「ドゥテルテ」とは?

関連ニュース

イスラム国の脅威はアジアにも…この先、日本に何が起きるのか - 08月21日(月)13:37 

8月21日放送の『未来世紀ジパング』(テレビ東京系列、毎週月曜22:00~)にて、池上彰がアジアに広がる「イスラム国」について徹底解説する。『未来世紀ジパング』は、直撃取材とわかりやすいスタジオ解説で、世界を見て、明日を読む経済“予測”番組。今回、イスラム過激派と政府軍の戦闘が続くフィリピン・ミンダナオ島を、ジパングの取材班が緊急取材する。なぜ今中東のシリアやイラクから離れたアジアの国にイスラム過激派組織「イスラム国」の脅威が広がっているのか。“剛腕”で知られるドゥテルテ大統領が、なぜここまで苦戦しているのか。フィリピンと日本との関係は深く、この先、日本に何が起きるのかを調査し、わかりやすく、かつ専門的に語る。 関連リンク 世界遺産「白川郷」の合掌造り、空から見てみると… SHELLYが産休から復帰「良いリセットになった」 『未来世紀ジパング』ほか人気番組を無料配信「TVer(ティーバー)」公式サイト 『未来世紀ジパング』公式サイト
カテゴリー:

麻薬捜査殺害、計96人に 比「一度にすごい成果作戦」 - 08月18日(金)19:37 

 フィリピンのドゥテルテ大統領が推し進める麻薬犯罪捜査が激しさを増している。首都マニラ近郊で、18日までの4日間に少なくとも計96人が警察に殺害された。ドゥテルテ氏は17日の演説で「麻薬で国を滅ぼす者…
カテゴリー:

【ジョコ大統領】 抵抗したら撃て。容赦するな「密売人」射殺、今年すでに60人 インドネシア警察 - 08月17日(木)16:19  newsplus

インドネシアで覚醒剤など違法薬物の密売人とみなされて警察官に射殺された容疑者の数が今年に入って60人に上り、昨年1年間の3倍を超した。国際人権NGO「アムネスティ・インターナショナル」が16日、発表した。 昨年は1年間で18人が射殺されたが、今年は8月だけで既に6人が殺された。警察は「自衛のため」「逃げようとしたから」と説明しているという。アムネスティは、ドゥテルテ大統領が掲げる麻薬犯罪撲滅作戦で多くの死者が出ているフィリピンを「まねしているようだ」と指摘。「殺しても問題解決にはならない」と批...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】麻薬捜査で1日に32人殺害 比大統領「いいことだ」と評価 - 08月17日(木)06:56  newsplus

朝日新聞デジタル  フィリピン・マニラ近郊のブラカン州で警察による麻薬犯罪者の一斉摘発があり、15日だけで少なくとも32人の容疑者が殺害された。ドゥテルテ大統領は同日の演説でこの件に触れ、「いいことだ。毎日32人殺せたらこの国の苦しみの要因を減らせるだろう」と評価した。  地元警察の発表によると、32人の殺害のほか、容疑者100人以上が逮捕された。アベリヤ大統領報道官は16日、多数が殺害された背景について、一斉摘発に加わった警官が「武装した容疑者が捜査に抵抗した」と説明しているとし、「国家警察...
»続きを読む
カテゴリー:

麻薬捜査、1日で32人殺害 比大統領「いいことだ」 - 08月17日(木)01:24 

 フィリピン・マニラ近郊のブラカン州で警察による麻薬犯罪者の一斉摘発があり、15日だけで少なくとも32人の容疑者が殺害された。ドゥテルテ大統領は同日の演説でこの件に触れ、「いいことだ。毎日32人殺せた…
カテゴリー:

イスラム国の脅威はアジアにも…この先、日本に何が起きるのか - 08月21日(月)13:30 

8月21日放送の『未来世紀ジパング』(テレビ東京系列、毎週月曜22:00~)にて、池上彰がアジアに広がる「イスラム国」について徹底解説する。『未来世紀ジパング』は、直撃取材とわかりやすいスタジオ解説で、世界を見て、明日を読む経済“予測”番組。今回、イスラム過激派と政府軍の戦闘が続くフィリピン・ミンダナオ島を、ジパングの取材班が緊急取材する。なぜ今中東のシリアやイラクから離れたアジアの国にイスラム過激派組織「イスラム国」の脅威が広がっているのか。“剛腕”で知られるドゥテルテ大統領が、なぜここまで苦戦しているのか。フィリピンと日本との関係は深く、この先、日本に何が起きるのかを調査し、わかりやすく、かつ専門的に語る。 関連リンク 世界遺産「白川郷」の合掌造り、空から見てみると… SHELLYが産休から復帰「良いリセットになった」 『未来世紀ジパング』ほか人気番組を無料配信「TVer(ティーバー)」公式サイト 『未来世紀ジパング』公式サイト
カテゴリー:

【ASEAN目前】マニラで麻薬の一斉摘発、57名を射殺。ドゥテルテ氏も「いいことだ」と正直に発言 - 08月18日(金)02:18  news

フィリピン警察、再び麻薬犯罪の一斉摘発実施 25人射殺 2017年08月17日 21:08 発信地:マニラ/フィリピン フィリピンの警察当局は17日、麻薬犯罪関連の一斉摘発を再び実施し、容疑者25人を射殺したと発表した。 同国のロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、警察に麻薬犯罪の容疑者を毎日数十人殺害するよう促していた。 一斉摘発は首都マニラで16日から17日朝にかけて実施。警察当局は今週初めにも同様の取り締まりを行い、 マニラに隣接するブラカン州で容疑者32人を射殺している。 マニラの警察当局の報道官によると、今回は麻薬...
»続きを読む
カテゴリー:

誰でも簡単に行けちゃう「危険地帯」――丸山ゴンザレスがマジで身の危険を感じた場所 - 08月17日(木)08:43 

 世界には「ヤバい」と言われる危険地帯がいくつかある。だが、“危険”の感じ方は人それぞれだ。本人の置かれた状況なども密接に関係してくる。旅行者として行くのか、それともジャーナリストや兵士として行くのか。単純に死傷者数などのデータで見れば当然、中南米やアフリカ、中東の紛争地などが“治安が悪い”ということになるだろう。では、旅行者が足を運べる範囲内でヤバい場所はどこなのだろうか。  旅番組『クレイジージャーニー』(TBSテレビ系)で話題なのが危険地帯ジャーナリスト、丸山ゴンザレス氏。新刊の著書に『世界の混沌を歩く ダークツーリスト』(講談社)があり、スラム街から麻薬や人身売買の現場まで、世界各国の危険地帯を訪れた経験を持つ。  そんなゴンザレス氏に、いままで訪れたなかで「ヤバい」と感じた場所を5つあげてもらった。 ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1378823 ◆ケニア・ミギンゴ島「大自然は交渉がきかない」 「結論から言えば、僕がいちばんヤバいと思うのはネイチャー系なんですよ。大自然が絡むものは交渉がきかないので。運不運の要素がデカい。そういった意味では、ケニアのミギンゴ島ですね」  ミギンゴ島とは、アフリカ最大の湖であるビクトリア湖の真ん中に浮かぶスラム街の島。サッカー場4分の1程度の面積(約1800平方メートル...more
カテゴリー:

麻薬容疑者32人殺害、比大統領が称賛 警察に継続促す - 08月17日(木)05:53 

【8月16日 AFP】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は16日、首都マニラ近辺で麻薬捜査関連の一斉摘発を実施し32人を射殺した警察を称賛し、麻薬犯罪の容疑者を毎日数十人殺害するよう促した。≫続きを読む
カテゴリー:

【国際】フィリピン警察、「麻薬撲滅戦争」で一晩に21人殺害 過去最多 - 08月16日(水)10:46  newsplus

フィリピン警察、「麻薬撲滅戦争」で一晩に21人殺害 過去最多 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000009-jij_afp-int 8/16(水) 10:02配信 【AFP=時事】フィリピン警察は14日から15日にかけて、ロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領が進める「麻薬撲滅戦争」の一環として首都マニラ(Manila)近辺で一斉摘発を行い、少なくとも21人を殺害した。当局が15日発表した記録で明らかになった。一連の取り締まりによる一晩の死者数としては過去最多。  首都マニラのすぐ北に...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ドゥテルテ」の画像

もっと見る

「ドゥテルテ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる