「ノーベル平和賞」とは?

関連ニュース

「国境なき子どもたち」会長寺田朗子さん8万人の子の母として - 01月20日(土)06:00 

「国境なき子どもたち」は、国際的な医療・人道援助を目的とした非政府組織「国境なき医師団」の日本支部から派生し、独立した認定NPO法人。'97年の発足以来、この20年で15の国と地域で、延べ8万人以上の子どもたちに生活の場や教育の機会を与え、職業訓練を行うなどして、その自立を助けている。 特徴的なのは、支援の手が最も届きにくい15歳以上の青少年を主な対象としていること。人身売買の被害に遭ったり、自然災害、紛争などで親を亡くし、路上生活を余儀なくされた子どもたちに手を差し伸べている。 寺田朗子さん(71)は、'92年の「国境なき医師団日本」の開局当初からのボランティアスタッフで、'98年から7年間、「国境なき医師団日本」の会長を務め、'09年、認定NPO法人「国境なき子どもたち」の会長に就任。現在も会長として活動を続けている。 まさに両組織の生みの親ともいえるのだが、その口癖は、「私は何もしてないの」。うふふとほほ笑みながら、寺田さんはこう言った。 「だって、本当にそういう感じですよ。それこそ普通の主婦だったんですから、私」(寺田さん) 謙虚で率直な人柄は多くの大人たちを、そして、子どもたちをも魅了する。 '46年5月16日、東京・渋谷で生まれた寺田さん。幼稚園から高校まで、女子校の名門・雙葉学園で学んだ。その後、フランス語の教師になろうと、東京外国語大学フランス語学科へ。...more
カテゴリー:

安倍首相:ICANの事務局長とは会わず - 01月18日(木)17:26 

 東欧を歴訪した安倍晋三首相は17日午後4時過ぎ、政府専用機で羽田に帰国し、同5時過ぎに東京都内の表千家東京稽古場で母洋子さんらと初釜式に出席した。同7時過ぎには東京・富ケ谷の私邸に帰宅した。ノーベル平和賞を昨年受けた国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の事務局長で12~18日に日本を訪れていたベアトリス・フィン氏から面会を求められていたが、日程を理由に断っていた。
カテゴリー:

【ICAN事務局長】「すべての国が禁止条約に加盟を」NHK単独インタビュー - 01月18日(木)01:07  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180117/k10011292771000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 1月17日 23時56分 核兵器禁止条約の採択に貢献してノーベル平和賞を受賞し、日本を訪れているICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンのフィン事務局長がNHKのインタビューに応じ、核兵器による悲劇が繰り返される前にすべての国が禁止条約に加盟し、核廃絶を目指すべきだと訴えました。 今月12日から日本を訪れているICANのベアトリス・フィン事務局長は、被爆地の長崎と広島を訪れたあと都内で各政党の国会議員...
»続きを読む
カテゴリー:

【志葉玲】ノーベル平和賞反核団体・フィン氏のまっすぐさ、圧倒的な正論に比べると、安倍政権の姿勢はやはり姑息さが目立つ - 01月17日(水)21:24  seijinewsplus

https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20180117-00080543/  昨年、核兵器禁止条約の成立に大きく貢献したとして、ノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)。その事務局長であるベアトリス・フィン氏が、長崎大学の招聘で今月12日に来日、昨日16日には、東京でも講演を行った。フィン氏は、核兵器禁止条約への理解と協力のため、昨年12月から、安倍晋三首相との面会を求めていたが、安倍首相側は「日程が合わない」と会おうとしなかった。そのため、国内の反核団体からは「首相はICANから逃げ回っている」との...
»続きを読む
カテゴリー:

ICAN事務局長 国会議員と議論 - 01月17日(水)10:47 

ICAN事務局長 国会議員と議論:2017年、ノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のベアトリス・フィン事務局長が16日、与野党の国会議員との討論会に出席した。...
カテゴリー:

ICANメンバーが講演、京都 非核に向け「できること多い」 - 01月19日(金)19:36 

ノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)傘下組織のメンバーで、核兵器...
カテゴリー:

はてなブックマーク - 「ノーベル平和賞」だから何をしてもいいってわけでもねえだろ | 文春オンライン - 01月18日(木)10:14 

はてなブックマーク - 「ノーベル平和賞」だから何をしてもいいってわけでもねえだろ | 文春オンラインTwitterアカウントが登録されていません。アカウントを紐付けて、ブックマークをTwitterに投稿しよう! 登録する Facebookアカウントが登録されていません。アカウントを紐付けて、ブックマークをFacebookに投稿しよう! 登録する Evernoteアカウントが登録されていません。アカウントを紐付けて、ブックマークをEvernoteにも保存しよう! 登録する
カテゴリー:

ICAN事務局長「すべての国が禁止条約に加盟を」 - 01月17日(水)23:56 

核兵器禁止条約の採択に貢献してノーベル平和賞を受賞し、日本を訪れているICAN=核兵器廃絶国際キャンペーンのフィン事務局長がNHKのインタビューに応じ、核兵器による悲劇が繰り返される前にすべての国が禁止条約に加盟し、核廃絶を目指すべきだと訴えました。
カテゴリー:

ICAN事務局長「日本政府は広島、長崎以外で同じ過ちが繰り返されていいと思っているのではないか」 - 01月17日(水)17:54  seijinewsplus

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/195769  昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(35)は15日、広島市で開かれた若者との対話集会で講演し、核兵器禁止条約に参加しない日本政府を「(核廃絶を求める)合理的な国際社会から足を踏み外した」と批判した。  集会には学生や被爆者ら約340人が参加した。フィン氏は、被爆国の日本が条約に反対していることに「広島、長崎以外で同じ過ちが繰り返されていいと思っているのではな...
»続きを読む
カテゴリー:

「安倍総理は、世界中に原爆が落ちることを願っている」 ICANの胡散臭いBBAが暴言 - 01月17日(水)10:07  news

ICAN事務局長が広島で講演 昨年のノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の ベアトリス・フィン事務局長(35)は15日、広島市で開かれた若者との対話集会で講演し、核兵器 禁止条約に参加しない日本政府を「(核廃絶を求める)合理的な国際社会から足を踏み外した」と批判した。  集会には学生や被爆者ら約340人が参加した。 フィン氏は、被爆国の日本が条約に反対していることに「広島、長崎以外で同じ過ちが繰り返されていいと 思っているのではないか」と指摘。 https://thi...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ノーベル平和賞」の画像

もっと見る

「ノーベル平和賞」の動画

Wikipedia

ノーベル平和賞(ノーベルへいわしょう、スウェーデン語・、)は、ノーベル賞の一部門で、アルフレッド・ノーベルの遺言によって創設された5部門のうちの一つノーベル賞の国際政治学 -ノーベル平和賞の歴史的発展と選考過程-,吉武信彦,高崎経済大学地域政策学会,地域政策研究,vol.13-4,pp.23-40,2011-02ノーベル平和賞,在ノルウェー日本国大使館。

ノーベル賞の創設者アルフレッド・ノーベルスウェーデンノルウェー両国の和解と平和を祈念して「平和賞」の授与はノルウェーで行うことにした。平和賞のみ、スウェーデンではなくノルウェー政府が授与主体である。

概要

創設者のノーベルは遺言で、平和賞を「国家間の友好関係、軍備の削減・廃止、及び平和会議の開催・推進のために最大・最善の貢献をした人物・団体」に授与すべしとしているが、近年の選考委員会では「平和」の概念を広く解釈しており、受賞対象者は国際平和、軍備縮減、平和交渉だけでなく、人権擁護、非暴力的手法による民主化や民族独立運動、保健衛生、慈善事業、環境保全などの分野...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる