「ドクターカー」とは?

関連ニュース

【大阪】堺でドクターカーが乗用車と衝突 サイレン鳴らし交差点進入 乗用車の運転手けが - 10月07日(土)10:52  newsplus

 7日午前3時40分ごろ、堺市中区平井の市道道交差点で、大阪母子医療センター(和泉市)のドクターカーが、左から直進してきた乗用車と衝突した。乗用車を運転していた男性会社員(41)=堺市中区=が胸を打撲するけが。ドクターカーを運転していたセンターの男性職員(65)=羽曳野市=と同乗していた女性職員(53)=和泉市=にけがはなかった。患者は乗っていなかった。  西堺署によると、ドクターカーは当時、妊婦を転送していた救急車の支援に向かうため緊急車両として走行。サイレンを鳴らしながら交差点に進入したと...
»続きを読む
カテゴリー:

「ドクターカー」の画像

もっと見る

「ドクターカー」の動画

Wikipedia

ドクターカーとは、人工心臓マッサージ器や人工呼吸器、検査装置等の医療機械を搭載し、医師看護師 などが同乗して 医療機関搬送前の現場などへ直接出動する救急車の一種である。。

日本 概要

救急現場に一刻も早く医師が駆けつけて初期治療を始め、救命率を向上させることを目的としている。 中津川市民病院の事故や火傷が原因でない心原性の心停止患者の救命率は、ドクターカー導入前の2013年(平成25年)の3%から2015年(平成27年)は19%へ大きく改善するなど効果を発揮している。

日本では、救急車によって救急医療機関に搬送して医師により診察を受ける救急医療体制が長い間続いていた。救急隊救急救命士にも一部の医療行為は許されているが限られるため、医師による治療開始までの時間が長くなり救命率の低下につながっていた。一部の救命センターでは、救急ヘリに搭乗し、現場への医師派遣、広域救急搬送を行ってきた。しかしながら、ヘリが飛べない悪天候時等やヘリの降りる場所が近くにない場合には、救急車による陸路の輸送しか手段がなく、治療開始までに時間がかかっていた。

また、交通事故などの外傷で救出に時間がかかるようなケースでは、現場への医師派遣は初期治療のうえでさらに必要性が高かった。そのため、少しでも早く傷病者が医師と接触できる手段の1つとして、救急現場等に医師や看護師を運ぶドクターカーが導入されるようになった。

救急現場や搬送途中から救命治療を開始する体...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる