「トランプ米政権」とは?

関連ニュース

米海軍、横須賀に最新鋭のイージス艦を追加配備 - 05月22日(火)16:30 

[横須賀市 22日 ロイター] - 米海軍は22日、最新のミサイル防衛能力を備えるイージス艦「ミリアス」を横須賀基地に追加配備した。トランプ米政権は北朝鮮の非核化に向けてあらゆる選択肢を排除しない方針を示しており、初の米朝首脳会談の開催が3週間後に迫る中での戦力増強となる。
カテゴリー:

G20外相会合:自由貿易強化訴え 多国間主義も - 05月22日(火)10:22 

 アルゼンチン・ブエノスアイレスで開催された主要20カ国・地域(G20)外相会合は21日、閉幕した。「米国第一」を掲げるトランプ米政権が保護主義的な貿易政策を強める中、参加国から自由貿易体制の強化など多国間主義の重要性を訴える声が相次いだ。北朝鮮の非核化も議題になった。
カテゴリー:

核合意離脱:欧州企業 イランから撤退続く 米制裁を警戒 - 05月21日(月)18:27 

 【ワシントン会川晴之】欧州企業のイランビジネスからの撤退表明が相次いでいる。トランプ米政権が8日、主要6カ国(米英仏独中露)とイランが2015年に結んだ核合意からの離脱を表明、イランへの制裁復活を宣言したことに警戒を強めているためだ。核合意維持をイランと確認するなどトランプ政権の暴走に歯止めをかけ
カテゴリー:

中国、米国からの輸入拡大を表明 通商協議受け共同声明 - 05月20日(日)11:53 

米中両国は19日、両国間の通商協議を受けた共同声明を発表し、中国が貿易不均衡の是正に向けて、米国からの輸入拡大に同意したことを明らかにした。 トランプ米政権は2日間に及んだ協議の中で、これを最優先の要求事項と位置付けていた。 共同声明は、中国が国民の消費拡大に対応して質の高い経済発展を実現するため、「米国の製品やサービスの購入を大幅に増やす」としたうえで、これが米国の経済成長や雇用促進の助けに...
カテゴリー:

米朝交渉に不透明感=金正恩氏、真意は?-非核化、懐疑的見方も - 05月19日(土)15:37 

 【ソウル時事】6月12日の米朝首脳会談を控え、北朝鮮は最大の争点である非核化プロセスをめぐり、トランプ米政権へのけん制を強めている。金正恩朝鮮労働党委員長は非核化への意思を強調する発言を繰り返してきたが、その真意はうかがい知れない。北朝鮮の「完全な非核化」を目指す交渉には不透明感が漂い始めている。 「関係国が敵視政策と安全保障上の脅威を取り除くなら、非核化が実現できる」。正恩氏は韓国の文在寅大統領や中国の習近平国家主席との会談で「体制保証」と引き換えに非核化に臨む考えを訴えた。北朝鮮は核実験場の廃棄作業を23~25日に行うことも発表し、トランプ米大統領が「とても賢明で丁寧な姿勢だ」と歓迎するなど米朝会談の行方に楽観ムードも出ていた。 だが、北朝鮮の金桂冠第1外務次官が16日、「一方的な核放棄だけを強要するなら、会談を再考するほかない」と表明すると対話ムードは急変。非核化の方式をめぐり、双方に隔たりがあることが顕在化し、交渉の先行きを危ぶむ見方が一気に広がった。 韓国政府系シンクタンク、統一研究院の趙漢凡研究員は「ポンペオ米国務長官が2回訪朝し、大きな枠組みの合意は実現した」と述べ、北朝鮮は核放棄に応じると見通しを示す。ただ、正恩氏は見返りを得ながらプロセスを進める段階的な非核化を譲らないと考え「米国が折衷案に応じるしかない」とみる。 一方、非核化の意思に懐疑的な見方も依然根強い。...more
カテゴリー:

米朝首脳会談の実現、トランプ政権内で懐疑的な見方広がる - 05月22日(火)11:22 

来月にシンガポールで開催が予定されている米朝首脳会談をめぐり、最近の北朝鮮の発言を受けて、トランプ米政権内で、その実現に懐疑的な見方が出てきていることが22日までにわかった。情報筋が明らかにした。 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は6月12日にシンガポールで米朝首脳会談を行う予定だ。職員によるホテルの下見も行われている。しかし、北朝鮮が先週、米国に対して、...
カテゴリー:

米国:ベネズエラに新たな制裁 マドゥロ氏再選を非難 - 05月22日(火)10:13 

 【カラカス山本太一】南米ベネズエラの大統領選で反米左派「統一社会党」のマドゥロ大統領(55)が再選して一夜明けた21日、トランプ米政権は「選挙は公正ではなかった」として新たな制裁を科すと発表した。カナダと中南米諸国の計14カ国は結果を承認しないとする共同声明を出した。マドゥロ政権への国際社会での非
カテゴリー:

米大統領の司法妨害疑惑、9月までに捜査終結か=モラー氏意向と弁護団-報道 - 05月21日(月)17:59 

 【ワシントン時事】トランプ米政権のロシアとの関係を調べているモラー特別検察官が、関連する疑惑のうちトランプ大統領の司法妨害に関する捜査を9月1日までに終結させる意向をトランプ氏側に伝えていたことが分かった。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が20日、弁護団のジュリアーニ元ニューヨーク市長の発言として報じた。 ジュリアーニ氏によると、モラー氏は約2週間前、トランプ氏が対面での事情聴取に応じることを条件にこうした見通しを伝えた。一方、疑惑の中核にあった2016年大統領選でのロシアとの共謀に関する捜査の見通しはモラー氏から示されていない。 また、ジュリアーニ氏は、トランプ氏の事情聴取が7月4日の独立記念日の前後になるという見方も示した。トランプ氏側は6月12日に予定される米朝首脳会談前は「会談に支障を来す」という理由から応じられない考えをモラー氏に伝えているという。 【時事通信社】
カテゴリー:

「完全な非核化」実行は難航も=検証・不可逆性に課題 - 05月19日(土)15:37 

 【ワシントン時事】トランプ米政権は6月12日の米朝首脳会談で、北朝鮮に「体制の保証」を与える代わりに「完全な非核化」を求める方針だ。だが、金正恩朝鮮労働党委員長が非核化に「本気」の姿勢を示したとしても、それを実行に移すのは容易ではない。実際の作業は難航が予想されている。 トランプ政権が求める「完全かつ検証可能、不可逆的な非核化」で、最初の関門になるのが国際原子力機関(IAEA)や米国などが担うとみられる「検証」の部分。「申告したものを検証するのは簡単だが、申告していないものの検証は困難」(アインホーン元国務省調整官)だからだ。 米国は、北朝鮮が保有する核兵器の数や、核兵器に転用可能な高濃縮ウランやプルトニウムの保有量を完全につかめてはいない。国防情報局(DIA)は核兵器の数を最大60発と推定しているとされるが、米シンクタンクは13~30発と見積もる。核関連施設の場所もすべては特定できていないとみられ、「100%の検証は不可能」(元米政府高官)なのが現実だ。 また、核施設の無能力化や核物質の国外搬出などを指す「不可逆的」な措置について、ガルーチ元国務次官補は「(一度獲得した)核兵器開発能力を北朝鮮から取り除くことはできない」と指摘する。北朝鮮が閉鎖した核施設を再開したり、新たに造ったりすることを完全に阻止することは難しい。 ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は、核兵器の解体・...more
カテゴリー:

EU、米制裁の対抗策整備に着手 イランビジネス保護 - 05月19日(土)10:58 

【ブリュッセル共同】トランプ米政権がイラン核合意からの離脱を表明し、イランと取引がある第三国企業の制裁を再開する構...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ米政権」の画像

もっと見る

「トランプ米政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる