「ニューヨーク」とは?

関連ニュース

【北朝鮮】重大な挑発なし 軍創建85年(4月25日)★2 - 04月26日(水)12:26 

【ソウル=峯岸博】北朝鮮は25日、朝鮮人民軍の創建85年の節目を迎えた。韓国軍は同日、北朝鮮が日本海沿岸付近で過去最大規模の砲撃訓練を実施したことを確認した。 ただ、核実験や弾道ミサイル発射など重大な挑発は確認されていない。関係国は引き続き、警戒を強めている。 韓国軍によると、北朝鮮は25日午後、東部の元山(ウォンサン)で大規模な砲撃訓練を実施した。 砲撃訓練は野砲など300~400の装備を投入し、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が視察した可能性もある。 北朝鮮の外務省報道官は、トランプ米政権が非核化に...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

新作映画『カフェ・ソサエティ』を観るべき3つの理由――『ラ・ラ・ランド』も憧れた!?アレンだから描ける“夢追い人のラブストーリー” - 04月26日(水)12:06 

(C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC. 『カフェ・ソサエティ』ってどんな映画? 舞台は1930年代、黄金期を迎えたハリウッド。刺激を求めて、ニューヨークから映画の都にやって来た純粋で世間知らずな青年ボビーは、多くの大物スターを顧客に持つエージェントの叔父を頼りに、雑用係として働き始める。そんな彼が...
in English
カテゴリー:

「007」争奪戦が5社間でヒートアップ - 04月26日(水)12:00 

 ダニエル・クレイグを6代目ジェームズ・ボンドに迎えた「007 カジノ・ロワイヤル」(2006)以降、同シリーズの配給を手がけてきた米ソニー・ピクチャーズの権利が、2015年の「007 スペクター」をもって失効したことで、シリーズ最新作の配給権をめぐりスタジオ5社間で争奪戦が繰り広げられている。  米ニューヨーク・タイムズ紙によれば、ソニー・ピクチャーズ、ユニバーサル・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザース、20世紀フォックスの大手4スタジオに、「アメリカン・ハッスル」「her 世界でひとつの彼女」などの野心作を手がけてきた映画プロデューサー、ミーガン・エリソン率いるアンナプルナ・ピクチャーズを加えた5社が、シリーズの全般的権利を有するMGMとイオン・プロダクションズに売り込みをかけているようだ。  ただし、ソニーとの契約が「カジノ・ロワイヤル」「慰めの報酬」「スカイフォール」「スペクター」の4本だったのに対し、今回MGMとイオンがオファーしているのは1作品のみ。その背景には、アンカレッジ・キャピタル・パートナーズを含むヘッジファンド運営会社数社に所有されているMGMが、今後売却や株式公開の可能性があることを視野に入れ、1作ずつの契約を希望していることがあるのではないかと、同紙は推測している。  名乗りを上げた各社とは配給権に関する協議のみで、キャスティングの話には至っていないと...more
in English
カテゴリー:

レプロが本場NYの演技学校とタッグ ワークショップ実施へ - 04月26日(水)11:16 

 女優の長谷川京子や新垣結衣らが所属するレプロエンタテインメントが、合同会社ドリームシーズとの提携のもと、マーロン・ブランドやロバート・デ・ニーロら多くの俳優を輩出したニューヨークの演劇学校『ステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティング』(以下SAS)から講師を招聘(しょうへい)し、本場の演劇ワークショップを今年の冬より開始することが決定した。 【写真】ワークショップが実施される『銀座九劇アカデミア』  場所はレプロが新設したワークショップスタジオ『銀座九劇アカデミア』で、3月に開業した同社の劇場『浅草九劇』の基盤となるような「プロフェッショナル」を育む場として、未来のアーティストやクリエイターの育成を行なっていく。  ワークショップでは、SASの主任講師であるロン・バラス氏が俳優および俳優を志す人々に向けて演技指導を行なうというもの。ロン氏は、ステラ・アドラーが提唱した演技理論を現代に受け継ぐ最も優れた指導者で、今回のワークショップを皮切りに日米交換留学プログラムや舞台公演プロジェクトなどの芸術活動の展開も視野に入れているという。  SASの芸術監督兼最高経営責任者であり、ステラ・アドラーの孫であるトム・オッペンハイム氏は「才能あふれた日本人俳優の皆さんに、世界で通用する実力を身につけていただきたい。今からとても楽しみでならないです」とコメントしている。  『銀座九劇...more
in English
カテゴリー:

【映画を待つ間に読んだ、映画の本】第41回『洋ピン映画史/過剰なる『欲望』のむきだし』〜まさに博覧強記。大衆娯楽の栄枯盛衰を探った傑作。 - 04月26日(水)10:59 

●「商品」としての価値をはっきりさせ、        その「大衆娯楽」性に深い愛情を注ぐ姿勢。  「洋ピン」という呼び方にも、今や解説が必要だろう。つまり外国製のアダルト映画のことを言うのだ。我が国の配給会社の手で輸入され、映画館にかかった時には「成人指定」=18歳未満は鑑賞不可能となるケースが多く(このレイティングは70年代半ばから、細分化していくが)、即ち外国で製作されたピンク映画であることを意味する「洋ピン」なる呼称が定着したのである。  その洋ピンが盛り場の映画館に登場し、絶滅するまでを描いた「洋ピン映画史」。これは凄い本だ。まさに「映画史」の名にふさわしい、そのジャンルがいかに認知され、いかに多くの観客を集め、いかに盛り上がりを見せ、そしていかに淘汰されていくかを、著者の二階堂卓也氏は、溢れんばかりの知識と情熱で描いている。それも並大抵な知識ではない。例えばこうだ。1972年にアメリカで公開され、クリトリスが喉の奥にあるという、その奇抜な発想でヒット。75年に日本公開された『ディープ・スロート』についての項。「もともと、この映画は日本での上映は無理と言われていた。当初はニューヨークやサンフランシスコなどの大都市以外では上映禁止になっており、海外配給もポルノ解禁国たるスウェーデンとデンマークにとどまっている。それをあえて東映洋画が買い付けたのは新興の会社として業界にひと...more
in English
カテゴリー:

ドルは111円前半、リスク回避の後退で目線が上向きに - 04月26日(水)12:23 

[東京 26日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の111.24/26円。
in English
カテゴリー:

クリント・イーストウッド、次回作はタリス銃乱射事件を映画化 - 04月26日(水)12:00 

 「アメリカン・スナイパー」「ハドソン川の奇跡」など実話の映画化が続くクリント・イーストウッド監督が、2015年のタリス銃乱射事件を題材にした新作のメガホンをとることが明らかになった。  タリス銃乱射事件は15年8月21日、500人以上の乗客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリス車内で発生。イスラム過激派の武装した男がブリュッセルから乗車し、トイレで自動小銃AK-47を補填後に無差別殺傷を試みたが、旅行中でたまたま乗り合わせていたアメリカ空軍1等兵のスペンサー・ストーン氏とオレゴン州兵アレク・スカラトス氏、2人の友人でアメリカ人大学生アンソニー・サドラー氏の3人がテロリストを取り押さえ、大惨事となるところを未然に防いだ。  米Deadlineによれば、新作は“英雄”3人とジェフリー・E・ストーン共著のノンフィクション書籍「The 15:17 To Paris: The True Story of A Terrorist, A Train, And Three American Heroes(原題)」をもとに米ワーナー・ブラザースが映画化。「ハドソン川の奇跡」「LOGAN ローガン」「夜に生きる」などでアシスタントを務めてきた、新人脚本家ドロシー・ブリスカルが脚本を執筆している。イーストウッド監督は年内クランクインに向けて、3人のヒーローを含むキャスティングを早急に開始す...more
in English
カテゴリー:

メタルの魅力を味方につける「ティファニー ハードウェア」 - 04月26日(水)12:00 

【4月26日 MODE PRESS WATCH】「ティファニー(TIFFANY & CO. )」は4月28日、ニューヨークの力強さとスピリット、そしてストリートにみなぎるエネルギーを表現した新コレクション「ティファニー ハードウェア」を発売する。≫続きを読む
in English
カテゴリー:

ヒュー・ジャックマン最後のウルヴァリン、『ローガン』予告解禁 - 04月26日(水)11:00 

 ヒュー・ジャックマンが“最後”のウルヴァリンを全身全霊で演じる、マーベル映画最新作『LOGAN/ローガン』の予告編が解禁となった。本作は、ヒューが17年間にわたり演じてきたウルヴァリンことローガンが、無敵なスーパーパワーを失いながらも、邪悪な敵につけ狙われる少女を守るために死力を尽くし想像を絶する運命をたどっていく。【関連】「ヒュー・ジャックマン」フォトギャラリー 解禁となった予告映像では、お金も払わず店内にあるスナック菓子を食べ始める謎の少女ローラを、ローガンが見かけるところから始まる。ローラが愛読するX‐MENのコミックを「マンガは作り物だ」と言い放つローガン。絶滅の危機に瀕したミュータント最後の希望であるローラの保護者となったローガンは、アメリカ西部からカナダ国境をめざして旅立ち、迫りくる最強の敵との命がけの闘いに身を投じていく。 メガホンをとるジェームズ・マンゴールドは「ローガンは、悪い奴は怖くないし、死も怖いと思っていないが、愛情を怖がっている。それに人と関わることや親密になることが怖い。ローガンに対し、一種のスケールの大きい感情的な要素を突きつけた映画だ」とローガンのキャラクターについて改めて分析。 これまでに9度も孤高のヒーローを演じ、万感の思いを込め“生身の人間” としてローガンの心の葛藤を体現したヒューは「本作は、以前の“X‐MEN”シリーズ、そして全てのアメコ...more
in English
カテゴリー:

ジーター氏らのマ軍買収報道、MLB首脳は複数集団が関心と主張 - 04月26日(水)10:39 

【4月26日 AFP】米大リーグ機構のロブ・マンフレッドコミッショナーは25日、ニューヨーク・ヤンキースの伝説的選手であるデレク・ジーター氏やジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事らのグループが、マイアミ・マーリンズを買収する見通しになったとする同国メディアの報道は時期尚早だとする考えを示した。≫続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ニューヨーク」の画像

もっと見る

「ニューヨーク」の動画

Wikipedia

環境

ニューヨーク市での公共交通機関の利用率はアメリカ合衆国国内で最高であり、ガソリン消費は、1920年代の全国平均と同じレベルである。公共交通機関の利用によって、2006年において18億ガロンの石油が節約されており、ニューヨークの節約量は全国の公共交通機関による節約量の半分を占める。人口密度の高さ、自動車利用率の低さ、公共交通機関の利用率の高さにより、ニューヨークはアメリカの中で最もエネルギー効率の高い都市の一つとなっている。温室効果ガスの排出量は、全国平均が1人当たり24.5トンであるのに対し、ニューヨーク市は1人当たり7.1トンである。ニューヨーク市民全体では、国の人口の2.7%を占める一方で、国全体の温室効果ガス排出量に占める割合は1%である。ニューヨーク市民の平均電気消費量は、サンフランシスコ市民の半分以下、テキサス州ダラス市民の4分の1近くである。

近年、ニューヨーク市は環境への負荷を減らすことに重点を置いている。環境汚染のため、市民の間ではぜんそくその他の呼...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる