「ネット通販大手」とは?

関連ニュース

アマゾン生鮮食品に参入、コンビニも宅配新戦略 - 04月21日(金)21:37 

 ネット通販大手のアマゾンがついに生鮮食品の宅配事業に参入。一方、コンビニも宅配を進化させた「新たなサービス」で消費者に近づいています。
in English
カテゴリー:

最短4時間 アマゾンが生鮮食品の配送開始 4/21 20:48更新 - 04月21日(金)20:48 

ネット通販大手のアマゾン・ジャパンが21日から有料会員向けに生鮮食品の配送を始めた。都内の一部地域を対象に最短で注文から4時間で受け取り可能という。生鮮食品の配送はスーパーなどが先行しており、今後競争が激しくなりそうだ。
in English
カテゴリー:

Amazon、ついにナマモノの宅配開始 死んだ顔したドライバーが注文から4時間以内に自宅にお届けるよ! - 04月21日(金)12:32 

アマゾン 生鮮食品を最短4時間で配達 都内で開始 ネット通販大手の「アマゾン」は、野菜や肉などの生鮮食品を最短4時間で配達するサービスを21日から 都内でスタートさせ、すでにネットスーパーを手がけている流通大手などとの競争が激しくなりそうです。 ネット通販大手のアマゾンが21日朝から始めたのは、生鮮食品を配達する「アマゾンフレッシュ」で、世 界ではアメリカ、イギリスに続いて3か国目となります。新たなサービスは年間3900円の有料会員で、 さらに月額500円の会費が必要となりますが、野菜や肉、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

アマゾン 生鮮食品を最短4時間で配達 都内で開始 - 04月21日(金)05:16 

ネット通販大手の「アマゾン」は、野菜や肉などの生鮮食品を最短4時間で配達するサービスを21日から都内でスタートさせ、すでにネットスーパーを手がけている流通大手などとの競争が激しくなりそうです。
in English
カテゴリー:

アマゾンとイーベイ通じた脱税、年間最大10億ポンドも=英報告書 - 04月20日(木)11:42 

[ロンドン 19日 ロイター] - 英監査局(NAO)は19日、米インターネット通販大手アマゾン・ドット・コムと同業イーベイを活用する売り手の不正や誤りに伴う英付加価値税の脱税額が最大10億ポンド(約12億8000万ドル)に上る可能性があるとの報告書を公表した。
in English
カテゴリー:

養育費を払わない元夫の私物を売っちゃった…違法になる? - 04月21日(金)21:30 

最近はスマホで楽々出品・購入できるフリマ系アプリが大人気です。TVCMも盛んに流れていて、実際に利用すると即座に高値で売れていくとか。 クロネコヤマトのキャパオーバーが問題になっているネット通販大手のAmazonでも、本やCD、DVDなどをマーケットプレイスで売ることができます。 そんなネットオークションやフリマ系アプリ、また、中古売買店もそこら中にある環境で、離婚した夫が養育費を払わず、子どもの教育費に困窮した元妻が元夫の置いていった私物を勝手に売ってしまったらどうなるのでしょう?   ■勝手な財産処分は窃盗罪や横領罪に問われる場合も! 離婚問題に詳しい高島総合法律事務所の理崎智英弁護士によると、有罪になる場合があるとのことです。 「元夫が家を出て行く際に置いていった物であっても、元夫がその物の所有権を放棄しない限りは依然として元夫の所有物なので、元妻は勝手に処分することは許されません。 そのため、元妻が元夫のものを勝手に売って換金する行為は、形式上は窃盗罪あるいは横領罪に該当します」 ということは、元夫が元妻を訴えたら? 「元夫は、自分の所有物を元妻に売られたことによってその物の価値相当額の損害を被ったことになります。 なので当該損害の賠償を求めて元妻を訴えれば、元夫が勝訴する可能性は高いでしょう」   ■置いていった物の所有権を放棄させることが必要 通常、...more
in English
カテゴリー:

最短4時間で...アマゾン、生鮮食品を配達 - 04月21日(金)12:36 

最短4時間で...アマゾン、生鮮食品を配達:インターネット通販大手のアマゾンは、野菜や果物などの生鮮食品を、最短4時間で届ける新たなサービスを21日から始めた。...
in English
カテゴリー:

アマゾンジャパン、生鮮食品配達サービス開始 - 04月21日(金)05:27 

 ネット通販大手のアマゾンジャパンは、野菜や鮮魚などの生鮮食品を届けるサービスを21日から開始しました。
in English
カテゴリー:

アマゾン:次は生鮮即配 独自物流網で最短4時間 - 04月21日(金)05:00 

 インターネット通販大手のアマゾンジャパンは21日、有料会員向けに生鮮食品や日用品に加え、菓子や精肉など専門店の商品約10万点を販売する新サービス「アマゾンフレッシュ」を始めた。当面は東京都内の一部地域に限定し、独自の物流網で注文から最短4時間で届ける。流通大手なども手がけるネットスーパーの機能と百貨店のグルメ商品を合わせ、顧客の拡大を狙う。
in English
カテゴリー:

マネジメントに大手も中小もない! ニュースの見方で経営が変わる - 04月19日(水)21:00 

「いま話題の東芝の事件から、われわれ中小企業経営者は何を学ぶべきでしょうか」――。最近スピーカー役をお引き受けした、「マネジメントの勘所」と題する経営者セミナーの講演後の質疑応答で、経営者の方から質問が出されました。過去に話題になった企業不祥事などの実例をたくさん交えた講演であったこともあり、こんな質問が出されたわけです。 「東芝」から得られる経営のヒント 新聞などのメディアで報道される出来事は、大企業や有名経営者、有名人の話が多く、中小企業の経営には無縁と思われがちなのですが、いろいろなヒントが隠れていることが多くあります。 この日の演題にはまさにそういう目で、さまざまなニュースを聞いていただくキッカケ作りになればというものだったので、この質問はまさに「待ってました」状態。内心で顔をほころばせながら、回答をさせていただきました。 「東芝の問題はメディアでは、ガバナンスあるいは上場企業の対投資家責任という観点で語られるケースが多いです。しかし、皆さんにはもう少し平たく、『企業風土を変えることの難しさ』という問題として捉えていただくのがよいと思います。 一昨年の粉飾決算問題と今回の米原発巨額損失問題の根っこは同じ、『想像力と危機感に乏しい組織風土』です。何か事件が起きた時、その根本原因は自社の組織風土にありはしないか、と疑ってみることは重要です。そして組織風土は社長自らに変える意識が...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ネット通販大手」の画像

もっと見る

「ネット通販大手」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる