「ニッチェ」とは?

関連ニュース

たんぽぽ・川村エミコ、誕生日前に原田龍二からハグされ「女ホルどばどば~」 - 12月17日(日)21:14 

お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコが15日、自身のInstagramと連動したアメブロにて、俳優の原田龍二とのイベントの様子をつづった。この日2人は、銀座ブロッサムにて開催された「DeNAトラベル湯」というイベントに参加。このイベントでは、日本や世界の温泉を体感できるブースが開かれ、VR体験、温泉好きや温泉専門家たちによるトークショーが行われた。川村と原田は、温泉好きゲストとしてイベントに登場したのだ。 「原田龍二さんとご一緒です!わたしの誕生日が近いのですが、サプライズでハグしていただきました。 女ホルどばどば~これで1年また生きて行けます! とってもしなやかな筋肉をされてました。 原田さんファンの皆さん、ごめんなさい!! 温泉イベントまだまだ続きますっ! #温泉 #DeNAトラベル湯 #銀座ブロッサム #原田龍二さん #川村エミコ」 と、2日後に迫った17日の誕生日(38歳)に先駆けて、原田からハグのプレゼントをもらったことを明かした。コメントとともに、浴衣姿のツーショット写真も公開している。人々からは、「龍二さんファンとしてはハグして貰えたなんて羨ましすぎます!」「女性の顔になってて、美しいです!」「川村さんとっても可愛かったし、お話が面白かったです」など、羨ましいという声や、イベントに参加した感想などが数多く寄せられている。 川村が述べるところの「女ホル」とは女性ホル...more
カテゴリー:

松本人志&高須光聖の『放送室』コンビ再び 副音声で振り返る女芸人No.1『THE W』 - 12月16日(土)06:00 

 今月12日に放送された史上初となる女芸人No.1を決める大会『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』(日本テレビ系)は、本命のゆりやんレトリィバァが涙の優勝で幕を閉じた。そんな本編の戦い同様に高い注目を集めたのが、お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志と放送作家・高須光聖氏によるラジオ番組『放送室』コンビが復活して、副音声を担当したことだ。放送中に2人がどんなコメントを残したのか、ここで振り返ってみたい。 【写真】ポケットに手を入れて喜ぶゆりやん 号泣&ネタ場面も ■松本が語る点数制の審査の難しさ 異色のポール芸人に副音声でも大盛り上がり  放送当日、松本は自身のツイッターで「副音声ってやったこと無いけど。。。まっ 頑張るわ。見てね~ いや 聞いてね~W」とコメント。番組冒頭で「全員が初めてのことやから、我々も何らかの微力ながらせなアカンのやけど、よく考えたら高須ってあがり症やんか?」と呼びかけるなど、ゆったりとした雰囲気でスタート。松本は、直前に『M-1グランプリ2017』(ABC・テレビ朝日系)でも審査員を務めていたことから「この間のM-1でいうと、すごく良かったからね。どんな感じになるのかなー」と番組の展開に期待を寄せた。  第1試合の紹介VTRでは、松本が結成5年の新星・はなしょーに興味を示し「知らない若手を見るとワクワクする。最近ナベプロがいいよな。...more
カテゴリー:

ニッチェ・江上宅に女芸人が集合「旦那様がうらやましいっすー!」 - 12月15日(金)13:35 

先日行われた『女芸人No.1決定戦 THE W』で準優勝を果たした、女芸人の牧野ステテコが14日に自身のアメブロを更新。ニッチェの江上宅で、女芸人が集まって食事をしたときの様子を公開している。 「thewが終わって次の日は何にも予定がなかったから、みんなで朝まで飲んで寝てのんべんたらりしててら、あれっ??!!!ヒルナンデスさんが番組中に牧野ステテコさん来ていいよーっ!!!!って!!」と誘いを受けたことを明かし、「わぁーわぁーわぁー!!!マネージャーさんに確認してすぐに汐留行ったっすー!!!そしたら間に合って出さしてもらえたっすー!!!わーいわーい!!ラッキーだー!!」と、実際に出演できたことを報告した。 「真面目に起きててテレビ見ててよかったー!!!!こんなことあるんだー!!ヒルナンデスさん、ありがとうございますっー!!!」と、感謝の気持ちを述べた牧野は、夜にニッチェの江上宅で食事をしたようで、「そして夜はニッチェの、江上さんのお家でご飯ご馳走になりましたー!!」と、女芸人が集まっている写真を公開した。 「女芸人いっぱーーーいい!!!江上さんの作ってくださった芋煮、サラダ、えのきのおいしいやつ、パスタぜーんぶぜーんぶ美味しかったっー!!!」「う、うれちぃ!!!!」と、料理に舌鼓を打った様子。 「しかも芋煮は最後、カレー粉??とうどんが投入されてカレーうどんに変身したんすー!...more
カテゴリー:

『女芸人No.1決定戦 THE W』準優勝の牧野ステテコ 間宮祥太朗とペアルック風2ショット - 12月13日(水)14:55 

先日行われた『女芸人No.1決定戦 THE W』で準優勝を果たした、女芸人の牧野ステテコが13日にアメブロを更新。感謝の気持ちをつづっている。 『女芸人No.1決定戦 THE W』は、史上初の一番オモシロイ女性を決める祭典。女性芸人たちが漫才やモノマネなど様々な手法で競い合い、決勝はニッチェやアジアンらが出場。優勝は、ゆりやんレトリィバァが栄冠に輝いた。 「一昨日の女芸人の日本一を決める戦いthew見て下さった皆さんありがとうございますっー!!!!」とお礼を述べた牧野は、「たくさんコメント下さったり すごくうれちちちぃでしたー!!!」「私はゴールデンタイムにテレビでネタが出来るだけで本当にありがたかーでした!!!」と述べ、ゆりやんレトリィバァら女芸人が集合した写真を公開。 また、「本番前はやっぱり緊張してどこかぎこちない感じがあったけど、終わったら写真みたいに、和やかですー!!!」「女芸人わいのわいのですー!!」と、舞台裏の様子も明かし、「審査員のかたお客様、スタッフさん、服音声してくださった松本さん、高須さん本当にありがとうございましたですー!!本当素敵大会でしたー!!!」と、支えてくれた人々にも感謝した。 大会後には、お疲れ様会をしてもらったようで、「終わったあと遅い時間にも関わらずみんなが、お疲れ様会やってくれましたー!!うれちちちぃー!!!みんな本当にいろいろ助けて...more
カテゴリー:

ニッチェ・江上『女芸人No.1決定戦 THE W』4位に終わるも「満足感でいっぱい」 - 12月12日(火)11:43 

お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子が12日にアメブロを更新。11日に日本テレビ系で放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』について述べた。 『女芸人No.1決定戦 THE W』は、漫才、コント、一人芝居、モノマネなどジャンルを問わず“この世で一番オモシロイ女性”を決める、史上初の「女性芸人の祭典」。はなしょー、中村涼子、どんぐりパワーズ、牧野ステテコ、押しだしましょう子、まとばゆう、ニッチェ、ゆりやんレトリィバァ、アジアン、紺野ぶるまが決勝に臨んだ。結果はゆりやんが優勝、ニッチェは惜しくも4位に終わった。 江上は結果について「結果は10組中4位というものでしたが、我々は満足感でいっぱいです」と述べた。自身のブログにたくさんのコメントが寄せられたといい「残さず全部読みました!ありがとうございました!!」と感謝の気持ちを伝えた。 決勝戦の後、はなしょーらと飲みに行ったという江上は、杵渕はなと“オカンと子供”のように抱き合う写真を投稿。最後は、決勝戦で戦ったメンバーとの集合写真ともに「ゆりやんおめでとう」と締めくくった。 この投稿に「一本目も二本目も本当に面白くて、さすがニッチェさん!と思いました」「涙流しながら笑いました!」「結果は残念でしたが、私の中ではニッチェが優勝」などのコメントが寄せられている。 【関連記事】 ・ありがとうございました!!(ニッチェ 江上敬子オフィ...more
カテゴリー:

ブルゾンちえみ、新ネタが完成し「解放感MAXなのであります」 - 12月17日(日)11:53 

お笑い芸人のブルゾンちえみが17日、自身のアメブロを更新。新ネタが無事に完成し、安堵する気持ちを明かしている。 今年は「ブルゾンちえみwithB」での“35億”ネタで大ブレイク。海外アーティストMVの完コピで話題のユニット「Royal Flush」も始動するなど、話題が尽きなかった1年。 「新ネタを作る、こちらが完了しました。そして、その新ネタの収録も終わり、何よりも、何よりも、何よりも、解放感MAXなのであります」とブログの冒頭でつづったブルゾン。「ネタ作り、が一番、心の内を占め、この一年、新ネタを作らなければ」と常にプレッシャーとの戦いだったようだが、「なんやかんや色んな念、ぐる、ぐる、ぐる、と回りまして、ちゃんと新ネタ出来ました」と安堵の思いをつづった。 新ネタが完成したことで「心の余裕」が生まれ、多忙な中でも趣味の映画鑑賞や読書を満喫。最近では、ミュージシャンの坂本龍一のドキュメンタリーを鑑賞したことを報告。「坂本龍一さんが、ベラベラベラベラと自分のことを喋ってる映画ではないです。そんなに喋らなくても、言葉は少なくても、彼が作った音楽に、全部メッセージがあるような気がしました」と感想を述べている。ちなみに、読書の方はというと、西加奈子の『サラバ!』を読破中とのこと。 ブルゾンはかねてよりお勧めの映画や音楽をブログで紹介しており、過去にはレディー・ガガのドキュメンタリ...more
カテゴリー:

ニッチェ・江上、『女芸人No.1決定戦』の翌日に祖母が他界「パニックになりそうでした」 - 12月15日(金)16:29 

お笑いコンビ・ニッチェの江上敬子が15日にアメブロを更新。今月11日に日本テレビ系列で放送された『女芸人No.1決定戦 THE W』の翌日に祖母が他界したことを明かした。 「今日はちょっと長いブログになるかもしれませんが、私のばあちゃんの話をさせて下さい」と切り出した江上。祖母の家に下宿していた高校時代の思い出や、ニッチェが出演する番組を全部録画していたなどエピソードをつづった。過去にはサプライズで番組に出演してくれたこともあり、「その気持ちに私は涙がでました」と振り返った。 『女芸人No.1決定戦 THE W』の当日も電話で「頑張って1000万とりんさいよー!」と励まされたが、その翌日に亡くなったという。悲報を聞いた際の様子を「正直、受け入れられなくて、なんで?昨日しゃべったのに?なんで?とパニックになりそうでしたが、近くにいたお姉ちゃんやお母さんの方がもっと辛いと思い、気持ちを押し込めました」とつづった。 周囲の協力を経て、お通夜だけは出席できたという江上。「もっと一緒にいたかったし、もっとテレビに出ているところを見せたかったし、私がネタをやっているところを、生で目の前で見て欲しかった」と悔やむ気持ちを滲ませながらも、「でも、きっと天国があるのなら、ばあちゃんは絶対天国で見ていてくれると思うので、もっともっと頑張ります!」と祖母のベッドの上に飾ってあったという2人の写真を...more
カテゴリー:

ゆりやんレトリィバァ「THE W」優勝で『おおきにです。おおきにと申します!』 - 12月13日(水)21:00 

12月11日に日本テレビ系で「女芸人No.1決定戦 THE W」が放送され、ゆりやんレトリィバァが優勝。初代“笑いの女王”に決定した。 【写真を見る】まさかのドラえもん! ゆりやんレトリィバァのインパクト強めな風貌/(C)NTV エントリー総数636組の中から決勝に進出したのは、はなしょー、ニッチェ、アジアン、紺野ぶるま、中村涼子、牧野ステテコ、まとばゆう、押しだしましょう子、どんぐりパワーズ、ゆりやんレトリィバァの10組。 MCはチュートリアル・徳井義実、間宮祥太朗、水卜麻美アナが務めた。 審査は、抽選で選ばれた一般審査員395人と、ゲスト審査員の柴田理恵、新川優愛、生瀬勝久、ヒロミ、吉田沙保里、若槻千夏の合計401人による投票で行われた。ヒロミは「とにかく面白い人を選びたい」と緊張の面持ちでコメントしていたが、戦いの模様をリポートする。 ■ 決勝ファーストラウンド 1戦目は、はなしょーとニッチェ。公私共に仲がいいという2組は、声もアクションも特大の熱演を繰り広げる。ネタが終わった途端、泣いていしまうはなしょー・はなに徳井は「女性の大会特有」と評し、結果はダブルスコアでニッチェの勝利となった。 2戦目は、アジアンと、ピン芸人・紺野ぶるま。アジアンはさすがの実力でテンポ感抜群の漫才を。紺野は“浮気を繰り返す女性”という攻めたキャラで勝負に出た。紺野に投票した生瀬は「ほんとに腹が立っ...more
カテゴリー:

細川直美、葉月里緒奈とランチ「細くて美しい」と変らぬスタイルを絶賛 - 12月12日(火)13:32 

女優の細川直美が11日に自身のアメブロを更新。女優の葉月里緒奈とランチをした様子を公開している。 「今日は、葉月里緒菜ちゃんとlunchでしたっ」とつづった細川は、「久しぶりに会ったけど、ホントに変わらず、細くて美しい」と、葉月の変らないスタイルと美しさを絶賛。 「二人で「冬美人」(笑)という、お豆腐のお料理をいただきました あやかりましょっ」と、ランチにはお豆腐の料理を選択したことを明かした。 お品書きと料理の品々を公開し、「何だかすべて、体に優しいお味」「お出汁の味が、染みます」と、美味しい料理に舌鼓を打った様子。また、出来立てのお豆腐の写真も公開し、「つるんと、喉ごしのいい美味しいお豆腐でした」とつづった。 「どのお料理も、とっても美味しかったです」と語った細川は、デザートの豆乳アイスもいただき、「沢山話して、沢山食べた一日楽しかったなぁ~~~~何より、里緒菜ちゃんの元気そうな顔が見られて嬉しかったです」と、ひさしぶりの再会を楽しんだ様子。 「年内に会いたいお友達が沢山 忘年会ならぬ、lunch会の多い12月ですっ」と、年末までの忙しさも明かした。 【関連記事】 ・lunch(細川直美 オフィシャルブログ) ・細川直美が「保護者会ファッション」を披露、スカーフが効果的 ・石川梨華、“披露宴”ではなく“パーティ”にした理由を明かす ・保田圭、後輩・石川梨華の結婚...more
カテゴリー:

女芸人No.1『THE W』初回大会で見えた意義と課題 - 12月12日(火)06:00 

 ゆりやんレトリィバァの圧巻の優勝で幕を閉じた女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』(日本テレビ系)の記念すべき初回。史上初となる女芸人No.1を決める大会ということもあり、開催発表時から大きな話題を集めていたが、漫才・コント・歌ネタ・ポールダンスといったように、女芸人界の幅の広さを見せる決勝戦となった。 【写真】ポケットに手を入れて喜ぶゆりやんレトリィバァ  まずは出場者と基本的なルールを確認したい。エントリー総数636組から、はなしょー、ニッチェ、アジアン、紺野ぶるま、中村涼子、牧野ステテコ、まとばゆう、押しだしましょう子、どんぐりパワーズ、ゆりやんレトリィバァ(ネタ順)の10組が決勝に進出。ファーストラウンドは1対1の戦いを5組で実施し、勝ち上がった5組(ニッチェ、アジアン、牧野ステテコ、まとばゆう、ゆりやんレトリィバァ)によるファイナルラウンドで初の『笑いの女王』の座を賭けて女芸人たちが激突した。  大会のMCはチュートリアルの徳井義実、同局の水卜麻美アナウンサー、俳優の間宮祥太朗が担当。ゲスト審査員には柴田理恵、新川優愛、生瀬勝久、ヒロミ、吉田沙保里、若槻千夏の6人に加え、番組ホームページで応募された一般審査員395人の計401人で審査。一人につき1票を持ち、ファーストラウンドは対戦の2組を2択でジャッジ。ファイナルラウンドは、勝ち上がった5組の中から...more
カテゴリー:

もっと見る

「ニッチェ」の画像

もっと見る

「ニッチェ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる