「ドキュメンタリー作品」とは?

関連ニュース

中田裕二のドキュメンタリー作品に椿屋四重奏のセルフカバー映像 - 02月20日(火)19:00 

中田裕二の映像作品「WHEEL TRACKS」が4月25日にリリースされる。
カテゴリー:

学生制作の「幸福の科学」映画、上映見合わせに 大学側と教団側の説明とは - 02月08日(木)20:14 

大阪芸術大学の映像学科は2018年2月6日、同学科の学生が宗教法人「幸福の科学」を扱う映画として自主制作したドキュメンタリー作品「ゆきゆきて、地球神軍」の上映を見合わせると発表した。「本編一部に映像使用許諾のプロセスで問題検証の要がある」からだという。同映画のツイッターは当初、「(教団から)法的措置を警告されました」と投稿していた。
カテゴリー:

「国家権力ってすごいもんだな」原一男監督、最新ドキュメンタリーへの思い - 02月08日(木)15:51 

『ゆきゆきて、神軍』『全身小説家』などのセンセーショナルなドキュメンタリー作品で知られる映画監督、原一男。世界に衝撃を与えた『ゆきゆきて、神軍』から31年、待望の最新作が今年3月10日より全国順次公開される。  大阪・泉南地域の石綿(アスベスト)工場の元労働者とその親族が、アスベストの人体への危険性を知りながらその規制を怠ったとして国の責任を問う、裁判闘争の全てを記録したドキュメンタリー映画『ニッポン国VS泉南石綿村』。  今回は本作への思いや制作過程での苦悩を原監督自身に語ってもらった。 ――昨年10月の釜山国際映画祭では最優秀ドキュメンタリー賞の受賞、おめでとうございます。すでに国内でもいくつかの劇場で先行上映されていますが、反響はどうですか? 原一男(以下、原):今のところ、私が懸念していた以上に好意的に観てもらえているようで、正直ホッとしています。日本人の特性なのかもしれませんが、ネットの書き込みなんかでも批判的なものはほとんどないですね。なので、これからもっとたくさんの人に観てもらわないと、実際の反響はまだわからんですよ(※取材は1月19日に行われた)。 ――釜山国際映画祭での反応はいかがでしたか? 原:賞をいただいたので、審査員のアメリカ人の方に、恥ずかしながら「この映画のどこが面白かったんですか?」と聞いてみたんです。そしたら「原告団も撮影クルーも、8年間...more
カテゴリー:

Aamazonプライムで配信中のドラマ「チェイス」にパクり疑惑 日本テレビがアマゾンと制作会社に猛抗議 - 02月03日(土)16:11  news

日本テレビが2日、公式サイトで、Amazonプライム・ビデオで配信されているドラマ「チェイス」について、 アマゾンジャパン合同会社と、同ドラマの制作会社ジョーカーフィルムズ株式会社に文書で「強く抗議の意」を申し入れたと発表した。文書は1月30日付けで郵送された。  公式サイトによると、日本テレビ報道局が09年7月に放送したNNNドキュメント「足利事件・暴かれた冤罪」と 10年11月放送「検察…もう一つの疑惑」などを含む「北関東連続女児殺害・行方不明事件」のキャンペーン報道を、「チェイス」が「...
»続きを読む
カテゴリー:

ついに無冠の帝王脱却か?名撮影監督R・ディーキンス、オスカー14度目の挑戦 - 02月19日(月)20:00 

 SFドラマ「ブレードランナー 2049」の撮影監督ロジャー・ディーキンスが、第90回アカデミー賞で撮影賞に14度目のノミネートを果たした。ハリウッドきっての名匠でありながら、アカデミー賞ではいつも受賞を逃してきた“無冠の帝王”のディーキンス。初ノミネートから23年、今回こそ栄光に輝けるのだろうか。  「ブレードランナー 2049」は、リドリー・スコット監督の「ブレードランナー」(82)の続編。オリジナル版の30年後、2049年を舞台に、人造人間“レプリカント”のある秘密を追う、レプリカント専門の捜査官“ブレードランナー”の姿を描いた。陰影の美しい画で定評のあるディーキンスは、洗練された色彩と構図で、荒廃した近未来の世界にリアルな質感をもたらした。  英国出身でドキュメンタリー作品からキャリアをスタートさせたディーキンスは、コーエン兄弟やサム・メンデスら名監督たちからの信頼が厚く、本作のドゥニ・ビルヌーブ監督とは3度目のタッグを組んだ。アカデミー賞では、「ショーシャンクの空に」(94)での初ノミネートを皮切りに、07年には「ノーカントリー」と「ジェシー・ジェームズの暗殺」でダブルノミネート。近年では、「007 スカイフォール」(12)、「プリズナーズ」(13)、「不屈の男 アンブロークン」(14)、「ボーダーライン」(15)と毎年のように候補に挙がりながら、いまだオスカーに手が...more
カテゴリー:

「国家権力ってすごいもんだな」原一男監督、最新ドキュメンタリーへの思い - 02月08日(木)15:51 

『ゆきゆきて、神軍』『全身小説家』などのセンセーショナルなドキュメンタリー作品で知られる映画監督、原一男。世界に衝撃を与えた『ゆきゆきて、神軍』から31年、待望の最新作が今年3月10日より全国順次公開される。  大阪・泉 […]
カテゴリー:

オープニング上映「SETOUCHI THE MOVIE」 瀬戸内の美、映像に オーケストラ、朗読とコラボ さぬき映画祭2018 - 02月08日(木)10:04 

オープニング上映の「SETOUCHI THE MOVIE Sanuki film festival ver.」は、本広克行さんが総監督を務める新作ドキュメンタリー作品。
カテゴリー:

【ミスコン】『日本一制服が似合う女子』グランプリは「オオカミくん」出演の美女・高2齊藤英里さん - 01月28日(日)16:15  mnewsplus

第5回日本制服アワード授賞式&最新制服ファッションショーが28日、都内にて行われ、女子グランプリに齊藤英里(さいとうえり/高校2年)さんが輝いた。 齊藤英里さんグランプリに 『今、日本一制服が似合う男女』を決定する同コンテスト。 全国約3,000人の中高生からグランプリに選ばれ、今後制服ブランドのカタログモデルとしても活動予定の齊藤さんは「可愛い制服をたくさん着て、SNSに写真をあげてたくさんの人に発信していきたいです」と意気込んだ。 なお準グランプリは野田心優さんと悠花さん、男子グランプリには織部典成...
»続きを読む
カテゴリー:

「ドキュメンタリー作品」の画像

もっと見る

「ドキュメンタリー作品」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる