「ドクターカー」とは?

関連ニュース

東日本大震災でも本領発揮!日本有数の救急専門外来を立ち上げた凄腕院長の信念 - 02月10日(土)10:00 

日本最大規模のER(救急専門外来)を立ち上げた名物院長・今明秀(こん・あきひで)が、2月11日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット)に出演する。青森県八戸市に、救命医ならば誰でもその存在を知っている救命救急センター「八戸ER」がある。医療過疎の地で、ドクターヘリ、ドクターカーを、同時に一つの現場に急行させる八戸独自の“サンダーバード作戦”を展開し、絶体絶命とされた多くの重症患者を救い続けたきたのが、組織を率いる今院長だ。青森県の僻地にある診療所勤務で、山間部の峠が越えられずに患者の命を救えなかった経験を持つ今院長。その彼が、2004年、この地に「一流の医療センターを作りたい」と、たった一人でドクターヘリ体制の確立を目指し活動を始めた。しかし、いくら思いが強くても、医師としての技術が優れていても、金も人もかかるシステムを作るのはそう簡単な話ではない。地元との地道な交渉を続けながら、ヘリコプター緊急医療ネットワークに協力し、ついに2007年ドクターヘリ法案が成立。国からの財源を獲得し、2009年八戸にドクターヘリ体制を確立させた豪腕の持ち主だ。その後、ドクターカーも導入し、24時間体制の医療拠点として東日本大震災でもその本領を発揮。さらに「患者を助けるためならどんな手も打つ」を信条とする今院長は、2016年、日本で初めてとなる移動手術車を地元の大学と開発し、現場に投入した。野戦病...more
カテゴリー:

「ドクターカー」の画像

もっと見る

「ドクターカー」の動画

Wikipedia

ドクターカーとは、人工心臓マッサージ器や人工呼吸器、検査装置等の医療機械を搭載し、医師看護師 などが同乗して 医療機関搬送前の現場などへ直接出動する救急車の一種である。。

日本 概要

救急現場に一刻も早く医師が駆けつけて初期治療を始め、救命率を向上させることを目的としている。 中津川市民病院の事故や火傷が原因でない心原性の心停止患者の救命率は、ドクターカー導入前の2013年(平成25年)の3%から2015年(平成27年)は19%へ大きく改善するなど効果を発揮している。

日本では、救急車によって救急医療機関に搬送して医師により診察を受ける救急医療体制が長い間続いていた。救急隊救急救命士にも一部の医療行為は許されているが限られるため、医師による治療開始までの時間が長くなり救命率の低下につながっていた。一部の救命センターでは、救急ヘリに搭乗し、現場への医師派遣、広域救急搬送を行ってきた。しかしながら、ヘリが飛べない悪天候時等やヘリの降りる場所が近くにない場合には、救急車による陸路の輸送しか手段がなく、治療開始までに時間がかかっていた。

また、交通事故などの外傷で救出に時間がかかるようなケースでは、現場への医師派遣は初期治療のうえでさらに必要性が高かった。そのため、少しでも早く傷病者が医師と接触できる手段の1つとして、救急現場等に医師や看護師を運ぶドクターカーが導入されるようになった。

救急現場や搬送途中から救命治療を開始する体...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる