「トランプ米政権」とは?

関連ニュース

米軍駐留経費負担巡る交渉 来月から=難しい対応迫られる韓国政府 - 02月22日(木)15:04 

【ソウル聯合ニュース】2019年以降の在韓米軍駐留経費負担を巡る韓米の交渉が来月始まる見通しだ。外交筋によると、韓国政府は3月中に初交渉を開くため日時と場所を米国と調整している。トランプ米政権は負担の増額を求めてくるとみられ、韓国は韓米同盟の強化と合理的水準の経費負担、米国との取り決めの透明性確保などに配慮しながら交渉に臨むことになる。
カテゴリー:

パレスチナ議長:国際会議を提唱 米・イスラエルを非難 - 02月21日(水)12:20 

安保理演説  【ニューヨーク國枝すみれ】パレスチナ自治政府のアッバス議長(82)が20日、国連安全保障理事会で演説し、昨年12月に聖都エルサレムをイスラエルの首都と認定する決定をしたトランプ米政権を批判し、中東和平プロセスを多国間の枠組みで進めることを提唱した。
カテゴリー:

中東和平「多国間の枠組みで」 アッバス議長、国連演説 - 02月21日(水)10:05 

 パレスチナ自治政府のアッバス議長は20日、国連安全保障理事会の会合で演説した。トランプ米政権がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを「違法な決定」と非難した上で、米国単独の仲介ではなく多国間の…
カテゴリー:

パレスチナ議長:「中東和平、多国間で」 安保理で演説 - 02月21日(水)00:57 

 【ニューヨーク國枝すみれ】パレスチナ自治政府のアッバス議長が20日、国連安全保障理事会で演説する。昨年12月にトランプ米政権が聖都エルサレムをイスラエルの首都と認定したことを「危険な決定」と批判し、中東和平プロセスについて、米国主導の仲介ではなく、新たに多国間の枠組みで行うことを呼びかけた。アッバス氏は異例の安保理演説で国際世論の喚起を狙う。
カテゴリー:

韓国への通商圧力強めるトランプ政権 安保協力に悪影響の恐れも - 02月20日(火)11:15 

【ワシントン聯合ニュース】保護貿易主義をとるトランプ米政権が、今年に入り韓国に通商面で強硬な姿勢を見せている。平昌冬季五輪を機に南北対話が進み、緊迫していた朝鮮半島情勢に変化の兆しが見られるなか、米国の通商圧力がともすれば韓米の安全保障協力に悪影響を与えかねないと懸念される。
カテゴリー:

【国際】米駆逐艦2隻、黒海に派遣 ロシア牽制か - 02月21日(水)13:26  newsplus

 米海軍は20日までに、ミサイル駆逐艦カーニーとロスの2隻を黒海に派遣したと明らかにした。米メディアによると、演習以外で複数の米軍艦船が同時に黒海を航行するのは、2014年以来。  地域で大規模演習を実施するなど威圧的な行動を続けるロシアを牽制する狙いがありそうだ。米海軍は「海洋の治安を確保し、北大西洋条約機構(NATO)との連携を強化する」のが目的だと説明した。  トランプ米政権は国家防衛戦略などでロシアを「戦略上の競争相手」と位置付け、対抗姿勢を鮮明にしている。(共同) http://www.sa...
»続きを読む
カテゴリー:

特別検察官、虚偽供述巡り弁護士起訴 米政権ロシア疑惑 - 02月21日(水)11:35 

 トランプ米政権のロシア疑惑を捜査しているマラー特別検察官のチームは20日、大統領選中のトランプ氏陣営関係者との接触を巡って虚偽の供述をしたとして、英国籍のアレックス・バンデルズワン弁護士を起訴したと…
カテゴリー:

中東和平で多国間仲介呼び掛け=パレスチナ議長、異例の安保理演説 - 02月21日(水)01:27 

 【ニューヨーク時事】国連安全保障理事会は20日、中東情勢に関する会合を開き、パレスチナ自治政府のアッバス議長が異例の演説を行った。トランプ米政権が昨年、エルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受け、中東和平交渉をめぐり、米主導の仲介に代わり、新たに多国間の枠組みをつくるよう呼び掛けた。 アッバス議長は演説で、中東和平に関する国際会議を今年半ばまでに開催するよう要請。また、パレスチナの国連加盟に向けた取り組みを強化していく方針も表明した。 議長は米政権の首都認定決定には「国際法や(国連の)決議に違反している」と改めて批判した。安保理会合にはクシュナー米大統領上級顧問や米政権で中東和平を担当するグリーンブラット外交交渉特別代表も出席。議長の演説後には米国代表も演説する見通しだ。 【時事通信社】
カテゴリー:

弁護士1人を訴追=ロシア疑惑で米特別検察官 - 02月21日(水)00:51 

 【ワシントン時事】トランプ米政権のロシア疑惑を捜査するモラー特別検察官が、捜査当局に対する偽証の罪で新たに弁護士のアレックス・バンデルズワン氏を訴追したことが分かった。米メディアが20日伝えた。 バンデルズワン氏の訴追は、既に起訴されたトランプ陣営の元選対メンバー、リック・ゲーツ被告とのやりとりに関し、うその証言をしたことが理由。特別検察官側から提出を求められたトランプ陣営とロシアの関係に関するメールを削除した疑いも持たれている。 【時事通信社】
カテゴリー:

年内に第二次朝鮮戦争が勃発?プロがみた米国の開戦パターン - 02月19日(月)19:40 

平昌五輪への出場を北朝鮮が決め、南北両国の関係性は「統一」に向けて一歩進んだようにも見えます。そんな中、アメリカは北朝鮮への限定的な先制攻撃を意味する「鼻血作戦」を検討していると表明。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者の北野幸伯さんがその作戦の詳しい内容を解説するとともに、過去のアメリカの開戦パターンから見える今後の動きについて分析しています。 アメリカ、北朝鮮に「鼻血作戦」??????? 北朝鮮核問題ですが、五輪のおかげで「緊張緩和」状態。 五輪後、韓国は、中国、ロシア、北朝鮮の「対話派」に取り込まれたままになる? そして、北朝鮮の核は「事実上の容認状態」になる? こんな事態を恐れている人は、たくさんいることでしょう。何となく最近は、トランプさんも、ペンスさんも「対話派」になってきているような。 アメリカで依然として強い「強硬派」 夕刊フジ2月17日付は、「いや、そんなことはない! アメリカは変わっていない」という主旨の記事を掲載しています。見てみましょう。 ドナルド・トランプ米政権で、北朝鮮への強硬発言が相次いでいる。平昌(ピョンチャン)冬季五輪を利用した「微笑外交」で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権を骨抜きにし、「核・ミサイル開発」の時間稼ぎを続けているからだ。北朝鮮の核保有を断固容認できないトランプ政権が、限定的な先制攻撃を意味する「鼻血(blo...more
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ米政権」の画像

もっと見る

「トランプ米政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる