「ノーヒットノーラン」とは?

関連ニュース

もう3位はいらない。DeNAが新スローガンを発表 - 01月19日(金)16:40 

1月18日、2018年最初のDeNA公式イベントが開催された。題して『2018 PLAY BALL MESSAGE』。YCC ヨコハマ創造都市センターに集った150人のファンの前で、シーズンスローガンと新ビジターキャップが発表されたのだ。今季の新スローガンは『VICTORY is within US.』(勝利は我らの中にある)。このフレーズはアレックス・ラミレス監督が昨年の『日本シリーズ』第4戦で試合中に感じた言葉だという。「7回まで濱口(遥大)がノーヒットノーランの投球をしていた。球場の雰囲気も素晴らしく、彼の見事な投球を見て、ノートに書き留めた言葉をスローガンにした」と説明した。2年連続3位から20年ぶりの優勝へ。指揮官は「80勝して優勝し、『CS』を突破して『日本シリーズ』の舞台に戻る。そして日本一になることが目標。何よりファンとひとつになって戦うことが、一番重要」とキッパリ。また今季から着用する新ビジターキャップも発表。これまでのDeNAの頭文字「De」から、本拠地・横浜の頭文字「Y」に変更された新キャップを、監督は「素晴らしいデザイン。Yには特別な意味がある。ファン・市民・横浜市がベイスターズとひとつになる」と絶賛した。この新ビジターキャップのモデルとして阪神からFA移籍してきた大和が登場。ラミレス監督から「守備では球界を代表するだけの能力がある。大和はショート、セカンド...more
カテゴリー:

【新春SP】福岡ソフトバンクホークス・工藤公康監督が語る、日本一への軌跡~前編~ - 01月12日(金)07:30 

大逆転で優勝をさらわれた2016年の悔しさを胸に臨んだホークスの2017年シーズンを、工藤公康監督が振り返る!新春スペシャルインタビュー、さっそくスタートだ! 【写真を見る】優勝決定時には思わず涙した工藤監督 ―まずは2017年の日本シリーズを振り返ってもらいたいのですが、横浜DeNAベイスターズ相手に3連勝。このまま決まると思っていましたか? 工藤公康監督:「このまま決まる」ではなく、「このまま決めなきゃいけない」という心境でしたね。選手時代に何度も日本シリーズを経験させてもらいましたが、西武(=埼玉西武ライオンズ)にいたころ、1分3連敗の崖っぷちから4連勝で優勝したことがあります(86年vs広島東洋カープ)。ちょっとしたことで一気に流れが変わるのが短期決戦の怖さだということは身に染みていたので、4戦目で決めるんだという気持ちで臨みました。 ―しかし、そこから2連敗。4戦目にはあわやノーヒットノーランという完封負けも喫しました。あの時の心境は? 工藤監督:正直に話すと、「これはマズいことになった」と思ってましたね。6戦目で決めなきゃいけない、絶対に7戦目に持ち込ませてはいけないという緊張感は、これまでに味わったことのないものでした。 ―戦ってみて、横浜DeNAベイスターズというチームの印象は? 工藤監督:試合を重ねるごとに良さが出てくるのを感じていました。投げるのも、打つのも、思...more
カテゴリー:

「ノーヒットノーラン」の画像

もっと見る

「ノーヒットノーラン」の動画

Wikipedia

ノーヒットノーラン()とは、野球ソフトボール試合における記録のひとつで、投手が相手チームに安打を与えないことを指す。

以下の項では、主として日本などにおけるノーヒットノーラン(無安打無得点試合)、メジャーリーグベースボールにおけるノーヒッター(無安打試合)について記述する。

概説

野球・ソフトボールの試合において、投手が相手チームに安打を(日本では得点も)許さずに勝利することを言う。「ノーヒットノーラン」は和製英語で、「ノー」は「無」、「ヒット」は「安打」、「ラン」は「得点」を意味し、日本語では無安打無得点試合(むあんだむとくてんじあい)または無安打無失点試合(むあんだむしってんじあい)と言う。正式な英語ではno-hitterまたはno-noと呼ばれる。後者の呼び方は日本においても普及してきている。

<...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる