「トーンダウン」とは?

関連ニュース

【加熱式たばこ】屋内規制か 国と都の対応異なる可能性 - 12月17日(日)23:23  newsplus

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向けた受動喫煙防止対策を巡り、煙が出ない「加熱式たばこ」を屋内禁煙の対象とするかどうかで国と東京都の対応が異なる可能性が出てきた。厚生労働省は当面は紙巻きたばこと同様に扱う構えだが、都は一般からの意見公募で反対が多かったことを踏まえ「決まっていない」と規制に慎重姿勢を示す。法律と都条例の内容が異なれば、愛煙家や飲食店は混乱しそうだ。【山田泰蔵、堀井恵里子】  蒸気を吸う加熱式たばこは、たばこ事業法で紙巻きと同じ「喫煙用の製造たばこ」に分類される。そのため...
»続きを読む
カテゴリー:

深田恭子、今年最も美しい顔に選出「父と母に報告したい」 - 12月13日(水)14:17 

 女優の深田恭子(35)が13日、都内で行われた講談社『VOCE BEST COSMETICS AWARDS 2017』の授賞式に出席。女性誌『VOCE』(講談社)により「2017年“最も美しい顔”」に選出され、記念品を受け取ると「そんな賞を頂けるなんて…、うれしいです。父と母に報告したい」と、笑顔で喜んだ。 【写真】レースのワンピースで登場した深田恭子  この日は「授賞式ということで…」と、白のロングドレス姿で登壇。メイクアップの話題になると「ドラマの撮影に入ると、ここまで色を使ったメイクができない。久々に口紅も褐色のいいものを使っていただいた。それだけで気分があがりました」と声を弾ませ「普段は潤いを残したメイクが好き。ツヤが大事」と明かした。  美の秘訣については「お家でバランスいい食事を作り置きしてる。食にこだわっていて、それが美容につながってるのかな」。近づくクリスマスの予定を問われると「恐らくドラマの現場…。忘れてしまうほど、あっけなく過ぎてしまう」とトーンダウンしながら「理想は、ベタなクリスマスを過ごしたい」と想像を膨らませていた。  授賞式の司会は、ファッションプロデューサーの植松晃士が務めた。 【関連記事】 深キョン×マツケン、“ベッドシーン”描いたポスター&ティザー映像完成 (17年12月08日) 【写真集カット】カメラを見つめ…大胆に脚線美を披露した...more
カテゴリー:

ノーベル平和賞団体の被爆者サーロー節子さん、米朝に交渉求める - 12月11日(月)12:58 

[オスロ 9日 ロイター] - 今年のノーベル平和賞に選ばれた非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の活動家で、被爆者のサーロー節子さん(85)が9日、米国と北朝鮮に対し、核兵器使用の回避に向け、強硬な発言をトーンダウンさせて交渉に臨むよう促した。ノルウェー・オスロでの授賞式に先立ち、記者団に心境を語った。
カテゴリー:

高IQの悩みを聞いて マツコ「よかった。IQ低くて」 - 11月18日(土)13:00  news

 女装家でタレントのマツコ・デラックス(44)がMCを務める日本テレビ系番組「マツコ会議」で、 高IQ集団「MENSA(メンサ)」に迫ることが、分かった。  マツコが気になっている“現場”をディレクターが訪問し、スタジオのマツコと中継を つなぎながら、マツコの疑問を解消していくバラエティー。  18日の放送では、「MENSA」のオフ会から中継をつなぐ。  「MENSA」は、番組スタッフが誰も解けないクイズをほぼ全員が3秒で問いてしまうほど。  マツコからIQ(知能指数)が高いことでどんな得を...
»続きを読む
カテゴリー:

米長官“対話の条件”は「挑発行為の停止」 12/16 11:55更新 - 12月16日(土)11:55 

米・ティラーソン国務長官は15日、北朝鮮の核・ミサイル開発を協議する国連安保理の外相級会合で「対話の条件」として「挑発行為の停止」を挙げた。今週「前提条件なしの対話」を主張していたが、トーンダウンした形。
カテゴリー:

E-1は「国内組の最終テスト」よりハリルホジッチの「能力テスト」として注目すべき! - 12月12日(火)06:00 

東アジアサッカー連盟に加盟する10協会が参加する国際大会「東アジアE-1サッカー選手権」。日本、韓国、中国、北朝鮮の4ヵ国による、その決勝大会が12月9日に幕を開けた(女子は8日に開幕)。 日本の初戦の相手は北朝鮮。ハリルホジッチ率いる日本代表は後半アディショナルタイムに井手口陽介が決勝ゴールを決めて、辛くも1-0で白星スタートを切ったものの、格下の北朝鮮に対してかなり乏しい内容の試合を演じてしまった。スタジアムやTVで試合を観戦したファンも日本のプレーぶりに落胆してしまったのではないだろうか。 今大会の日本のメンバーは国内でプレーする選手だけで編成された急造チーム。この試合のスタメンもGK中村航輔(柏レイソル)、DFが室屋成(FC東京)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、昌子源(鹿島アントラーズ)、車屋紳太郎(川崎フロンターレ)、ダブルボランチは今野泰幸、井手口(ともにガンバ大阪)、2列目は小林悠(川崎フロンターレ)、髙萩洋次郎(FC東京)、倉田秋(ガンバ大阪)、そして1トップに金崎夢生(鹿島アントラーズ)と、代表キャップ数の少ない選手が名を連ねた(システムは4-2-3-1)。 個々のクオリティにおいて、いつもの日本代表と比べてある程度はレベルダウンしてしまうのは仕方ない部分もあるが、一方で監督のハリルホジ...more
カテゴリー:

衝撃の結末「奥様は、取り扱い注意」西島秀俊が放ったのは公安の使命か、夫としての愛か、その真意を探る - 12月07日(木)11:00 

昨日、ついに最終回を迎えた『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。視聴者の間では、かなり物議を醸しているよう。それは、観ている側に解釈を委ねるエンディングについてだ。第10話のオープニングは、伊早山菜美(綾瀬はるか)のモノローグからスタート。「私の人生は、スリルで溢れていた」と語りながら、菜美が振り返ったのは特殊工作員時代。彼女は、敵に拳銃を突きつけられても難なく相手を撃退するほどの猛者である。任務の上での結婚だから、綾瀬はるかと“ご無沙汰”になる西島秀俊特殊工作員時代の同僚・小雪(西尾まり)から、夫・勇輝(西島秀俊)の本当の素性を告げられる菜美。多くの視聴者の予想通り、勇輝は公安の人間であった。「あんたの旦那は監視のためにあんたに近付いたんだろうけど、対象者と結婚するなんて普通ありえないよね?」(小雪)いよいよ、直接対決の時がやって来た。この日の夜、「ただいまぁ~」と甘い声で帰宅した勇輝であったが、テーブルに置かれていた監視カメラとマイクの残骸を見て目つきが一変。命がけの夫婦喧嘩がスタートする。菜美 あなたのこと、信じてたのに。勇輝 騙してたのは、君も同じだろ。公安と対象者という関係なのに、お互いを「あなた」「君」と呼び合う2人。菜美が花瓶を投げつけ、それをキャッチするや丁寧に置いていく勇輝。「全部、気に入ってんだよ!」って……。格闘の最中、思わず菜美の顔を張ってしまい「あっ、...more
カテゴリー:

「トーンダウン」の画像

もっと見る

「トーンダウン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる