「ナレーション」とは?

関連ニュース

HKT48・矢吹奈子、クリスマスは「募集中です」 - 12月15日(金)21:04 

HKT48・AKB48兼任の宮脇咲良、兒玉遥、矢吹奈子、HKT48・松岡はなが12月14日、東京・羽田空港第2ビル駅で行われた「東京モノレール『ご乗車20億人達成』記念感謝セレモニー」に登壇。HKT48は東京モノレールのイメージキャラクターを務めており、宮脇ら4人がくす玉開きに参加した。 【写真を見る】東京モノレールの制服姿を披露 東京モノレールについて、東京出身の矢吹は「東京のおうちに帰る時などにも、使いやすくて早いので、たくさん乗っています」と言う。 「20億 その中の奈子 50人」と自作の川柳を詠み、「福岡から帰ってくる時にも乗っているので、20億人の中の50人分くらいは奈子が乗っているんじゃないかな。もしかしたら50回以上乗っているかも」とアピールした。 鹿児島出身の宮脇は「電車が1本くらいしかないような所で過ごしてきたので、東京の電車の多さにはびっくりして、駅の中でも全く分からないんですけど、東京モノレールは田舎生まれの私でも分かりやすくて、乗りやすくて便利です」と利便性を強調。 また、「HKTに入る前、子役のオーディションを受けるために東京に来ていたんですけど、その時は必ずモノレールの中で台本を見返していました。モノレールには思い出が詰まっています」と明かした。 2018年1月6日(土)から8日(月)まで新成人を対象に「新成人応援 東京モノレール1dayフリーパス」が無...more
カテゴリー:

小津、黒澤、北野から影響受けた、セネガル系フランス人監督が描くアフリカのリアル - 12月15日(金)16:00 

 第67回ベルリン国際映画祭審査員グランプリ(銀熊賞)を獲得した「わたしは、幸福(フェリシテ)」が12月16日公開する。コンゴ・キンシャサを舞台に、シングルマザーの歌手の生き様から、現在のリアルなアフリカ文化を描き出す物語。セネガル系フランス人監督のアラン・ゴミスが来日し、作品を語った。 ・【動画】「わたしは、幸福(フェリシテ)」予告編  “幸福(フェリシテ)”という名前を持ちながら、幸福の意味を知らずに生きてきた主人公は、バーで歌いながらひとり息子を育てるシングルマザー。ある日、息子が交通事故に遭ったことに絶望し、歌うことさえできなくなってしまう。フェリシテの力強い生き方を軸に、キンシャサの熱気、人々の生活、音楽が一体となって立ち上る作品だ。  ゴミス監督はパリで育ち、15歳のときに初めてアフリカの地を踏んだ。「家庭の中は父のアフリカ系の雰囲気でしたし、母が地方出身で、母の家族は地方に住んでいたので、僕はどちらかというと、父のセネガル系の、アフリカのソサエティの中で過ごしました。そういう意味でいうと精神的にはアフリカの中で育ったと言えます」  自身のルーツであるセネガルではなく、コンゴを舞台にした理由は、キンシャサがアフリカ屈指の音楽活動が盛んな地であるからだそう。「キンシャサに行ってみたいという気持ちと同時に、恐れも抱いていました。神話的な街あると同時に、そこには暴力が...more
カテゴリー:

恋愛運ガタ落ちの原因はアレ! 占い師に聞いた「いい恋を引き寄せる」大掃除の場所3選 - 12月15日(金)12:00 

もうすぐ大掃除の時期。 【動画】どっちがモテ声?“モテる”発声法をマスター! 年末は忘年会やカウントダウンイベントなどで忙しい方も多いと思いますが、すっきりした気分で年越しをするために、大掃除の時間はしっかり確保したいもの。 それに、掃除って、開運効果もあるんですよ。 恋愛運がアップする掃除の仕方もあるのだとか。 今日は、開運に関するヒット本を多数出版されている人気開運占い師の富士川碧砂さんに、『来年の恋愛運アップにつながる大掃除のポイント』について伺いましたのでご紹介します。 恋愛運アップにつながる大掃除の場所3選 富士川さんいわく、掃除はあらゆる面でプラスの作用を及ぼしてくれる開運法なので、どの場所も普段からきれいにしておくことが大切なのですが、恋愛運アップにつながるのは、主に次の3つの場所だそうです。 1. 風水で恋愛をつかさどる「寝室」 風水で恋愛運をつかさどるのは、何と言っても寝室となります。 寝室の『シーツ』と『枕カバー』、この2つは、寝ている間に邪気を吸い取るものです。この2つの布類のこまめな洗濯は、恋愛運アップには絶対に必要です。 また、古いものを使い続けるのはおススメできません。 「恋がうまくいっていない」と感じるなら、これを機に思い切って買い替えましょう。 買い替えの場合、おススメの色は、無地なら『薄いピンク』か『白』、柄物でしたら『...more
カテゴリー:

スマホ向け戦国MORPG「戦国ASURA」のβテストがスタート。声優の大塚明夫さんがナレーションを務めるオープニングムービーも公開に - 12月14日(木)14:06 

 サムザップは本日(2017年12月14日)〜12月18日22:30の予定で,スマホ向け戦国MORPG「戦国ASURA」のβテストを開催する。今回のテストは,正式リリースに先駆け,ゲームバランスの調整やサーバーの負荷検証を目的に行われるものだ。これに合わせて,声優の大塚明夫さんがナレーションを務めるオープニングムービーも公開されている。
カテゴリー:

『コウノドリ』繰り返す流産で、自分を責め続ける女性たちの悲しい本音に涙 - 12月14日(木)12:00 

© TBS『コウノドリ』第9話が12月8日に放送された。今回サクラ(綾野剛)が向き合ったのは、「不育症」。原因がわからないまま、流産を繰り返す女性の苦悩と本音が描かれた。ドラマでも取り上げられていたように、流産はけっしてめずらしいものではなく、経験者も多い。けれどもそれは、あくまで統計上のこと。「あなたのせいじゃない」と言われても、原因がわからないことで、どうしようもない不安や、やり場のない気持ちに陥ってしまうものなのだ。■原因不明の不育症に悩む夫婦3回目の流産となった篠原沙月(野波麻帆)は、流産を繰り返してしまうことを「自分のせい」だと思い悩んでいた。そんな妻を見て、夫・修一(高橋光臣)もまた、どうしたら彼女を元気付けられるのかと葛藤していた。不育症の検査を受けるも、結果はすべて正常範囲内。それを聞いた修一が「それは原因がわからないということですか? 治療方法がないということですか?」と問う。サクラは不育症の原因がわかって治療した女性、原因がわからず治療しなかった女性、どちらも出産できる確率は85%だと説明する。© TBS「でも、不安ですよね、怖いですよね」と続けるサクラに、沙月は涙を流し「子どもがほしくて、やっぱり諦めきれないからここに来てるんですけど、妊娠してないってことがわかると少しホッとする自分がいて。一瞬でも、おなかの中に赤ちゃんが宿ることが怖くて。こんなんじゃ母親にな...more
カテゴリー:

カンニング竹山、安藤優子とのバトルに圧勝?「干されるのでは?」と心配の声も - 12月15日(金)21:00 

2017年12月14日に放送された『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)でのカンニング竹山(46)の発言が話題になっている。 番組では、引退した元横綱・日馬富士(33)の暴行問題について特集。関係者のインタビューがいくつか放送されたあとに、竹山がこの問題について言及した。 竹山が暴行を受けた貴ノ岩(27)の師匠である貴乃花親方(45)がバッシングされている状況に疑問を投げかけたことに、番組MCの安藤優子(59)が「一方だけを責めていることにはならない」と返しても、竹山は納得しない様子。「世の中のひとは、偏向報道だと感じているはずだ。論点がどんどんズレてきて、親方と協会の問題になっている。メディアもこじらせたじゃないですか。実際、正直言うと。メディアがこじらせましたよね?」と発言し続けると、安藤は「う~ん?」や「ん?」と困った様子で返すしか出来ない状態になった。 安藤が対応に困る中で竹山は「もうメディアが騒がないことですよ。だって推測と推察しかないんだから。だから警察がやって、検察がおわるまでってことでしょ」と、暴行事件であることを強調して締めくくった。 竹山の番組での発言に、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。 ◆偏りを感じていた!よく言った! ネット掲示板ガールズちゃんねるには、このような声が寄せられている。 「これみてた!めっちゃスッキリした!カッコ良かった!...more
カテゴリー:

TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」のPV第1弾が公開! メインスタッフ&キャスト情報も到着! - 12月15日(金)13:43 

TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」が4月から放送されることが発表されました。また、瀬紅莉栖のナレーションから始まり、冬の様相の岡部やまゆり、そして「シュタインズ・ゲート ゼロ」から登場の比屋定真帆の姿などを見ることができるPVの第1弾も公開となりました。(WebNewtype) 「シュタインズ・ゲート ゼロ」のPVカットより/(C)2018 MAGES./KADOKAWA/未来ガジェット研究所 (C)2018 MAGES./KADOKAWA/ STEINS;GATE 0 Partners
カテゴリー:

古川雄輝「僕はポンッとステップアップする俳優ではない」 - 12月15日(金)08:00 

12月15日に世界190カ国で配信が開始したNetflixオリジナルドラマ「僕だけがいない街」。 【写真を見る】はにかみ“キラースマイル”の古川雄輝にキュン! 本作はテレビアニメ化&映画化に続き、これが3度目の映像化となる。主演を務めるのは、ルックス&経歴共に“ハイスペック”な俳優として、日本のみならずアジアで絶大な人気を誇る古川雄輝だ。 2018年1月26日(金)公開の日韓合作映画「風の色」では主演かつ1人2役に挑戦し、さらに同3月には映画「曇天に笑う」の出演も控える古川。 そんな古川は「僕だけがいない街」で、その端正なルックスとは裏腹にちょっとさえない売れない漫画家・藤沼悟を演じる。 原作完結を迎えてから初めてのドラマ化を迎えることで、期待も高まる本作の見どころなどを古川に聞いた。 ――まず主演が決まったときの率直な感想はいかがでしたか? 純粋にうれしかったですね。原作が有名なので知っていましたし、アニメも見ていました。世界190カ国に配信されるということで、いろいろな国の方々が見ていただける作品に出演できるということも純粋にうれしかったです。 ――久々の連続ドラマ主演ですが、プレッシャーなどは感じていましたか? プレッシャーはなく、それより楽しくやろうと思っていました。もちろん事務所の先輩・藤原竜也さんが演じた役柄だとか、漫画やアニメが映像化されるドラマだということで思うとこ...more
カテゴリー:

【インタビュー】「僕だけがいない街」古川雄輝「原作のファンにもとても喜んでいただけると思っています」 - 12月14日(木)12:00 

 「ヤングエース」(KADOKAWA)に2012年~16年まで連載された人気漫画『僕だけがいない街』。16年のテレビアニメ化、実写映画化を経て、Netflixオリジナルドラマとして12月15日から世界190カ国以上で配信される。母親を殺害した犯人を突き止めるために、時が巻き戻る“リバイバル”という現象によって18年前の小学校5年生時までさかのぼった藤沼悟は、当時起きた連続児童殺人事件に母親殺害の原因があると確信し、事件の謎を追っていく。今回のドラマは、原作完結後初の映像化ということでも注目されている。本作で主人公の悟を演じた古川雄輝に話を聞いた。 -3度目の映像化ということで、役づくりや撮影にどのように臨まれましたか。  原作が一緒でも、アニメ、映画、ドラマと全部違うと思うのですが、今回は原作にかなり忠実に寄せています。そして、大きな特徴が、ナレーションでストーリーが展開されていく点。映画だと“独り言”はあっても、ナレーションはあまり入っていなくて、ナレーションに当たる部分は表情や映像で見せています。その差が出ていますね。ただ、主人公は1人でいる場面が結構多いのですが、1人の時に1人でナレーションでずっとしゃべってしまうと、リアリティーがなくなってしまいます。そこで、(下山天)監督に「このせりふはやっぱりナレーションにしませんか」とか、その逆を相談したりしました。監督と一番話...more
カテゴリー:

前田日明が探し求めたまちがいのない物差し――フミ斎藤のプロレス読本#154[前田日明編・中編] - 12月14日(木)08:31 

 199X年  前田日明の口ぐせは「いろいろな意味でね」と「でしょ」だった。  あるひとつの単語やコメント、またはシチュエーションにはいつでもいろいろな意味がこめられていて、スポークスパーソンの前田はセンテンスのすぐあとに主語のない「でしょ」をくっつけて周囲の人びとの理解、同意を求めた。  いろいろな意味で日本でいちばんグレードの高いニュース・メディアということになるのだろう。『ニュースステーション』(テレビ朝日)の画面に登場した前田は、引退試合の対戦相手に“人類最強の男”アレキサンダー・カレリンを指名した理由を「いろいろな意味で、まちがいのない物差しで試合をしたかった、最後はね」と語った。  ここでいう“まちがいのない物差し”とは、前田自身のボキャブラリーを借りれば「100年たっても200年たっても汚されることのないもの」である。  前田は、自分が信じるもの、自分が大切にしているものを他者から汚されることを嫌う。  Jリーグ(サッカー)の外国人監督の多くは、この国のマスメディア(テレビ、ラジオ、活字)に登場する情報化された“自分”と“自分のチーム”をいっさい観ない、読まないという。  プロ野球の選手たちがどのくらい本気で試合があった夜のテレビのスポーツニュースを観て、翌朝のスポーツ新聞を読んでいるのかはちょっとわからない。ニュースとしての活字の賞味期限は極端に短い。...more
カテゴリー:

もっと見る

「ナレーション」の画像

もっと見る

「ナレーション」の動画

Wikipedia

ナレーション)とは、物語を語ること。映画演劇などで「冒頭で物語を語ること」も「ナレーション」と呼ぶ。転じて、テレビ番組CMなどで画面に現れない人物が、内容や状況などについて解説すること。また、その解説。

ナレーションをする者は「ナレーター」()という。

ナレ死

ナレ死(ナレし)とは、日本インターネット用語の一つで、時代劇などで登場人物が死去する際、最期のシーンが映像化されることなく、ナレーターの語りだけで片付けられること。すなわち、「ナレーションによる死'''」の略語といえる。2016年(平成28年)のNHK大河ドラマ真田丸における有働由美子アナウンサーのナレーションが語源とされるインターネット用語であり、「Yahoo!検索大賞2016」のドラマ部門賞を獲得している。

関連項目
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる