「ドキュメンタリー映画」とは?

関連ニュース

今日マチ子、映画「禅と骨」アニメパートのキャラ原案を担当 - 08月23日(水)15:33 

今日マチ子が、ドキュメンタリー映画「禅と骨」の劇中に登場する短編アニメ「ヘンリの赤い靴」のキャラクター原案を担当。その原案イラストが公開された。
カテゴリー:

「ヨコハマメリー」監督の新作「禅と骨」今日マチ子によるアニメパートのキャラ原案画像&映像公開 - 08月23日(水)11:00 

 2006年に公開され大ヒットした「ヨコハマメリー」の中村高寛監督11年ぶりの長編ドキュメンタリー「禅と骨」アニメパートのキャラクター原案を務めた今日マチ子氏のキャラ原案画像と、本編未使用のアニメ映像が公開された。 ・【動画】「禅と骨」アニメーション映像  京都の禅僧、日系アメリカ人ヘンリ・ミトワその一代記。1918年、アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれた日系アメリカ人であるミトワ氏は、日本文化をこよなく愛し、京都嵐山・天龍寺の禅僧として晩年を過ごしていた。しかし80歳を目前に突如、童謡「赤い靴」の映画化を宣言、長年追い求めた夢の実現に動きだす。ドラマ、アニメなど、様々なジャンルを横断する異色のドキュメンタリー映画として、中村監督が8年の歳月を費やして完成させた。  童謡「赤い靴」の少女のモデルといわれる「きみちゃん」は実在し、少女は母親と生き別れた末に、病気が理由で海を渡ることなく亡くなったという逸話を知ったミトワ氏は、21歳の時に母を日本において渡米、そのまま母と二度と会うことはなかった自身と少女の母への想いを重ね合わせ、映画製作を熱望。しかし、夢を叶える前にミトワ氏は死去した。  このほど公開された映像は、ミトワ氏の死後、その夢を実現させるために中村監督が制作・構成した「ヘンリの赤い靴」という短編アニメーションからの抜粋で、母親と別れた後、結核により養父母になるは...more
カテゴリー:

堤真一「ナオト・インティライミ冒険記」TV版のナレーションを担当! - 08月23日(水)08:00 

 シンガーソングライターとして活躍するナオト・インティライミの旅に密着したドキュメンタリー映画第2弾「ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2」(前編:11月23日、後編:2018年1月5日)の公開に先駆け、9月4日からBSスカパー!、スカパー!4K総合で放送されるTVオリジナル編集版のナレーションを、堤真一が担当していることがわかった。 ・【フォトギャラリー】「ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2」場面写真  13年に公開された「ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー」の続編となる本作は、ナオトがアフリカ大陸、ルーマニア、スウェーデン、ドイツなど世界19カ国を巡った、総撮影1000時間に及ぶ約半年間の濃密な旅をとらえたもの。デビュー前に世界28カ国を515日かけてひとりで渡り歩き、パレスチナではヤッシール・アラファト議長の前で歌を披露するなど、世界各地でライブを行った経験を持つナオトが、旅先の文化と音楽を体感し現地の人々と触れ合うさまを映し出す。  TVオリジナル編集版となる「ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 ON TV」は、映画で映し出される旅の模様を全10エピソード(各30分)で再構成している。インドネシア・バリ島を舞台にした映画「神様はバリにいる」で、ナオトと共演した堤は「ナオト・インティライミは、言葉も文化も違う異国の人とでも言葉...more
カテゴリー:

~精神医学の実態を啓発~ 「夏休み!こころの健康フェスティバル!」オープニング式典を開催しました! - 08月21日(月)10:00 

市民の人権擁護の会は「夏休み!こころの健康フェスティバル!」オープニング式典を8月19日(土)有楽町駅前地下広場にて開催。今週24日(木)まで心の健康に役立つレクチャーやパネル展示、ドキュメンタリー映画などを紹介します。特定非営利活動法人イマジンはこのフェスティバルを応援します。
カテゴリー:

トルコの古都で暮らす野良ネコ7匹映すドキュメンタリー映画、日本は11月公開! - 08月21日(月)09:00 

 ヨーロッパとアジアの文化交流地点である、トルコの古都イスタンブールに暮らす野良ネコたちを映し出すドキュメンタリー映画「Kedi」が、「猫が教えてくれたこと」の邦題で11月から日本公開されることが決定した。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  映画の主役は、ある人にとっては生きがいとして、またある人にとっては生涯の相棒として、イスタンブールの人々に癒しと希望を与えながら自由気ままに暮らす7匹のネコだ。生まれたばかりの子ネコたちのために市場の食べものを狙う“サリ”、なでられるのが大好きな“ベンギュ”、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い“アスラン”などを、地上10センチメートルの超ローポジションのカメラでとらえ、観客をネコにしか見ることのできない世界、そしてガイドブックには載っていないイスタンブールの美しい街並みに誘う。  アメリカでは当初、公開は1館のみだったが、その評判から瞬く間に130館に拡大。外国語ドキュメンタリー映画としては全米史上第3位の大ヒットを記録しただけでなく、米映画批評サイト「Rottentomatoes」では98%の高評価をたたき出し、観客および批評家から熱い支持を集めた。  監督・製作のジェイダ・トルンは、「ネコがふいに膝の上に乗ってきて、おとなしく背中をなでられながらゴロゴロと喉を鳴らしているような雰囲気の映画になればい...more
カテゴリー:

UVERworld、映像企画『1秒先 向かう者と ただ訪れる者』の第二話を公開! - 08月23日(水)13:41 

UVERworld 2017年8月2日に約3年ぶりのニューアルバム『TYCOON』をリリースし、8月17日にはアルバム収録曲「SHOUT LOVE」のMVを公開したばかりのUVERworldが映像企画『1秒先 向かう者と ただ訪れる者』の第二話を公開した。 本映像企画は2012年に公開されたドキュメンタリー映画『THE SONG』をはじめ、彼らのMV...
カテゴリー:

堤真一「ナオト・インティライミ冒険記」TV版のナレーションを担当! - 08月23日(水)08:00 

シンガーソングライターとして活躍するナオト・インティライミの旅に密着したドキュメンタリー映画第2弾「ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2」(前編:11月23日、後編:2018年1月5日...
カテゴリー:

【映画】イスタンブールで暮らす7匹の猫捉えたドキュメンタリー「猫が教えてくれたこと」11月公開 - 08月21日(月)17:39  mnewsplus

http://natalie.mu/eiga/news/245451 2017年8月21日 12:00 ドキュメンタリー映画「Kedi」が、「猫が教えてくれたこと」の邦題で11月より東京・シネスイッチ銀座、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて順次公開される。 「猫が教えてくれたこと」は、トルコ・イスタンブールで暮らす野良猫たちの記録映画。 生まれたばかりの子猫にエサをあげるため市場の食べ物を狙うサリや、レストランの近くに住みネズミ退治を仕事にしているアスラン、高級デリカテッセンからエサをもらっているデュマンといった7匹の猫たちと、人々との温かな関係...
»続きを読む
カテゴリー:

関東大震災時の朝鮮人虐殺 30日に遺族会発足=韓国 - 08月21日(月)09:48 

【ソウル聯合ニュース】1923年の関東大震災時に起きた朝鮮人虐殺事件の被害者遺族が30日に遺族会を立ち上げ、韓国と日本の政府に真相解明と賠償を求めていく。事件をテーマにしたドキュメンタリー映画の製作に取り組む在日コリアンの呉充功(オ・チュンゴン)監督や釜山・エビン教会のキム・ホンスル牧師が21日、伝えた。
カテゴリー:

トルコの古都で暮らす野良ネコ7匹映すドキュメンタリー映画、日本は11月公開! - 08月21日(月)09:00 

ヨーロッパとアジアの文化交流地点である、トルコの古都イスタンブールに暮らす野良ネコたちを映し出すドキュメンタリー映画「Kedi」が、「猫が教えてくれたこと」の邦題で11月から日本公開されることが...
カテゴリー:

もっと見る

「ドキュメンタリー映画」の画像

もっと見る

「ドキュメンタリー映画」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる