「ドキュメンタリー作品」とは?

関連ニュース

【芸能】「THE YELLOW MONKEY」が釜山国際映画祭のレッドカーペットに登場 - 10月16日(月)13:06  mnewsplus

人気バンド「THE YELLOW MONKEY」の2016年のツアーに密着した映画『オトトキ』が、「第22回釜山国際映画祭」のワイド・アングル部門へ正式出品され、 開幕式で日本人ロックバンドとして初めて同映画祭のレッドカーペットに登場した。 同映画は、15年ぶりに再集結を果たした「THE YELLOW MONKEY」のツアーに密着したドキュメンタリー映画。 この復活劇の1年間を追いかけたのは、現代アーティスト・ピュ~ぴるのドキュメンタリー作品「ピュ~ぴる」や、 2015年公開の自身初の長編劇映画「トイレのピエタ」で数々の映画賞に輝くなど...
»続きを読む
カテゴリー:

吉本芸人180人の本音に迫る! 木村祐一監督のドキュメンタリー作品が公開 - 10月12日(木)16:55 

吉本興業所属の芸人106組180人に「笑い・芸人」というテーマでインタビューを行い、芸人の本音に迫ったドキュメンタリー作品『ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。』。2012年に創業100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと思いを繋げるために企画。監督とインタビュアーを務めるのは、木村祐一。制作期間5年、250時間を超えるインタビューを行い、完成した本作の魅力について木村監督に話を伺った。 【写真を見る】本作の思いを語ってくれたキム兄こと、木村祐一 笑福亭仁鶴、西川きよし、桂文枝、明石家さんま、ダウンタウンなど、師匠クラスの大物から気鋭の若手芸人まで106組180人の芸人たちが「笑い」に対する苦悩など本音に迫った本作。芸人たちが自らのお笑い人生を振り返り、テレビで語ることのない胸の中の思いが明かされ、インタビューの最後に木村監督から「生まれ変わっても、あなたは芸人やりますか?」の質問にどう答えるのか。芸人たちの「お笑い」に対する思いが明かされる作品。 記録映像として企画されたが、芸人たちの悲しみや悔しさ、ウケる喜びなどの思いを伝えたいと木村監督がドキュメンタリー映画として制作することを希望。数々の映画祭でも一部が公開されているが、5年の制作期間を経て、ついに劇場公開が決定した。木村監督は本作を見直して感じることがあると話す。「古いインタビューでも今見直したら、...more
カテゴリー:

[ジャングルポケット]解散危機は「何度もあった」 おたけを“クビ”にしようとすると… - 10月10日(火)20:31 

 お笑いトリオ「ジャングルポケット」が10日、東京都内で行われたドキュメンタリー作品「ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。」のプレミア試写会イベントに登場。同席した木村祐一さんから同トリオのターニングポイントを聞かれる ……
カテゴリー:

64歳生活保護ロッカーに密着!太田信吾監督インタビュー - 10月08日(日)16:00 

神奈川・三浦半島の最南端に位置する城ヶ島公園で9月30日に初開催された野外映画祭『星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN』。目の前に広がる三浦半島の絶景のロケーションで上映されたのは、新進気鋭の若手監督による3作品。 今回、Entame Plexでは、その中で「大津 city 今恋心」を出品した太田信吾監督にフィーチャー。 彼の真骨頂とも言えるドキュメンタリーで密着した人物は、ダンシング義隆64歳。1970年代後半、関西を中心に熱狂的な人気を博したロックバンド:誰がカバやねんロックンロールショーのボーカリストとして活躍した彼は、人気絶頂期にバンドが解散。バンドメンバーから絶縁関係に置かれ、生活保護を受給しながら今なおソロシンガーとしてロックを続け暮らしている。 叔父からバンドの再結成を熱望された義隆が、和解を求めてかつてのメンバーを訪問し、奮闘する姿を追った本作について、太田監督にいろいろと話を聞いた。 ――「星降る町の映画祭」で初上映を迎えた今のお気持ちは? 「上映が決まっていない状態でずっと撮っていたので、こういう機会をいただけて嬉しいです」 ――屋外で、しかもこのロケーションでの映画祭は珍しいですよね。 「映画館だと自分が観たい作品の前情報を入れてから観に行くことが多いですが、今回は映画目的じゃない方も多くいらっしゃるイベントとあってなかなか...more
カテゴリー:

若き天才監督グザヴィエ・ドランに迫るドキュメンタリー、11月11日より限定公開 - 10月15日(日)11:00 

 「美しきカリスマ」と称され、映画界のみならず世界のカルチャーシーンに閃光を放ち続ける28歳の若き天才映画作家、グザヴィエ・ドランの素顔に迫るドキュメンタリー映画『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』が限定公開されることが発表された。【関連】『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』フォトギャラリー 本作は、2014年に『Mommy/マミー』がカンヌ国際映画祭の審査員賞、2016年に『たかが世界の終わり』で同映画祭のグランプリを受賞した、グザヴィエ・ドランの“ドランワールド”を余すことなく見せるドキュメンタリー作品。19歳での監督デビュー作『マイ・マザー』から最新公開作『たかが世界の終わり』まで、ドランの全監督作品について凝縮された一本となっている。 作中では、ドラン本人が自身の映画作りへの思いやこだわり、観るものの記憶に鮮烈に残る過去作における数々の名シーン誕生秘話などをふんだんに語っている。  また、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイなど、ドラン作品に出演した名優たちも登場。ドランの才能にいち早く目をつけ、バックアップしてきたカンヌ国際映画祭総代表のティエリー・フレモー、ガス・ヴァン・サント監督ら映画人も、新世代の象徴として謳われるドランの魅力の秘密を語り尽くす。 映画『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』は...more
カテゴリー:

第30回東京国際映画祭 特別招待作品『ドルフィン・マン ~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』 ジャン=マルク・バール ティーチイン決定! 東京国際映画祭史上初 VR作品の体験も!! - 10月11日(水)15:15 

[株式会社WOWOW] WOWOWの長編ドキュメンタリー作品『ドルフィン・マン ~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ』は、伝説の素潜りダイバー、ジャック・マイヨールの波瀾万丈な生涯に迫る作品。彼は、リュック・ベッソン監督の映画...
カテゴリー:

【Avicii】アヴィーチーの知られざる真実に迫る、ドキュメンタリー作品の日本公開決定 - 10月10日(火)15:39 

アヴィーチーのドキュメンタリー『AVICII: TRUE STORIES』が、11月23日(木・祝)、24日(金)の2日間限定で日本公開されることが明らかになっている。 201...
カテゴリー:

坂本龍一のドキュメンタリー映画を先行公開! - 10月07日(土)00:00 

映像配信サービス「dTV」で、10月21日(土)より11月4日(土)に公開する坂本龍一のドキュメンタリー映画「Ryuichi Sakamoto: CODA」の先行オンライン試写会を劇場公開に先駆けて開催することが分かった(期間限定で、dTV会員なら誰でも応募できる。抽選によって限定250人が参加可能)。  【写真を見る】自然の中で環境音を収集する坂本龍一/(C)2017 SKMTDOC,LLC 坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えた映画「Ryuichi Sakamoto: CODA」は、第74回ヴェネチア国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門公式作品で、坂本が「全てをさらけ出した」と言わしめた2012年から5年間という長期間に渡る密着取材によって実現したドキュメンタリー作品。 今年3月29日(水)発売オリジナルアルバム『async』の制作過程に密着し、アメリカ・ニューヨークの自宅スタジオなどで行われたアルバム制作の様子、雨の音、北極圏の氷の溶ける音などの環境音を収集する音楽家としての姿を収められている。 またdTVでは、坂本が音楽制作を手掛けた映画として、英国アカデミー賞作曲賞受賞作品である「戦場のメリークリスマス」や、第60回アカデミー賞作品賞、作曲賞受賞作品「ラストエンペラー」、ゴールデングローブ賞音楽賞受賞「シェルタリング・スカイ」をはじめ、「レヴェナント: 蘇えりし者」「ス...more
カテゴリー:

「ドキュメンタリー作品」の画像

もっと見る

「ドキュメンタリー作品」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる