「ニューヨークタイムズ」とは?

関連ニュース

北朝鮮 姑息な手を米紙に見抜かれる - 04月22日(日)13:54  news

北朝鮮が21日に核実験と大陸間弾道ミサイルの発射実験の中止を発表したことについて、 アメリカの有力紙は懐疑的な見通しを示しています。  ニューヨーク・タイムズは21日、「最大の疑問は北朝鮮が核兵器を放棄するかどうかだ」と 論評しました。そのうえで、「譲歩を引き出すために相手を混乱させる、北朝鮮のこれまでの 古い戦術の焼き直しに過ぎない」という専門家の見方を紹介しています。また、 ワシントン・ポストも「北朝鮮は違法な兵器開発を外国から隠してきた長い歴史がある」として 検証方法などに懸念を示していま...
»続きを読む
カテゴリー:

D・クレイグの妻R・ワイズ、待望の第1子妊娠 - 04月21日(土)05:39 

 英俳優ダニエル・クレイグ(50)と妻のレイチェル・ワイズ(48)に、待望の第1子が誕生予定であることがわかった。  ワイズが20日付のニューヨーク・タイムズ紙で明かしたもので、「もうすぐ、おなかが目立ってくる頃です。ダニエルも私も、と…
カテゴリー:

よき友人がヒドい同僚に豹変。仕事と友情の線引き、どうしたらいい? [The New York Times] - 04月20日(金)20:30 

ニューヨーク・タイムズの人気コーナーThe Workologist。働く人の悩みにズバリ答えます!Q1:大切にしてきた友人、同僚になってみたら大問題。どうつきあえばいい? 仲の良い友人と同じ職場になったら、愚痴のはけ口にはされるわ、アイデアは盗まれるわで大弱り。友情を保ちつつ、職場で我慢できる環境を手に入れるには?(Glenn Harvey/The New York Times) 数か月前、新しい会社に入社し、それまで仕事以外で非常に大切にしていた女性の友人と同じ職場になりました。ところが同僚になってみると、彼女にイライラさせられることばかり。おまけに私の信用まで脅かされそうです。同僚になってみて分かったのは、彼女は自分の仕事にまったく自信を持てていないんだということ。週に数回は何かに腹を立てては、些細なことで会社を辞めると言い出します(そして、私がそれを引き留めることを期待しているんです)。さらに悪いことに彼女は私の足を引っ張ることもあり、それが上司の前のときもあります。彼女が入社した時期は私よりも1か月早いだけなのに、「先輩風」を吹かされたこともあります。私の専門分野で、彼女の専門ではないプロジェクトについて、あれこれ主...more
カテゴリー:

がんで死ぬ人の方がずっと多いのにマスメディアがテロばかり大きく扱うのはなぜ? チャート比較で偏りが明らかに - 04月20日(金)07:30 

人間なら誰もが避けて通れない「死」を巡るマスメディアの報道のあり方について一石を投じるチャートが公開された。 情報処理技術者のアーロン・ペンネさんが作成した上のチャートは 左:米国疾病予防管理センター(CDC)が発表しているアメリカ人の死亡原因 中:主要な死因のうち、インターネットユーザーが検索しているものの割合を『Google トレンド』で調べたもの 右:主要な死因のうち、英米を代表する大手新聞『ガーディアン』と『ニューヨーク・タイムズ』の見出しに現れたものの割合 の3つのグラフを比較したものだということだ。それぞれの要点を見てみよう。 実際の死因 上から、多い順に心臓病、がん、呼吸器疾患、交通事故、脳卒中・脳梗塞、アルツハイマー病、糖尿病、肺炎・インフルエンザ、腎臓病、自殺となっている。さらにその下に、グラフでは文字を書き込めないほど小さくなっているが、敗血症、肝臓病、殺人、テロリズムなどが続いている。 『Google』で検索されているもの がんに比べ心臓疾患について検索する人が極端に少ない。理由としては、心臓疾患による死は突然死が多いのに対し、がんはある程度長期間に渡って患う人が多いためと推測できる。また、自殺、薬物中毒、殺人、テロリズムについて調べる人が多くなっている。アメリカでは近年、特に若い世代の自殺者が増え続けていて問題になっている。身体の異状を感じて病名を調べた...more
カテゴリー:

京都人の「いつも楽しそう」は「うるさい」!? マリ出身・精華大学長のエピソードに反響 - 04月19日(木)07:00 

アフリカ・マリ出身の京都精華大のウスビ・サコ学長(51)が、「京ことば」についてのエピソードを米ニューヨーク・タイムズ紙の取材に語ったところ、ネット上で大きな話題になっている。サコ学長は、1991年に来日し、京大大学院の博士課程で建築学を学んだ。2001年から京都精華大で教べんを執り、18年4月から学長をしている。
カテゴリー:

【海外】48歳のレイチェル・ワイズ、ダニエル・クレイグとの第1子を妊娠! - 04月22日(日)12:23  mnewsplus

いつまでも若々しいと評判のレイチェル・ワイズ(48)が、夫ダニエル・クレイグ(50)の子供を妊娠していることがわかった。 レイチェル本人が20日発売のニューヨーク・タイムズ紙で明らかにしたもので「もうすぐわかるわ。ダニエルと私はとても幸せよ。これから小さな人間を迎えることになるのだから。男の子か女の子に会うのが楽しみ。すべてが神秘的だわ」と語っているが、出産時期は不明。また性別はまだレイチェルもわかっていないようだ。 最後に2人が公の場に現れたのは4月9日だが、その際にはレイチェルはゆったりした真っ赤なワ...
»続きを読む
カテゴリー:

48歳のレイチェル・ワイズ、ダニエル・クレイグとの第1子を妊娠! - 04月20日(金)23:34 

いつまでも若々しいと評判のレイチェル・ワイズ(48)が、夫ダニエル・クレイグ(50)の子供を妊娠していることがわかった。 【写真を見る】キュート!ピースサインで満面の笑みを見せるレイチェル・ワイズ/写真:SPLASH/アフロ レイチェル本人が20日発売のニューヨーク・タイムズ紙で明らかにしたもので「もうすぐわかるわ。ダニエルと私はとても幸せよ。これから小さな人間を迎えることになるのだから。男の子か女の子に会うのが楽しみ。すべてが神秘的だわ」と語っているが、出産時期は不明。また性別はまだレイチェルもわかっていないようだ。 最後に2人が公の場に現れたのは4月9日だが、その際にはレイチェルはゆったりした真っ赤なワンピースの上から黒いケープを羽織っており、妊娠は気づかれていなかった。 2人は『ドリームハウス』(11)の共演がきっかけで、2010年12月から交際をスタート、2011年6月に極秘結婚した。ダニエルには、日系アメリカ人の映画プロデューサーで5年以上交際していたサツキ・ミッチェルという恋人が、一方のレイチェルは、事実婚状態だった婚約者のダーレン・アロノフスキー監督と交際していた。レイチェルは広報を通じて、その数か月前に約9年間の関係にピリオドを打ったことを明らかにしていたが、共に恋人や婚約者を捨てた、いわば略奪婚とも言われていた。 2013年には、2人でブロードウェイの舞台に立つな...more
カテゴリー:

アームストロング氏、5億円支払い合意=スポンサーへの詐欺で-自転車 - 04月20日(金)15:40 

 【ニューヨーク時事】ドーピング違反により自転車競技から永久追放されたランス・アームストロング氏(米国)が19日、現役時代のスポンサーに500万ドル(約5億3500万円)を支払うことに合意した。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)などが報じた。禁止薬物使用を隠してスポンサーから報酬を得ていたことが詐欺に当たるとして、訴えられていた。 アームストロング氏は最高峰のロードレース、ツール・ド・フランスを7連覇したが、2012年に永久追放され、タイトルも剥奪。13年にはドーピングを認めた。 [時事通信社]
カテゴリー:

【# MeeToo】セクハラ告発の珍しさ注目=財務次官辞任、海外メディアも報道 - 04月19日(木)20:37  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3171806?act=all 2018年4月19日 16:40 発信地:英国 【4月19日 時事通信社】女性記者に対するセクハラ疑惑で福田淳一財務事務次官が辞職を表明したことは、海外メディアも相次いで取り上げた。世界では昨年以降、セクハラ被害を公表する「#MeToo(私も)」運動が活発化。こうした中、海外メディアは、日本では同運動が広がっておらず、セクハラが告発されることは珍しいと注目している。  #MeToo運動のきっかけとなったハリウッドの大物プロデューサーによるセクハラ疑惑を昨秋に報じ、今年米...
»続きを読む
カテゴリー:

ハーベイ・ワインスタインのセクハラ暴露記事にピュリッツァー賞 - 04月18日(水)11:00 

 #MeTooや#TimesUpなどの社会運動に発展するきっかけとなった映画プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインのセクハラを暴露する記事を掲載したニューヨーク・タイムズ紙とニューヨーカー誌が、ピュリッツァー賞を同時受賞した。  ピュリッツァー賞は、優れた報道、文学、音楽に与えられるアメリカで最も権威のある賞として知られている。ニューヨーク・タイムズ紙はワインスタインが過去30年にわたり行ってきたセクハラや性的暴力に関する暴露記事を昨年10月6日から断続的に掲載。その後、ニューヨーカー誌も10月23日号からワインスタインの暴露記事を連続掲載した。  これらの記事がきっかけとなり、ハリウッドにおけるセクハラや女性差別の慣行が顕在化され、その影響がアメリカ全土に広がることになった。この功績が評価され、ニューヨーク・タイムズ紙とニューヨーカー誌はピュリッツァー賞報道部門の最高の栄誉とされる公益賞(Public Service)を同時受賞した。  また、ケンドリック・ラマーは昨年発表した4枚目のオリジナルアルバム「DAMM.」でヒップホップ歌手としてはじめてピュリッツァー賞を受賞している。 【関連記事】 ・ハリウッドからのセクハラ騒動 フランスでは未来に向けた具体策を求める動き ・ワインスタイン・カンパニーが破産申請 ・ワインスタイン・カンパニー、破産へ カンバーバッチ主演作など...more
カテゴリー:

もっと見る

「ニューヨークタイムズ」の画像

もっと見る

「ニューヨークタイムズ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる