「ネクタイ」とは?

関連ニュース

古川雄輝&菅田将暉のイケメン息子をもつ佐野史郎に羨望の声 - 04月23日(月)06:30 

 俳優の古川雄輝が20日、自身のツイッターに映画『となりの怪物くん』で家族を演じた菅田将暉、佐野史郎との“親子” ショットを投稿。ファンからは「顔面偏差値高すぎる」「こんなイケメン兄弟のお父さんは幸せ者」といったメッセージが寄せられている。【写真】「菅田将暉」フォトギャラリー 菅田将暉と土屋太鳳がダブル主演する映画『となりの怪物くん』(4月27日公開)で共演している3人。古川は「吉田家 兄&父&弟」というコメントとともにスリーショットの写真を投稿。黒のタキシードでキメた古川と、穏やかな笑顔を見せる佐野、その隣にはネクタイ姿でほほえむ菅田の姿が収められている。 劇中で古川が演じるのは、菅田が演じる主人公・吉田春の兄・優山。天才だが予測不能な行動で周囲から“怪物”と恐れられる春に対して、大学生の優山は、春から過去のある出来事をきっかけに嫌われているという役柄。佐野演じる二人の父親・泰造は大物政治家で、絶縁状態になっていた春を吉田家に呼び戻そうとするという設定だ。 複雑な親子関係を演じる3人が1枚の写真に収まった今回の投稿。写真を見たファンからは「顔面偏差値高すぎる家族羨ましい」「すごい豪華な家族」「素敵な家族写真!」などの声が殺到。また古川と菅田が演じるキャラクターの父親役を務める佐野に対して「こんなイケメンの息子が欲しい」「お父さん役の佐野さんも違和感ない」「こんなイケメン兄弟のお父...more
カテゴリー:

【環球時報】日本には「おかしな」条例がたくさんある―中国メディア - 04月22日(日)13:05  newsplus

2018年4月18日、環球時報は、「日本で施行されている外国人から見るとおかしな法律や条例」を紹介した。 記事は最初に、「神奈川県横浜市では生活ごみが10種類に分別されており、ごみの分類ぶりが市民の責任感を検査する試金石になっている」と紹介。「市が27ページのマニュアルを配布して、ごみの正しい分別方法を指導している」とした。そして、マニュアルで規定されている事例として、「鍋は直径が30センチメートル以上だと粗大ごみ扱いになり、靴下は片割れの場合は燃えるごみに、両方そろっているものは古着扱いになり、ネクタイ...
»続きを読む
カテゴリー:

片岡鶴太郎、牛尾刑事誕生30周年 寡黙で実直なヒーロー「生き様に感銘」 - 04月22日(日)07:00 

 俳優の片岡鶴太郎が主演するテレビ朝日系『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』が22日(後9:00~10:52)に放送される。寡黙にして実直、執念の捜査で事件の奥底に潜む真相に迫る、新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと、牛尾正直(うしお・まさなお)が主人公のミステリー。牛尾刑事が森村誠一氏の原作に初登場したのは、1987年1月刊行の『駅』。今年はなんと、“牛尾刑事誕生30周年”に当たる。シリーズ5作目、1996年から約22年にわたって牛尾刑事を演じ続けている鶴太郎が、役柄への思いを語った(1作目~4作目は故・露口茂さんが主演)。 【場面写真】『森村誠一ミステリースペシャル 殺意を運ぶ鞄』より ■牛尾刑事はストイック「ヨガをやっていると思います」 ――牛尾刑事が誕生して30周年を迎えましたが、今のお気持ちは? 【鶴太郎】当初は、こんなにも長きにわたって演じさせていただけるとは思ってもいませんでした。1本1本、その時の自分が持っている限りの力を出し尽くす形で演じてきました。長寿シリーズとなりましたが、これはひとえに池広一夫監督やスタッフのおかげ。まず、なんといっても台本が面白いんですよね。毎回台本をいただくたびに、一視聴者として本当に面白いなと心底、感じ入ってしまうんです。さまざまな人物が登場し次第に集約されて最終的に犯人にたどり着く…というのは、森村誠一先生の作品な...more
カテゴリー:

【安倍首相】「桜がないが賃上げ続いている」 桜を見る会で - 04月21日(土)14:06  newsplus

 安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」が21日、東京・新宿御苑で開かれ、芸能人やスポーツ選手ら約1万7500人が出席した。ソメイヨシノや八重桜は葉桜だったが、ピンクのネクタイをつけた安倍首相は「会場にはたくさんの桜が咲いている思い」とあいさつした。  安倍首相は冒頭で相次ぐ不祥事を謝罪し、「うみを出し切り組織を立て直していく」と語った。過去の会で桜のように賃上げの花が咲けばいいと話したと述べて、「残念ながら桜がないが、賃上げが続いている」と経済面での成果を強調。日米首脳会談にも触れ「トランプ大...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍首相「桜がないが賃上げ続いている」 桜を見る会 - 04月21日(土)11:53 

 安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」が21日、東京・新宿御苑で開かれ、芸能人やスポーツ選手ら約1万7500人が出席した。ソメイヨシノや八重桜は葉桜だったが、ピンクのネクタイをつけた安倍首相は「会場に…
カテゴリー:

『save your dream』第3譜 金井恒太六段―高見泰地六段:第3期叡王戦 決勝七番勝負 第1局 観戦記 - 04月22日(日)17:00 

 今期から新たにタイトル戦へと昇格し、34年ぶりの新棋戦となった「叡王戦」の決勝七番勝負が2018年4月14日より開幕。 本戦トーナメントを勝ち抜き、決勝七番勝負へ駒を進めたのは金井恒太六段と高見泰地六段。タイトル戦初挑戦となる棋士同士の対局ということでも注目を集めています。  ニコニコでは、金井恒太六段と高見泰地六段による決勝七番勝負の様子を、生放送および観戦記を通じてお届けします。 (画像は叡王戦 公式サイトより) ■前回までの観戦記・第1局観戦記 『save your dream』第1譜 ・第1局観戦記 『save your dream』第2譜 第3期叡王戦 決勝七番勝負 第1局観戦記『save your dream』第3譜 白鳥士郎  対局の朝。 前日に訪れたはずの茶席は、明らかに異なる場所となっていた。 入り口の扉は固く閉じられ、必要がある時にしか開けられることはない。関係者は会話どころか微かな物音を立てることすら躊躇している。 茶室の入り口から盤までは、おそらく4メートルくらい。 だがそのたった4メートルが、遠い。「あそこに座るのか……」 台本を見て、記録机の端に自分が座ると知った時、膝が震えた。  棋士で最初に対局室に入ったのは、山崎だった。 記録係の柵木三段の緊張をほぐそうと、笑顔で話しかけていたが、自分のすぐ後ろの部屋に金井がいるとわかると途端に口を...more
カテゴリー:

スーツを買う。(Tokyo Life) - 04月22日(日)12:00 

今回はKen Mizuuchiさんのブログ『Tokyo Life』からご寄稿いただきました。 スーツを買う。(Tokyo Life)  20年ほど前、就職に伴い上京した僕は、近くの紳士服量販店でスーツを買っていました。  ところが、裾が短かったり、妙な生地だったり、ウェストが太過ぎたり細過ぎたり。会社の人から「ズボンの丈が短くない?」と指摘を受けて恥ずかしい思いをしたりしてました。測って合わせたはずのスーツを、一度受け取った後に再度店に持ち込んで、修正をお願いすることも度々でした。  そんなことを繰り返していたとき、いつのことだったか、僕は新宿の某デパートの、大きいサイズの扱いが充実したところにスーツを見に行きました。  応対してくれたNさんという自分の母親くらいの店員さんは、スーツの選び方、ネクタイやシャツ、靴などの選び方や買い方について親身になって相談に乗ってくれました。量販店で買うよりは少し高くついたけど、安心して着られるスーツを、僕はそこで買いました。  次のスーツも、その次も、Nさんに相談して買いました。Nさんは僕がどんなスーツを持っているのか知っているので、買い足すならこういう生地や色のスーツがいいでしょうと、的を射た助言をしてくれました。  僕のスーツの最初のワードローブは、Nさんに揃えてもらったようなものです。  そのうち僕が海外でも仕事をするようになり、日本は冬...more
カテゴリー:

【画像】首相主催で新宿御苑で桜を見る会開催、1.7万人が参加 - 04月22日(日)01:34  news

‪新宿御苑で桜を見る会 首相、拉致問題「前進に全力」 https://www.sankei.com/politics/news/180421/plt1804210021-n1.html 安倍晋三首相は21日午前、東京・新宿御苑で恒例の「桜を見る会」を開いた。 首相はあいさつで17、18日に米南部フロリダ州で開かれた日米首脳会談に触れ、「トランプ米大統領と合計10時間40分の時間を共にした。 トランプ氏は『拉致被害者が帰国するために最善を尽くす』と約束してくれた」と会談の成果を強調。 「米朝首脳会談で拉致被害者の帰国に向けて前進するよう、全力を尽く...
»続きを読む
カテゴリー:

【ライターコラムfrom磐田】金髪に口ひげ、紛失したネクタイ…チームの調子を左右するゲン担ぎと伝統の居残り練習 - 04月21日(土)13:00 

 ジュビロ磐田の練習場、静岡県磐田市にあるヤマハ大久保グラウンド。全体練習の終了と同時に、警備員がスタンドにいた練習見学者をピッチ内に誘導する。選手と写真撮影をしたり、サインをもらうなどのファンサービ
カテゴリー:

【可愛い】あややこと松浦亜弥、長女入園式で4年ぶりの晴れ姿!夫のw-inds.橘慶太と参加・・・音楽活動を徐々に再開も - 04月20日(金)11:40  mnewsplus

桜の花びらが、ほんのわずか木々に残っていた。4月上旬、東京都内にある女子大学の付属幼稚園で、 “入園式”と書かれた看板の前でたくさんの家族が記念撮影を楽しんでいた。 入園式開始直前となり看板の前から人が減ったころに現れたのは松浦亜弥(31)、橘慶太(32)、そして3歳の長女。 橘が妻と娘を看板の前に立たせてすばやくスマホで撮影すると、一家は足早に入園式会場に向かっていった。 橘はきっちりとしたスーツにネクタイ、髪もしっかり分けていた。松浦も濃紺のワンピースに、パールのネックレスといったフォーマルスタ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ネクタイ」の画像

もっと見る

「ネクタイ」の動画

Wikipedia

ネクタイ()とは、男性の洋装で、首の周りに装飾として巻くのことである。多くの場合、ワイシャツの下を通し、喉の前で結び目を作って体の前に下げる。首に巻く細い方を小剣(スモールチップ)、前方に下げる太い方を大剣(ブレード)という。

制服として女性がネクタイを着用する場合や、カジュアルなファッションアイテムとしてネクタイを着用する場合もある。

歴史 ルイ14世が見たクラバット

ネクタイの起源については諸説ある。現在のネクタイの原型ができたのは17世紀頃とされる。

ネクタイの起源として伝わる有名な説として、ルイ13世を守るためにクロアチアの兵士(en)がフランスを訪れた際、彼らが首に巻いていたスカーフが起源である、というものがある。彼らは無事な帰還を祈って妻や恋人から贈られたスカーフを首に巻いたが、それを見たルイ14世が興味を示し、側近の者に「あれは何だ?」とに尋ねたところ、側近の者はクロアチアの兵士について尋ねられたと勘違いし、「クロアチア兵(クラバット)です」と答えたため、その布をクラバット(cravat)と呼ぶようになったという逸話である。この説には、14世紀にはすでにフランスでcravateという語は使われていたという...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる