「ドラフト」とは?

関連ニュース

AKB48ドラフト候補者がファンとの交流を初体験 - 11月18日(土)18:31 

 来年1月21日に行われる第3回AKB48グループドラフト会議(東京ドームシティホール)の候補者が18日、横浜市のパシフィコ横浜で行われた握手会イベントに参加した。71人の候補者のうち、欠席者4人を除く67人が3組に分かれ、ファンとの初…
カテゴリー:

【芸能】元NMB48須藤凜々花 彼との“愛の巣”資金へ麻雀番組で賞金ガチ狙い「これから恋人と住むので」 - 11月18日(土)11:19  mnewsplus

元NMB48の須藤凜々花が、彼との“愛の巣”資金獲得のために、麻雀対局番組で本気で賞金を狙いに行く。 須藤は今年8月末を持ってNMB48を卒業。現在はタレントとして多方面で活躍している。 現在、単位が足りずに卒業できなかった高校にも通いながら、卒業のきっかけとなった彼との同棲への準備も進めているという。 近日放送される麻雀対局番組で、優勝賞金100万円の使い道について聞かれ「使い道ですか?これから恋人と住むことになるので、その資金として!」と答えた。 周囲の度肝を抜く発言で注目を浴びる彼女が、今度は同棲&...
»続きを読む
カテゴリー:

ヤクルトが丸亀高出の松本と合意 - 11月18日(土)09:43 

ヤクルトがドラフト7位で指名した丸亀高出身で、西濃運輸の松本直樹捕手(24)=177センチ、82キロ、右投げ右打ち=の入団が17日、決まった。
カテゴリー:

<楽天>渡辺佑、入団合意「実感湧いた」ドラフト4位 - 11月18日(土)09:27 

東北楽天は17日、ドラフト4位で指名した横浜商大の渡辺佑樹投手(22)と、横浜市内で入団交渉し、契約金4000万円、年俸1000万円で合意した。 ユニホームに袖を通した渡辺佑は「契約の詳しい話を聞き、
カテゴリー:

【野球】DeNAは球界屈指の“左腕大国” 4年連続でドラフトで即戦力左腕を獲得 - 11月17日(金)15:03  mnewsplus

DeNAのドラフト1位・東克樹投手(21)=立命大=が15日に仮契約を終えた。  「来年からプロ野球の世界でやっていく実感がわきました」  1メートル70とやや小柄ながらも最速152キロを誇る大学ナンバーワン左腕。東が持ち味を発揮し来季の先発ローテーション入りを果たせば、DeNA先発陣に強力な“レフティーカルテット”が完成する。  今季はコンディションの問題もあり18試合6勝6敗にとどまったが、開幕前からエースに指名された石田。今永は2年目のジンクスをはね返し、初の2桁勝利となる11勝7敗をマ...
»続きを読む
カテゴリー:

清宮幸太郎が出した意外な交渉条件「大谷先輩のバット欲しい」 - 11月18日(土)16:00 

11月8日、北海道日本ハムファイターズにドラフト一位指名された清宮幸太郎(18)が、千葉県の鎌ヶ谷スタジアムで憧れの大谷翔平選手(23)と対面を果たした。実はこのイベント、清宮たっての希望で実現したものだという。 「大谷選手はメジャーリーグへの挑戦を明言しており、来年の実現が正式決定しました。清宮くんも同じくメジャー志向で、大谷選手に憧れを抱いています。そのため彼は日ハムとの交渉に際して“条件”を出していたそうです。その1つが『大谷選手との対面』でした」(スポーツ紙記者) そしてもう1つ、清宮が球団に出した意外な “交渉条件”があった。 「それは『大谷先輩の使っているバットが欲しい』というものでした(笑)。さすがにこの日は他の選手もいたのでバット贈呈とはならなかったみたいですが、近日中にプレゼントされることになりそうです」(前出・スポーツ紙記者) いっぽう、清宮にとっての“憧れの先輩”がもう1人いるという。それは、早稲田実業高校の先輩にあたる“ハンカチ王子”こと斎藤佑樹選手(29)だ。 この日は斉藤選手が沖縄キャンプ中だったため、対面ならず。だが斉藤選手としても球団内の早稲田大学出身者らによる『早稲田会』に勧誘しようとするなど、早くもラブコールを送っている。 「ただ斉藤選手は...more
カテゴリー:

【アイドル】元NMB48須藤凜々花、彼との“愛の巣”資金のため麻雀番組で賞金ガチ狙い「これから恋人と住むので」 - 11月18日(土)11:13  mnewsplus

元NMB48の須藤凜々花が、彼との“愛の巣”資金獲得のために、麻雀対局番組で本気で賞金を狙いに行く。 須藤は今年8月末を持ってNMB48を卒業。 現在はタレントとして多方面で活躍している。 現在、単位が足りずに卒業できなかった高校にも通いながら、卒業のきっかけとなった彼との同棲への準備も進めているという。 近日放送される麻雀対局番組で、優勝賞金100万円の使い道について聞かれ「使い道ですか?これから恋人と住むことになるので、その資金として!」と答えた。 周囲の度肝を抜く発言で注目を浴びる彼女が、今度は同棲&優...
»続きを読む
カテゴリー:

<楽天>石原、現状維持で更改 - 11月18日(土)09:27 

東北楽天は17日、ドラフト8位で入団した高卒新人の石原彪捕手と契約を更改した。今季は1軍出場登録はなく、現状維持の年俸500万円でサインした。 
カテゴリー:

斎藤佑樹だけじゃない…プロで輝けなかった高校野球のスターたち【投手編】 - from AERAdot. - 11月18日(土)05:00 

ドラフト会議が終わり、注目の高校通算111本塁打の清宮幸太郎(早稲田実)は7球団競合の末に日本ハム、一大会新記録の甲子園6発の中村奨成(広陵)は広島が交渉権を獲得した。夢と希望に満ちたプロ野球人生が間もなく始まろうとしているが、その一方で過去には甲子園のスター選手として鳴り物入りでプロ入りを果たしながらも、満足に活躍できなかった選手も数多くいる。
カテゴリー:

松井稼が西武復帰=コーチも兼任-プロ野球 - 11月17日(金)12:30 

 西武は17日、楽天を退団した松井稼頭央外野手(42)の獲得を発表した。1年契約で年俸は4000万円。背番号は以前の在籍時と同じ7に決まった。走攻守で総合的にアドバイスする新設のテクニカルコーチも兼任する。埼玉県所沢市の球団事務所で入団会見し、「(現役の)話がなければ引退かなという、それくらいの気持ちだった。年齢に関係なく、元気な姿でグラウンドに出たい」と抱負を語った。 今季は44試合で打率2割1分1厘、2本塁打、10打点。シーズン終了後に楽天からコーチ就任を打診されたが、現役続行を希望し、新天地を探していた。現役最年長野手となる。 松井稼は1994年に大阪・PL学園高からドラフト3位で西武入団。最多安打、盗塁王などのタイトルを獲得し、98年にはパ・リーグ最優秀選手にも輝いた。2004年から米大リーグでプレーし、11年から楽天に所属。西武には03年以来、来季15季ぶりの復帰となる。(金額は推定)。 [時事通信社]
カテゴリー:

もっと見る

「ドラフト」の画像

もっと見る

「ドラフト」の動画

Wikipedia

ドラフト

  • draughts
    • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる