「ニューイングランド」とは?

関連ニュース

【医療】ロタウイルス最新ワクチンに高い有効性、アフリカの子どもに希望の光 - 03月24日(金)22:54 

【3月23日 AFP】 接触感染によって致死的な感染症を引き起こすロタウイルスの予防研究で、 安価で製造でき、冷所保存の必要がない最新ワクチンが有望な効果を示したとの結果が22日、発表された。 重症の下痢性疾患の原因として世界で最も一般的とされるロタウイルスは、 特にアフリカで子どもたちに対し猛威を奮っている。  ニジェールで実施された最新ワクチンの臨床試験で、 ロタウイルスが引き起こす胃腸炎の予防に67%近い有効率が示された。  世界保健機関(WHO)によると、 ロタウイルスによる脱水症と合併症で毎年5...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

盗難の優勝ユニホーム、メキシコで発見 ブレイディ選手着用 - 03月21日(火)17:36 

米プロフットボールリーグ(NFL)の王者決定戦「スーパーボウル」で勝利したニューイングランド・ペイトリオッツのクォーターバック(QB)トム・ブレイディ選手が着ていたユニホームが盗まれた事件で、メキシコの当局は20日、メキシコ市で行った家宅捜索により、ユニホームが発見されたと明らかにした。 メキシコの連邦警察と米連邦捜査局(FBI)が地元紙のマウリシオ・オルテガ編集長の自宅を今月12日に捜索した...
in English
カテゴリー:

加齢黄斑変性のiPS細胞網膜移植 理化学研が成功、安全性の経過は良好 - 03月19日(日)17:00 

理化学研究所や先端医療センター病院などの共同研究グループは2017年3月16日、目の難病である「滲出型加齢黄斑変性」を患う70代女性に、自己由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った網膜の細胞を移植した臨床研究について、手術実施から2年後も経過は良好で安全性が確認できたと発表した。 研究成果は米医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」(電子版)の2017年3月16日号に掲載された。研究グループでは今後、期間短縮とコスト大幅減が可能になる、他人の細胞から誘導したiPS細胞のストックを用いての臨床研究へと発展が期待できるとしている。今後は他人由来のストックを用いた研究へ 理化学研究所の同日付発表資料によると、臨床研究では対象患者2人がエントリーされ、自己iPS細胞由来網膜色素上皮細胞シートを作製。2014年9月にそのうちの1人(女性)に移植を実施した。 1年後の評価では、腫瘍形成、拒絶などはなく、新生血管の再発もみられなかった。視力は移植手術前のレベルを維持しており安全性試験としての経過は良好でさらに、その後1年半経過した現在も、腫瘍形成や拒絶反応はみられていないという。 共同研究グループは「今回の結果より、iPS細胞由来網膜色素上皮細胞を用いた細胞治療が安全に施行できることが支持される」としている。2例目のもう1人(男性)については、臨床所見が現行治療で比較的...more
in English
カテゴリー:

【国際】幹細胞使った治験で女性3人失明、米 - 03月17日(金)02:20 

http://www.afpbb.com/articles/-/3121637?act=all 【3月16日 AFP】米フロリダ(Florida)州で、脂肪細胞由来の幹細胞を目に注入する治験を受けた女性患者3人が失明していたことが15日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」に発表された報告から明らかになった。この治験は効果がまだ立証されていないものだったという。  失明したのは進行性の眼疾患「黄斑変性症」を患っていた72~88歳の女性3人で、2015年にフロリダ州の医療機関で「乾燥型黄斑変性症における細胞の硝子体内注入の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

幹細胞使った治験で女性3人失明、米 - 03月16日(木)15:19 

【3月16日 AFP】米フロリダ州で、脂肪細胞由来の幹細胞を目に注入する治験を受けた女性患者3人が失明していたことが15日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル」に発表された報告から明らかになった。≫続きを読む
in English
カテゴリー:

ブレイディの盗難ユニ、王者ペイトリオッツの元に無事帰還 - 03月24日(金)14:08 

【3月24日 AFP】米ナショナル・フットボール・リーグ、先月行われた第51回スーパーボウルで盗難されたニューイングランド・ペイトリオッツに所属するトム・ブレイディのユニホームがチームの元に帰ってきた。≫続きを読む
in English
カテゴリー:

ブレイディの盗難ユニホーム発見、犯人はメキシコの記者か - 03月21日(火)13:17 

【3月21日 AFP】米ナショナル・フットボール・リーグは20日、先月行われた第51回スーパーボウルで盗まれたニューイングランド・ペイトリオッツ所属のQBトム・ブレイディのユニホームが発見されたと発表した。≫続きを読む
in English
カテゴリー:

【量産化】目の難病に自分由来iPS移植、2年半の経過良好 理研など 今年前半に費用5分の1以下の他人由来iPS細胞移植 - 03月18日(土)03:35 

目の難病にiPS移植、2年半の経過良好 理研など 神戸新聞 2017/3/16 19:04 https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201703/0010004057.shtml  世界で初めて人工多能性幹細胞(iPS細胞)を移植した目の難病「滲出型加齢黄斑変性」の患者について、理化学研究所多細胞システム形成研究センター(神戸市中央区)の高橋政代プロジェクトリーダーらの共同研究グループが16日、2年半たっても経過が良好であると発表した。米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンの同日号に掲載された。  この臨床研究は2...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【医療】幹細胞を目に注入する治験を受けた女性3人が失明 - 03月16日(木)15:46 

http://www.afpbb.com/articles/-/3121637?cx_part=topstory 【3月16日 AFP】米フロリダ(Florida)州で、脂肪細胞由来の幹細胞を目に注入する 治験を受けた女性患者3人が失明していたことが15日、米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル (New England Journal of Medicine)」に発表された報告から明らかになった。この治験は効果がまだ立証されていないものだったという。  失明したのは進行性の眼疾患「黄斑変性症」を患っていた72~88歳の女性3人で、 2015年にフロリダ州の医療機関で「乾燥型黄斑変性症における細胞の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【女子テニス】賭けに敗れたブシャールがデートの公約果たす、学生とNBA観戦 - 02月16日(木)18:56 

【2月16日 AFP】女子テニスのユージェニー・ブシャール(Eugenie Bouchard、カナダ)が15日、ソーシャルメディア上での賭けに敗れたことで、デートをする公約をしていた一般男性とNBA観戦に出かけた。  間もなく23歳の誕生日を迎えるブシャールは、米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)の王者を決める第51回スーパーボウル当日、自身とデートする権利を賭けて、ツイッター上で一般男性とどちらのチームが勝つか勝負をした結果、これに敗れて約束を果たさなければならなくなっていた。  ブシャールとの夢のデートを勝ち取った...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ニューイングランド」の画像

もっと見る

「ニューイングランド」の動画

Wikipedia

ニューイングランド(''New England'')は、アメリカ合衆国北東部の6州を合わせた地方である。中心都市はボストン

歴史

''主要記事:History of New England

アメリカ合衆国で最も古い地域であり、1616年にイギリスで入植者が募集されたのが地域名の由来。1620年からイギリスピューリタンがマサチューセッツへ移住を始め、各植民地を設立していった。1637年には北のヌーベルフランス、南のニューネーデルラントに対抗するため「ニューイングランド連合」が結成されている。1776年にはアメリカ独立戦争発祥地となっている。19世紀にはニューイングランドの商人や漁師や捕鯨船が有名になった。

インディアンに対する大虐殺

もともとは...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる