「トランプ米政権」とは?

関連ニュース

イラン核合意破棄「戦争への一歩」=米をけん制-パルリ仏国防相 - 10月21日(土)07:16 

 【ワシントン時事】フランスのパルリ国防相は20日、ワシントンで講演し、イランと欧米など主要6カ国が2015年に締結した核合意について「破棄すれば(合意に批判的な)イラン強硬派を勢いづけ、将来の戦争に向けた一歩となる」と述べ、合意破棄も辞さない姿勢のトランプ米政権を強くけん制した。 トランプ大統領は先に発表した対イラン包括戦略で、ミサイル開発などを理由とした制裁発動が可能になるよう、核合意を検証する米国内法の改正を議会に要請した。パルリ氏は「(イランによる)弾道ミサイルや地域不安定化の活動に関しても真剣に考えるべきだし、われわれは現に取り組んでいる」と述べ、核以外の問題には現行の合意と切り離して対処する考えを示した。 【時事通信社】
カテゴリー:

オバマケア補助金停止巡る訴訟、米地裁が来週判断へ - 10月19日(木)18:00 

[サンフランシスコ 18日 ロイター] - 医療保険制度改革(オバマケア)に基づく医療補助金をトランプ米政権が停止した問題で、サンフランシスコ連邦地裁の判事は18日、複数の州が要求している一時差し止めの是非について来週中に判断を下すとの見通しを示した。 ビンス・チャブリア判事は、23日か24日に審理を行い、その後すぐに判断を示す見通しだと述べた。
カテゴリー:

米の渡航者入国規制令、また執行停止 ハワイ州連邦地裁 - 10月18日(水)15:22 

 トランプ米政権が9月に発表した渡航者の入国規制令について、ハワイ州の連邦地裁は17日、「国籍を元に差別している」などとして、執行を差し止める判断を下した。対象8カ国のうち、ハワイ州政府は北朝鮮とベネ…
カテゴリー:

日米経済対話 安保・通商両てんびん 対北では連携強化を確認 - 10月18日(水)06:23 

 麻生太郎副総理兼財務相とペンス米副大統領は16日の日米経済対話で、挑発を繰り返す北朝鮮について日米同盟を基盤とした連携を強化し、対応していくことを確認した。北朝鮮情勢が緊迫化するなか、日米の安全保障での良好な関係を強調した形だ。しかし肝心の通商問題では積み残しになった課題も多く、安保と通商を両てんびんにかけるトランプ米政権から、厳しい要求を突きつけられる余地も残っている。
カテゴリー:

北朝鮮、米国と交渉の意思なし ミサイル開発を優先と当局者 - 10月17日(火)10:23 

北朝鮮の当局者は16日、CNNとのインタビューに答え、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の完成という目標を達成するまで、同国として米国と交渉する意思は一切ないとの立場を改めて示した。 同当局者は「トランプ米政権との交渉に応じる前に、米国からのいかなる侵略にも対抗できるような信頼性のある防衛、攻撃能力を持っているという明確なメッセージを送りたい」と述べた。 北朝鮮に有効な核抑止力があるというメッセー...
カテゴリー:

米特別代表、ハマスの「非武装化」要求=パレスチナ和解協議で声明 - 10月20日(金)01:03 

 【エルサレム時事】トランプ米政権で中東和平を担当するグリーンブラット外交交渉特別代表は19日、声明を出し、パレスチナ自治政府の主流派ファタハとイスラム原理主義組織ハマスとの和解協議について、「いかなるパレスチナ(統一)政府も明確に非暴力を支持し、イスラエルを承認するとともにテロリストの非武装化を含む過去の合意・義務を受け入れ、平和的な交渉を支持しなければいけない」と求めた。 イスラエル政府も17日に同様の発表をしており、その立場を支持した格好だ。 【時事通信社】
カテゴリー:

オバマケア補助金停止巡る訴訟、米地裁が来週判断へ - 10月19日(木)12:25 

[サンフランシスコ 18日 ロイター] - 医療保険制度改革(オバマケア)に基づく医療補助金をトランプ米政権が停止した問題で、サンフランシスコ連邦地裁の判事は18日、複数の州が要求している一時差し止めの是非について来週中に判断を下すとの見通しを示した。
カテゴリー:

イスラエル「和平交渉しない」 パレスチナ統一政府でも - 10月18日(水)10:48 

 イスラエル政府は17日、治安閣議を開き、パレスチナ自治政府の主要組織ファタハがイスラム組織ハマスと統一政府を発足させても、同政府とは和平交渉をしない方針を決めた。両者を仲介するトランプ米政権は和平交…
カテゴリー:

日米経済対話、北朝鮮情勢緊迫で安保と通商を両てんびん トランプ大統領、来日時に圧力強める懸念も - 10月17日(火)21:17 

 日米経済対話で、日本は11月に控える日米首脳会談に向けた地ならしを狙ったが、課題の通商分野で大きな進展は見られず、双方の溝が浮き彫りになった。北米自由貿易協定(NAFTA)や米韓自由貿易協定(FTA)の再交渉では、自国第一主義の徹底姿勢を崩さないトランプ米政権。北朝鮮情勢が緊迫する中、経済問題と安保問題をてんびんにかけ、日本への圧力を強める懸念も拭えない。
カテゴリー:

対イラン:米、革命防衛隊の拡大阻止 IS崩壊後見据え - 10月15日(日)21:36 

 【ワシントン会川晴之】トランプ米政権は、米国を含む主要6カ国とイランが2015年に結んだ核合意を再検討する中で、新たに包括的なイラン戦略をまとめた。柱となるのがイランの革命防衛隊への制裁だ。トランプ氏が13日の演説で「最高指導者(ハメネイ師)直属のテロ・軍事組織」と呼んだ組織への制裁の狙いは何か。
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ米政権」の画像

もっと見る

「トランプ米政権」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる