「ニャーニャー」とは?

関連ニュース

招き猫「すずちゃん」人気 鹿児島市の飲食店 - 06月23日(金)22:00 

 ワタクシは猫である。みんなは「すずちゃん」と呼ぶ。どこで生まれたか、とんと見当がつかない。鹿児島市城山町の天ぷらレストラン「樂樂亭」の近くでニャーニャー泣いていたことだけは記憶している。
カテゴリー:

【どうぶつ】サイクリング中に迷い子猫に遭遇!服の中に収納して、お持ち帰り(写真あり) - 06月06日(火)09:21 

先月5月半ば、ブラジルのサイクリストであるヴィクター・フォンセカが仲間とのサイクリングの途中、たった1匹さまよっている子猫と遭遇。 しばらく様子をうかがってみたものの母親はやってこない。 彼は無防備な子猫を見捨てることができなくなり、自分のウェアに子猫を入れて自分の自宅に連れ帰ることにした。  苦しくないかな?大丈夫かな?と心配したヴィクターだったが、子猫のほうはニャーニャーと泣いていたものの、ウエアの中でしっかりと守られていたようだ。 ▼リンク先に動画あり https://www.facebook.com/viitor.fons...
»続きを読む
カテゴリー:

漫才のしゃべりは「素」なのか「演技」なのか「笑×演」の裏側を聞いてきた - 06月21日(水)10:00 

芸人が書いたネタを役者が演じるネタ番組『笑×演』(テレビ朝日系列)の鈴木忠親プロデューサー&上山健太郎チーフディレクター インタビュー後編です。「役者が漫才を『演じる』とは?」「MC2人の気楽さ」「この先やってみたい組合せ」など聞いてきました! 前編はこちら自分を演じるのか、漫才師を演じるのか── これまで放送されたなかで、特に印象に残っている組を挙げるとすれば?上山 どの組も面白くて……。いや、一組一組全部長尺で語れるくらい思い出はありますね。本番まで全然見えなくて怖かったのはハライチ岩井さんとAマッソさんですが……(前編参照)上山 ラブレターズさんと組んだ鈴木貴之さんは、特に熱心でしたね。顔合わせからかなり前のめりで、稽古でも色々質問したりとか。「こんなに役者さんが熱心にやってくれるんだ」って嬉しかったです。── 最後はラブレターズのことを「師匠」って呼んでました(笑)上山 台本がいいから1発目の読み合わせから既に面白いんですけど、稽古でどんどん成長していくんです。ラブレターズさんの指導もすごくて、言い方で表現ががらりと変わることを見せるんですが、役者さんもそれ以上のものを返して……。お互いに「そのパターンもあるんだ」と吸収しあっていって、どんどん面白くなってる……!って感動しちゃいました。── 漫才だと、磁石×浅利陽介&柳喬之さんの回もすごかったですね……。鈴木 あれはもう漫...more
カテゴリー:

「ニャーニャー」の画像

もっと見る

「ニャーニャー」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT ネコ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる