「ドキュメンタリー作品」とは?

関連ニュース

熊本地震で被災した高齢女性を追った特番「FNSドキュメンタリー大賞」受賞 - 12月13日(水)13:06 

「第26回FNSドキュメンタリー大賞」大賞に輝いた『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』(テレビ熊本制作)が、2018年1月3日(水)16時55分よりフジテレビ(関東ローカル)で放送されることがわかった。同大賞は、フジテレビの系列28局が番組制作能力の向上とその蓄積を図る趣旨のもと、ドキュメンタリー作品を制作して競い合うもの。『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』の舞台は、2016年4月14日、熊本地震で震度7を観測した熊本県の益城町。発生の2時間後、激震地に入ったカメラは、倒壊した家屋から脱出した佐々木君代さん(84歳)の「私が死ねばよかった」という声を拾う。その後、町の避難所に身を寄せたものの、地震から約1か月で佐々木さんは、全壊した自宅にテントを建てて暮らし始め「必ず、この地で家を再建する」と誓う。この一人暮らしの女性が、我が家を再建するまでの姿を綴ったドキュメンタリーだ。なお、各賞の受賞作は以下の通り。<大賞>テレビ熊本制作『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』<優秀賞>カンテレ制作『夢への扉“課題研究”~先生を超えて進め~』<特別賞>高知さんさんテレビ制作『「私はパーキンソン病です」~あるカリスマ社長の足跡、信念、そして“熱狂”』さくらんぼテレビ制作『45年目の序曲~山形交響楽団の挑戦』 関連リンク ...more
カテゴリー:

FNSドキュメンタリー大賞はテレビ熊本『佐々木ばあちゃんの熊本地震』 - 12月13日(水)08:00 

フジテレビ系列28局がドキュメンタリー作品を競い合う「第26回FNSドキュメンタリー大賞」が、テレビ熊本の『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』に決定した。
カテゴリー:

Mr.Children 12月20日発売、ライブ&ドキュメンタリー作品 「Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く」トレーラー公開! - 12月04日(月)19:31 

  Mr.Children 25th Anniversary 第3弾となるライブ&ドキュメンタリー作品「Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く」。そのトレーラー映像が公開された。 作品には、2016年1月からの約17ヶ月間、Mr.Childrenの4人はそれぞれに何を想い、何を探していたのか?バンド自身の記録用として保存されてい...
カテゴリー:

担当者が明かす、『72時間TV』の舞台裏 元SMAP3人のありのままの姿とは? - 11月30日(木)08:40 

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演し大きな話題となった、インターネットテレビ局「AbemaTV」の特別番組『稲垣・草なぎ・香取 3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』。本番組は11月2日から3日間にわたって放送され、累計視聴者数7,400万、Twitterのトレンド入り総数107(国内98、世界6)、「#森くん」が世界トレンド1位となるなど、記憶と記録の両面で“革新”を起こした。そこで今回、番組責任者であるAbemaTV編成制作本部・谷口達彦局長に番組制作の舞台裏と、メディアに与えた影響を聞いた。 【写真】激レア!「72時間TV」で結婚式を挙げた稲垣吾郎とかなさん ■グダグダさえも味に、3人の「ありのまま」を映し続けた72時間  『72時間TV』について数字や反響についての感想を谷口氏に聞くと「番組開始前から過去最大の数値になるのは間違いないと思っていました」とのこと。そもそも稲垣、草なぎ、香取の3人が出演するという事自体が注目の的だったため、番組の縦の軸としてインターネットを密接に絡めた企画軸を狙ったようだ。「それがうまく作用して日本中を巻き込むことができました。何より、長時間の生放送を通して3人の“ありのままの姿”を見せることができた点が大きかった」と振り返る。  “生放送”自体は決して新しい試みではない。しかし、“72時間ぶっ通し”というのは文字通...more
カテゴリー:

熊本地震で被災した高齢女性を追った特番「FNSドキュメンタリー大賞」受賞 - 12月13日(水)13:05 

「第26回FNSドキュメンタリー大賞」大賞に輝いた『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』(テレビ熊本制作)が、2018年1月3日(水)16時55分よりフジテレビ(関東ローカル)で放送されることがわかった。同大賞は、フジテレビの系列28局が番組制作能力の向上とその蓄積を図る趣旨のもと、ドキュメンタリー作品を制作して競い合うもの。『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』の舞台は、2016年4月14日、熊本地震で震度7を観測した熊本県の益城町。発生の2時間後、激震地に入ったカメラは、倒壊した家屋から脱出した佐々木君代さん(84歳)の「私が死ねばよかった」という声を拾う。その後、町の避難所に身を寄せたものの、地震から約1か月で佐々木さんは、全壊した自宅にテントを建てて暮らし始め「必ず、この地で家を再建する」と誓う。この一人暮らしの女性が、我が家を再建するまでの姿を綴ったドキュメンタリーだ。なお、各賞の受賞作は以下の通り。<大賞>テレビ熊本制作『私は私を全うする~佐々木ばあちゃんの熊本地震~』<優秀賞>カンテレ制作『夢への扉“課題研究”~先生を超えて進め~』<特別賞>高知さんさんテレビ制作『「私はパーキンソン病です」~あるカリスマ社長の足跡、信念、そして“熱狂”』さくらんぼテレビ制作『45年目の序曲~山形交響楽団の挑戦』 関連リンク ...more
カテゴリー:

サンボマスター、キャリア初の日本武道館公演でイベント『男どアホウ』の開催を発表! - 12月04日(月)21:00 

12月3日にサンボマスターのキャリア初となる日本武道館公演『サンボマスター【1st日本武道館2017】〜そのたてものに用がある〜』が開催された。開催日は奇しくも彼らのメジャーデビューからちょうど14年目の記念すべき日となり、チケットは見事ソールドアウト、約8000人の大観衆に迎えられライブがスタート。1曲目はデビューアルバム『新しき日本語ロックの道と光』のオープニングナンバー「愛しき日々」、つづく2曲目は同じく1stアルバムから本公演名の由来にもなっている「そのぬくもりに用がある」を披露した。“今日はあんた方のそのぬくもりに用があってここにきました!”と山口隆(Vo&Gt)が叫び、満員となった武道館のテンションは早くも絶頂に達した。 その後も、「できっこないを やらなくちゃ」「可能性」「世界をかえさせておくれよ」「ミラクルをキミとおこしたいんです」「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」、そして最新アルバムのタイトルナンバー「YES」など新旧アルバムから全23曲を熱演、キャリアの集大成ともいえるステージに。アンコールラストの曲となった「あなたといきたい」では紙吹雪が会場全体を覆い尽くし、バンドとファンが一体となって大団円を迎えた。LINE MUSICでは本公演のセットリストを聴くことができるプレイリストが公開されているので要チェック! さらに、ライブ中には2018年に『男どアホウ サン...more
カテゴリー:

Mr.Childrenライブドキュメント、舞台裏に迫るトレイラー公開 - 12月04日(月)18:00 

12月20日にリリースされるMr.Childrenのライブ&ドキュメンタリー作品「Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く」のトレイラー映像がYouTubeにて公開された。
カテゴリー:

【野球】DeNA 19年ぶり日本S進出の舞台裏がドキュメンタリー作品に - 11月26日(日)11:19  mnewsplus

 DeNAは、球団ドキュメンタリー映像作品「FOR REAL―必ず戻ると誓った、あの舞台へ。―」の制作を 決定したと発表した。19年ぶりとなる日本シリーズ進出を果たした17年シーズンを振り返る内容となっている。  このドキュメンタリーは、2月から沖縄・宜野湾で始まる春季キャンプからチームに密着。400時間を超える映像から、 チームの歩んだ“真実”の姿を映し出しているという。 開幕から不振に喘ぐ中、筒香がチームを鼓舞するために見せた主将としての行動。不動の4番・筒香の打順を3番へ 変更したラミレス監...
»続きを読む
カテゴリー:

「ドキュメンタリー作品」の画像

もっと見る

「ドキュメンタリー作品」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる