごせていないことを指摘した。 記事は、現任の文在寅大統領の前に韓国大統領を務めた11人の「その後」を初代の李承晩大統領から順に以下のように紹介している。 1.李承晩氏…四月革命で失脚、ハワイに亡命 2.尹●善(ユン・ボソン、●はさんずいに普)氏…2年のかいらい大統領 3.朴正煕(パク・チョンヒ)氏…18年統治の末刺殺される 4.崔圭夏(チェ・ギュハ)氏…就任から6日でクーデター発生 5.全斗煥(チョン...
»続きを読む
カテゴリー:

【恐露】電気ショックによる火傷、背骨は折れ、体中にナイフの切り傷、性的暴行…警察発表は「自殺」 ロシア起業家の凄絶な獄中死 - 04月19日(木)23:28  newsplus

◆「電気ショック、性的暴行、背骨骨折」それでも自殺 ロシア起業家の凄絶な獄中死 ロシアの留置施設で2月、詐欺・横領の疑いで逮捕され勾留中の起業家の男性が首をつって死んでいるのが見つかった。 当初は自殺として処理されたが、遺族は自殺ではなく、持病の心臓病の治療を受けられなかったための病死だと主張。 しかし、実態はさらにおぞましいものだった。 司法解剖の結果、男性の遺体から「電気ショックによるやけど、性的暴行、骨折した背骨、体中のナイフの切り傷」の痕跡が次々と見つかり、死因は頸部の外傷と首を絞めら...
»続きを読む
カテゴリー:

「核禁止条約に署名を」 川崎哲氏ら政府に要請 - 04月13日(金)19:18 

核拡散防止条約(NPT)再検討会議の第2回準備委員会がスイスで4月下旬から始まるのを前に、ノーベル平和賞を昨年受賞...
カテゴリー:

4月8日付・5年半ぶりの帰郷 - 04月08日(日)09:29 

女子が教育を受ける権利を訴え、2014年にノーベル平和賞を受けたマララ・ユスフザイさんが、母国パキスタンに5日間の一時帰国をした▲マララさんは12年10月、イスラム武装勢力に銃撃されて重体となった。
カテゴリー:

【パキスタン】軍が警備しヘリコプターで移動しながらノーベル平和賞受賞者のマララさん帰郷 - 04月02日(月)07:35  newsplus

 女子教育の重要性を訴えて2012年10月にイスラム武装勢力に銃撃されたノーベル平和賞受賞者マララ・ユスフザイさん(20)が31日、生まれ故郷のパキスタン北西部スワート地区に里帰りした。銃撃後に治療のために渡英してから5年半ぶり。親族らと再会を果たした。  29日から一時帰国しているマララさんは31日朝、首都イスラマバードからヘリコプターで移動。地元メディアによると、軍が厳重に警備する中、実家で親族や旧友に迎えられ、地元の学校を視察したという。叔父のメフムードさん(37)は「すっかり大人になっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】韓国歴代大統領の悲惨な末路 中国ネット「そもそも国の成り立ちがおかしいから」「北朝鮮の方がマシ」 - 03月22日(木)11:41  newsplus

2018年3月20日、今晩報の微博アカウントは、韓国の歴代大統領の末路をリストアップし、誰一人としてまともな余生を過ごせていないことを指摘した。 記事は、現任の文在寅大統領の前に韓国大統領を務めた11人の「その後」を初代の李承晩大統領から順に以下のように紹介している。 1.李承晩氏…四月革命で失脚、ハワイに亡命 2.尹●善(ユン・ボソン、●はさんずいに普)氏…2年のかいらい大統領 3.朴正煕(パク・チョンヒ)氏…18年統治の末刺殺される 4.崔圭夏(チェ・ギュハ)氏…就任から6日でクーデター発生 5.全斗煥(チョン...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ノーベル平和賞」の画像

もっと見る

「ノーベル平和賞」の動画

Wikipedia

ノーベル平和賞(ノーベルへいわしょう、スウェーデン語・、)は、ノーベル賞の一部門で、アルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された5部門のうちの一つノーベル賞の国際政治学 -ノーベル平和賞の歴史的発展と選考過程-,吉武信彦,高崎経済大学地域政策学会,地域政策研究,vol.13-4,pp.23-40,2011-02ノーベル平和賞,在ノルウェー日本国大使館。

ノーベル賞の創設者アルフレッド・ノーベルスウェーデンノルウェー両国の和解と平和を祈念して「平和賞」の授与はノルウェーで行うことにした。平和賞のみ、スウェーデンではなくノルウェー政府が授与主体である。

概要

創設者のノーベルは遺言で、平和賞を「国家間の友好関係、軍備の削減・廃止、及び平和会議の開催・推進のために最大・最善の貢献をした人物・団体」に授与すべしとしているが、近年の選考委員会では「平和」の概念を広く解釈しており、受賞対象者は国際平和、軍備縮減、平和交渉だけでなく、人権擁護、非暴力的手法による民主化や民族独立運動、保健衛生、慈善事業、環境保全などの分野...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる