「トントン拍子」とは?

関連ニュース

ニューヒロイン・木村花が泣いてもやめたくない女子プロレスの魅力「痛いと涙って出てきちゃうんですよ」 - 10月16日(月)11:00 

モデル顔負けの長い手脚にエキゾチックな顔立ちで、人気再燃する女子プロレス界でも注目度急上昇中の木村花(20歳)。 元女子プロレスラー・木村響子を母に持ち、デビュー1年半とは思えないプロレステクで、所属するプロレスリングA.C.Eだけでなく、スターダムやセンダイガールズプロレスリングなど、団体を股にかけての活躍を見せる売れっコだ。 試合のスタイルも幅広く、カワイい衣装で溌剌(はつらつ)とした試合を見せたかと思えば、妖艶な衣装でえげつない反則を繰り出すヒールっぷりも…。キャリアの未熟さを感じさせない堂々のパフォーマンスで、一体どっちが本物?と魅了する。 そこで、20歳になったメモリアルに『週刊プレイボーイ』44号で初水着を披露してくれた彼女に、今のリアルな心境を直撃。これが素顔の木村花だ! ―人気急上昇の女子プロレスラー6人をセレクトし紹介した初登場時も反響を呼びましたが、まさか木村さん単独で初の水着グラビアを披露していただけるとは…。やはり緊張しました? 花 今回、北海道までロケに行ってきたんですけど、飛行機に乗るまでは正直、緊張してました。でも寝たら平気になってましたね(笑)。 ―おーっ、さすが大物、心臓が強い! グラビア撮影の...more
カテゴリー:

『ママ友』作るより『ママ知り合い』作りませんか?【第53話マンガ連載:鈴木さんちの子育て通信】 - 10月13日(金)11:00 

皆さんこんにちは、Chaccoです! マンガ連載:鈴木さんちの子育て通信 ワタシがムスコを妊娠中、ふと頭をよぎったある不安… こんな自分にも『ママ友』って出来るのもんなの!? 実際に、いつ・どこで・どんな風に出来るものなんだ!? そもそも『ママ友』って絶対に作らなきゃいけないもんなのか…!? ――そう、ワタシは『コミュ障・ひきこもり・漫画オタク』の3コンボで、 適度な距離感で人とソツなくお付き合いするスキルが皆無だったのです…。 もう考えるだけで面倒くさくなってきた…別にママ友なんかいらねーし! 公園デビューとかランチ会とかキャンプとかもどーでもいいもんねーー!! 半ばヤケクソになったワタシはあえて開き直って考えないようにしていました。 しかし、不思議なことに、 こんなワタシにも自然と『ママ友』が出来るタイミングが何回もあったのです! ママ友との「出会いと別れ」、実際はこんなもん! ワタシは不育症のため、自宅からバスと電車で30分以上離れた大学病院の産科に通っていたのですが、 そこでプレママとプレパパを対象にした両親学級がありました。 「毎回の妊婦検診でさえ、重たいお腹抱えて行くの大変なのに…追加で両親学級とかメンドクサイわぁ…妊娠本も育児書も読み込んでるから大丈夫っつーの!」 …と億劫で仕方なかったのですが、その大学病院は両親学級絶対参加がルールだったのでしぶ...more
カテゴリー:

川島海荷、たかが手つなぎで大ダメージ。周囲の評判を聞いてみると… - 10月07日(土)08:47 

 日本テレビの朝の顔・情報番組『ZIP!』のMCで、清純派若手女優の川島海荷(かわしま・うみか、23)に、初のスキャンダルが発覚しました。10月3日発売の週刊誌『FLASH』が、40代のTBS局員との“手つなぎデート”写真をスクープ。 ◆清純派ほど、やらかすとダメージが大きい  同誌によると、直撃取材を受けた川島は、仕事の相談に乗ってもらっていただけと主張していたそう。ところが、同日にウェブサイト『サイゾーウーマン』が「A氏は既婚者」と報じたことで、メディアは「不倫疑惑」と浮足立っています。 『FLASH』がスクープしたのは、レストランからバーに向かう途中で手をつないだというだけで、その後2人は別々に帰っています。「まぁ酔った勢いで手ぐらいつないじゃうこともあるわよね」という気もするし、軽率なのは40代のTBS局員のほうでしょう。  それでも、川島海荷にとっては大ダメージだと見るむきは多いのです。  理由のひとつは、彼女が今まであまりにも「清純派、優等生」のイメージだったこと。清純派ほど、ちょっと「やらかす」とギャップでイメージが大崩壊するのは、一般人にもよくあることですよね。 ◆みんながホメる「マジメで良い人」  川島は、2005年に渋谷でスカウトされ、芸能事務所へ所属。翌年には早くもテレビドラマに出演し、2007年からはアイドルグループ「9nine」に加入します。...more
カテゴリー:

いつまで繰り返すの?短期恋愛ばかり繰り返す原因とは - 10月04日(水)21:05 

女子の中には、彼氏は絶えなくできるのに毎回短期で別れてしまうという女子もいるはず。パット見では「いつも彼氏がいる子」ですが、なんども同じ失敗を繰り返しては、深い関係になる前に終わってしまう・・・というのは、すこし不安ですよね。そこで今回は、女子の皆さんに「短期恋愛ばかり繰り返す女子の特徴」について、伺いました。恋が続かない理由はこれかも。■内面を知らないことによる間違った期待「外見が好みだからって特に彼の内面を見ないまま、勢いだけで付き合いだす女子は、早めに破局しがち」(27歳/飲食)一目惚れから、畳み掛けるようにアプローチして、そのまま交際!!と特に内面を見極めることなく、情熱に任せてトントン拍子で交際に至った場合、付き合っていくうちに彼の欠点が見え始めることでしょう。欠点すら愛することができればいいですが、一目惚れの段階で、きっと相手に勝手な理想を抱いているから欠点を見てしまうと『こんな人だったのか・・・』と理想と現実の差に落胆し、耐えらえなくなるのかも。■ルールが多い「彼氏がコロコロ変わる子って、付き合ってから1~2か月くらいで彼に自分流のルールを押し付けて縛り出す」(29歳/ライター)交際当初、彼の全てに惚れている状態だときっとルールなんて作らず、少しのことでも許せてたのかもしれません。けど、関係も落ち着いてくると、彼にたいし不満の一つ二つ出てくることでしょう。その不満を解...more
カテゴリー:

「フリンジマン」は不倫報道白熱への問題提起ドラマか「愛人にするのは好きな人ではない、都合のいい女だ」 - 10月14日(土)10:00 

時代によって、社会に吹き行く風潮や流れはまるで異なる。例えば、つい10年前に放送されたバラエティを視聴すると、今だったら完全にアウトであろうギャグを芸人が露骨に連発しており、現代とのギャップに驚いてしまう。特にデリケートなのは、ジェンダー周辺のいじくり。そう考えると、この数年間はかなり急激なスピードで社会は変容していったように思う。もう一つ、現代においてかなりデンジャラスなトピックになっているのは「不倫」だ。そんなご時世にもかかわらず、10月7日深夜から新ドラマ『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』(テレビ東京系)がスタートしている。このドラマの主人公は、「愛人教授(ラマン・プロフェッサー)」の異名を持つ井伏真澄(板尾創路)。21歳で結婚し、22歳の時に“初愛人”をもうけ、最高同時愛人数の記録は11人。一度は当時の妻に愛人の存在がバレて離婚するもすぐに再婚し、今もマルチな活動を続けている手練である。同作の第1話は、井伏のモノローグからスタートする。「ニーチェは言った。男が本当に好きな物は二つ。危険と遊びである。なぜ、男が不倫するのか。それは、不倫が最も危険な遊びに他ならないから。だが、遊びの時間は必ず終わる。あとに残るのは、甘美な地獄か、退屈な日常か、それとも……」スレスレなチャレンジだ。局そのものの器量が試されると言っても過言ではない内容。今日び、こんなドラマを放送する意図はど...more
カテゴリー:

異色経歴の脚本家・一雫ライオン氏、処女作で号泣必至の一冊 売れない俳優から転身 - 10月07日(土)10:00 

 売れない俳優から人気脚本家に転身を果たした一雫ライオン氏(44)が初の小説『ダー・天使』(集英社)を発売した。身近な存在の生と死から着想した一冊は“人前で読めない”と言われるほどの感動作となり、話題となっている。売れない俳優時代から脚本家となった理由など包み隠さず語ってくれた。 【写真】腕を組んでポーズを決める一雫ライオン氏 ■全く売れない俳優生活が一転 人気脚本家に  一雫氏は「35歳まで全く売れない俳優をしておりました」と、あっけらかんと振り返る。それが映画『サブイボマスク』(2016年)、『イイネ!イイネ!イイネ!』(17年)などを手掛ける人気脚本家となった。「とあるキッカケがあって脚本という仕事を始めさせていただいた。幸いなことに役者では19年間、うんともすんともメシが食えなかったんですけど、脚本を始めたら食べられるようになった」と一笑した。  脚本家として確固たる地位を得ているが、書き下ろし小説で腕を試すことになる。「(脚本が)仕事として順調に成立してきたんですけど、ちょっと前ぐらいから、このままだとよろしくないなって思いだした。脚本も俳優と似ているところがあって、受ける仕事なんですね。映画を作るのは安いお金じゃないから、オリジナル作品であっても監督さん、プロデューサーさんとみんなの意見を聞いてやっている。クレジットに名前があるのは1人なんですけど。これが一生続...more
カテゴリー:

「結婚できた人がうらやましい」と嘆く女性 「嫉妬する」「離婚すればいい」の声も - 10月07日(土)06:00 

(liza5450/iStock/Thinkstock)人生の一大イベントである「結婚」だが、さまざまな理由で縁がなかった人もいるだろう。中には、次々に結婚していく友人たちに焦りを覚えている人も少なくないはず。いま、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』でのとあるトピックが話題になっている。■結婚できた人が羨ましいと嘆く女性投稿者は独身の女性。出会って一年以内にトントン拍子に結婚していく友人や、誕生日にプロポーズされて幸せいっぱいの友人を見て「いいな〜」と羨ましくなってしまうそう。 また、今月プロポーズするという話を聞いたときは「そうなんだ〜」と素っ気なく答えてしまうなど、他人の結婚を素直に喜べない自分もいるという。投稿者は「結婚=幸せではない」と理解しているとのことだが、それでも結婚していく人たちが羨ましいようで、「結婚できた人が羨ましくなって仕方ない人はいますか?」と、トピックで悩みを訴えた。■「嫉妬する」「離婚すればいいのに」の声投稿を受け、数多くの共感の声があがった。結婚をしたいと願う声、他人の結婚を喜べないとの声、中には結婚はしたいが妥協はできないとの声も。いずれにせよ、女性たちにとって、結婚は意識する大きなイベントであることは間違いないようだ。・とうとう40代になってしまった 夜中目が覚めたとき 「ああ~、私結婚してなかった」 って、しばらく寝れなくなる・私一生独身だ...more
カテゴリー:

「トントン拍子」の画像

もっと見る

「トントン拍子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる